はじめのい~っぽ 60'S

今日生きてるのは奇跡!
鬼籍入りまでの軌跡!

ビジネスサイトのご紹介

ビジネスサイトを公開しました。ぜひ遊びに来てね♪ https://couple-adler.com/

パラザック一式を担いで近所を歩く

2021年08月24日 | パラグライダーにまつわる
本日は曇り空。 
やった~と、5時半にスティックを両手にパラザックを担いで歩き始めました。

コンクリート道をテクテク
大通りから団地の脇道の直線コースを歩いている内、まだ歩き始めて10分やそこらしかたってなのに、すでにスネの裏側が引っ張り合うような鈍痛

👆の腓腹筋(ひふくきん)のあたり。

まぁいつものことなので「慣れるしかない」と・・・。

団地の歩道の突き当り。
突き当りまで着いたら、息切れしてる。
少し休んで来た道を戻る。

自宅まで残り100mの地点で、わんさか汗が出はじめる。
パラを担いでいるとよくあること。

同時にだんだん首が痛くなってきた

多分、ザックと背中がぴったりしないので、首に負荷がかかっているんだろうな~と思う。首の付け根のあたり。

おまけに、足の裏もいたくなってきた。

 最近、寝ているとよく足がつる。
コウムラガエリというのかな。
それもどうも関係があるように思う。

検索したらちょうど当てはまるのがありました。すべて「筋肉」の衰えが関係しているとのこと。

明日も?
も🥰勿論です。
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

やっと晴れた❤ そこでパラの練習

2021年08月23日 | パラグライダーにまつわる
おひさしぶりでございます。

長雨がもたらす被害に心を痛めておりました。
土砂崩れ・川の氾濫。思いもしない水かさ。テレビを通じてみておりました。
皆様のお住まいのところはいかがでしたか

田んぼや果樹は、どんな影響受けているのだろうと案じておりました。

風が強ければ、稲が倒れます。倒れたら倒れた穂先から芽が出て、今年一年かけて作ってきた米の収穫が減ったり全滅したり・・・・。

梨やリンゴが落ちたり。なり物や海への影響はどうでしょう。川の濁流の行き先は海。
海で作っている海産物や漁はどんな影響をうけているのでしょう
本当にオロオロしています。

と思いつつ、その被害を免れた私たち。パラグライダー関係者は「いつ飛べるの?」とやきもきの毎日でした。来る日も来る日も「どんだけ降るの?」とおもってました

昨日はスクールからのアナウンスがあり、三河半島の「高塚」エリアで飛びました。
集合は9時でしたが、ポツポツと雨も降り始めました。

クルマが次々やってきます。でも雨だからモーニングへ。
練習が開始されたのは雨が上がった10時ころだったでしょうか。
風は弱い。

こういう時はフロント(前向き)で立ち上げ。フロントにのテイクオフは久々。

飛びました!
飛び続けたかった! 
でも、ものの2分くらいでランディング。

ほとんど無風なため、ランディングの距離が延びます。ブレークを完全にお尻下に引き切れず、着地ですっころぶ。
下は砂地。よかった。

2回目は少し風が出て、リバースで。
パラもさっきより高く上がったぞ!!

高さつかめるかも・・と飛んでいたら「ハイ そこでユーターンして」「なんでやねん」と思ったが、ユーターン
せっかくの高さが、このことでどんどん落ちて、不本意のままランディング。

他のみんなはプカプカ動いてる
あ~~、ユーターンなんかしなけりゃ「ソアリングできたのに~」と、もう一人の私と二人で悔しがる。

3回目のテイクオフもあったが、よく眠っているのに、足がもつれて「レッドカード」が出てるのを自覚。
今日はこれでお一人様お開き。

帰る途中考えた
これは体力=筋力の弱りだと思われる
それなら、パラ一式入ったパラザックを近所を一周歩いてもいいかなと。
ただし晴れた日だけ。

早朝、今朝五時 雨でした。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

7/24 25 木崎湖・五竜の合宿をふりかえって (パライグライダー)

2021年08月02日 | パラグライダーにまつわる
おはようございます。
1週間書けませんでした。いろいろ考えていたんです。

あのブログの内容からご心配をさせてしまったことを反省しています。
大きな愛を頂いたことも記したいと思っています。


以下のメールやり取りは、澤田有心子さん(今の私の、原点の方)から頂いたものです。自分のFBをさかのぼれば、表示されるのですが、これからの私の取り組み方を考える点で、気づきがありあえてこちらに書きました。
*****
 私👉澤田有心子さんへ

あの日からずっと思っているんです。

パラグライダーで空高く飛べことに憧れながら

高く飛ぶ事がとても怖くなるワタシ。

何故?

そのことに繋がるトラウマ的な体験あったのかな?と。

思いだせません。


空から、急激に思いもしないような落下をしたり、
それがもとで、地面に叩きつけられた経験👉ありません。

よく考えてみると、これは経験によるトラウマというより
やったことがない事への恐怖なんだなと感じます

この恐怖、あって・感じて当たり前なんだ


パラグライダーだけに限らず、自分の習慣にないことをする時や

習慣でない事を、あらためようと決心したのにも関わらず

「ああ もうだめ」「やっぱり 気楽なところに」
かえってしまう行動に似てるな~と。


決意したのに、何もしない・関わらない気持ちへ、
決意した足をひっぱり、今までどうりの安心なところに戻ろうとするチカラ

イエス、バッド状態がわき起こっているのだなと。
「そうなんだけどね(YES) 
でもね〇〇がね(BAD)」と言い訳している自分。


憧れに近づくためには、そのことに慣れるしか、恐怖心はぬぐえない・取り去れない
と納得しました。

マイ・処方は
👉飛ぶこと・高く飛べる機会(練習)を逃さないこと


こうやって、もやもやしながら日を過ごしてきて、
気持ち、ふっきれました。

*******
澤田有心子さん👉私へ

気持ち割り切れたのですね。

お役に立ててよかったです♪お節介ゆみこ登場

この世は愛で出来ている

恐れているものは、自分が作り出した、幻。
私は、この選択肢を何があっても、手放しません。
目的論の視点があれば、いつでも望む未来と繋がっている
だから
決めた未来は現実化する


それは、目的の視点を持つ人だけの特権なのです。
目的の視点持ってるってすんごいのですよ^^


洋子さんには、その目的論の幸せ魔法のスティックがあるじゃないですか
そして、洋子さんには、私や仲間が沢山いる^^


自分も愛しみ、憧れる世界へいきたいなら、Go応援しています
私もそろそろ飛ぶよ\(^o^)/
(あ、パラグライダーじゃないよ)
*******
五竜を真剣に楽しんでいる仲間たち
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

長野県木崎湖にて、命を助けていただきました。 感謝❤

2021年07月26日 | パラグライダーにまつわる
連休後半は、長野県大町のあたりで、パラグライダーの合宿。

名古屋から4時間以上5時間以内の高速の旅でした。本日は私一人運転の旅。
午前10時が集合時間。私は予定した時間より遅れて5時に自宅を出発。

サービスエリアには、何回となく止めて用事もなくてトイレ利用。
仕事している時よりトイレ使用の頻度は高った。こういういつもは使わない時間が逆に自分を守ってくれていると思いながら、集合時間には到着出来て良かった。

ブリーフィングを経て、テイクオフへ
「風がいいから 講習生から準備して~」と声がかかる。

「やらなくちゃ・やらなくちゃ」の気がいっぱい溢れてくる。
おまけに、先日自宅で干したパラのラインが絡んだままで、その修正をするのがテイクオフする寸前。
「オセオセ」感にのしかかられていた。
前島ちゃんがすかさず手を貸してくださり、出発はもうOK状態なのに、やたら動悸がして自分がとてもナーバスだと感じる。
ランディング場から登っていくウネウネ道での酔っていた感もある。

1番に飛び出した。
これまでは、ぶっ飛びといって、飛んだあとはランディング一直線目指すだけの練習から、風が良いのもあって、右のあの山あたりへ飛び、テイクオフまで戻りを繰り返すこともできるようになった(と思われてる)。

所がだ!
私はテイクオフして直後、お酒に酔った人が思わず所かまわず「吐く」のとまったく同じで、空中から森林へ嘔吐していた。
朝食べたものが少ないこともあって、量は多くなかったけれど、その後は横たわりたくて・・・・飛んでいながら横たわりたい気分だった。

頭の中がクラクラする

日頃飛行中片手を離せず(はなしたらどうなるの?それが怖くて)、無線からの呼びかけには頭(ヘルメット)を上下振るか、両足をバタバタ動かすかのどちらかをして「了解」を意思表示しているんだけれど、

この時は、怖いはずの片手のブレークを離し、窮状を訴え、自分が着地するためにスクール全員の指示につながっている無線をジャックして、このあとどう進んだらいいのか三品さんに泣きついていた。


人間って不思議なもんだ
一方で気持ちが悪いのに、一方では指示に沿うような動きをしようとしている。

幸い、アウトラン(本来降りる場所ではなく隣の休耕田・水なし草刈りがおあわったまんまのところ)にけがもなく降りることが出来ました。

それもこれも三品さんからの誘導のたまもの。あれがなかったら糸の切れたタコが方向失っていた。

それは両足で立っているのではなく、倒れ込む感じ。
それでも「ああ・もうここでいい。ここで横になっていたい」


イントラの阿部ちゃんが駆け付けてくれた。
装着しているパラを外してくれた。大きな鎧を脱いだときに感じる爽やかな風だった。
けれど、とても動けなくて田んぼに横たわっていたいと伝えると
「ここは日陰もないから」と私を移動させようとする。

う~~む。ありがたくない気持ちだったけれど、両手を引っ張ってくれて立ち上がらせ歩き始める。

すこし歩き始めたら、私の後にフライトしたウメちゃんもやってきてくれて、私真ん中、両端にあべちゃん・ウメちゃんに抱えられ、日陰にやってきた。

靴を脱がされる(きもちいいな~)
上着も1枚脱がされる(楽になる~)
エリア管理者のモリさんから2リットル入りの氷水を頂き、よく飲む。

テイクオフでもお水口にしたけれど、50CC位だった気がする。それよりも気が焦っていたことが思い出される。

担架まで、用意してくださったモリさんからご厚意を頂いたけれど、スクールの安形さんが日陰に車を移動してくださりクーラーガンガンかけている中で意識を吹き返した。

私の命を救ってくださったスクールの皆様、本当にありがとうございました。
クルマでは、頂いた氷水を頭に・顔にタオルで冷やし、だんだん落ち着いてこれました。

すると、お腹も減ってきて、車にあったお菓子を食べる。
現金なもんだな~と思う。

ときおり、安形さん・阿部ちゃんKさんも様子を見にきてくださる。
ご親切が身に染みる

原因は高齢者の「熱中症」だったと言えるのだけれど、振り返れば「寝不足」以外の何物でもない。

特にいけなかったのは、自身の課題図書をなんとか読み切ろうとしたことだった。しかも夜中に。それも孫神様のお宅で。

何かわからないけれど、どういうわけか、頑張らなくてもいいところで、頑張ってしまうコントロールが効かない「やっちゃって~」勢いがある私の性格・選択の癖が引き起こしたのが原因。


空中から山やら湖やらの、どこかに墜落してしまったなら、スクールだけでなく、消防などの人たちの手も煩わせてしまっただろうと思う。
「あほ」だ。愚行だ。
まったくそれしかない。結果がものを語る。
大変申し訳ございませんでした

少しづつ回復して、夕方にはお宿の貸別荘に到着。
木崎湖からは、ねーさんが車の運転をしてくださったから無事に到着できた次第である。

阿部ちゃんと、翌日のことを話す。
翌日のエリアは五竜(ゴンドラに乗って上がっていくテイクオフ)だけれど、どうするか?
講習しながらのタンデムも選択の中にあるという。

タンデム講習を選んだのは言うまでもない。
飛行中の上空は何百メールか全くわからないけれど、旋回の練習をした。

やっぱりタンデムだと気持ちが全然ちがう
ちょっとだけ飛ぶのだとしても、守ってもらえている安心感が大きかった。

感謝を込めて今日をしめくくります。
次は「パラスクールに、高齢者がいること」を書こうと思います。よろしければお付き合いくださいませ。
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

孫神様宅で1泊2日

2021年07月24日 | 孫育
今回は、娘にもう少し休暇があげたくて、お泊りしました。

孫神様とも、親以上の親密さで、娘からは「嫉妬するわ~」なんて誉め言葉を頂きました。

孫神様はDちゃんとSちゃんなんですが、Dちゃんは、気を使ってくれる神様。

Sちゃんは、ちょっと遠回しで親以外を観察する神様なのね。

で、今回は「スキンシップ」をやってみようと、ハグをいっぱいしました。
「Dちゃん 大好きよ」「Sちゃん大好きよ」とつたえたの。なんども・・・・。

そしたらなんということでしょう
これまで、近くにいても私に近寄らなかったSちゃん。
本をもってきて、私の膝に座る。当然のように。
こちらがちょっぴりびっくりしました。

そうなると、もう一人の神様のDちゃん「おだやかじゃないよ」と、三人でべったり。

うふ❤うふ❤うふふふふふ
ニンマリせずには参らないでしょう。
嬉しくて笑みがこぼれてきますよ。
だから娘が「嫉妬するわけなんですよ~」
****

娘は家族のために大忙しだ。
お茶碗洗って、お米を研いで、ダシとって、買い物行って・洗濯機を回さなきゃならないし、仕事もあるし・・・・・あ~それから猫の世話もあるし、ゴミも出さなきゃならんし・・・・。

一人で何人分もの仕事をこなしているんだから、ハグなんて・・・・。
いつでもできそうなことから、ぶっ飛んでいく。結果おばあちゃまがその美味しいところをカッサラッテ行く「なんてこった~」
*****

昨日今日の二日間の内に、神様たち、木の棒に穴のあいた積み木のようなおもちゃを差し込んで積み上げていた。かなり集中してたよ。

これ一番下が独楽のように安定しないから、バランスが必要で、割合むつかしい。
それを何度も挑戦して、やり遂げていたから
「頑張っているね~」「見てるよ~」と勇気づけの言葉がけ。1歳7か月ってこんな力があるんだね~
*****

お洟が良く出ていたので、洟をふくとき「おはな拭いていいかな」と声掛けしてからタオルで拭く👉一声あると・とっても協力的に拭かせてくれた。
これなんだな~」と、とあること結びつきました。

*****
22日の夜は、神様がたは7時過ぎには眠り、その後は読書タイム。
数日前から読んでいる「7つのチャクラ」の続きを読む

午前2時ナンボなんでもこの時間だ。
もう眠らなきゃ。そう思って目をつむるんだけど、目がさえてしまい、その先が「気になって」とうとう朝方まで精読。目がしょぼしょぼする。
まずった~ これで、今日は一日がパーか⁉

午前6時。目にはきつかったけど、早朝散歩に皆で出かけご近所さんと朝のご挨拶。
赤ちゃんがいると、どうしてこうも楽しく受け入れてくれるんだろう。
赤ちゃんが神様と言われるゆえんだなと思う


帰宅後は、案の定寝不足がたたり、ゴロゴロして手伝いもあまりしませんでした。娘よ♡ごめんよ。

殊勝な心掛けで、神様がたにご奉仕に参ったのだが、
なにが「娘をやすませてあげる」だ。テヘ~~~

楽しい1泊2日だった。よかった・楽しかった

今? 7月24:午前4時。
長野県に向かって、朝も早よから運転中
無事帰ったら報告するね~❤
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする