goo

東京新聞杯の傾向分析(その4)

1.東京新聞杯の騎手別連対数一覧('08~'17)

               1着 2着 3着 連対 複勝
岩田           1      1      2     2      4
蛯名           1      1      0     2      2
田中勝        1      1      0     2      2
横山典        1      0      1     1      2
ルメール     0      1      0     1      1
吉田豊        0      1      0     1      1
田辺           0      1      0     1      1
内田博        0      1      0     1      1
柴山           0      1      0     1      1
丸田           0      1      0     1      1
三浦           1      0      0     1      1
福永           1      0      0     1      1
石橋脩        1      0      0     1      1
吉田隼        1      0      0     1      1
Mデムーロ   1      0      0     1      1
柴田善        0      0      1     0      1
柴田大        0      0      1     0      1
川田           0      0      1     0      1
津村           0      0      1     0      1
武豊           0      0      1     0      1
--------------------------------------
引退           1      0      1     1      2
上記以外の   0     1      1      1      2
外国人
---------------------------------------
計           10     10     10   20     30

(感想)
複数回連対は岩田、蛯名、田中勝のみです。
複数回3着以内は、連対騎手と横山典のみです。

中央開催の府中の重賞とはいえ、冬場のG3なので、
馬の偏りがないので、騎手も同じく偏りがないのかも。

上記の騎手の今年の出走予定馬は、
枠順が確定次第、投稿する予定です。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

きさらぎ賞の傾向分析(その3)

1.きさらぎ賞の騎手別連対数一覧('08~'17)

               1着 2着 3着 連対 複勝
武豊           2      1     1      3       4
小牧           1      1     0      2       2
和田           1      1     0      2       2
Mデムーロ   2      0     0      2       2
川田           0      1     1      1       2
秋山           0      1     1      1       2
ルメール     1      0     1      1       2
池添           0      0     2      0       2
藤岡佑        0      1     0      1       1
内田博        0      1     0      1       1
戸崎           1      0     0      1       1
松若           1      0     0      1       1
福永           0      0     1      0       1
--------------------------------------
引退           0      3      1      3      4
地方           0      0       1      0     1
上記以外の  1       0      1      1     2
外国人
---------------------------------------
計           10     10     10   20     30

(感想)
複数回連対は武豊、小牧、和田、Mデムーロのみです。
複数回3着以内は、連対騎手と川田、秋山、
ルメール、池添のみです。

上記の騎手の今年の出走予定馬は、
枠順が確定次第、投稿する予定です。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

JRAの重賞も前日予想できるんじゃないの

地方の交流重賞を前日に予想して投稿してるので、
JRAの重賞もできるんじゃないの。
と思ってる人がいるかもしれません。
確かにそうともいえますが、
交流重賞とJRAの重賞の違いはいくつかあるのかも
しれませんが、
一番の違いは頭数です。
JRAのほうが頭数が多いです。
さらに馬のレベルも拮抗しています。
まあ、ぐだぐだ検討しても、ハズレテいまえば
ダメです。
シンプルにセオリー重視のほうが的中するのかも。
土日に投稿できない場合は、前日に投稿することに
なります。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

川崎記念の予想を的中したよん。

川崎記念の予想結果
注目馬                                                               着      人気
アウォーディー     (軸) 1着固定、2着、3着押さえ      3着      3人気
ケイティブレイブ   (軸) 1着固定、2着、3着押さえ     1着      1人気
アポロケンタッキー (軸) 1着固定、2着、3着押さえ    2着      4人気
サウンドトゥルー   (軸) 1着固定、2着、3着押さえ     5着      2人気
メイショウスミトモ (相手) 2、3着押さえ                 7着      5人気
グレンツェント     (押さえ) 2、3着押さえ                4着      6人気

 1着 (的中)、2着 (的中)、 3着 (的中)なので、的中です。

レースはケイティブレイブが逃げて、そのままゴールしました。

ジリ脚のケイティブレイブ が1人気になるとは・・・・。
実際に勝ったので、馬券購入者は予想が上手だね。

堅めの決着だったので、低めの配当でした。
配当は、4,680でした。

もっとフォーカスを絞らなければいけなかったのかも。
前日予想だったので、多少の余裕も必要だったんすよ。
どっちなんだよ。










コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

川崎記念の予想

川崎記念の予想
注目馬
アウォーディー     (軸) 1着固定、2着、3着押さえ
ケイティブレイブ   (軸) 1着固定、2着、3着押さえ
アポロケンタッキー (軸) 1着固定、2着、3着押さえ
サウンドトゥルー   (軸) 1着固定、2着、3着押さえ
メイショウスミトモ (相手) 2、3着押さえ
グレンツェント     (押さえ) 2、3着押さえ









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

きさらぎ賞の傾向分析(その2)

きさらぎ賞の馬券圏内ベスト3('08~'17)

1着数ベスト3
1位1人気
2位6人気
3位多数あり
難解率40%

2着数ベスト3
1位1人気
2位2人気
2位4人気
2位5人気
3位多数あり
難解率30%

3着数ベスト3
1位2人気
2位3人気
2位6人気
3位多数あり
難解率40%

連対数ベスト3
1位1人気
2位2人気
2位5人気
3位多数あり

複勝数ベスト3
1位2人気
2位1人気
3位6人気

***(新項目)***
1着の人気数
6 (平均回数:1.67)

2着の人気数
5 (平均回数:2)

3着の人気数
5 (平均回数:2)

連対の人気数
7  (平均回数:2.86)

複勝の人気数
9  (平均回数:3.3)

(感想)
2人気がトップです。
2人気は、
勝ち数:3位タイ、連対数:2位タイ、複勝数:1位と、
他の人気馬と比べ、高水準かつ安定しいます。
勝ちきれないですが、大崩れしない傾向です。

上記の通り、1~3着の人気別の数値は低く、
偏りは少ないです。

1~3人気で複勝数全体の53%を占めます。
これらのうちの少なくても1頭3着以内に入った回数は
9回です。プチテッパンだね。
これらのうち、2頭3着以内に入った回数は
7回です。

さらに、1~5人気のうち、2頭3着以内に入った回数は
9回です。プチテッパンだね。

複勝圏内に入った人気の数は9で
過去10年の平均出走頭数は10.2頭です。
16個の人気に対して、88%の人気で
少なくても1頭3着以内にはいっています。
3着以内の3%は下位人気です。
もっと突き詰めれば、下位人気が少なくても1頭
3着以内に入った回数は1回です。

余談ですが、今日は、かわいい里帆ちゃんが出演するドラマの
放送日です。やったね。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

東京新聞杯の傾向分析(その3)

東京新聞杯の馬券圏内ベスト3('08~'17)

1着数ベスト3
1位5人気
2位2人気
2位3人気
2位8人気
3位6人気
難解率60%

2着数ベスト3
1位5人気
2位多数あり
難解率70%

3着数ベスト3
1位1人気
2位多数あり
難解率60%

連対数ベスト3
1位5人気
2位3人気
3位多数あり

複勝数ベスト3
1位5人気
2位1人気
2位2人気
2位3人気
2位6人気
3位多数あり

***(新項目)***
1着の人気数
5 (平均回数:2)

2着の人気数
9 (平均回数:1.1)

3着の人気数
9 (平均回数:1.1)

連対の人気数
11  (平均回数:1.8)

複勝の人気数
13  (平均回数:2.3)

(感想)
5人気がトップです。
5人気は、
勝ち数:1位、連対数:1位、複勝数:1位と、
他の人気馬と比べ、安定しいます。

上記の通り、1~3着の人気別の数値は低く、
偏りは少ないです。

1~3人気で複勝数全体の30%を占めます。
これらのうちの少なくても1頭3着以内に入った回数は
6回です。
これらのうち、2頭3着以内に入った回数は
3回です。

さらに、1~5人気のうち、2頭3着以内に入った回数は
6回です。

複勝圏内に入った人気の数は13で
過去10年の平均出走頭数は15頭です。
16個の人気に対して、87%の人気で
少なくても1頭3着以内にはいっています。
3着以内の20%は下位人気です。
もっと突き詰めれば、下位人気が少なくても1頭
3着以内に入った回数は4回です。

余談ですが、今日は、超美人の平原さんがMCの番組の
放送日です。やったね。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

東京新聞杯の傾向分析その2(続き)

枠順はまだ確定していませんが、
今回の登録馬の馬齢毎の分類は以下の  
とおりです。

期待度:〇→△→◇→×→☆→♡
              複勝の期待度  1着の期待度

カデナ                    牡4             △                     〇
サトノアレス           牡4             △                     〇
ダイワキャグニー      牡4             △                     〇
ディバインコード      牡4             △                     〇
リスグラシュー         牝4             △                     〇
---------------------------------------------------------------------
ストーミーシー          牡5             〇                     △
ハクサンルドルフ       牡5             〇                     △
アドマイヤリード       牝5             〇                     △
デンコウアンジュ       牝5             〇                     △
---------------------------------------------------------------------
クルーガー                牡6             ◇                     〇
グレーターロンドン    牡6             ◇                     〇
ダノンプラチナ          牡6             ◇                     〇
トウショウピスト       牡6             ◇                     〇
---------------------------------------------------------------------
ガリバルディ             牡7             ×                     -
タガノブルグ             牡7             ×                     -
ベルキャニオン          牡7             ×                     -
マイネルアウラート     牡7             ×                     -

(感想)
今のところ、世代別の登録数はほぼイーブンといえよう。








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

東京新聞杯の傾向分析(その2)

東京新聞杯の馬齢別連対数一覧('08~'17)

       1着  2着  3着  連対  複勝
4歳    4     3     3     7     10
5歳    2     3     6     5     11
6歳    4     2     0     6       6
7歳    0     2     1     2       3
---------------------------------
合計  10   10   10   20    30
(感想)
連対数を比較すると、
4歳  >  6歳  >  5歳 > 7歳 の順です。

古馬の主力の5歳、6歳の合計で全体の55%を占めます。
府中のターフのマイルで瞬発力勝負のレースです。
なので若い4歳が有利なのかも。

勝ち馬の数を比較すると、
4歳、6歳がトップタイです。
2番手は5歳です。
差は2です。

少なくても1連対した回数は以下のとおりです。

6歳:5回
4歳:4回
5歳:4回
7歳:2回

6歳がトップです。
数値は低いです。6歳が若干多いですが、4歳、5歳と拮抗しています。
6歳は10年間のうち、5回少なくても1頭が連対しています。
6歳が連対しなかった年は、4歳と7歳、4歳と4歳、5歳と5歳で
4歳と4歳、4歳と4歳で決着しています。
5回のうち、4回、4歳が少なくても1頭連しています。
なので、6歳または、4歳のうち、少なくても1頭連対する可能性は、
90%になります。プチテッパンだね。

ファクターは少し異なりますが、
過去10回分の牝馬の3着以内の回数は以下のとおりです。
1着:2回、2着:0回、3着:0回
合計に対する割合は以下のとおりです。
1着:20%、2着:0%、3着:0%
牝馬の重賞もあるので、あえて、牡馬と対決する
牝馬は少ないのかも。
とはいえ、府中マイルの鬼娘であれば、勝ち負けできる可能性は
若干あるのかも。

余談ですが、今日のクローズアップ現代のMCは、男性と
美人の鎌倉さんです。やったね。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

東京新聞杯の傾向分析

東京新聞杯の3連単配当('08~'17)

金額                          回数  
1        ~9999          0回
10000~19999           3回
20000~29999       0回
30000~39999           0回
40000~49999           0回
50000~99999           3回
100000~                  4回
--------------------------------
合計                         10回
(感想)
400000未満の合計は3回です。
40000以上は合計は7回です。
40000以上になった場合、大荒れに
なる可能性は57%です。

冬場の寒い時期の施行なので、
頭数は少ないです。
なので、紛れが少なく、荒れる可能性は
低い傾向です。
連敗をストップさせなければ・・・・。







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