幸福の里・・・

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

私は仕事が好きです・・・

2014-06-30 03:48:04 | インポート

Dscn0076   26・06:30



お早うございます。

さとうもりおです。



パーティーより、飲み会より、

旅行より、カラオケより、

高級レストランで食事するより、

何よりも仕事が一番楽しいです!

.



最近こういうメッセージが増えています。

「一日 2 時間の仕事で、あとは好きな事を

しよう!人生は楽しんだ方がいいよ!

仕事だけの人生なんてつまらないよ!」



できるだけ仕事をせずに人生をエンジョイ

しよう!という謳い文句で色々と商品を

販売している人達が増えています。


私はこれに反対派です。



私は仕事をたくさんした方が良いと思います。

仕事は楽しいです。

なぜ多くの人は仕事を辛い事、面白く無い事、

面倒な事、嫌な事だと勘違いしているのか、本当に意味が分かりません。



仕事ほど面白いアクティビティーは

この世に存在しません!



確かに海外旅行やパーティーや飲み会も

たまには面白いかも知れません。



しかし、仕事を一生懸命やり終えて

達成感を満喫しながら、息抜きとして

このようなリラックスタイムを持つ、

というのが一番だと思います。



仕事をあまりせずにリラックスタイムを

やたら持ちまくってもあまり達成感が

無いように感じます。



まあ人それぞれなので別に私がツベコベ

言う筋合いは無いのですが。



実際にたくさん稼いでいる人で、色々な

楽しい行事をしている人達は、きちんと

やる事をやった上で遊んでいるのだと

思います。



なので彼らはバランスよく仕事と遊びを

両立できているのだと感じます。



しかし、まだあまり稼いでいないのに

遊びに熱中したり、海外旅行の事ばかり

考えたりしているのはどうなのか。

と思います。



物事には順序があります。



まずはきちんと稼げるようになり、

仕事の楽しさをきちんと理解し、

ある程度の結果をスパン!と出せる

ようになる事が先決です。




その上で、仕事以外の楽しみも

人生に少しずつ取り入れていくのは

凄く良い事だと思います。

つまりまずは仕事を頑張りましょう!

という意味です。



まずは仕事大好き人間になり、

たくさん稼げるようになり、仕事を

一番の趣味にして、ある程度の成功を

手にする事を意識して下さい。

いいですね?

それでは今日は、

『仕事の話』

をしようと思います。



人生の中で一番費やす時間は

『仕事の時間』だと思います。



しかし何故か私たちは仕事の話を

学校であまり教わっていません。



算数や理科や社会などの教科を

淡々と教え込まれ、暗記を強要され、

テストの点数(暗記中心の問題)が

悪かったらお母さんに説教される、



というシステムで十何年も教育を

受けますが、不思議な事に仕事の話

などは教えてもらえません。

どうやって収入を上げていけばいいのか?

どうやって起業して利益を上げていけば

いいのか?

売れる商品の選び方、

ニッチの絞り方、

市場の見極め方、広告の書き方、

反応率の計算方法などは全くタッチ

しません。

-->
コメント

続き欲望は留まる所を知らない・・・

2014-06-29 01:57:48 | インポート

Dscn0076   26・06・29

お早うございます。

さとうもりおでございます。

優秀な起業家に、

資金を与えて価値を増幅させる、

正しい考え方だと思います。

でも、企業価値を上げて、

あるいは、生み出した利益によって、

その調達資金を倍々にして、

お返しできるのは、

一部のベンチャー企業だけです。

実際にはそうなんです。

調達した金額と比較して、

いかに今利益が出て配当をしたとしても、

調達額の方がまだ上回っているのであれば、

現時点では本当の成功とはまだ言えません。

依存した分だけ、

お返しするのには時間がかかります。

私で言えば、

散財や放任経営をした分だけ、

責任を取るには時間もその幅も必要です。

成功していそうなものが、

真に成功しているかを見極めるのは、

難しいことです。

また、

今自分が成功していると思っていても

数限りない想定不可能な、

リスクや潜在的負債まで、

勘案すれば失敗しているとなる、

ケースは多いはずです。

さらに、真の成功者が、何かの要因で、

一夜にして転落することも、

上の例で示しました。

この世の中は、

お金を奪っていく人たちばかりです。

そこからお金を防衛する力というのは、

お金を稼ぐ力よりも、

難しいと私は思います。

そして、何をもって成功と呼ぶか、

と考えてみたときに、

厳密な意味でその真価を問えば、

成功していない企業や人が多いはずです。

成功なんて、本当に難しいことです。

そして、短い期間で、

たいした覚悟もなく作ったものが、

いかにもろいことか。


私はそう結論付けました。

成功も、成功企業も、

成功事業も、もろい。


人間も、

人間の関係も、もろいと思うんです。


そんな「もろくて弱い」、

人間社会を前提に、

それでも生きて、

努力し、

成功を目指していかねばなりません。



それが何かに挑む人の姿です。


だから、成功は難しいんです。


一生をかけてマスター、

しないとならないものだと思います。


結論です。


この世の中、

本当に真剣に防衛を学んだ人、

人生を真剣にとらえている人しか、

成功できないようになっています。


自分の中に軸を確立しなければ、

すぐに、何者かに、流さ、奪われ、

あれれという結果になります。


不動の哲学を持って、

万事のリスクに備え慎重に行動した、

上での日々の継続そして、

ときに完璧に悲観的に計画された、

上での大胆な行動をもってしか、

本当の成功は得られません。


安心、慢心、傲慢、楽観、

他責になったとき、

自分の人生は転落するのだなと、

思ったわけです。



私にとって今回の経営の失敗は、

大きな勉強となりました。



今日大切だと考えたことは、

以下の9点です。


1お客様あるいはユーザーへの、

不動の価値を作るのは当然。


2それは適正な価格であることも当然。


3多様なリスクを想定し、

全てに盤石な対策を打っておくこと。


4お金を奪う要素から資産を守り抜くこと。


5売上とコストの差として、

赤字は決して許されず、

常に利益を出し続けること。


6どこかに依存せず、

自分で自分を、

助けるのが当然であること。


7本物の成功とは、

1ねんや、2年では絶対に無理!

10年、20年、30年で捉えること。


8ちょっとした成果や利益、

年収で満足するなどバカらしく、

愚かであること。


9奢ったり、油断してから近い未来、

確実に転落するということです。


永遠の努力の中で、

人は磨かれるものですね。


私の再スタートは、

ゼロからやり直すこと。


今からやっと人生が、

始まるんだなぁと思います。


本日のメールから、

私への今日の教訓で御座いました。


それでは亦・・・

__________________

■愛 称 :【青年の乃呟き】

■発行者:佐藤 盛男

■解除メール:sumai@aurora.ocn.ne.jp

__________________

コメント

続き欲望は留まる所を知らない・・・

2014-06-28 01:55:31 | インポート

Dscn0076   26・06・28


過去の税額で,

圧迫された会社も多数あります。

まして、これらの事例だけではありません。

世の中はトラップだらけなんです。

今この瞬間、成功しているものの方が,

壊れやすい、あるいは、

壊れたときの落下距離が大きいです。

立派なビルを建てれば建てるほど、

倒壊したときの負債や,

周囲に与える損害も大きく、

そのてっぺんにいた人の,

落下距離は大きく、

その速度も速いわけです。

より挑戦する人の方が,

トラップにはまりやすい。

誰がソニーの失速を,

予見できたでしょうか?

圧倒的成功と思われているものが、

何かの要因や,

それらの複合系によって壊れる。

それほどもろい。

つまり、今成功していると思っていたものが、

全てのチャンスとリスクを統合して,

その差分を見たとき、

実は成功していなかった、

あるいは、

時間軸を加味して考えれば失敗に至る、

こういうことは世界の至るところにあります。

流れのはやいITベンチャーの隆盛と失墜は、

その例の一つです。

ITだけに限らず、

財閥が行う事業も同じです。

国家の存亡もそうです。

監査法人が見ている,

貸借貸借表も正しくないことは多々あります。

私も監査を受けていたことが,

あるので知っていますが、

はっきり言ってよく見ていません。

深いところは見ていないと言えます。

だから、

上場企業が粉飾できてしまったりするわけです。

そう考えると、

資産と負債を清算したら、

実はマイナス(債務超過)だった、

ということや、

貸借対照表が載せられない潜在的な,

負債やリスクを加味すれば、

破綻しているということもあり得ます。

まさに武富士など黒字決算で純資産は,

プラスだったわけですから、

この通りになりました。

世の中を、

安泰と危険の事象とで分けた場合、

危険の方がはるかに大きいのだと思います。

黒字だと思っていたが、

次の瞬間、

大口売掛先が倒産し、連鎖倒産。

トップがどれだけ清廉に,

事業をやっていたとしても、

例えば社員が顧客情報を持ち逃げたり,

換価できない犯罪を犯して、倒産。

ペッパーランチやソフトバンクでも,

このような窮地はありました。

もちろんそんな窮地を,

乗り切れる一部の優秀な企業は,

さらに強くなるでしょう。

でも、一瞬の成功に現れた、

甘い誘惑に乗って、失墜する。

こんなことは中小企業では,

日常茶飯事ではないでしょうか。

今、成功しているもの,

(成功していそうに見えるもの)の全てが、

成功をしているわけではありません。

私が思うに、

成功していそうに見えるものの,

8割がたは、成功していません。

自分もその一種でした。

例えば、今、上手く回っているのは、

ある取引先や金融機関、

その他大きなバックスポンサーがあるからだ、

という会社は数多いはずです。

あそこに切られたら、

融資がなくなったら、

法律が改正されなければ・・・

これら神頼みであり、依存の一種です。

また、日本のベンチャー起業家は、

資金調達をすぐ考えます。

続きは、次回にしてそれでは亦・・・

__________________

■愛 称 :【青年の乃呟き】

■発行者:佐藤 盛男

■解除メール:sumai@aurora.ocn.ne.jp

__________________

コメント

欲望は留まる所を知らない・・・

2014-06-27 01:16:32 | インポート

0623 26・06・27


ただ今受信の私への、


メールをご紹介致します。

昨日は、大阪でテレビ収録が1件、

東京ではテレビの生出演が1件ありました。

大阪からの帰りの新幹線では、

サミュエル スマイルズの自助論を読んでいました。

簡単に言えば、

自分を助けようとしている人にだけ天は助けを与えてくれる・・・

という内容です。

他者への依存と自助努力のあり方も述べられています。

また、行きの新幹線では、

維新の志士たちのストーリーを読んで、

私を含め、我々人間は、

はたして何のために生きているのか?

を考えていました。

今日は、それを受けてなのか、

色々なことを考え抜きました。

会社として大きな決断もしました。

その背後にある考えを述べます。

それは、

結局、人生とは深すぎるほど考察し、

真剣に考え抜いていかないと、

真の幸福になんて、

死ぬまで出会えないということです。

適当に、どんぶりで、

ざっくりとやっていても無理だと気づいたのです。

もっと具体的に言うと、相当、

用心して生きていかねば、

成功はないというお話です。

だから、既に意識の高い人が、

除外される話ではありません。

意識の高い人でも、

盲点になっており、

とても必要なことだと思います。

つまり、これから話すことは、

誰にでも当てはまることです。

簡単に言えば、今、

自分たちが持っている(と思っている)

ものは、とにかく「もろい」ということです。

いくつか例を挙げます。

例えば、

1.通帳に数億円あるから私は富裕層の一人だ、

あるいは、儲かっている方だよと思っていた次の瞬間、

過去の経理処理が否定されて、

税金として支払い、ゼロになる。

2.売上が年商1000億あるから我が社は強い、

と思っていた次の瞬間、

過去の顧客から大量の返金申請がきて倒産。

3.時価総額で1兆円あるから、

何があっても大丈夫と思っていた次の瞬間、

証券取引法違反とされてトップが逮捕された。

4.素敵な妻がいて、子供にも恵まれ、

資産もあり、最高の人生を歩んでいたところに、

危険なリスクの見積もりが甘く、

不遇の事故に会い、半身を失った。

5.人気絶頂だと思っていたタレントが、

たった一つの失言や過去の失敗、

あるいは、家族の不祥事や周囲からの誘惑などで、

降板とされ、芸能界から抹殺される。

これらは、数少ない不運の一つだと思いますでしょうか?

違うと思います。

実際に、これらは現実に起きること、

起きたことです。

例えば、武富士など消費者金融大手は、

顧客からの利息返還請求で、

何社も倒産しました。

続きは、次回にしてそれでは亦・・・

__________________

■愛 称 :【青年の乃呟き】

■発行者:佐藤 盛男

■解除メール:sumai@aurora.ocn.ne.jp

__________________

コメント

時間がお金に換わる・・・

2014-06-26 01:40:48 | インポート

Dscn0076   26・06・26



お早うございます。

さとうもりおでございます。

こんなことは、如何でしょう・・・

時間をお金に換える、
意識をもって見ましょう。

お金に換えるための、
最も有効な時間の使い方は、
自己投資であります。

それによって得た経験や知識を今度は、
其れを欲しがっている人に教えることで、
彼は、お金に換えてそうです。

「他人の役に立つ」と言う意識を持つと、

自然とお金に換わるチャンスや人脈が、
向こうからやって来るのです。

ここまで書いてきたことは、
全てやっていただくのが、もちろんベストなのですが、
その中で最低限やり続けてほしいことは、

・「お思い立つたら直ぐやる」、
・スキルアップに時間とお金を惜しまない、
・得た知識は直ぐ人に教える、

と言う3つです。

これらを特に意識して、
実践を続けるようにしみてください。

これを続けて行くだけで、
あなたは時間も、有効に使えスキルの習得、
スピードも大きくアップします。

そして気づいた時には「幸運体質」に、
何時の間にか変わっていることでしょう。

其れでは、毎月10万円早期実現のために、
実践して稼いでみましょう。

先ず何と言いましても集客が第一です。

インターネットビジネスを通じて、
自由とお金を手に入れましよう。

では、
インターネットビジネス、
成功の秘訣は何なのか?
結局多くの方々とお知り合いになり、
相手の求めるものを、提供してお金に換えることが
言わずと狙いに成ります。

その為には・・・
目標を決めて、

月10万円を稼ぐ事から、

始めてみましょう。

先ず多くのお客様を、
探す事から始めましょう。

其れでは亦・・・

__________________

■愛 称 :【青年の乃呟き】

■発行者:佐藤 盛男

■解除メール:sumai@aurora.ocn.ne.jp

__________________

コメント