どこへ行こう?

バイクや趣味の話題を適当に。。。

焚き火台

2018-05-31 16:51:28 | キャンプ









 今日は予報通り雨。

 朝方は降ってなかったけど、昼前から降り出し帰る頃には土砂降り(^^;

 歩道もあちこち冠水してて、返った頃にはびしょ濡れに。

 なんだか久々にここまで濡れた気がするぞ(苦笑






 さてさて・・・






 先日のキャンプでいくつか新兵器を投入。

 今年のキャンプに備えて去年からちまちま揃えてたんですが、今回のキャンプツーリングでお試ししてみた訳で。


 中でも「これは!」と思ったのが焚き火台。

 今まではピラミッドグリルを焼き物終わった後にそのまま焚き火台にしてたんですが、これはこれで使えたんだけどどうしても気になる事がありまして。

 薪を沢山燃やした後になると、どうしても底の方に灰がたまり、空気の通り道が少なくなってしまうんですよね。

 なんで最後の方は薪の燃え残りが出てしまい、片付ける度に完全燃焼してくれたらなぁと思ってた。


 ちょうど世間様ではメッシュの焚き火台が流行ってたんだけど、こいつだと底がメッシュなんで下からも空気の取り込みを妨げる事なく、薪がほとんど完全燃焼してて羨ましくも(^^;

 ただ、今まで手を出さなかったのには理由があり、流行りはじめの頃メッシュが荒いのか火種がポロポロ落ちたりしてるの見かけてて、流石にちと危ないなぁと。

 でも最近のはそういう話も聞かなくなったし、色んなメーカーから出て大分改良が進んだのかなと。


 ならば!と思いつつも、もう一つ気になる点が・・・

 それはしまい寸。

 足が結構長いんで、しまい寸が70cm近くになるのが大半。

 サイドカーだと気にならんのだけど、どうせならしまい寸もっと小さいのほしいなとずっと考えてたんですよ。

 そんな中、某メーカーの製品で2分割になる焚き火台を発見。

 お値段は1000円近く高くなってるけど、2分割できるだけあって仕舞い寸は44cmと大分現実的に!

 これなら単車に積み込むの前提でも十分収まるサイズ。

 
 でも・・・もしかしたら、もっと小さくなるの出てたりして?

 なんて思ってしまい、半年近くあちこち探してたんですが、なんと3分割ってな製品を発見!


















 嘘だろ?と何度も見返したけど、しっかり3分割♪

 しまい寸も長編で24cm、ケースの中に収納しても大分余裕あるんで、薄さも十分!

 一回り大きい500mlのペットボトルってなサイズなんで、このサイズならリアボックスに入れても余裕余裕w

 広げれば普通の焚き火台のサイズなんで、使うのにも不自由しないしね。

 手を出す前の時点でのデメリットは、組み立てる手間くらいかなと。

 まあこれも足を差し込むだけなんで、苦にならんはず。

 しかもポチった当初はお値段もバンドックよりちょっとだけ安かったんで、ポチッとなw 

 
 で、手元に届いたのを早速組み立ててみたら・・・

 なんだか足がゆるゆる(汗

 差し込んでもゆるすぎて抜けてしまうところもあったり・・・

 やらかした?と思いつつも、ゆるいならばキツくしてやれ!と、パイプの差込部を全本数ちょっとだけ絞り、抵抗を大きくしてみた。

 これで持ち上げても振っても足が抜ける事はない。

 きつくなりすぎないように調整してたんで、脱着も楽だしね♪


 そんな訳で、しばらく寝かしてた後、先日ついに実戦投入!









 いやぁ、このメッシュタイプのは本当に良い♪

 まあ今回は生木の薪に苦労させられたけど、燃え残りもほとんど灰だけだったしねぇ。

 火種もほとんど下に落ちた気配もなし。

 これなら安心して使えるぞ・・・ってな訳でもなく、どうしても気になる部分も発見(^^;


 メッシュだけに、下方にも熱が筒抜け。

 なんで地面が熱せられて、草がカサカサに乾いてた・・・

 ピラミッドグリルでは経験した事ない事態。

 燃え上がる事は無いんだろうが、これはまずいんでは?とも(汗

 地面への遮熱ができれば満点なんだけどなぁ・・・


 でも一応予想の範疇でもあったんで、既に対策も計画済み。

 と言うか、今回は忘れちゃってたんだけど、既に準備はしてあるんですよね。

 なんで夏のキャンプでこの辺試してみようと画策中。


 せっかく軽くて小さくて性能も良いんだし、安心してガンガン使えるようにしてやらなきゃだ。








コメント (2)

