ふなやすさんの数字と戦う生活

転職と同時にブログタイトルも少々変更ですよ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

続報中国外交官自殺事件 -中国人の感覚の人間は命の鳥の羽程度-

2005年12月31日 21時59分03秒 | 時事
領事館員自殺「関係していない」在日中国大使館が声明
>「中国の印象を損なおうとする悪質な行為だ」
あーどうせこんなもんです、期待はしてません
自分の国の国民の命も屑程度にしか思ってない国です
外国の人間の命なんてもっと軽いと思ってるんでしょう。
どうせ期待してません漢民族なんて糞みたいな民族ですねやっぱり。
この国にとって
命<<<(越えられない壁)<<メンツ
ですからね
それでもなんとかこんな恥知らずの国に何らかの罰を与えなければいけません。
どうするか?ちっと浮かびませんが・・
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

八竜緑地とぎん@犬の話四十一話

2005年12月30日 21時21分46秒 | 犬日記
たまには長いお散歩もいいかな、とおもい今日ははるばるギンと八竜緑地まで散歩に行ってきました。

八竜緑地についてはここが詳しいです。 名古屋には珍しい湿地がのこりハルリンドウ等貴重な植物・昆虫が残るそうです。

と、いうわけでここが入り口になります。
反対側の入り口、というのがあってこれは守山環境事業所の裏手に出てます。

大体中はこんな感じ、なかなか鬱蒼とした森で名古屋市内とは思えません。

寒い時期なのに鳥があっちこっちで鳴いているためぎんがそのたびに反応してあっちこっち走り回って困ったもんでした。

そしてこれが噂の湿地です。見学用になんかできてますが実はこれは金網の隙間から取ったもの、この中には決まった時間にしか入れないようです。

新池(地蔵池)地蔵だけもっと近くで撮ろうと思ったのですがついに一枚もきれいに取れず、ちゃんと取れたら祟りでも着たのか?(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

ふと見たらこんな立派な榊が、ヒモロギが作れそうなのが何本も生えてました。

散歩としては長く、しめて一時間の小旅行、ぎんぎんおつかれさま
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コーヒー酒

2005年12月29日 21時16分23秒 | Weblog
珈琲酒
こちらで見つけました。
面白そうなのでやってみます。
というわけで今日早速焼酎とコーヒー豆を買ってきたのですが・・・
買ってきた焼酎の度数が25度、レシピには三十五度、と書いて会ったのですが・・・まあ甲類で三十五度の焼酎ってあんまりないですからね、聞いたところによると別に25度でも問題ないとのこと、これで言ってみようと思います。
サイトによっては漬け込む時間が三日から三週間と幅が広いですが・・・
まだ入れてから四時間程度しか立っていないのにもう中身が茶色くなってきています。ということは三日でも十分のめるんじゃないのかなあ・・・
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

プロジェクトX最終回

2005年12月28日 22時02分43秒 | ドラゴンズ・野球全般
六年やってたんですね、なんかそんなめちゃめちゃ長い番組だとは思ってなかったのですが・・・
個人的に田口トモロウのしゃべりは結構好きでしたね。
結構最初の頃はネタが豊富だったりクボジュンがアシスタントだったりして結構好きだったんですが、同じ時間帯に見たいドラマが重なったりして気がつけばいつの間にか見なくなってました。そして見ようと思ったころ、ネタ切れでグタグダになってました。
残念ながら長寿になってゆえ、どっかの学校の合唱団やら、捏造話なども最後のほうは会ったようで番組のクオリティが下がってしまったため晩節を汚した感がありますが、ビジネス本の定番みたいな話と戦後の日本史の大切な部分でありながらあんまり世の中に広まっていないをこのように一般にも広める、という功績は十分に評価すべきだと思います。
晩節を汚した理由がNHKが小銭ほしかった(DVD売り上げとか)というのがますます残念ですね。

第一回は富士山のレーダーのやつだったんですか、見てません。はじめてみたのは南極の回、映画の南極物語の題材にもなったタローとジローの話とかの回だったか青函トンネルの回だったかだったと思います。

最終回ということで中島みゆきも出演、いうまでもないですがこの人これで四つの年代でヒット曲を出したことになります。
(七十年代わかれ歌・八十年代時代・九十年代・空と君との間に)なんだかんだ癖があるといえば癖がありますが世代を超えたヒットを飛ばせる日本人ミュージシャンはなかなかいるもんじゃないですね。やはりいだいですね。

