映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つはず

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで

2009年01月25日 20時09分26秒 | 映画 ら行
評価:★★★★[4/5]



「ありがとう」「ごめんね」このふた言さえあればいい。


もしかしたら、ディカプリオに、初オスカーという
現実味も出てきたんじゃないかな。


『タイタニック』のあのカップルが
10年ぶりに共演を果たした夫婦愛を見つめ直す
ハートフル・ラブコメディ。

って、全然ちがうではないか!

予備知識もなしでポスターのイメージしか見てないから
冒頭から不穏な関係の夫婦に対して
これは、ミステリー映画じゃないのか?とさえ思ったのだ。

この夫婦、ほんのチョットした
ボタンの掛け違いから来る誤解とは訳が違う。
こうまでなるには、いったい何があったのか。



舞台は1950年代のアメリカ。
“レボリューショナリー・ロード”と名づけられた
閑静な新興住宅街に暮らす
フランクとエイプリルのウィーラー夫妻は
二人のかわいい子供にも恵まれた理想のカップル。
しかし、その見た目とは裏腹に、
彼らはそれぞれ描いていた輝かしい未来と
現状のギャップに不満を募らせていた。

事務機会社のノックスの社員として
単調な毎日を送るフランクは
虚しい日々からの脱出を考えている。
一方、女優志願の夢を捨て、子育てと家事に
明け暮れるエイプリルはもう一度人生への
情熱を取り戻したいと考えていた。

そんなふたりはパリへの移住を決意するが・・・。

結婚7年目のフランクとエイプリルは
すべてが奇麗に整った家に住み
理想の生活を送っていたはずなのに
やがては信じていたものが崩れて行く。



結婚後、理想と違う生活に失望していた嫁。
映画女優を目指すも夢破れて
町のアマチュア劇団での公演も
最悪な演技に観客の失笑を買うしまつ。
楽屋で悔し泣きをするエイプリル。

公演後、楽屋に迎えに来て優しく労わる夫のフランクに
嫌悪感を露わにするエイプリルにドン引きした!
まるで我がまま放題のガキのようである。
もっと素直に「ありがとう」って言えないのかな。
それとも「いいのよ。これが現実よ」
できれば「ごめんね」。これが最もチャーミングなんだが。

フランクの気の使い方は、普通の夫以上に感じたが
エイプリルはフランクの吐く言葉ひとつひとつに
イライラが増幅してくるらしい。

帰りの車の中で激しく口論となり
遂には車から飛び出し一方的に捲し立てるエイプリル。



不動産紹介者のキャシー・ベイツの吐いた
「あなたたちは“特別な存在”よ」
この言葉に、なにかを感じたエイプリルは
このまま夢を夢で終わらせてはいけないと決心する。

夢を渇望するのはいいが
もっと計画的に準備が必要だったのではないか。
エイプリルの唐突な話に困惑するフランク。

一度はパリ行きに同意し
会社を辞める時期を模索していたが
フランクの片手間仕事で提出した企画が
支社長に認められ、まさかまさかの
プロジェクトチームへの勧誘、昇進プラス昇給という
なんとも、現実的に見て美味しい話だが
会社を辞めようとしていた時期に
実に皮肉なめぐり合わせとなる。



誕生日のお祝いを機にパリに移住しようだなんて
今までの貯蓄を崩し、尚且つ
この家と車を売ってしまえば
当面は職探しの時間がゆっくり取れる。
私が働くから、あなたは何もせず家に居てくれればいい。

現実を冷静に見ることが出来るフランクにとって
エイプリルの話は苦渋の決心だったのかもしれないね。

補償も何もない夢を家族を巻き込んで・・・
そんなことは独身時代に挑戦しとけよ!みたいな。

日々の生活に於いても、感情の起伏が激しい嫁は
些細なことにも激高し、もしかしたら
自律神経失●症という病なのかもしれない。

庭では我が子を叱責している嫁。子供が反抗する姿を
何気なく部屋の窓から眺めていたフランクは
静かに目線を落とす。
このシーンは
エイプリルに対し一抹の不安を描く意味では
非常に上手い撮り方をしているなと思った。

(パリに行っても、上手くいかないのではないか)

会社の同僚に言われた言葉が脳裏をよぎる。
「パリにあって、ココにないものって何だ?」。



終盤で、大きな局面を迎える。
3人目の妊娠が発覚してしまうのだ。

この事態にうろたえるエイプリル。
出産をすればパリ行きなんて夢と消えてしまう。
そんなとき、フランクは洗面所から
中絶器具を発見してしまい
エイプリルを激しく罵ってしまう。

「もっと、現実を見ろ!」
「そこまでするお前は、いったいなんなんだ」
本編でこの夫婦は、いったい何回目の口論になったのか。
もう、この辺りまで来ると数えられなくなる。

遂には虚脱状態となっていくエイプリル。

だが、次の日。

満面の笑みを浮かべ夫を会社に送り出すんですが
見ている観客も、この異様な雰囲気に息が詰まるのだ。
当然、フランクも不自然なエイプリルに対し疑念を抱く。

まさか!
朝食に毒が盛ってあるんじゃないよね。
可也の緊張感に包まれた出勤前のひと時であった。

笑顔で玄関まで出て夫を手を振り送り出す。
フランクが車に乗り、走り去るスピードが
異様に遅かったのは、多分に
バックミラーで妻の様子を確認していたのでしょうね。
そこは、映像では出てきませんでしたが
そんなイメージが浮かんできました。

その後、部屋に戻ったエイプリルは
キッチンで号泣する。

万を持していたのでしょう。
すぐ後にとる行動に衝撃が走りました。
ココからは一切の台詞は有りませんが
その映像は非常に美しく、ピアノによる
旋律も綺麗で、エイプリルのココロの心情が
ものすごく伝わってきます。

大きな窓の前に立つエイプリルを
カメラは背後から静かに映している。



ラストに流れるまでの10数分間は
エイプリルのひとり演技はもちろん
フランクのうろたえる演技は過去最高のものであった。

これは、かなり重い映画ですが
とても参考になる映画とも思います。


おまけ)
・怒りの矛先を車にぶつけるフランクだが
鉄拳で屋根をなぐっても殆んど凹まないボディに
50年代の車は頑丈だったことが伺える。
因みにフランクの愛車は1956年型のビュイック4ドアSS。




・キャシー・ベイツのひとり息子で
精神を侵されていたマイケル・シャノンですが
『ワールド・トレード・センター』以降、変人役ばかり。
エイプリルが夢を語るところでは精神異常者らしく
その場の空気も読めず、思ったことをひたすら口に出す。
ただ、しっかりとエイプリルらの夢には賛同していましたけど。


・ラストでキャシー・ベイツの言葉に耳を疑い
唖然としてる旦那さんの顔のアップと同時に
キャシー・ベイツの台詞がフェードアウトしていく
タイミングがなかなか秀逸だった。


・カメラがゆっくりとズームしていく手法を多用していた。
それにより出てくる人物の心情をうまく表現できていたと感じた。
これはC・イーストウッド映画『許されざる者』でも
同じような手法で絶賛されていたジャック・N・グリーンと同じだ。
本作の撮影監督にはロジャー・ディーキンス。
過去作品には『告発のとき』『ノーカントリー』『ヴィレッジ』
『ビューティフル・マインド』『バーバー』『ファーゴ』など。

-----------------------------------------------------
監督:サム・メンデス
脚本:ジャスティン・ヘイス
撮影:ロジャー・ディーキンス
音楽:トーマス・ニューマン


出演:レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット/
   キャシー・ベイツ/マイケル・シャノン/デヴィッド・ハーバー


『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』




『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (11)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
« 007/慰めの報酬 | トップ | チェ 39歳 別れの手紙 »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
河童ちゃん おひさです (ポロン)
2009-01-25 21:48:37
いつも読み逃げでごめんなさい(*^.^*)エヘッ

『レオとケイト』の夫婦を覗き見してきます……って
この映画ね^^
評価高いですねえ 
ポロンの好きな俳優さんじゃないけど 観たくなって来たわ♪

そう…「ありがとう」「ごめんね」素直に言える様にしなくちゃ(笑)
☆大きなお船が沈んで・・☆ (TiM3 キャシー・ベイツ怖い!)
2009-01-26 00:10:26
あれから早くもボクは、12歳になった・・

とかTOHOシネマズのCMの小僧がナレーションしちゃう感じでしょうか(・ω・)

「ありがとう」「ごめんね」と言えば北野武の某映画を思い出します・・この2つのセリフだけを喋った、ヒロインがいたのです。
ポロンさん (ituka)
2009-01-26 19:50:20
>ポロンの好きな俳優さんじゃないけど 観たくなって来たわ♪

実はワタシも、ケイトという名の付く女優さんの中では
一番苦手な人なんですよ。
でも、今回はブロンドに染めた髪のせいで
幾分マシになりました(笑)
是非、ご覧になってくださいね^^

>そう…「ありがとう」「ごめんね」素直に言える様にしなくちゃ(笑)

ま、常に意識してないと言い忘れてしまいますけどね^^;
TiM3さん (ituka)
2009-01-26 19:57:18
>とかTOHOシネマズのCMの小僧がナレーションしちゃう感じでしょうか(・ω・)

あれはやっぱり小僧でしたか。
海賊に恋したから少女かと思ってました(笑)

そういえば、本作の劇中に「大きなお船が沈んだ」とかなんとか言ってたような気がしたんですが
気のせいだったのかな~ う~む!

>「ありがとう」「ごめんね」と言えば北野武の某映画を思い出します・・
>この2つのセリフだけを喋った、ヒロインがいたのです。

まぁ!なんと。
そんな楽な役回りがあったのですね。
ひょっとして、チョン系だったりして。
☆げげっっ☆ (TiM3 ドラゴンボール・レボリューショナリー・ロード(意味不明))
2009-01-26 23:51:12
>まぁ!なんと。
>そんな楽な役回りがあったのですね。

いや、ちゃんと監督が意図した言動ではありました。

>ひょっとして、チョン系だったりして。

げげっっ。ウィキペディア的に言うとちょっとイケナイ表現かも知れません、、(☉д☉)
ドラゴンボードの世界観は (ituka)
2009-01-27 20:10:30
全く知らないんです(汗)

>いや、ちゃんと監督が意図した言動ではありました。

そうですよね^^;
もしかしたら極端に台詞の少なかった映画ですよね。
金獅子賞か何かを獲った作品だったと思います。
「た~まや~」^^

>ウィキペディア的に言うとちょっとイケナイ表現かも知れません、、(☉д☉)

たぶん、そう思いました。
書く時にチョット躊躇しましたし・・
気をつけなくっちゃ^^;
やばいな~ お目目 (ituka)
2009-01-28 21:30:39
「ドラゴンボード」ってなんざんしょ!
「ドラゴンボール」だったつもりなのに。
そろそろ、眼鏡買いたまえ!ってことかな・・・

気をつけなくっちゃ^^;(こればっか)
☆ボールをボードにしてみる☆ (TiM3 ロード・トゥ・レボリューション?)
2009-01-29 00:16:56
・キャノン・ボード2
・ローラー・ボード
・ポード・ニューマン(←おい)
いけず^^ (ituka)
2009-01-29 20:23:27
こうしてみると
そんなに違和感はないですね。

自分のミスは隠すのではなく
明らかにし、認めることが重要である。
(どっかで聞いたな~これ)^^;
☆言い過ぎました(・ω・)☆ (TiM3)
2009-01-29 23:04:09
ここは1つ・・ロビン・ウィリアムズ風に、、

「君は悪くない・・」
「君は悪くない・・」

コメントを投稿

映画 ら行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

26 トラックバック

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『タイタニック』コンビ、11年ぶりの復活だぁ~ってワクワクしている場合ではなさそうな作品だけど、公開日に観て来ました~ (お客さんが6~7人しかいなかった!寂しい・・・)  【story】1950年代半ば、アメリカ。富裕層が集まるコネチカット州の郊外で、フランク・...
[映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆・・・いや、映画としては非常に面白い。  傑作と言えよう。  しかし、『タイタニック』コンビ(レオナルド・ディカプリオ ケイト・ウィンスレット)による、「その後の『タイタニック』」を期待し、デートで出かけた日にゃあ、暗雲垂れ込める二人の未来となるやも...
映画 『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 (きららのきらきら生活)
   ☆公式サイト☆1950年代半ばのアメリカの郊外の街で、夢と希望に人生を懸けようとする若い夫婦の葛藤(かっとう)と運命を描く感動作。作家リチャード・イェーツの小説を原作に、『アメリカン・ビューティー』のアカデミー賞受賞監督サム・メンデスが映像化。1950年...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (カノンな日々)
『タイタニック』のレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが11年ぶりに共演!という宣伝文句はワタシ的には何故かマイナス効果でイマイチ気が乗らなかったんです。ケイトは相変わらずでかいし。ところが監督が『アメリカン・ビューティー』のサム・メンデスだ...
レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで/Revolutionary Road (いい加減社長の映画日記)
ここんところ、観たい映画が目白押し。 困ったもんです。時間的にも、お金的にも^^; まずは、「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」を選択。 ディカプリオ、ウィンスレットの「タイタニック」コンビの共演。 そして、アカデミー賞候補になったことでも話題に...
映画「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」(2008年、米・英) (富久亭日乗)
   ★★★★★  Leonardo DiCaprio とKate Winslet が 「Titanic」(1997年)以来11年ぶりに共演、 夫婦のすれ違いを描いたドラマ。 原作はRichard Yatesの処女小説『家族の終わりに』 原題は「Revolutionary Road 」。       ◇  1955年、 結婚7年...
レボリューショナリー・ロード ~燃え尽きるまで/ REVOLUTIONARY ROAD (我想一個人映画美的女人blog)
『タイタニック』以来の、ケイト・ウィンスレットとレオナルド・ディカプリオの共演ということと 各映画賞でもケイトの演技力に注目が集まってるこの作品{/m_0151/} 札幌駅にあるシネコンで観て来ました~ 初日の夜なのにガラガラ~{/down/}{/face_sup/} 皆 007の方に...
レボリューショナリーロード/燃え尽きるまで (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
映画史上永遠のカップル、レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが待望の再競演。運命のふたりがたどり着く愛の終着点。物語:1950年代のアメリカ、コネチカット州。フランク(レオナルド・ディカプリオ)とエイプリル(ケイト・ウィンスレット)は、閑静...
映画「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」の感想です。 (MOVIE レビュー)
1月24日(土)公開の映画「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」の主演ケイト・ウィンスレットが第66回 ゴールデン・グローブ賞で、最優秀主演女優賞に輝きました。ケイト・ウィンスレットは、『愛を読むひと』でも最優秀助演女優賞を受賞!主演&助演の最...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (悠雅的生活)
すれ違う心。愛しているはずなのに…   
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (to Heart)
あなたの最愛のひとは あなたを愛していますか──。 原題 REVOLUTIONARY ROAD 上映時間 119分 製作国 アメリカ/イギリス 原作 リチャード・イェーツ 『家族の終わりに』(ヴィレッジブックス刊) 出演 レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット/キャシー・ベ...
レボリューショナリー・ロード (Akira's VOICE)
趣味を持とう。  
【レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで】 (+++ Candy Cinema +++)
【REVOLUTIONARY ROAD 】【監督・制作】 サム・メンデス   【原作】 リチャード・イェーツ『家族の終わりに』(ヴィレッジブックス刊)    ...
『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」□監督 サム・メンデス □原作 リチャード・イェーツ(「家族の終わりに」) □脚本 ジャスティン・ヘイス □キャスト レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、マイケル・シャ...
レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで (そーれりぽーと)
「『タイタニック』主演の二人が…」という印象の強い映画なので、仮面夫婦的な予告編にもきっとラブストーリーな要素が強いんだろうと想像しながら『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』を観てきました。 ★★★★ なんつーアンチラブストーリー。 カップル...
婚活女性にオススメ!『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 (水曜日のシネマ日記)
夢や希望に人生を懸けようとする若い夫婦の理想と現実を描いた作品です。
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2009年1月24日 公開 ★★★★★ なかなか良かった!星5つ! 夫婦ゲンカで雨降って地固まる・・・とはいかなかった。 映画でアメリカ人の夫婦ゲンカを観るといつも思うのよ、すんごいよね! 思いっきりするよね、あの人...
映画 【レボリューショナリー・ロード / 燃え尽きるまで】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「レボリューショナリー・ロード / 燃え尽きるまで」 リチャード・イェーツの小説を『アメリカン・ビューティー』のサム・メンデス監督が映像化。『タイタニック』主演の二人が11年ぶりに共演を果たす。 おはなし:1950年代半ばの富裕層が集まるコネチカット...
「レボリューショナリーロード 燃え尽きるまで」で?何が燃えたのさ?? (シネマ親父の“日々是妄言”)
[レボリューショナリーロード/燃え尽きるまで] ブログ村キーワード   レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット共演。「タイタニック」再び?!「レボリューショナリーロード 燃え尽きるまで」(パラマウント ピクチャーズ ジャパン)。久々に“ワイ...
『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで 』 (音次郎の夏炉冬扇)
レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットの共演と聞けば、誰しも97年の超大ヒット作を思い浮かべるでしょうが、小生その映画を観に行かなくて変人扱いされましたっけ。周囲には劇場で複数回観た人(4回観たツワモノもいた)も珍しくなかったのになんでだろう...
レボリューショナリー・ロード◎燃え尽きるまで (銅版画制作の日々)
    Happyで美しい恋愛ドラマかと思っていたら・・・・。 1月30日、MOVX京都にて鑑賞。 「エレジー」とはまったく反対のドラマでした。あの「タイタニック」の美男・美女カップルが11年目に再度タッグを組んだ作品です。ケイト・ウィンスレットはこの作品...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (pure's movie review)
2008年度 アメリカ作品 119分 パラマウント配給 原題:REVOLUTIONARY ROAD STAFF 監督:サム・メンデス 脚本:ジャスティン・ヘイス 原作:リチャード・イェーツ『家族の終わりに』( CAST レオナルド・ディカプリオ  ケイト・ウィンスレット  キャシー・ベイツ マ...
★「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは話題作2本を「TOHOシネマズ・ららぽーと横浜」で。 その2本目。
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (Addict allcinema 映画レビュー)
あなたの最愛のひとはあなたを愛していますか──。
「レボリューショナリー・ロード」(REVOLUTIONARY ROAD) (シネマ・ワンダーランド)
オスカー受賞作「アメリカン・ビューティ」や、「ロード・トゥ・パーディション」 などの作品で知られる英国出身の米映画監督、サム・メンデスがリチャード・イェーツの小説「家族の終わりに」を映画化したヒューマン・ドラマ「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きる...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで/REVOLUTIONARY ROAD(映画) (ロックなパパさんギタリストの『映画と音楽で生きてます』)
レオナルド・ディカプリオ&ケイト・ウィンスレット、『タイタニック』以来11年ぶりの再共演☆ レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで スペシャル・エディション [DVD] ¥2,250 Amazon.co.jp あなたの最愛の人は あなたを愛していますか? レボリュ...