雨続き

2018-05-30 18:22:32 | 独り言









 今日は一日雨。

 夕方近くになってやっとやんだかと思ったら、先程からまた霧雨が・・・

 明日も雨予報だし、鬱陶しくてかなわん(^^;

 ただでさえ雨で体調悪いのに、右目が塞がる程腫れてしまい、朝から病院行く羽目になったしねぇ。

 はぁ・・・早いところスッキリしてくれんかな。









コメント

前哨戦せいなの森キャンプツーリング 2

2018-05-29 19:26:46 | キャンプ









 今日は一日曇り。

 明日から雨予報のせいか、ジメジメと蒸し暑い一日でした。

 天候のせいかあちこち痛みだしてぐったり。

 早いところスッキリしてくれんかなぁ。






 さてさて・・・昨日の続きを。











 サイト内はこんな感じ。

 毎回同じ区画とってるんで、いつもと同じ光景w

 水場も近いし並びなんでグループにはぴったりなんですよね。


 で・・・良い具合に炭もおきたんで、いよいよ宴会開始!









美味しそうなトマトが売ってたんで、定番になりつつあるカプネーゼ。










 花の木で仕入れてきた丸鶏!

 こいつがまたデカくて、買いに行ったオレ達もびっくりだったw











 こいつをこんな風に炙ってから豪快に引きちぎってシェア。








そして定番BBQ。









 帝国領桐生名物 コロリンシュウマイ!

 初体験の食感と味に後輩君もびっくりw


 こいつらを喰らいながら、ビールを飲んで至福のひととき♪

 いやぁ、ほんと美味しかった♪


 でも・・・この辺りから気温がぐんぐん下がり、そろそろ火の出番かなと焚き火を始めようとしたんですが・・・


 薪がほとんど生木状態で、割れない火がつかないわで一苦労。

 樹皮でさえ燃えてくれず、火をおこすのに四苦八苦。

 焚付を作りたくとも、ナタでもなかなか刃が立たず、ホント苦労した(ーー;

 たぶん今までで一番苦労した焚き火だろうなぁ。 










 それでもなんとか火をおこしてみるも、写真の状態からでも油断してるとすぐ火が消えてしまう。

 シュウシュウ水蒸気吹き出してくる位で、すぐ炭になってしまう。

 oguさんがうちわで扇いでバーナーで炙ってと、火に関わったメンツクタクタに(苦笑

 まあこのお陰か、酒飲んでもなかなか酔えずにいましたがw


 一通り食べ終わった後は、酒を片手に焚き火を囲んでたんですが・・・

 火がすぐ消えるんでなかなか温まらない(苦笑

 しまいにはホットウイスキー作って体の中から温める始末。

 なんで必然的にビール売れ残りまくり(^^;

 気がつきゃいつの間にか吐く息白いしw

 こんだけ冷え込んでたら寒い訳だなぁと納得。










 この頃には辺りはすっかり暗くなり、夜もどんどん更けてゆく。

 酒を飲んで馬鹿話して笑ってと、おっさん4人で盛り上がりながら、もう一つのイベント、星空鑑賞に備えてたんですが・・・

 いざ消灯になってみたら、月明かりが煌々と。

 いつもなら真っ暗になるのに、月明かりだけで周囲が見渡せる程の明るさ。

 火と格闘しながら11時近くまで粘るも、結局満点の星空とはいかず、酒の入ったおっさんたちは撃沈寸前に。


 まあ今回は夏の定例キャンプの前哨戦。

 本番に見れれば良いやと、この辺でお開きに。

 軽く後片付けをした後、それぞれテントに潜り込み就寝タイム。

 散々飲み食いして喋りまくってたんで、良い感じに疲れてたしねw


 かなり冷え込んだんで寒いかなと思ったけど、3シーズンシェラフ一枚でも十分に暖かくて、途中で何度も脱皮して最後にはTシャツとパンツになってやっと程よい位に。

 あっという間に眠りにおち、爆睡w

 途中でのどが渇いて何度か目が覚めたんですが、結構眠れて良い感じでした♪


 で・・・夜明けが近づいた頃、洗い物を始めた若者グループの音で起こされたり、蹄の音で目が覚めたりと色々あったけど、5時頃に本格的に目が覚めて、着替えして外へ。









夜明け前のキャンプ場は静寂・・・とはいかず、うぐいすやらカラスやら盛大に鳴いてて思わず苦笑w



 まずは夜明け前の高原の空気を思いっきり吸い込みストレッチ。

 心配してた痛みも出なかったし、やっぱりエアーベットは体に優しいなとw

 これのお陰で去年もだいぶ朝が楽だったしね。


 ストレッチが終わったら顔を洗い、ケトルをバーナーにセット。

 お湯を沸かして一人きりのモーニングコーヒータイム♪

 そうこうしてると後輩君も起き出して、ガサゴソ撤収準備。

 コーヒーを勧めて飲んでると、oguさんもしんしんさんも起き出して、皆でコーヒータイム。


 しばらくうだうだ朝のけだるさを楽しんでたら・・・










 ご来光♪

 日の出を拝みながら飲むコーヒーは最高♪

 
 その後は後片付けをしつつ、朝食タイム。

 昨日オレとoguさんで仕込んでおいたスープ2種を温めて、でかいブロックベーコンをガンガン焼いては喰らい、朝からガッツリとw

 今回はオレが2時までに名古屋に戻らなきゃいけないんで、昼抜きになるから朝ガッツリ食べる戦法w

 まあ毎回二日酔いやらなんやらでこうなるのが多いのは気の所為だろう・・・w


 皆でガッツリ食べた後は、本格的に撤収準備。

 日もだいぶ昇ってきたんで、地面が乾くのを待ってテントやグランドシートを干して乾燥。

 干してる間に焚き火台とグリルの灰を捨て、洗い物。

 しっかり乾いたら畳んで収納バックに入れ、最後にタープを畳んでテント&タープはこれで片付けOK!

 仕上げにゴミをしっかりと拾って片付け、無事に撤収準備完了!


 てな事やってたら良い時間になったんで、10時丁度にチェックアウト。

 キャンプ場から少し下って、途中でアントンに寄り、相方用のお土産を買い込んで、ここで解散する事に。

 再会を期して解散!


 皆さんまた夏に会いましょう♪


 oguさんしんしんさんは園原ICから中央道へ、オレと後輩君は153経由で下道。

 昼神温泉を抜け153を豊田方面へと曲がり、まずは寒原峠越え。

 荷物を舟に積み込む際、きちんと整理して入れたら大分余裕ができたんで、ついでに重量物を舟後方に積んでこれで安定するだろうと安心してたんですが・・・

 ちょっと本車側に寄せすぎたらしく、左コーナーがいつも以上に安定せず、重いはずの舟が浮きかけたりと怖くて四苦八苦。

 行き以上の安全運転で峠を上り、一旦下って行きに寄った信州平谷で休憩した後、治部坂をえっちらおっちら越えて愛知県入り。

 この間も舟が安定しなくてビビリミッター全開!

 いつぞやも重量配分間違って怖い思いしたのに、またやっちっまった(^^;


 恐る恐る走りながら稲武を過ぎた所でギブアップ。

 体重移動で頑張ってたら、クタクタになってしまった。

 なんでいつもの黒谷渓谷経由のルートに変更。

 あっちなら車も少ないし、のんびり走れるかなと。


 が! 道がより一層タイトなのを忘れてた(汗

 ここも抜けるまでの間何度も怖い思いをして、いつも以上に時間がかかってしまった。

 結局11号に出る頃までビクビクしながらの走行に。

 11号に入った頃にやっと挙動に慣れ、ペースが一気に上がり一安心。

 これからはちゃんと重量配分考えて積もうと、心に固く誓った訳で(^^;

 そっからは順調に進み、グリーンロードへ。

 西広瀬Pで休憩し、後輩君ともここからは流れ解散。

 この辺りから気温も大分高くなり、走ってても暑い(汗

 すっかり汗だくになってしまった。

 その後は一気に八草まで走りきり、イオン渋滞にハマりつつも、無事に1時45分に自宅に到着!

 慌てて荷物を下ろして、猫におやつ上げてから速攻シャワー。

 さっぱりして猫抱っこして、やっと一息。

 これで今回のキャンプツーリングは無事に終了。


 走行距離250kmちょいと、大半がビビりながらの走行でしたが楽しかったw

 皆さんからも続々帰着連絡が入り一安心。

 星は残念だったけど、今回もガッツリ楽しめたんで満足♪


 参加された皆さん、本当にお疲れ様でした!


 てな具合に、皆無事に帰宅できたんで、次回は本番の定例キャンプ!

 また仲間で集まってガッツリ楽しまなきゃだ。


 








コメント (2)

前哨戦せいなの森キャンプツーリング 

2018-05-29 18:18:20 | キャンプ









 今日は一日曇り。

 明日から雨予報のせいか、ジメジメと蒸し暑い一日でした。

 天候のせいかあちこち痛みだしてぐったり。

 早いところスッキリしてくれんかなぁ。






 さてさて・・・昨日の続きを。











 サイト内はこんな感じ。

 毎回同じ区画とってるんで、いつもと同じ光景w

 水場も近いし並びなんでグループにはぴったりなんですよね。


 で・・・良い具合に炭もおきたんで、いよいよ宴会開始!









美味しそうなトマトが売ってたんで、定番になりつつあるカプネーゼ。










 花の木で仕入れてきた丸鶏!

 こいつがまたデカくて、買いに行ったオレ達もびっくりだったw











 こいつをこんな風に炙ってから豪快に引きちぎってシェア。








そして定番BBQ。









 帝国領桐生名物 コロリンシュウマイ!

 初体験の食感と味に後輩君もびっくりw


 こいつらを喰らいながら、ビールを飲んで至福のひととき♪

 いやぁ、ほんと美味しかった♪


 でも・・・この辺りから気温がぐんぐん下がり、そろそろ火の出番かなと焚き火を始めようとしたんですが・・・


 薪がほとんど生木状態で、割れない火がつかないわで一苦労。

 樹皮でさえ燃えてくれず、火をおこすのに四苦八苦。

 焚付を作りたくとも、ナタでもなかなか刃が立たず、ホント苦労した(ーー;

 たぶん今までで一番苦労した焚き火だろうなぁ。 










 それでもなんとか火をおこしてみるも、写真の状態からでも油断してるとすぐ火が消えてしまう。

 シュウシュウ水蒸気吹き出してくる位で、すぐ炭になってしまう。

 oguさんがうちわで扇いでバーナーで炙ってと、火に関わったメンツクタクタに(苦笑

 まあこのお陰か、酒飲んでもなかなか酔えずにいましたがw


 一通り食べ終わった後は、酒を片手に焚き火を囲んでたんですが・・・

 火がすぐ消えるんでなかなか温まらない(苦笑

 しまいにはホットウイスキー作って体の中から温める始末。

 なんで必然的にビール売れ残りまくり(^^;

 気がつきゃいつの間にか吐く息白いしw

 こんだけ冷え込んでたら寒い訳だなぁと納得。










 この頃には辺りはすっかり暗くなり、夜もどんどん更けてゆく。

 酒を飲んで馬鹿話して笑ってと、おっさん4人で盛り上がりながら、もう一つのイベント、星空鑑賞に備えてたんですが・・・

 いざ消灯になってみたら、月明かりが煌々と。

 いつもなら真っ暗になるのに、月明かりだけで周囲が見渡せる程の明るさ。

 火と格闘しながら11時近くまで粘るも、結局満点の星空とはいかず、酒の入ったおっさんたちは撃沈寸前に。


 まあ今回は夏の定例キャンプの前哨戦。

 本番に見れれば良いやと、この辺でお開きに。

 軽く後片付けをした後、それぞれテントに潜り込み就寝タイム。

 散々飲み食いして喋りまくってたんで、良い感じに疲れてたしねw


 かなり冷え込んだんで寒いかなと思ったけど、3シーズンシェラフ一枚でも十分に暖かくて、途中で何度も脱皮して最後にはTシャツとパンツになってやっと程よい位に。

 あっという間に眠りにおち、爆睡w

 途中でのどが渇いて何度か目が覚めたんですが、結構眠れて良い感じでした♪


 で・・・夜明けが近づいた頃、洗い物を始めた若者グループの音で起こされたり、蹄の音で目が覚めたりと色々あったけど、5時頃に本格的に目が覚めて、着替えして外へ。









夜明け前のキャンプ場は静寂・・・とはいかず、うぐいすやらカラスやら盛大に鳴いてて思わず苦笑w



 まずは夜明け前の高原の空気を思いっきり吸い込みストレッチ。

 心配してた痛みも出なかったし、やっぱりエアーベットは体に優しいなとw

 これのお陰で去年もだいぶ朝が楽だったしね。


 ストレッチが終わったら顔を洗い、ケトルをバーナーにセット。

 お湯を沸かして一人きりのモーニングコーヒータイム♪

 そうこうしてると後輩君も起き出して、ガサゴソ撤収準備。

 コーヒーを勧めて飲んでると、oguさんもしんしんさんも起き出して、皆でコーヒータイム。


 しばらくうだうだ朝のけだるさを楽しんでたら・・・










 ご来光♪

 日の出を拝みながら飲むコーヒーは最高♪

 
 その後は後片付けをしつつ、朝食タイム。

 昨日オレとoguさんで仕込んでおいたスープ2種を温めて、でかいブロックベーコンをガンガン焼いては喰らい、朝からガッツリとw

 今回はオレが2時までに名古屋に戻らなきゃいけないんで、昼抜きになるから朝ガッツリ食べる戦法w

 まあ毎回二日酔いやらなんやらでこうなるのが多いのは気の所為だろう・・・w


 皆でガッツリ食べた後は、本格的に撤収準備。

 日もだいぶ昇ってきたんで、地面が乾くのを待ってテントやグランドシートを干して乾燥。

 干してる間に焚き火台とグリルの灰を捨て、洗い物。

 しっかり乾いたら畳んで収納バックに入れ、最後にタープを畳んでテント&タープはこれで片付けOK!

 仕上げにゴミをしっかりと拾って片付け、無事に撤収準備完了!


 てな事やってたら良い時間になったんで、10時丁度にチェックアウト。

 キャンプ場から少し下って、途中でアントンに寄り、相方用のお土産を買い込んで、ここで解散する事に。

 再会を期して解散!


 皆さんまた夏に会いましょう♪


 oguさんしんしんさんは園原ICから中央道へ、オレと後輩君は153経由で下道。

 昼神温泉を抜け153を豊田方面へと曲がり、まずは寒原峠越え。

 荷物を舟に積み込む際、きちんと整理して入れたら大分余裕ができたんで、ついでに重量物を舟後方に積んでこれで安定するだろうと安心してたんですが・・・

 ちょっと本車側に寄せすぎたらしく、左コーナーがいつも以上に安定せず、重いはずの舟が浮きかけたりと怖くて四苦八苦。

 行き以上の安全運転で峠を上り、一旦下って行きに寄った信州平谷で休憩した後、治部坂をえっちらおっちら越えて愛知県入り。

 この間も舟が安定しなくてビビリミッター全開!

 いつぞやも重量配分間違って怖い思いしたのに、またやっちっまった(^^;


 恐る恐る走りながら稲武を過ぎた所でギブアップ。

 体重移動で頑張ってたら、クタクタになってしまった。

 なんでいつもの黒谷渓谷経由のルートに変更。

 あっちなら車も少ないし、のんびり走れるかなと。


 が! 道がより一層タイトなのを忘れてた(汗

 ここも抜けるまでの間何度も怖い思いをして、いつも以上に時間がかかってしまった。

 結局11号に出る頃までビクビクしながらの走行に。

 11号に入った頃にやっと挙動に慣れ、ペースが一気に上がり一安心。

 これからはちゃんと重量配分考えて積もうと、心に固く誓った訳で(^^;

 そっからは順調に進み、グリーンロードへ。

 西広瀬Pで休憩し、後輩君ともここからは流れ解散。

 この辺りから気温も大分高くなり、走ってても暑い(汗

 すっかり汗だくになってしまった。

 その後は一気に八草まで走りきり、イオン渋滞にハマりつつも、無事に1時45分に自宅に到着!

 慌てて荷物を下ろして、猫におやつ上げてから速攻シャワー。

 さっぱりして猫抱っこして、やっと一息。

 これで今回のキャンプツーリングは無事に終了。


 走行距離250kmちょいと、大半がビビりながらの走行でしたが楽しかったw

 皆さんからも続々帰着連絡が入り一安心。

 星は残念だったけど、今回もガッツリ楽しめたんで満足♪


 参加された皆さん、本当にお疲れ様でした!


 てな具合に、皆無事に帰宅できたんで、次回は本番の定例キャンプ!

 また仲間で集まってガッツリ楽しまなきゃだ。


 








コメント

前哨戦せいなの森キャンプツーリング 1

2018-05-28 18:11:31 | キャンプ









 今日は1日曇り。

 朝から今にも降りそうなどんよりとした曇り空で、いつ降り出すかと帰路もヒヤヒヤしっぱなし。

 今週はずっとこんな天気らしいし、体調気をつけなきゃだ。






 さてさて・・・






 5月26日土曜。

 待望のキャンつプーリングの日♪

 今回は一年ぶりのサイドカーでのキャンプと言う事もあり、前日まで散々持ってく荷物で悩んでたんですが、今回は初心者の後輩くんのキャンプデビュー。

 最初の時ってなんだかんだで足りないものでてくるだろうなぁ、それにPCXじゃ積載の問題もあるし荷物少なくしてくるんだろうと予想。

 なんで当日早朝にに一旦ミニマムパッキングにしてた荷物を、いつでも貸せるようにと予備も含めてまとめてたら、過去最大級の荷物に(汗

 でもせっかく参加してもらうんなら、不便なく楽しく過ごして欲しいしね。

 てな訳で、追加の荷物を積み込んだら舟みっちりになってビックリ(汗

 トノカバーがしめられないんじゃないかってな位の大荷物。

 まあ積載量あるからとろくに考えず突っ込んでたしね(^^;

 まあなんとなさるさと、パンパンに膨れた舟のトノカバーを見ないようにしつつ、一旦部屋に戻った時に後輩くんから着信。

 時刻は6時半。

 もしかして何かあったか?と慌てて電話にでたら、急で申し訳ないけどとの切り出し・・・

 これは不参加?(汗と思ったら、車で行ける事になったんで車で良いですかとw

 荷物纏めてたら洒落にならない量になったのと、大荷物をみたご家族が心配して車での出撃OKになったそうな。

 勢いついてタープまで買っちゃったらしいし、その方が無難な選択だよねw


 てな訳で、多少予定が変わったけど、7時半に自宅を出発!


 あ、荷物は下ろすの面倒だったのと、向こうで皆で使うかな?と結局積んだまま。

 大丈夫だろうとたかくくってたんですが、今まで経験した事のない舟の重さに挙動が激変し、おっかなびっくりの走行に(汗

 まあその内慣れるだろうと、一路阿智村を目指してひた走る。


 天気は曇り。

 予報では晴れなんだけど、降らないだけマシかなと。

 名古屋は最高予想気温31℃と今日も真夏日の予報。

 現地の阿智村も25℃予報と、今日も暑くなるだろうなぁ。


 今回も治部坂経由の下道ルートなんで、いつも通りグリーンロードへ。

 流石に時間が早いだけあって、バイクも車も少なく一気に待ち合わせ場所の西広瀬Pへと到着。










 改めて舟をみると、トノカバーはち切れそう(汗

 こりゃ挙動変わる訳だなぁと。

 サイドカーの癖が強く出るし、ブレーキも当然効きが弱く感じる。

 これはひたすら安全運転に徹しようと心に誓ってたら、後輩くんが無事に到着。

 ルートの打ち合わせを済ませた後、まずはいつもの直売所へ向かって出発。

 力石ICから153へと抜け、途中から大蔵方面へと曲がって大蔵入り。

 流石に荷物を積みすぎたせいか、中々挙動がつかめず走行中も一苦労(^^;

 体重移動も思いっきりやらなきゃいかんし、いつもは平気な位の轍や段差でも敏感に反応しやがるんで怖いのなんの(涙

 とにかくコーナーはシッカリ減速を心がけ、恐る恐る走って直売所へと到着。


 ここで野菜を買い込み、そのまま153へと抜け、すぐにまたお買い物w

 お土産用に花の木にて丸鶏一羽買い込み、野菜も鳥も後輩君にお任せして出発w

 流石に今日だけはオレのサイドカーに積むスペースがないしねぇ。


 てな訳で、流れに合わせて走ってたんですが・・・

 行儀の悪いバイクにコーナーで被せられて抜かされたり、流れに乗ってるのにギリギリぶち抜いてくバイクにビビらされたりと、色んな意味でヒヤヒヤしながらの走行。

 上りはまだ良いんだけど、舟が重すぎるんで下りが本当に怖い。

 それに上りでもRのキツイコーナーはいつも以上に遠心力が働く感じで外側に引っ張られる感覚が強く、正直荷物こんなに積むんじゃなかったと後悔(^^;

 軽二輪サイドカーなんでトレッドが狭いんで、この辺舟が重いと顕著なんですよね。

 とは言え、段々と慣れてはきたんで焦らず安全運転に徹して治部坂越えし、道の駅信州平谷にて休憩。

 途中の温度計最高で23℃とかだったけど、停まると暑い。

 風がだいぶ暖かくなってて、先日まで感じてた冷たさがなくなってた。
 
 こっからはどんどん暖かくなってくるんだろうな。


 で、のんびりペースだけど流れが良かったんで、ここまでは順調。

 時間的にも30分以上余裕が出てるし、これなら待ち合わせに間に合いそう。


 てな訳で、再び153を長野方面へ。

 荷物満載なんでいつも以上にエンジン回してたんで、寒原峠を越えて下りに入って一安心と思いきや、下りに入ったら入ったでまたまたコーナーで舟に振り回されてビビリミッター作動(苦笑

 ドキドキしながらなんとか峠を下りきり、昼神温泉へと。

 そのまま飯田方面へとしばし走り、11時に待ち合わせ場所のショッピングモールへと到着。

 向かいにあるスタンドでまずは頑張ったエリミにガソリン入れてふと横をみると、しんしんさんの姿が。

 スタンドに入ると同時にメール着信音がしたのはこれかw

 サクッと合流してoguさんが来るまで談笑。


 程なくしてオレも笑う位の過積載なレイドにてoguさん到着w

 皆のためにと大天幕積んできてくれたんで、荷物みっちり。


 去年の夏以来の仲間との再会!

 話しながら早速買い出しをして、まずはお昼!










 お昼はいつもの南国飯店。

 スッカリ皆もお気に入りにw


 今日こそはずっと気になってたあんかけラーメンをと思ったら、メニューを見てたoguさんが何やら発見してしまい・・・












 辛味追求導師のoguさんの琴線にバッチリ触れ、疲れ切って体力失ってたオレも釣られ、セットの白米にしんしんさんまで釣られ、まさかのおっさん三人カレーラーメンセット!

 そんな俺達を冷ややかな目でみてた後輩君は、初志貫徹であんかけラーメンを注文。

 夜にガッツリ食う予定なのに、オレたち何やってんだろうなぁと苦笑してたら、後輩君も雰囲気に釣られ餃子を追加(爆

 もうこの時点で夜の惨状が目に浮かうんだが・・・(苦笑












 やらかしの伽哩ラーメンw

 これがまた絶品で、全員汁まで完食w

 いやぁ、ここ何食べても当たりだなぁ♪


 まあ。。。店を出る頃には腹が苦しくて偉い事になってましたが(苦笑











 久しぶりのレイドとの2ショット。

 こうして一緒にバイクで走るのは何年ぶりだろうか。


 この時点でまだ時間は1時前。

 チェックインは2時なんで時間がたっぷり余ってしまった。


 なんでキャンプ場上に出来たってな話の、産直っぽい道の駅みたいな施設に行ってみる事に。

 重いお腹を抱えながら重い重いサイドカーをひぃひぃ言いながら操って、昼神温泉を抜け山を登って清内路へ。

 キャンプ場を通り越して数キロ走り、それらしき施設が見えてきた。


 がっ! なんだか様子が変だぞ?

 車も1台も居ないし、入り口は微妙に封鎖されてるような・・・

 嫌な予感を押し殺しながら入ってみたら、やっぱり開いてない( ̄∇ ̄;)