プロジェクトXの後継番組ですが一月十日から「プロフェッショナル 仕事の流儀」という番組をやるそうなんですが・・・・激しく二番煎じの予感・・・

中島みゆきを呼んだのは素晴らしいと思いますが、最後の一言

クボジュンも呼べ!NHK
なんかクボジュンスルーされまくりなんですが、画面に映すのもいやですか?NHKの歴史から消したいんですか?人気あったのに?あんまり円満な退社じゃなかったのかなあ(´・ω・`)

さて、ここまで番組見ながら書いていたのですが・・・
最後の最後、中島みゆきさまが歌ったんですが、これが素晴らしすぎる。と、いうか本当はこれだけが目当てだったんですけどね。
膳場と他約一名の六年は中島みゆきさんのテールライトヘッドライトにすべて持ってかれた感じ、
日本の数少ない本物のミュージシャンですね、この方は。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

女帝@和気一作

2005年12月28日 11時18分48秒 | 読書感想文
以前ブログの女王眞鍋かをりさんのブログで紹介されていた漫画で「女帝」という漫画がありました。
久しぶりに漫画喫茶にいったので十巻ぐらいまでよんで止まっていたのを一気に読み切って見ました。
内容は最近はやりのオミズの漫画です。
ヤクザからIT社長から内閣総理大臣までものすごく広い客層を相手にオミズのトップ「女帝」をめざし、さらにその後は銀座の灯を守るべく色々なことをやっていく、という内容
主人公をはじめ周りの人たちもどんどん成長していく様もなかなかの見所だと思います。
ちと、絵が劇画調で苦手な人は激しく拒絶反応を起こしそうですがなれてこれば無問題です。内容が非常に濃い漫画なので一気に読みきったほうがいいかもしれませんね。

嬢王やらお水の花道やらさいきんちょこちょこオミズ系のドラマが作られている今日この頃、もしかしたら次はこれがドラマ化されるんじゃないかと期待してみます。
ただ、結構長いドラマですから、多少はしょっても1くーるで収まるのか?
もしも2クールにするとしたら
1~佐和に入るまで2佐和~進藤と結婚するまで
1~佐和のママになるまで2~進藤と結婚するまで
1~進藤と結婚するまで(佐和のママになるまで)2~漫画の最後(出生の秘密がわかる)まで
こんな切り方ですか?ドラマだと最後まで行かないと予想
もしやるとしたら直人とかヤクザの皆さんやら尾花総理の配役がどうなるか、この辺りに結構ドラマそのものの出来がかかってきそう

女帝 1 (1)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

初めに、安藤ありき・・・・採点競技なんてみるもんじゃないね

2005年12月28日 10時58分06秒 | 時事
初めに美姫ありき…代表は選考前から決まっていた
どっかでだれかが「安藤は決定でしょ、トヨタだし」っていってましたがホントにそのとおりになってしまいました。

>「日本スケート連盟(JSF)の現状というべきですか。やはり、スポンサーの問題が大きいと思います」
>代表3選手は、JSFが「親会社」とする日本オリンピック委員会(JOC)が、スポンサーから資金を集めるための「シンボルアスリート」に選ばれている。個人にも大手企業のスポンサーも付いており、「連盟は彼女たちを落とせない」と読んでいたからだ。

本人でさえ
>安藤について、渡部さんは「明らかにほかの選手と比べて練習不足にみえます」と指摘。ただ、スポンサーや指導者の問題は“大人の事情”で、安藤にも「かわいそう。自分が実力で選ばれたのではないことを一番分かっているのが安藤でしょうから」と同情する。
わかってるみたいです。

だまされているのはメディアに載せられた一部ファンだけみたいですね。
優勝者間違えたりということも在りましたがきっとアレもなにか裏があるんでしょう。
浅田真央の年齢制限問題もスポンサーにトヨタ辺りがついていればきっと今頃年齢制限撤廃の上で参加できたんでしょう。けどこの人特にスポンサーいないんで、あっさり見捨てられたんじゃないかと予想してみます。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ハエトリ紙その後

2005年12月27日 10時23分37秒 | Weblog
以前の記事で紹介したカモイのハエトリ紙、もう一ヶ月以上たってますね。
もう寒くて蝿なんてほとんど出ませんが結果発表です。

こんな感じ

近づいてみるとこんな感じですが正直グロ目画像なんでリンク先にいってみてください
グロ目の画像

百匹近くつかまりました。十一月から十二月にかけての寒い時期にです。
ご近所の蝿の発生源の家、家主の死亡説すら流れてるみたいですが・・・(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル
正直私はこの家主を見たことがないのでよくわかりません。(ご近所なのに)
うちは斜め向いなので特にないですがそのお隣さんは異臭が漂ったりして大変みたいです。
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

福留あたり拉致されないか心配

2005年12月27日 10時00分47秒 | ドラゴンズ・野球全般
松井秀WBC辞退決断 王監督に伝える
ああ、やっぱりね、といったところでしょうか、
どうやって報道をみても行きたがってない雰囲気が感じられつつ、どうやって断ろうか考えてるんじゃないかと思ってましたがやはり・・・
イチローがでるだけでも十分盛り上がると思うんで何も無理して出る気がない松井を招集しなくてもいいとも思いますからね
某前阪神監督が自身のコラムの中で出る気がなさげな松井をえらくたたいていたようですが、次の更新でどうなるか楽しみですね。
大塚は無問題と書いてありますが、大塚もトレードに出されるんじゃないっけか?
当人のブログは最近これに関しての書き込みがないからなんともいえませんが新天地移籍直後に国際大会なんかでる余裕あるのかな?

ヒッソリとG阿部も辞退する模様、まあ下手に阿部なんか使うと日本の恥を晒しそうなのでここは谷繁か里崎で十分でしょう。
そういえばG滝鼻は中日から選手をださないってことで当初えらく批判をしていたようですが、これに関してはどうするんでしょうね。

代役はどうやら稲葉か金本模様、福留がもってかれる危険は少なそうですが、金本とかトレーニングが大切とか言い出しそうだし・・・
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

どう考えても未来の仮想敵国です。

2005年12月27日 09時26分52秒 | 時事
上海総領事館員が昨年自殺、「中国が機密強要」と遺書
いまさらいうまでもないことですがかの国とならんで日本の仮想敵国なのは明らかです、こんな国に対して日韓友好の年だの韓流ブームを広げようとする某公共放送はふざけているとしか言いようがありません。
>要求された項目は、総領事館に勤務する館員の氏名や、外交機密に属する文書などを上海から日本に運ぶ際に利用する航空便名――などだったといい、男は情報機関関係者だった可能性が高いとみられている。
>遺書の中に、「国を売ることはできない」などとも書かれており、館員は外交機
密に関する情報は男に伝えなかったとみられる。

女性関係から脅されていたようですね、美人局とかにあったんでしょうか?
なんにしろこの国はこそ泥、環境破壊だけにとどまらず人殺しや恐喝にも走るようになりましたか、国家として最低ですね。

えらく盛り上がってまいりましたが
もしかしてこの外交官隙を見せるようなそぶりがあったでしょうか?
なんにしろ今度からこの国に行く外交官は命がけですかね。

ゴルゴ13の最新話で支那の軽空母の話が出て行ました、こいつらなら本当にやりそうで(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

有馬記念と私の今年の競馬成績をふりかえって

2005年12月25日 20時11分13秒 | 競馬
武豊の敗戦の弁
「今日は飛ばなかった」だ、そうです。が、私のI-PAD口座は吹っ飛びました。
正直ハーツクライは一応買ってたんですが三連複の紐としてだったので的中せず、どっちかっていうと今日はリンカーンにやられました。
四着のコスモバルクもハーツクライと一緒に後から追加で買った三連複のボックスに入っていただけにもったいない限りです。(´・ω・`)

さて、今年一年の競馬を振り返って見ます。
一月
ガーネットSではメイショウボーラーではずしさらにその後もメイショウボーラーに悩まされる。が、月を通じてでは黒字
二月
不調が始まったり、金山に行く時間がなくて競馬事態お休み
ブログにちょこちょこ書いていた競馬の収支もいやになって中止、
四月
I-PAD導入、しかしこれが悲劇の始まり、
いらんレースも買ってしまい無駄に負債を抱えることに・・・・・
宮杯ではアドマイヤマックスは買っていたが手を広げすぎ結局赤字、手を広げすぎたり胴でもいいレースを買うことによって負けが広がってゆく
六月ごろ頭を冷やして絞ることを覚えたがもう時遅し、一度失った運の流れは戻ってきませんでした。
ディープインパクトとの相性も悪く
皐月、ディープーアドマイヤジャパンは堅いと踏んで馬単で勝負→シックスセンスに泣かされる
ダービー、再びディープーアドマイヤジャパンでいく→インティライミ(以下略
菊花賞、今度こそ、とディープーシックスセンスとの組み合わせ中心に→今度はアドマイヤジャパンにorz
有馬記念、冒頭参照
ワイドで一本勝負か素直に単勝かっておけばよかったですね。

今になってみれば桜花賞でアドマイヤメガミやらオークスでダンツクインビーやらを買っていた頃が懐かしい限りです。
来年はもう少し考えた馬券の買い方をしたいな、と思います。
今年の収支ー100000円ぐらい
万馬券 とくになし
最高高額馬券 覚えてませんが平場で3000円ぐらいの馬連を当てたのが多分最高(´・ω・`)
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする