Infinite Sounds

JazzやRockを中心にDeep、Creative、Spiritualな音源を紹介していきます。

6月23日(土) WW KYOTO Worldwide FM: 沖野 修也 (Shuya Okino) with DoitJAZZ_KYOTO from Y gion

2018-06-20 22:11:39 | Event

今週末の土曜日はDo it Jazz ! at metro の前にY gionにてWorld Wide Kyoto の公開録音があります。

Do it Jazz ! 前にぜひ立ち寄ってみてください!

WW KYOTO Worldwide FM: 沖野 修也 (Shuya Okino) with
DoitJAZZ_KYOTO from Y gion

Worldwide FMは「音楽の伝道師」と慕われるラジオ/クラブDJのGilles Petersonがスタートしたオンライン・ラジオステーションです。Londonに本部を置き、今やLA、 Rio de Janeiro、 Brussels、Tokyo、 Paris、そしてBerlinに勢力を広めた世界が注目するオンライン・プラットフォームが、ついに京都サテライトをスタート! DJ沖野修也率いる京都で活躍するDJたちが、ロンドン経由で世界へと「京都の粋」を上質な音楽セレクションと共に発信します。

WW KYOTO9回目は DoitJAZZ_KYOTO とのコラボレーションでお送りします。
2006年メトロからはじまったDo it JAZZ!
WW KYOTOでもおなじみの Masaki Tamura率いるメンバーが良質な音楽・空間を発信してくれます。

🔶イベント情報
公開収録のイベントです。
2018/6/23(土) 19:00-21:00
Y gion 4Fより 入場無料

🔶放送日
2018/7/9(月) 19:00〜21:00
Worldwide FM(高音質 音声配信): https://worldwidefm.net
Facebook(動画配信): Y gion

🔶ゲスト
【DoitJAZZ!】
2006 年 COLLAGE にて始動、2014 年から京都の老舗 Club Metro にて開催。" レア・グルー ヴ" といわれる過去の良質な楽曲や最新のクロスオーヴァー・ミュージックを中心とした楽曲を同 軸線上にとらえ選曲、良質な音楽・空間を発信し続けている。全国の著名 DJ,LIVE や BEBOP Dancer らを招待し、また国際写真展とのコラボレーション等その活動の幅を広げ続けている。
DoitJAZZ! WEB
http://www.doitjazz.jp/
soundcloud
https://soundcloud.com/doitjazz

【Masaki Tamura】
DJ / Architecture Designer。2003年に活動開始以降、新譜・旧譜問わずJAZZを軸とした選曲を得意とし、京都を代表するJAZZ / CROSSOVERイベント”Do it JAZZ!”を中心にDJを行い、LIVEアーティストからの信頼も厚く、選曲の幅を生かしカフェ、ラウンジ等のサウンドサポートも行う等、京都・大阪・東京を中心に活躍中。昨年は沖野修也がプロデュースする渋谷"THE ROOM"にて行われた"新生音JAZZ"にてレジデンツ沖野修也・松浦俊夫に続きDJとして抜擢、ヨーロッパシーンで活躍するHUGO LX、Aroop Royそして新世代バンドWONKを招待、Degoやfloating pointのサポートを務めた。 Gilles Petersonがスタートしたオンライン・ラジオステーション"Worldwide FM"の 京都サテライト"WW KYOTO"のDJを務め京都祇園のニュースポット"Y gion"から毎月第二月曜日に発信中。

【Kazuhiro Inoue】
関西を中心に各地でDJとして活動。Acid JazzやRareGrooveの全盛時にClubでのJazzに興味を持つ。生音を中心に、Jazz、Soul、World Music、Progressive Rock、Noise、現代音楽等から徹底したDigで独自のGrooveを掘りおこしている。これまでに数多くのEvent でDJとして参加し、国内外の著明DJからも好評を得る。現在はJazzイヴェントDo it Jazz at metro、三昧 at JAPONICA、World Music イヴェントChila-Chila at Spanish Harlem Latin Clubにおいてフロアを沸かせている。

【Naoki Yoda】
渡英していた経験から現地の
TechHOUSE,BREAK BEATや00年代のCROSSOVER系サウンドに影響されたエッジの効いたサウンドやMoodymannに代表されるようなJazzyかつsexyなトラックをPLAYする。JAPONICA music storeにてバイヤーを務めていた経験に裏打ちされた選曲は必見。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月23日(土) Do it JAZZ! - Kansai Boogie Session - at. METRO

2018-06-19 19:30:50 | Event

今週末の土曜日は恒例のDo it Jazz ! at metroです!

今回のテーマは関西Boogie Session !

ぜひお越しください!

●6月23日(土) Do it JAZZ! - Kansai Boogie Session - at. METRO

Do it JAZZ!
- KANSAI BOOGIE SESSION -

Date : 2018. 06.23. SAT.
Venue : METRO,Kyoto
Open : 22:00

▬▬ | ENTRANCE | ▬▬

Door (当日) : 1500 yen + 1 drink fee
22:00 - 23:00 (早割) : 1000 yen + 1 drink fee
Student (学生) : 1000 yen + 1 drink fee
※アディダスジャージ着用の方は1000 yen + 1 drink fee

▬▬ | LINE UP | ▬▬

feat. DJs :
Shogo Yokoyama from Osaka
Shintaro Matsuoka from Osaka
KEISUKE DANCE (MAKELELE) from Kyoto

Do it JAZZ! DJs :
Masaki Tamura
Kazuhiro Inoue
Naoki Yoda

Food :
明 ヶ 粋 ヶ

▬▬ | VENUE | ▬▬

METRO
BF Ebisu Bldg. 82 Simodutsumi-cho kawabata Marutamachi sagaruru Sakyo-ku Kyoto Japan
Tel:075-752-4765
http://www.metro.ne.jp/

▬▬ | ABOUT | ▬▬

2006 年 に始動以降COLLAGEそしてMETROへと場所を 変え、クラブ以外でも屋上のルーフトップやカフェ・バー、ラウンジ、ショップレセプション、 国際写真展とのコラボレーション等活動を広げ、日本、世界の著名DJを招待し、JAZZ/CROSSOVERミュージックを発信し続けてきた、"DoitJAZZ!"。今回は"KANSAI BOOGIESESSION"をテーマに関西圏で活躍するLocal DJsが京都メトロに集結する。大阪からは、東京渋谷の老舗クラブにて数々のレギュラーパーティにてDJし近年は拠点を大阪に移しDISCO/BOOGIEを中心とした選曲で盛り上げている「Shogo Yokoyama」。梅田NOONで行われている「BOSSANOVA underground」や南船場THE GOOD THINGの人気パーティ「夜更けのグルーヴ」等で活躍しSOUL / BRAZIL / DISCO等の旧譜を得意とする「Shintaro Matsuoka」。京都からは京都屈指のロケーションであるin the moonにて「MAKELELE」を主宰しFUNK / SOUL / BOOGIEとブラックミュージックを愛する「KEISUKE DANCE」が登場だ。JAZZ,SOUL,FUNK等のブラック・フィーリングあふれるトラックから、それらのエッセンスを取り込んだ最新のクロスオーヴァー・ミュージックを同軸に選曲しナイスなグルーヴを発信していくDoitJAZZ! DJsとレコードの音をミキサーに乗せて、あふれ出るバイブスを是非楽しんでください!

In 2006, he starts his activities at Collage. Since 2014, he has been holding his concerts at Club Metro, a long-standing club in Kyoto. Selecting his tunes while regarding previous high-quality tunes called "rare groove" and pieces centering on the latest crossover music all on the same coaxial lines, he has been disseminating refined music and atmosphere. Inviting prominent disc jockeys and live and bebop dancers from throughout the country and collaborating with international photo exhibitions, he has kept expanding his range of activities.The theme of this time is "KANSAI BOOGIE SESSION".Guest are "Shogo Yokoyama from Osaka","Matsuoka Shintaro from Osaka",KEISUKE DANCE from Kyoto.Cross over dance music from Osaka x Kyoto that has gone beyond the genre is not to be missed!
http://www.doitjazz.jp/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月5日(土)Do it JAZZ! × Dego - 2000 Black Japan Tour 2018 - at metro

2018-05-03 14:31:27 | Event

GW後半のこどもの日はDo it Jazz ! at metro です!

今回はスペシャルゲストに Dego を迎えての開催です!

ぜひお越しください!

● 5月5日(土)Do it JAZZ! × Dego - 2000 Black Japan Tour 2018 - at metro

Date : 2018. 05. 05. SAT.
Venue : METRO,Kyoto
Open : 22:00

- | LINE UP | -

Special DJ:
DEGO (2000black/4hero,from UK)

LIVE :
T.A.M.M.I & NOAH

DJ:
Masaki Tamura (DoitJAZZ!)
Kazuhiro Inoue (DoitJAZZ!)
SOTA (Back Home / Rokujian)
Torei (SYN-C / SND)

VJ :
Mitsumasa Sakamoto

FOOD :
明 ヶ 粋 ヶ

- | VENUE | -

METRO
BF Ebisu Bldg. 82 Simodutsumi-cho kawabata Marutamachi sagaruru Sakyo-ku Kyoto Japan
Tel:075-752-4765
http://www.metro.ne.jp/

- | ABOUT | -

自身が主宰するレーベル[2000BLACK]で長年ロンドンのクラブ/ソウル・ ミュージック・シーンを牽引してきた巨匠「Dego」の来日ツアーが決定!UK最重要ユニットの一つ [4 HERO]のメンバーにして、クラブ・シーンにおけるブラック・ミュージックを更新し続け、USのセオ・パリッシと共に第一人者としてUKシーンのキーパーソンに君臨、昨年はそのセオのレーベル[Sound Signature]から盟友KAIDIとのアルバム『A SO WE GWARN』を発表しスマッシュヒットを記録するなど、飽くなきビートの追求とスピリチュアルな音楽への拘り、音楽への深い愛情を反映した21世紀のハイブリッド・ソウル・ミュージックを生み出し続けるDegoが、多くのファンと信頼関係を築いている京都の地にやって来ます!

Dego, a hero of the UK music scene, who has been a major innovator of black music in the club scene, and reigning the scene along with Theo Parrish from the US, is appearing again in Kyoto again since last year to build a bond of trust with his many fans! Having gotten his street cred from being a member of the legendary club jazz scene unit "4 HERO" and making his mark on London music history, right now he's leading the rebel group "2000BLACK" and is a long-time trendsetter and a great artist in the UK club/soul music scene. Dego's album released last year "A SO WE GWARN" starts from drum & bass and broken beat music and went on to include afro, hiphop, jazz, soul, disco to become a grand musical journey, a masterpiece worthy of the reputation of a long-time and well-supported pioneer of the movement, a never seen before hybrid soul music of the 21st century that contains the pursuit of a beat that never gets old, a movement towards spiritual music, and a raw unadultered deep love for music reflected in the work, and was lauded with appraise. As he continues to search for new unforgettable beats while staying true to his roots, please stay tuned and experience new works from Dego!

DEGO (2000black/4hero, from UK)
ロンドンに生まれたDEGOはサウンドシステムや海賊放送でのDJ活動を経て90年にReinforced Recordsの設立に参加、4HEROの一員として実験的なハードコア・ブレイクビーツのリリースを開始。やがて4HEROはDEGOとMARC MACの双頭ユニットとなり、タイムストレッチング等、画期的な手法を編み出し、ドラム&ベースのパイオニアとなる。傑作『PARALLEL UNIVERSE』(94年)、『TWO PAGES』(98年)以降、4HEROはD&Bのフォーマットから脱却し、『CREATING PATTERNS』(01年)、『PLAY WITH THE CHANGES』(07年)で豊潤なクロスオーヴァーサウンドを打ち出す。DEGOはTEK9名義でダウンテンポを追求する等、オープンマインドかつ実験的な制作活動は多岐に及び、98年に自己のレーベル、2000Blackを始動、ブロークンビーツ/ニュージャズの潮流を生む。KAIDI TATHAMらBUGZ IN THE ATTIC周辺と密に交流し、DKD、SILHOUETTE BROWN、2000BLACK各名義による共作アルバムを制作。11年には1st.ソロアルバム『A WHA' HIM DEH PON?』を発表、ジャズ、ファンク、ソウルへの深い愛情を反映した傑作となる。その後も精力的な活動を続け、12年に『TATHAM,MENSAH,LORD & RANKS』を発表。14~15年、盟友KAIDIとの共作をFaltyDLのBlueberry、FLOATING POINTSのEglo、THEO PARRISHのSound Signature等から立て続けにリリース。15年にはDEGO名義の2ndアルバム『THE MORE THINGS STAY THE SAME』を2000Blackから発表、21世紀のハイブリッド・ソウル・ミュージックとして喝采を浴びる。そして17年にはかねてから試行錯誤を重ねてきたライヴ活動をDEGO & THE 2000BLACK FAMILYとして本格化し、名門Jazz Cafeでの公演を成功させる。またDEGO & KAIDIのアルバム『A SO WE GWARN』をSound Signatureから発表、ルーツに深く根差しながらも未来のビートへの飽くなき探求を続け、UKブラック・ミュージックの新しいスタンダードとなる。
<http://www.2000black.com/>
<https://www.facebook.com/2000blackrecords>
<https://twitter.com/2000black_dego>

Crossing the boundaries of soul, jazz, boogie, jungle, drum and bass, breakbeat, techno, hip hop, brazilian and broken beat, Dego has made an immeasurable influence on the UK dance and electronica music scene spanning the 90s and early noughties. Words like ‘pioneer’, ‘visionary’ and ‘tastemaker’ are often used to describe him.

“Dego is one the most influential figures in music in this city and in this country,” says BBC Radio 1’s Benji B. “He has always been a forward-thinking force, a progressive and positive supporter of new music and has always created his own lane with his own sound.”

Absorbing a lifetime’s worth of soul, reggae and hip-hop growing up in North-West London, Dego was a sound system selector before he had left school and a pirate radio DJ not long after. Developing as a producer, his first releases were at the dawn of the 1990s as part of 4hero, dance music pioneers for whom jungle and drum n’ bass was their work’s exoskeleton, shooting off into techno and jazz. Their sound was freely infused with myriad musical influences and a wealth of renegade London spirit, supported along the way by all-star guests like Larry Mizell, Roy Ayers and Terry Callier. They turned out a slew of albums – among them 1994’s Parallel Universe, the Mercury Prize-nominated Two Pages in 1998 and 2001’s Creating Patterns - each one a thrilling statement of musicianship, a shade ahead of the pulse of modern British black music and a deft balance of the avant-garde and daring futurism.

At the start of the 2000s Dego, Phil Asher, IG Culture and a cast of other likeminded Londoners started Co-Op at the Velvet Rooms, a clubland home for a fresh new scene that was emerging. The sound of the club was maybe best captured in 4hero’s ‘Hold It Down’, a Dego-written minor hit. His 2000BLACK label, meanwhile, was gallantly carving out its own niche via a series of singles, albums and compilations, its output an uncompromising concoction of house, techno and soul, or just London boogie for short. Then his first solo album A Wha’ Him Deh Pon?, a storming, sprawling twenty-track opus, won across-the-board acclaim in 2011.

After a spell working in New York in the mid-2000s, Dego returned to his London roots and picked up where he left off. A reinvigorated 2000BLACK put out the Tatham, Mensah, Lord & Ranks long player, an exemplary piece of teamwork with frequent collaborators Kaidi Tatham, Matt Lord and Akwasi Mensah. And in 2013 and 2014 Dego embarked on a string of hotly received 12” releases: a diverse three-tracker on Italian imprint Neroli; a one-two punch combo of EPs for Eglo and Brooklyn producer Falty DL’s Blueberry Records; and another deadly triple-header on Theo Parrish’s Sound Signature.

Dego’s sound might be difficult to pin down – naturally morphing into something else when you think you’ve got it figured out – but what remains consistent is his vivid awareness of the wisdom in leaving genres out of the picture and letting the music itself do the dirty work.

- | ENTRANCE | -

Door (当日) : 3000 yen
ADV (前売) : 2500 yen

---------------------------------------
<一般PG前売り>
チケットぴあ(Pコード : 111-916)
ローソンチケット(Lコード : 55077)
e+ にて3/24より発売開始
----------------------------------------
※前売りメール予約
→ticket@metro.ne.jpで受付けています。
前日までに、公演日、お名前と枚数を明記してメールして下さい。前売料金で入場頂けます。
----------------------------------------

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャズ批評203号 特集 ジャズ・ヴォーカル・イン・ヨーロッパ

2018-04-27 16:42:35 | その他

ジャズ批評誌203号が4月24日に発売になりました。

今回の特集は「ジャズ・ヴォーカル・イン・ヨーロッパ」です。

ぼくの連載「Other Aspects」はヨーロッパ出身でアメリカで活躍したカール・ベルガーを取り上げています。

ぜひ、手に取ってみてください!

ジャズ批評:http://www.jazzhihyo.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月16日(金)Do it "生" jazz ! - Kyoto Experience - at metro

2018-03-12 21:40:47 | Event

今週末の金曜日は恒例の Do it Jazz ! at metro です!

今回は生音オンリー、京都のDJオンリーです!

ぜひお越しください!

●3月16日(金)Do it "生"JAZZ! - Kyoto Experience - at metro

Date : 2018. 03. 16. Fri.
Venue : METRO,Kyoto
Open : 22:00

▬▬ | ENTRANCE | ▬▬

Door (当日) : 1500 yen + 1 drink fee
22:00 - 23:00 (早割) : 1000yen + 1 drink fee
Student(学生) : 1000yen + 1 drink fee

▬▬ | LINE UP | ▬▬

DJ :
Takanori Hirano (Bootsy’s Records)
Takeshi Yamaguchi (Craftbeer& Sake/Vinyl Shop ハ)
NEON YAMADA (NEON) & Yo!shit (NEON)
Ouchi-S (Connected Underground)

LIVE :
Kyoto FLAVA Unit
( Vo. KEI / Gt. Yuuki Katayama / Key. Takayuki Umeda and FLAVA crew )

&
Do it JAZZ!

Food :
明 ヶ 粋 ヶ

▬▬ | VENUE | ▬▬

METRO
BF Ebisu Bldg. 82 Simodutsumi-cho kawabata Marutamachi sagaruru Sakyo-ku Kyoto Japan
Tel:075-752-4765
http://www.metro.ne.jp/

▬▬ | ABOUT | ▬▬

2006 年 に始動以降COLLAGEそしてMETROへと場所を 変え、クラブ以外でも屋上のルーフトップやカフェ・バー、ラウンジ、ショップレセプション、 国際写真展とのコラボレーション等活動を広げ、日本、世界の著名DJを招待し、JAZZ/CROSSOVERミュージックを発信し続けてきた、"DoitJAZZ!"。去年の3月に行われて好評だったDo it"生"JAZZ企画が今年も開催決定、経験に裏打ちされた知識を持つ 京都にて活躍するDJsが集合する。" Bootsy's Records"主宰、ブラックミュージック・マスターとして玄人をも唸らせ続ける京都が誇るリビング・レジェンド" Takanori Hirano"、CLUB COLLAGEをプロデュースしシーンを支え続け、現在は" Craftbeer& Sake/Vinyl Shop ハ"店主として音楽を伝え続ける" Takeshi Yamaguchi"、SOUL,AORを主としたロングラン・パーティ"NEON"から"NEON YAMADA"と" Yo!shit"、DEEP TECHNOシーンでも活躍し" Connected Underground"に出演する" Ouchi-S"らが、生音JAZZ/FUNK/SOULセットで盛り上げる。LIVEには和とブラックミュージックを独自の解釈で披露する" Kyoto FLAVA Unit"がMETRO初登場だ。 ジャンルを超えてクロスオーヴァーするミュージックをお見逃しなく!

Following its launch in 2006, moving from COLLAGE to METRO, "DoitJAZZ" has expanded its artistic activities to rooftops, cafe bars, lounges, store receptions, and collaborations with international photo exhibitions in addition to clubs, inviting famous DJ performers from Japan and all over the world, in distributing JAZZ/CROSSOVER music from Kyoto. The theme of this time is "namaoto - Jazz". To put on a selection of the live old score JAZZ/SOUL/FUNK -only music, which is the origin of the current progressive JAZZ/CROSSOVER.
http://www.doitjazz.jp/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加