上越スチール販売㈱スタッフブログ

日替わりでスタッフが投稿
※イナバ物置/ガレージ組立施工事例 OA事務機/用品は上越スチール販売㈱HPへ移動しました

日本風アメリカアニメを日本でリメイクする

2022年06月28日 08時00分00秒 | 技術:横山

技術:横山です。

ここでも何回か記事にした事があるアメリカ発のWEBアニメ「RWBY」2013年から年1シーズンのペースで現在8シーズンまで続いている長寿作品ですが、日本での展開は一時期ストップしていたことも有りましたが、現在では最新の第8シーズンまで日本語吹替版が展開されており、今後も続きが気になる状況となっています。

この作品、制作者が「日本のアニメに強い影響を受けた」と語った通り日本とも親和性が高い作品なのですが、この度純日本製として「RWBY氷雪帝国」の放送開始が目前となっています。

先行配信で1~3話までを見た感じだとシーズン1の頃の話をベースにオリジナルの要素を加えた展開になるようですが、10年程の間に退場したキャラがそこそこいるので、懐かしいキャラが出てくるのは嬉しいのですが、逆に序盤の頃だと皆まだ人間関係がギクシャクしてるのも少し懐かしかったり。

原作の方はアメリカ産という事もあってかシーズンの終りは大体クリフハンガー風の終りでスッキリしない場合も多いのですが、最初から1クールと決まっているのなら、キレイに終わりそうな気もするので本放送を楽しみにしています。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

持ってて良かったPS5

2022年06月21日 08時00分00秒 | 技術:横山

技術:横山です。

 

約二年前にPS4で発売されたゲームソフト「FF7REMAKE」。発表当初から分割販売になると説明がありましたが、全何部作なのか?次は何時になるのか?等は不明でヤキモキする日々を送っていた方も多いと思いますが、つい先日二作目となる「FF7REBIRTH」が来冬に発売される事、全三部作となる事が発表されました。

前述の通り1作目はPS4で発売されましたが(その後PS5用にアップグレードされた物も発売済み)、2作目以降はPS5での展開となるようです。

来冬って事は発売まで1年以上あるのですが、同時に発表されたソフトラインナップの中にかつてPSPで発売された「クライシスコアファイナルファンタジー7」のPS5用移植作もあり、こちらは今冬配信予定となっていたので、来年3月発売予定の「バイオハザードRE4」も含めて漸くPS5でやりたいゲームが充実してきた気がします。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

タイミングが良いのか悪いのか

2022年06月14日 08時00分00秒 | 技術:横山

技術:横山です。

今使用している眼鏡が大体4年位使用しているのですが、表面のコーティングが剥がれてきたので、そろそろ買い替えようと思っていたのですが、床の上に眼鏡が落ちた衝撃でフレーム部分が破損。
元々の予定ではレンズ部分だけ交換してフレームは流用しようと思っていたのですが、結局全交換する事になりました。
本当はポイント五倍のサービスデーに作りに行こうと思っていたのでサービス分のポイントはもらえないのですが、レンズ交換した後にフレーム壊れたなんてことになると実質2個分のお金がかかってしまう事になってしまう為、そういう意味では不幸中の幸いととらえれば損した気分も大分和らぐと思っています。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

原作では無く原案

2022年06月07日 08時00分00秒 | 技術:横山

技術:横山です。

先週遂にNHKで一年近く放送していたジェレミー・ブレット主演の「シャーロック・ホームズの冒険」が終了してしまったのですが、何の因果か、来週金曜日から映画「バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版」が公開されます。

この作品、2019年にフジテレビ系列で放送されていた「シャーロック アントールドストーリーズ」の劇場版でシャーロックホームズシリーズの中でも一番映画化に向いている(理由は色々有る)「バスカヴィル家の犬」を原案(原作では無く)にしたものになっています。

現代版シャーロック・ホームズってBBCのアレがヒットした所為か何作品かあるのですが、どの作品もそれぞれ独自の特徴や見どころがあって面白いので本作品も結構期待しています。

また、おさらいなのかフジテレビ系列の各局でテレビシリーズの再放送をしており、地元NSTでも、後三話しかありませんが月曜と火曜の深夜に絶賛放送中であります。

 

因みに、現在オリジナルの「バスカヴィル家の犬」の文庫本は本映画仕様の特製文庫カバー(出版社事に違う3パターン位あるらしい)を付けた状態で発売されているのですが、それとは別に映画そのもののノベライズがあってそちらの表紙が文庫カバーと同じ映画のメインビジュアル(ポスターとかチラシに採用されている物)になっている為、並んで置いてあるとどっちがどっちだか判らなくなる事請け合い(新潮文庫版の構図が一番似ていると思う、逆に創元推理文庫版は全然違うデザイン)なので、購入する際は良く見て判断する事を強くお勧めします。(ノベライズ版の方にはシャーロック劇場版の文字がある)


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

宮部時代劇の集大成

2022年05月31日 08時00分00秒 | 技術:横山

技術:横山です。

 

直木賞を受賞したこともある作家「宮部みゆき」氏の最新単行本「子宝船 きたきた捕物帖(二)」がつい先日(5月26日)発売されました。

宮部氏といえばSF・ファンタジー・ミステリー・時代劇となんでもござれな作家ですが、本作は今までの時代劇の集大成とも言える特別な作品となっています。

内容は大雑把に言うと主人公の北一が周りの人達の協力を得ていろんな事件を解決していくミステリー物なのですが、本作の特徴として過去の宮部作品とのリンクが随所にちりばめられている所にあります。

例えば北一が住むことになる富勘長屋は「桜ほうさら」の主人公古橋笙之介が住んでいたところですし、第3話から登場するもう一人主人公喜多次が「初ものがたり」に登場した稲荷寿司屋の大甥(弟の孫)らしかったり、2巻収録分の第4話、第5話ではそれぞれ「ぼんくら」シリーズから岡っ引きの政五郎やその手下のおでこが登場する等、宮部作品になじみがある人ほど楽しめます。

但し時系列的に「桜ほうさら」からは2年ほどしか経っていない為登場人物には殆ど変化はありませんが、「ぼんくら」からは30年近く経っているらしく子供だったおでこが、40代のおじさんとして衝撃の登場を果たしています。

宮部氏自身は「生涯書き続けたい」と語っており今後も物語が続けば更に色々な人物が出てくるかもしれないのでこれからも注目していきたい作品であります。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

やっぱりカラータイマーある方が好き。

2022年05月17日 08時00分00秒 | 技術:横山

技術:横山です。

先週金曜日から約2年ぶりとなるウルトラシリーズの新作映画「シン・ウルトラマン」が公開されました。正確に言うと3月に「ウルトラマントリガー エピソードZ」がありましたがあれは「円谷イマジネーション」オリジナル配信作品を一部劇場で上映したと言うのが正しいようで、配給が何時もの松竹では無くバンダイナムコアーツと円谷プロの共同だからなのか例年よりだいぶ上映劇場が減ったようでした(おかげで新潟市まで観に行く羽目になったり)、尤もこれは劇場公開と同時に円谷イマジネーションで配信開始されるからと言うのもあるのだと思いますが。
又、公開規模にしては結構なヒットを飛ばしたらしく徐々に上映場所が追加されていったようです。

それは兎も角、庵野秀明氏が脚本、総監修を勤めた本作品(結構勘違いされていますが監督は別の人)は簡単に言うと初代ウルトラマンを現代風にリメイクしたらと言うもので、2時間でウルトラマンが地球に訪れてから去るまでを描いています。基本登場する怪獣(劇中では禍威獣と表記)は原点に登場するものをリデザインしておりフルCGゆえの尖ったデザインはなかなか見どころがあります。(特にザラブ星人)

BGMや効果音の一部が原点からそのままいんようされていたりと、オリジナルに対するリスペクトが凄まじい映画ですが、終盤のある展開は一寸どうかな個人的には思う所ですが、全体的には面白い映画だと思いますし、興行収入もなかなかいい感じにスタートしているようなので興味のある方はご覧になっては如何でしょうか?


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

知名度の差は大きい

2022年05月10日 08時00分00秒 | 技術:横山

技術:横山です。

2000年に公開された映画「X-MEN」以降なんだかんだでアメコミヒーローの実写映画は途切れずに続いていますが、本国アメリカではテレビドラマの方もそれなりの数の作品が制作、放送されているのですが、日本だとCSの有料チャンネルや各種配信サイト以外では見ることが出来なかったりと中々敷居が高いのですが、現在NHKでアメコミヒーローを題材にした実写ドラマ「スーパーマン&ロイス」が地上波で全国放送されています。

やはり「スーパーマン」の持つブランドイメージは他とは比べ物にならない位大きく日本の地上波でアメコミヒーローのドラマが放送されるのは多分8年ぶり位。因みに8年前に放送されたのは若き日のクラーク・ケントが主人公の「ヤング・スーパーマン」で放送されたのもNHK。

そもそも現在海外ドラマを放送してくれる地上波の局と言うとNHKしか無い様な状況なのでお手軽にスーパーマンの新作が見れるのは嬉しいですが、NHKは割と最後までやらない事も多いので一寸どうなるのかドキドキしながら放送を楽しんでいます。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

そりゃ出るよな

2022年05月03日 08時00分00秒 | 技術:横山

技術:横山です。

少し前に「ULTRAREPLICA オーブリング」を紹介しましたが、あの商品に付属するカードは映像作品で使用した13枚に25周年記念としてダイナ・ガイア・アグルの3枚、更にオーブ以降の作品のメインキャラ(ジード~トリガー迄)6枚と計22枚なのですが、これではオーブの形態の半分位しか再現できず、オーブ以降の作品に至ってはそもそも対応するカードが無い場合も多く十全に遊びつくせるとも言い難かったのですが、この度追加商品として過去に発売されたカードをULTRAREPLICA仕様にアップデートした13枚に加え完全新規デザインの22枚を合わせた軽35枚のカードセット「ウルトラレプリカ ウルトラフュージョンカード SPECIAL SET」の発売が決定しました。

発送は12月で現在予約受付中、カード35枚で税込8,250円と安いとは言い難いのですが、これが無いと折角のオーブリングが「画竜点睛を欠く」状態なのも間違いなく、悩ましいところです。(因みに私は予約済みです)

ウルトラマンオーブ関係のアイテムはこれでそろったと思いますが(厳密に言うとオーブには強化変身に使うアイテムがもう一つあるのですが本来そちらに収録されている音声がオーブリングの方に収録されているので恐らく商品化は無いと思う)、オーブには型を丸々流用できるアイテムが一つあるのでもしかしたらそっちもULTRAREPLICA仕様で商品化されるかも?

 

 

ウルトラレプリカ ウルトラフュージョンカード SPECIAL SET| プレミアムバンダイ


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

続編連載開始

2022年04月26日 08時00分00秒 | 技術:横山

技術:横山です。

 

前回「戦闘妖精・雪風」シリーズの新刊の話をして、「続編の発売は又、10年後くらいかな」なんて締めましたが実は昨日4月25日に発売されたSFマガジン6月号にて第5部の連載が開始されました。
第4部の「アグレッサーズ」が閑話休題の様な話で量的にも第3部「アンブロークンアロー」の半分程(ページ数は同じくらいだけれどアンブロークンアローの方は2段組になっているので実質倍のページ数)だったので、区切りのいい所で一旦纏めて(恐らく)完結編を始めるつもりなのかと思いました。

正直どんなふうに話が終わるのか私には見当も付かないのですが、ここまでくると終わり方には興味があるので完結するまで付き合おうと思います。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

13年ぶり4冊目

2022年04月19日 08時00分00秒 | 技術:横山

技術:横山です。

1984年に第1冊目が刊行されたSF小説「戦闘妖精・雪風」。その後1992年から続編となる「グッドラック-戦闘妖精・雪風」が不定期連載され99年に単行本が刊行、それに合わせて1作目の改訂版が「戦闘妖精・雪風<改>」も発売。この頃、1,2作目を元にしたアニメーションが制作され2002年から2005年に掛けて全5巻で発売。(主演は俳優の堺雅人氏、半沢直樹のだいぶ前)

此処で完結したと思っていたら(2作目のラストがレーダーが真っ赤に染まる程の大群の敵に向けて出撃していく主人公のシーンで終わっていたので)2006年に突如として第3部「アンブロークンアロー-戦闘妖精・雪風」の連載が開始。2009年に単行本が発売され、今度こそ終わったと思っていたのですが2017年頃に第4部「アグレッサーズ-戦闘妖精・雪風」の連載が開始、今迄割と不定期だった連載は大分安定して掲載され今年の頭辺りに完結し明日4月20日に単行本が刊行されます。

大雑把に言うと異星で地球を侵略しようとする謎の敵と(戦闘機で)戦う軍人たちの話ですが、話が進む毎に難解になっていき敵と戦ってるより話し合ってる方が多いくらいの比率となっています。

一応私が生まれる前から続いている作品ですが、読み始めたのは<改>が刊行された頃なので、なんだかんだ20年以上付き合っていますが、新作の度に「これで終わりかな」と思っても忘れた頃に新作が作られるのでもしかしたらまだ続くのかもしれません、と言ってもこのペースだと次が出るのも10年後の可能性が高いですが。

更に余談ですが、実はこの作品、ワーナー・ブラザースが実写映画化権を獲得していて主演がトム・クルーズって所まで決まっているようなのですがそのニュース流れてから軽く10年経過してるのでまぁ無理なんだろうなとは思ってます。

 

 

アグレッサーズ 戦闘妖精・雪風-ハヤカワ・オンライン

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする