大阪市北区で行政書士・海事代理士・マンション管理士を営んでいる原田行政書士法務事務所の駅ブログ

主に学生時代から撮り続けている全国の駅の写真等をブログで毎日公開しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

加古川線 船町口駅!

2015年12月31日 | 

兵庫県西脇市黒田庄町にあるJR西日本の船町口駅は、山陽本線の加古川駅と福知山線の谷川駅とを結んでいる全線単線の加古川線(34.6km)の駅です。
もともとは播丹鉄道の停留場として1924(大正13)年12月27日に開業しました。

単式ホーム1面1線のみを有する無人駅で、白いコンクリート造の小さな待合室があります。

船町口駅の利用者は少なく、2012(平成24)年度の1日の平均乗車人員は7人です。

 <船町口駅の年表>

 ・1924(大正13)年12月27日:播丹鉄道の停留場として開業
 ・1943(昭和18)年6月1日:旅客駅に昇格して船町口駅となる
 ・1943(昭和18)年6月1日:播丹鉄道が国有化されて国鉄加古川線となり、同線の駅となる
 ・1987(昭和62)年4月1日:国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅となる
 ・1990(平成2)年6月1日:加古川鉄道部の発足により、その管轄となる
 ・2009(平成21)年7月1日:加古川鉄道部廃止に伴って神戸支社直轄へ変更され、加古川駅の被管理駅となる
 ・2013(平成25)年8月1日:駅構内終日全面禁煙化

 
(駅 名 標)

 
(谷川方面を望む)

 
 (西脇市方面を望む)


 撮影年月日:2002(平成14)年12月18日


紀勢本線 那智駅!

2015年12月30日 | 

和歌山県東牟婁郡那智勝浦町にあるJR西日本の那智駅は、亀山駅から新宮駅を経て和歌山市駅までの384.2kmを結んでいる紀勢本線の駅です。
もともとは新宮鉄道の一般駅として1912(大正元)年12月4日に開業しました。

相対式ホーム2面2線を有していて列車交換可能な無人駅です。
1936(昭和11)年に建てられた熊野那智大社を模した社殿風の駅舎が今も健在で、1998(平成10)年8月に町営の那智駅交流センターが増築されました。

2013(平成25)年度の1日の平均乗車人員は66人です。

この駅は熊野那智大社や那智滝など那智観光の玄関口だったので、1984(昭和59)年2月1日のダイヤ改正までは寝台特急「紀伊」や特急「南紀」の一部が停車していましたが、現在は全ての特急がこの那智駅を通過します。

 <那智駅の年表>

 ・1912(大正元)年12月4日:新宮鉄道の一般駅として開業
 ・1934(昭和9)年7月1日:新宮鉄道が国有化されて国鉄紀勢中線となり、同線の駅となる
 ・1940(昭和15)年8月8日:紀勢中線が紀勢西線に改称されたのに伴い、同線の駅となる
 ・1959(昭和34)年9月15日:紀勢西線が紀勢本線の一部となり、同線の駅となる
 ・1985(昭和60)年3月14日:駅の無人化
 ・1987(昭和62)年4月1日:国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅となる

 
(駅 名 標)

 

 
(那智駅駅舎)


 撮影年月日:1997(平成9)年9月11日


和歌山線 妙寺駅!

2015年12月29日 | 

和歌山県伊都郡かつらぎ町にあるJR西日本の妙寺駅は、関西本線の王寺駅と和歌山駅とを結んでいる全線単線の和歌山線(87.5km)の駅です。
もともとは紀和鉄道の一般駅として1900(明治33)年11月25日に開業しましたが、その後、関西鉄道を経て国鉄和歌山線の駅となりました。

かつては単式ホームと島式ホームの2面3線を有していましたが、後に中線の線路が撤去されたので、現在は単式ホーム2面2線の列車交換可能な無人駅です。
1921(大正10)年11月に建てられた木造駅舎が今も健在で、駅舎内に「観光物産センター・妙寺駅マルシェ」が入っています。

2012(平成24)年度の1日の平均乗車人員は418人です。

 <妙寺駅の年表>

 ・1900(明治33)年11月25日:紀和鉄道の一般駅として開業
 ・1904(明治37)年8月27日:紀和鉄道が関西鉄道に譲渡され、同鉄道の駅となる
 ・1907(明治40)年10月1日:鉄道国有法により関西鉄道が国有化され、国鉄の駅となる
 ・1909(明治42)年10月12日:国鉄線路名称制定により国鉄和歌山線となり、同線の駅となる
 ・1984(昭和59)年2月1日:貨物・荷物取扱い廃止
 ・1987(昭和62)年4月1日:国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅となる

 
(駅 名 標)

 
(跨線橋から和歌山方面を望む)

 
(橋本方面を望む)

 
(駅舎・ホーム側)

 
(駅舎正面)

 
(駅 舎 内)


 撮影年月日:2015(平成27)年1月10日 


旧国鉄宮田線 筑前宮田駅!

2015年12月28日 | 

福岡県鞍手郡宮田町(現・宮若市)にあったJR九州の筑前宮田駅は、筑豊本線の勝野駅と筑前宮田駅とを結んでいた宮田線(5.3km)の旅客駅でした。 もともとは九州鉄道の貨物駅として1902(明治35)年2月19日に開業し、その後、国鉄宮田線の一般駅となりましたが、1989(平成元)年12月23日に宮田線が廃止されたことに伴い、廃駅となりました。

貝島炭鉱の石炭を輸送していた頃は沢山の貨物側線がありましたが、廃止時は単式ホーム1面1線のみを有する無人駅でした。
古い木造駅舎が最後まで残っていました。
また、駅自体は1984年2月1日に無人化されていましたが、同駅手前の桐野踏切は最後まで有人でした。

この筑前宮田駅が属していた宮田線は、筑豊地区有数の炭鉱であった貝島炭鉱から掘り出された石炭の輸送などで、最盛期には各駅から総延長20kmにも及ぶ専用鉄道が伸びていたほど繁栄していました。 しかし、その後の国の石炭政策の変化に伴って貝島炭鉱が閉山したことにより宮田線は主力だった貨物輸送を失い、それとともに旅客輸送も次第に減少していき、1980年(昭和55年)12月に施行された国鉄再建法(日本国有鉄道経営再建促進特別措置法)により、1987(昭和62)年2月3日に第3次特定地方交通線として廃止承認されます。

そして宮田線は1987(昭和62)年4月1日の国鉄分割民営化により九州旅客鉄道(JR九州)に承継された後、1989年(平成元年)12月23日に廃止されました。
なお、宮田線は九州では最後まで残っていた特定地方交通線でした。

 <筑前宮田駅の年表>

 ・1902(明治35)年2月19日:九州鉄道の貨物支線の貨物駅である宮田駅として開業
 ・1904(明治37)年    :駅名が桐野駅に改称される
 ・1907(明治40)年7月1日:鉄道国有法により九州鉄道が国有化されて、国鉄の貨物駅となる
 ・1909(明治42)年10月12日:国鉄線路名称制定により国鉄桐野線(貨物線)となり、同線の貨物駅となる
 ・1912(明治45)年7月21日:桐野線の旅客営業開始に伴い、一般駅となる
 ・1937(昭和12)年8月20日:線路名が宮田線に改称され、同線の駅となる
 ・1937(昭和12)年8月20日:駅名が筑前宮田駅に改称される
 ・1982(昭和57)年11月15日:貨物取扱い廃止
 ・1984(昭和59)年2月1日:荷物取扱い廃止、駅の無人化
 ・1987(昭和62)年4月1日:国鉄分割民営化により九州旅客鉄道(JR九州)の駅となる
 ・1989(平成元)年12月23日:宮田線の廃止に伴って廃駅となる 

 
(駅 名 標)

 

 
(筑前宮田駅駅舎)


 撮影年月日:1989(平成元)年2月21日


南海電鉄高野線 紀伊清水駅!

2015年12月27日 | 

和歌山県橋本市にある紀伊清水駅は、汐見橋駅と極楽橋駅とを結んでいる南海電鉄高野線(64.5km)の駅です。 もともとは南海鉄道の清水駅として1925(大正14)年3月15日に開業しました。

17m級2扉車4両分の有効長をもつ相対式ホーム2面2線を有する無人駅です。
開業時に建てられた古い木造駅舎が今も健在です。

2013(平成25)年度の1日の平均乗降人員は405人で、これは南海電鉄全100駅中87位です。 また高野線の駅では42駅中35位です。

 <紀伊清水駅の年表>

 ・1925(大正14)年3月15日:南海鉄道の清水駅として開業
 ・1925(大正14)年3月27日:駅名が紀伊清水駅に改称される
 ・1944(昭和19)年6月1日:戦時統合により南海鉄道と関西急行鉄道が合併して近畿日本鉄道となり、同鉄道の駅となる
 ・1947(昭和22)年6月1日:近畿日本鉄道が旧・南海鉄道の路線を南海電気鉄道に譲渡したことにより、同鉄道の駅となる
 ・2010(平成22)年4月1日:駅の無人化

 
(駅 名 標)

 
(高野山方面を望む)

 
(橋本方面を望む)

 

 


 撮影年月日:2008(平成20)年12月23日