光りの進軍  光りよ通え・・・☆

合言葉は光の使命を果たす。
心一つに情報発信

宇宙の子マサさんの日本人論

2017-08-13 09:33:17 | megamiyama

このところ注目している「宇宙の子マサブログ」にこんな記事がありました。

確かに、日本人って人前では怒らないですね。(怒りっぽい人は少なくないですが、特に人が大勢いる処で怒りまくる日本人は少ないデス)

マサさんも日本人。インドネシアの人から見たら、ソレが不思議みたいです。

ソレをキッカケにマサさんが考察して書いた記事が、ちょっと面白かったのでUPします。

なんで怒らないの?!

2017年08月11日 03時56分22秒

公式ジャンル記事ランキング:
カメラ(風景写真)31
 
はろー、バリのマイルームから、
 
宇宙の子マサです。
 
 
 
 
夜ご飯を食べて、
 
アパートに帰って来たら、
 
僕の部屋の手前で、
 
同じアパートの女性たちの、
 
ノニとアレクサとエレンが、
 
ワインを飲みながら、ゆんたくしてて、
 
一緒に飲もうよと言われて、
 
いつもだったら飲まずに、
 
一人で物書きをすんだけど、
 
豊かさについて思うことがあって、
 
乾杯させてもらった。
 
 
 
 
しばらくしてから、
 
アレクサとエレンが、
 
レギャン(夜の繁華街)に、
 
ダンスしに行こうよというので、
 
俺はダンスが好きじゃないからいいよ、
 
と何回も言ったけど、
 
ちょっとだけ、というので、
 
本当に10分で、先に帰ってきたけど(笑)、
 
いやぁ、本当にダンスの何が楽しいのかわからないわ。笑
 
 
 
 
ほぼ欧米人の街で、
 
店中がクレイジーな爆音で、
 
ダンスしてるんだけど、
 
本当にダンスの楽しさがわからないので、
 
逆に価値観の勉強になる。
 
あえて特筆しませんが、
 
まるで10代の時のノリのような街だ。
 
 
 
 
ただ、今夜のことは、
 
これからの世界を考える上で、
 
日本という国の役割が少し見えたというか、
 
(真面目だなぁ、、笑)
 
 
 
 
 
というのは、
 
話しを戻して、
 
部屋の前で乾杯してる時にね、
 
パプアニューギニアのエレンが、
 
掃除の話しを持ち出して、
 
海のゴミについて、
 
『なんで怒らないの?!』と聞いてきたのね。
 
これがすごい不思議らしくて。
 
 
 
 
何でと言われても、
 
怒る必要がないからなぁ、と思ったけど、
 
つまりはさ、
 
これが『日本』の素晴らしさ、
 
なんじゃないかと思ってね。
 
 
 
 
僕は日本人であり、
 
日本のあらゆる価値観を吸収して、
 
ここにいて、掃除をしてるわけです。
 
言わば、僕は日本という国の、一つの縮図です。
 
 
 
 
日本という国は、問題に対して、
 
理性で対処できて、
 
怒らない、という選択ができる。
 
欧米の人たちは、感情で物事を動かそうとするような人、多い感じがする。
 
 
 
 
これは、これからの世界の未来を考える上で、
 
もしかしたら、
 
とても必要なことかも知れないと思った。
 
 
 
 
インドネシアの人たちは、
 
本当に親日で、日本をよく思ってくれています。
 
日本を離れて見てみると、
 
日本は道徳面でも高く、
 
そして、テクノロジーの面でも優れている。
 
 
 
 
日本を妄信するつもりはないですが、
 
それを併せ持っているということは、
 
これは特異なこと、なのではないかと。
 
 
 
 
これから世界が大きく変わっていく未来を見据えて考えると、
 
日本という国は、
 
特に道徳面で、
 
未来を示していける、
 
素質と役割を持っているんじゃないか、
 
そんなことを思った夜でした。
 
 
 
バリから宇宙の子マサより🏝
ジャンル:
海外
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒロシマ原爆の日に | トップ |  韓国の財政破たんは必然。... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

megamiyama」カテゴリの最新記事