フットボール観戦記

YSCC中心でJ3・なでしこ等新聞で大きく取り上げられることがないクラスのサッカー・フットサル観戦記です

全社中止

2021-09-16 00:02:42 | 地域リーグ

これは13日に知ったのですが、10月9日~13日栃木県で開催予定であった第57回全国社会人サッカー選手権大会、中止になってしまいました

JFAの公式発表です

中国産(武漢産)新型コロナウイルス感染拡大の影響とのことですが、

●PCR検査徹底する

●全社枠の地決出場権目安となるベスト4で終わらせる(4チーム優秀チームとして表彰する)

等対策立てての開催も目指せたはず。

twitterでこちらの意見ありました

書かれていることで「来年もきっと中止になる」に関しては同感に思えるのが怖いです

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

WEリーグ開幕

2021-09-13 23:30:45 | なでしこ・女子サッカー

週末11・12日はなでしこリーグ休みでしたが、最初はなぜ休みなのかピンとこなかったです。

12日女子プロサッカーリーグWEリーグが開幕して、『WEリーグ注目してもらうためになでしこリーグ休みにした』こと理解しました。

WEリーグ公式サイトも見ましたが自分の中ではまだWEリーグ始まった認識が無い感じ

やはり自分が女子サッカー見に行くことが多いチーム(横浜FCシーガルズ日体大FIELDS横浜大和シルフィード)全てなでしこリーグ1部所属だからかもしれないです。

WEリーグ、機会作って見に行くことも考えてますが、中国産(武漢産)新型コロナウイルスの影響かチケット購入サイトでの前売購入前提になっているようで、行くことにしたら必ず行かねばならないのが厳しいです

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ピエリアンアウンYSCCフットサルに加入

2021-09-12 23:49:43 | YSCCフットサル

今回はピエリアンアウンがYSCCフットサルに加入することについて書きますが、

YSCCフットサルにとって彼の加入はハイリスクローリターンと考えてます。


メリットとしては現状YSCCフットサルのゴレイロは田淵ラファエル広史1人のみ。ピエリアンアウンはサッカーではGKやっていたとのことで、ゴレイロ登録するなら2人体制

試合の時に帯同させることで万一があった場合、本職でないFPにゴレイロさせるよりはマシな状況

フットサルのゴレイロとしての能力があれば、田淵ラファエル広史との競争によるレベルアップも期待できます


デメリットですが、ピエリアンアウンがFリーグ1部戦うための戦力になるのかという点です

前回の記事でもサッカーとフットサルは別物と書きましたが、ピエリアンアウンのポジションとなるゴレイロもサッカーのGKとは違います

『ゴールクリアランス(4秒以内のプレー必須)』『サッカーと比べて飛び出しの判断が違う』『相手が引いていたら自らセンターサークルまでボール運んでシュート打つことも必要』

等、サッカーと違う部分に適応してYSCCフットサルの戦力にならなければ、他の選手加入させた方がマシです

また、可能性低いですがFリーグ会場他で『政治行為に悪用される』危惧もあります

5月28日のサッカーワールドカップ予選でミャンマー軍事クーデターに対する抗議活動をしたことで日本で難民認定されており、Fリーグ会場で『政治的狙い』の行動する輩が来ることも考えられますし、その事態起きたらYSCCやFリーグが正しい対応できるのかが問われます


とりあえず加入した以上、外国籍選手として『結果残すのが当たり前』のつもりで見ますし、YSCCフットサル選手として応援します。

ピエリアンアウンよ、YSCCフットサルチームのゴレイロとして結果残して見返してくれ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

松井大輔YSCCフットサルに加入

2021-09-11 23:02:14 | YSCCフットサル

フットサルワールドカップ休みのFリーグですが、YSCCフットサルに大きな動きありました

10日、YSCCフットサル公式サイト松井大輔、ピエリアンアウンの加入と加入記者会見ABEMA生放送の発表がありました

元日本代表加入予定との話だったので誰なのかなと思っていたら、フットサルでなくサッカーだったのは予想外でした

今回の記事は松井大輔がYSCCフットサルに加入することのメリット・デメリットを書きます


松井大輔の加入、メリットは『知名度あるサッカー選手の加入でフットサル、Fリーグの世間への露出が増える』ことがあります

Fリーグの世間への露出は稚拙極まりないもので、過去にも三浦知良、ロベルトカルロスを選手として呼びましたが『一発花火』で終わってます

今回の松井大輔の加入期間は来年3月までとのことで、今シーズンのFリーグ15試合プラス全日本フットサル選手権大会とそれなりの試合数あります

彼の活躍次第ではニュースなどでフットサル、Fリーグ取り上げてもらえる可能性増えます

今シーズンだけでなく来シーズン以後もフットサル選手としてプレー続けてくれれば、YSCCにとってもプラスになります


デメリットというか心配な点もあります

『サッカーとフットサルは別物で違う要素がある。その違いに対して適応できるのか』

という点です

すぐに思い浮かべられるのは『ゴレイロへのパス交換ができない時がある』『ファール6つ目以後は相手に第2PKプレゼント』『キックインは4秒以内』です。

このルールを把握していたとしても、サッカーの感覚でプレーしたら、ガツガツファールしたり、ゴレイロからもらったボールをまた返してしまうこと考えられます

対戦相手はゴレイロにバックパス強いるようなプレスかけたりファールもらいにいくプレーしていくことでリズム崩す戦術しかけることができます

そういったプレーに対して適切に対応できるのかが心配です

他にも契約内容等もありますが、この点は新聞が盛ってると思われるので書かないでおきます


今回は松井大輔の加入について書きました

次回はピエリアンアウンの加入について書きますが・・・・・・、おそらくデメリット・心配ばかりの記事になります

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

なでしこリーグ公式サイトの企画『なでしこリーグの歴史を知ろう』

2021-09-10 23:29:19 | なでしこ・女子サッカー

今年で33年目になる日本女子サッカーリーグ『なでしこリーグ』公式サイトで『なでしこリーグの歴史を知ろう』という企画が始まってます

先月から始まった企画で毎週水曜日に1章ごと追加されています

この記事書いたタイミングでの最新版のリンクでは第6章まで進んでいて、日本女子サッカーリーグができる前の時代から1994年までの『歴史』が紹介されています

2章では日本女子サッカーリーグの設立前の話が書かれており、日本女子サッカーの歴史知ることができます

日本のサッカーファンは時間作ってみてほしいです。


最新の6章は『将来のこと考えてれば』と思えることも書かれています

1993年末に『日産FCレディース』廃部のことが書かれていますが、今からしてみれば間違った選択と言えます

もし廃部せず、資金減らしてでも『横浜マリノスレディース』としてチーム続けていれば、12日から始まるWEリーグに参入できたと思えます

当時の日産自動車のサッカー関係者が女子サッカーの発展考えてチーム続けていれば・・・、横浜の女子サッカーも今とは違っていたことは確かですね

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする