ファミリー メンタル クリニック

児童精神医学,サッカー,時にテレビや映画、Macのネタ。
要するにひとりごと・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

iPhone Keynote 講義のプレゼン

2015年11月26日 | Mac


講義をした。昨日。
昨日の講義には間に合わなかったが、iPhoneにVGAケーブルを接続し、
iPhoneにある標準アプリKeynoteのスライドをプロジェクターで映し出す。
そんな身軽なスタイルで講義を行いたかった。


ちまちま実験したが、displayへのミラーリングは可能だが、
iPhoneでKeynoteを使うと、iPhone側には スライド(次に映すスライドの選択も可)と発表者メモが見える。
が、しかし、何というか、display側には何も映されず真っ暗。

私の頭も真っ暗になってしまった。

何かの環境調整とかなんだろうと、いろいろいじったがダメだった。
iPhone Keynote プレゼン とか検索するが ヒットしない。

昨日の講義はあきらめた。
が、今日、意地になり再トライ。

Mac本体では プロジェクターにつなぎ 再起動すると うまくいくことがある。
ならばと、iPhoneをoffにして、VGAケーブルにつないで、再起動した。

すると、ミラーリングできた。
モニターに映る。

で、調整すると スライド(次のスライド)と発表者ノートはiPhoneで確認出来る。

これは、オジサン ちょっと涙が・・・

さて来週はiPhoneで身軽に講義するか。
中身がない分見た目で挑戦するしかないのだ。 トホホ

追記)補足すると,
もちろん、Mac本体でスライド原稿は作る。
Macで保存したファイルはiCloud経由で、即座にiPhoneのKeynoteファイルに反映される。
ちょこっとだけiPhoneで編集することも出来るし、ネット上のiCloudにあるKeynoteで修正も可能だ。
Mac、ネット,iPhone(iPad)がシームレスに連携している。

MacBookも重たいわけじゃないけど,iPhoneで講義できたら身軽で良いのだ!

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« どうも予約の入れ方がうまく... | TOP | 11月26日(木)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

Recent Entries | Mac