ふろしき王子功

あたらしくて
かっこいい
風呂敷のつかい方を
伝えあるく、
横山功のページ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

浴衣とハカマ。

2010年07月09日 12時12分55秒 | 自己紹介とお問い合わせ
ブックマークにもございます
亀有にある良心的なきもの屋
「竹松ノ屋」で

夏用のハカマと
木綿の角帯を買いました。
それを、浴衣と合わせました。

夏の風呂敷講座は
こんな格好で参る予定です。

ワークショップの主催にご興味ある方は
メールへお問い合わせください。
isamix@gmail.com
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うちの庭。 | トップ | 移転のお知らせ。 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
浪曲師 (辻石泰之)
2010-07-09 12:51:32
中学生のころ、田舎には手動の「蓄音機(針使用)」があり、一世を風靡した浪曲師「広沢虎三」の十八番「佐渡情話」を夏の夜長に、家族みんなで何度も聞き入った頃がふ~と思い出され、心が熱くなりました。

その若手浪曲師のようなりりしい姿、カッコいいですねえ。まさに”横山虎三”といったところですかねえ。

秋に東京にでも行ったときは一献、楽しみにしています。よろしくね。みなさんお元気で!
こんばんは。 (いさお)
2010-07-09 18:14:49
辻石さま

いつも、コメントうれしいです。

家族皆で蓄音機をきく夜♪は
趣ふかくですてきですね。

秋にお逢いしましょう!

自己紹介とお問い合わせ」カテゴリの最新記事