竹村英明の「あきらめない!」

人生たくさんの失敗をしてきた私ですが、そこから得た教訓は「あせらず、あわてず、あきらめず」でした。

再エネを止めるな!石炭を止めろ! グリーンピープルズパワー公募増資説明会 「石炭火力問題編」について

2020年05月03日 | 自然エネルギー
私が代表取締役を務める小売電気事業者グリーンピープルズパワー(登録番号A0644)では、現在公募増資中。おりしも新型コロナウィルスが世界中で猛威をふるっており、公募環境としては難しい状況だ。そこで、この環境を逆手にとってインターネット上でできることにチャレンジすることにした。まずはZOOM説明会(既にやった。)、そして第2弾はZOOMセッション・説明会。テーマは「再エネと石炭」、気候ネットワークの . . . 本文を読む
コメント

再生可能エネルギーのいま、電気のギモンについて考えよう

2020年03月21日 | 電力小売
新型コロナウィルスが猛威をふるっていますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。 濃厚汚染地帯?の新宿で働く身として、慎重にしかし精力的に活動をしています。 その第一は、電気の小売です。 おかげさまで、電気の販売量はコロナウィルスでは減りません。 でも、じっとしているとお客様は増えません。 というわけで、埼玉県日高市高麗(こま)のまちつくりカフェにお邪魔してきました。 その様子を主催者の一人、松尾 . . . 本文を読む
コメント

FIT制度改革はこれで良いのか

2020年02月02日 | 自然エネルギー
再生可能エネルギー主力電源化制度改革小委員会 中間取りまとめに対する意見 日本の再生可能エネルギー(以下「再エネ」とする。)比率は全電気の17%程度である。ドイツ、イタリア、スペインでは現時点で40%を超え、ポルトガルやデンマークでは50%を超えているが、これに比べ日本の普及比率は低く、普及策の成果が十分出ているとはいえない。日本の普及策は主にFIT制度だが、太陽光発電が4倍以上になった他は、 . . . 本文を読む
コメント

2020年のごあいさつ

2020年01月01日 | 自然エネルギー
あけましておめでとうございます。 まずは、多くの皆様のご支援で、2020年を迎えられましたことを感謝したいと思います。 2011年の東日本大震災・福島原発事故以降、私の人生は大変忙しくなり、いろいろな仕事がはじまりました。2011年から2013年まで取り組んだ被災地支援の「つながりぬくもりプロジェクト」、エネルギー政策をかえようと2011年から今も続く「eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を考 . . . 本文を読む
コメント

岡山で「市民・地域共同発電所全国フォーラム」開催

2019年10月14日 | 地域エネルギー
地球温暖化防止の切り札、再生可能エネルギー。その普及拡大に、福島原発事故以前から取り組んできた市民の全国ネットワークの集まりです。地域エネルギーによる発電事業の作り方、お金の集め方、運営の仕方、最近の電力業界事情、政府のエネルギー政策、そして昨今の巨大再生可能エネルギー事業による環境破壊問題まで、広くいろいろな問題を考えるための「場」です。今年は11月1日から2日に、岡山市の「オルガホール」で開催。お近くの方、地域エネルギー事業について興味のある方、再生可能エネルギーを広めたい方、いろんな方のご参加をお待ちしています。 (タイトル写真は、東京工業大学の実験的取り組み、壁面ソーラーです。岡山ではありません。東急大井町線に乗ると見えます。これも立派な地域エネルギー。) . . . 本文を読む
コメント

電力システム改革と電力新市場

2019年09月30日 | 電力自由化
反原発新聞に連載した「電力システム改革と新市場問題」(3回連続)を、まとめて多少の編集を加えてここに発表します。「電力新市場」ってなんだろう?と思っていらした皆さん、ぜひご活用ください。 1、電力システム改革とはなにか 1)2016年の電力全面自由化 これまで長く、電気は「電力会社」から供給されるものでした。この「電力会社」とは、発電も送電も小売もすべて1社で行なう会社のことです。しかし三つ . . . 本文を読む
コメント

参議院選挙のど真ん中で思う

2019年07月15日 | 政治
久しぶりのブログで、しかも久しぶりの選挙ネタで書いてみました。 我が国は、いま参議院選挙の真っ最中です。しかし、テレビやラジオからはほとんどその状況が流れてきません。申しわけ程度に、各党党首の発言みたいなのがニュースで流れてきましたが、国政を決める選挙をやっているにしては情報が少なすぎます。これで投票率が低くなるのは、当然だと思います。 じつは憲法改正選挙だった では、今度の参議院選挙には見る . . . 本文を読む
コメント

これで良いのか?電力システム「容量市場」

2019年04月23日 | 電力自由化
突然ですが「容量市場」をご存知でしょうか。電力自由化に伴う「新市場」として設置され、2020年に運用が開始されます。調整電源としての天然ガス火力のサポートのように報道されていましたが、実態は原発や石炭火力など、老朽発電所を延命させる、とんでもない仕組みであることがわかってきました。その実態を理解していただくため、まず電力自由化の経緯からお話しします。 2016年に電力全面自由化がスタートして3年が . . . 本文を読む
コメント

平成最後の大晦日、「黄昏れる時代」のなかで

2018年12月31日 | 災害
2018年がもうすぐ終わろうとしている。平成という時代の最後の大晦日らしい。メディアでは平成という年号を冠した天皇の現在までの足取りを盛んに報道している。その取り上げ方を、一括りで示すなら「平和」である。「平和」が危うくなっている時代背景の中で、必死で平和を守ろうとしてきた天皇、そしてその天皇の時代が終わる。いったいこの先どうなるのだろうという不安感がそこには同居している。 原発の終わりを告げた . . . 本文を読む
コメント

「原子力損害賠償法」見直し案が示す「政治の」究極の責任放棄

2018年09月08日 | 原発
さて、また久々の投稿である。 原子力損害賠償制度の見直しに関する検討会が終わり、その結果についてパブリックコメントの募集が行われている。9月10日が締め切りである。あまり注目されていないが、実は原子力の今後を決める最重要な要素をはらんでいる。ぜひ、このブログを参考にしていただき、皆さんのご意見を日本の政治に反映させてほしい。 原子力損害賠償制度の見直しに関するパブリックコメント http://s . . . 本文を読む
コメント (1)