 まさかの臨時休業とな・・・


 ここで話し合い、仕方がないんでダメ元で早めにキャンプ場へ行く事に。

 この時点で1時。

 近くに時間潰せる場所もないし、なんだかどっと疲れが出てきたしねぇ。

 
 てな訳で、さくっと下ってすっかりお馴染みのせいなの森キャンプ場へ。

 今年から運営団体変わったんで不安だったけど、無事に早めにチェックイン出来てほっと一息。

 薪と炭を買い込んで、いつものサイトへと移動。


 今回もオートキャンプ場Bサイト。

 そしてサイトも全員いつもと同じ番号。

 もう何度も来てるんで、慣れちゃってるしね。

 初参加の後輩君はオレの隣の区画。これからはそこが定位置になる訳でw


 それぞれ車とバイクを停めたら、早速荷降ろし開始。

 まずは共用するoguさんの大天幕を皆で立て、その後は個人のタープとテント設営。

 パンパンに詰まった荷物を舟からだし、並べた膨大な量の荷物をみて、どんだけ積んできたんだと一人で苦笑。

 
 まずはタープを張ろうとして、ふと後輩君の事を思い出す。


 そう、彼はこれが初キャンプ。

 一応練習はしてきたとの事だけど、ここは先生にコツを伝授してもらおうと、途切れる事無いキャンプ歴を続けてるoguさんにコーチ役を押し付けてみたw

 さすがoguさん、テキパキとコツを伝授し颯爽と去ってゆく。

 オレも手伝いながら後輩君の動きをみてたけど、初めてにしてはちゃんとコツも飲み込んでるしこれなら安心かなと。

 なんで自分の区画へ戻ってテントとタープを組み立て開始。

 まあ、タープは手抜き道具入手してたんで、サクッと完成w

 テントはワンタッチなんで、ペグダウンまでやっつけても数分。

 ほんとこの組み合わせは簡単で助かる。


 今回もエアーベットを持ってきたんで、中で広げて電動ポンプのスイッチON。

 あっという間に膨らんで、その上にシェラフを広げて寝床も完成w

 一応手動ポンプも持ってきてたけど、支障ない程度には電動だけでも入るし、体が疲れてたんで今回は柔らかめで寝てみる事に。

 これで大丈夫だったら、次回から電動ポンプのみでOKだしね。










 
















 結局サクッといつものスタイル完成w



 









 後輩君も最初は苦戦してたけど、無事に自力で完成。

 ツーリングドームにヘキサミニのコールマン定番スタイル。

 なんだかんで使い勝手良いから、キャンツー演る人には人気ですよね。









 しんしんさんも無事に完成。

 スクエアタープにケシュアの組み合わせ。












 oguさんは大天幕に名品ムーンライト。

 去年の布教の成果で、三人共椅子は一緒w


















 ついでにエリミもパチリw

 良い具合に光っててニンマリw


 この頃には汗だくになってて、喉がビールが欲しくてたまらない状態に。

 が、ここで飲んでしまうと風呂に行けなくなる&酔っぱらい発生の可能性が高いんでぐっと我慢w

 うだうだ雑談しながら4時近くまでダベリ、重い腰をあげてしんしんさんの車に乗り込み昼神温泉へ。

 またまたいつもの湯ったりーな昼神でお気に入りの温泉を堪能し、帰りにコンビニで買い物してサイトへ帰着。


 車降りたらすぐに乾杯w

 まずは一本やっつけた後、根っこが生えない内に夕食の準備を開始。

 後輩君達が下ごしらえしてる間に、オレは火の準備。

 グリルと焚き火台を組み立て、初投入の火おこし器を使って炭に火入れ。

 これでほっとけば煙突効果で勝手に炭がおきてくれるんで、今までのように張り付かなくて済むんでホント楽ちん。


 下ごしらえ組が戻ってきたんで、oguさんと二人で明日の朝食用のスープの仕込み。










 オレはトマトベースのスープ。










oguさんはコンソメ仕立ての野菜無水スープ。


 使ってる具材は共通だけど、それぞれ味を変えて仕込み完了。

 弱火で煮込みつつ、その間にまずは薪用の薪をわろうとしたんですが・・・


 硬すぎてナタでも歯がたたん(汗

 てか、ぱっと見嫌な予感はしてたんだけど、これ、全然乾燥させてないぞ?(汗

 薪じゃなく、生木切り出してあるだけでは・・・(ーー;

 これ、燃えるのだろうか?(汗

 oguさんも持った瞬間の重みから嫌な予感がしてたそうで、そしてこれが見事に的中。

 後々偉い苦労する羽目に。


 走行してる間に時間がどんどん過ぎていくんで、ここからは調理に専念。

 と言っても残ってるのは切って味付けして並べるだけの簡単作業w

 心配してた空模様もこの頃には大分雲も晴れ、良い感じの青空。

 これなら少しは星空拝めるかな。


 暗くなる前にと皆で一気に準備をし、宴の準備は完了!
 
 さあ、後は飲んで食らってだけだ(・∀・)ニヤニヤ 



 さて、今日はここまで。

 続きは次回。







コメント