マミのディズニー英語子育てブログ

ディズニー英語システム(DWE)を親子で楽しんでいます。2017年1月スタート。

調べてみました!DWEリニューアルによって変わった教材

2019年08月28日 | DWE

2019年4月16日、ディズニー英語システム(DWE)のリニューアルが発表されました。
さて、今回のリニューアル、気になる内容はどういったものなのでしょうか。

 

リニューアル後の大きな変更点

今年の4月、ディズニー英語システムのリニューアルが発表されました。
これまでもチョコチョコとリニューアルは行われていたようですが、今回は大幅リニューアル!!
特に大きな変更部分は「アナと雪の女王」や「ラプンツェル」といった
最近の映画の人気キャラクター達も教材に加わったこと。
また、ミッキーが馴染み深い最近のデザインに変更されています。

そして、なんとDVDからブルーレイに
映像がキレイで滑らかになった印象です。
実際の映像がYoutubeの公式ページにあったのでご覧ください。

 

変更のあった主な6つの教材

今回のリニューアルで変更のあった教材は沢山ありますが、
そのなかでも個人的に気になった6つの変更部分、教材を書き出していこうと思います。

 

1 DVDがすべてブルーレイになった

これまで収録されていDVDがすべてブルーレイに変更され、映像が綺麗になりました。
さらにDVDメイトもミッキーの形でブルーレイも見れるミッキーメイトに変わりました! 

 
※旧DVDメイト 


※新ミッキーメイト

 

2 映像や絵本の絵柄が全体的に変わった

リニューアル版では絵柄が少し丸みを帯びたというか現代版のものに変更されました。
ディズニーキャラクターは一目瞭然ながら、アッコとケンジや背景などもリニューアルされています。
ややレトロ感のあったイラストが今風になることは子どもたちにとって、
見慣れたものになるので、嬉しいポイントだと思います。

 

 

3 ライトライトペンが絵本を「読み上げてくれる」ようになった

ライトライトペンに絵本12冊すべてを読み上げてくれる機能が追加されました。
これまでライトライトチェックのページにしか使えなかったものが、絵本を朗読してくれるようになりました。
これなら子ども1人でも楽しめるので便利ですよね。


※旧ライトライトペン


※新ライトライトペン



4 トークアロングカードのイラストが変わった

トークアロングのイラストが変わり、いろんなキャラクターが追加されました。
また、これまでカードをリーダーにまっすぐ通さないと音声が流れず、
小さい子供だと少し通しにくかったのですが、
斜めに入れても音声が流れるようになったようです。

 

5 CDの収録曲が変更になった

新しくシングアロングやステップバイステップに「The Platespinner」という曲が追加されました。
こちらは、「The knife Thrower」という曲と入れ替わっており、マネをすると危ないから、
といったような理由で変更になったのかもしれませんね。
また「The Fat Lady!」「Come One,Come All!」もなくなりましたが、
曲中に出てくる「Fat Lady」という表現があまりよくないからでしょうね。
「Come One,Come All!」は、娘も好きな曲なので少し残念です。



6 プレイアロングのミニ絵本が3冊追加された

プレイアロングの内容に連動した3冊のミニ絵本が追加されました。
こちらはプレイアロングの映像に出てくるシーンや単語がテーマごとにまとめられた絵本になっているようです。

このほかにも、歌手や映像も変わっているらしいのでほとんどのプログラムに変更が入っています。
見た目はそんなに変わらずとも中身の機能が変わったものもあるので
『変わってないのでは!?』と思ってもよく確認したほうが良いかもしれませんね。

 

変更のなかった教材

ディズニーキャラクターの登場しないプレイアロングの教材には、あまり変更はなかったようです。
(ミニ絵本が追加され、DVDはブルーレイに変更になっています)

また、コンタクトセンターに聞いたところ
「歌手や映像が変わっただけで、プログラムの内容自体には大きな変更はない。」
と言っていました。

これまで英語がペラペラの子を生み出してきたカリキュラムはそのままということで安心ですね。
ディズニー英語システムのサイトでも
教材によって得られる学習効果に変わりはありませんので、既に教材をお持ちのお客さまは、
ご安心の上引き続きお手元のお教材をご活用ください。」
としっかり書いてありました。

 

既存のユーザーはリニューアル版に交換できるの?

既にディズニー英語システムを使っている方の中にも、
今回の変更点を知って「最新バージョンにしたい!」という希望の人もいると思います。
そんな方に向けて、購入時期によって段階的に交換受付を行っていく予定のようです。

既存のDWEのユーザーも数多くいて、一気に交換受付したら大混乱でしょうからね。
気が焦る気持ちはありますが、仕方ないと思います。
現在は、リニューアル直近で購入した方に差額を支払ったうえで交換を行っているそうで、
金額などはまだ不明ですが私は秋になると交換の対象となるようです。


会員保証制度と教材交換との違い

今回のリニューアルに関する交換キャンペーンは会員保証制度とは全く別物。
リニューアル前の品物を保証制度で取り替えても
リニューアル後の品物が手に入るわけではないので混同しないよう注意です。
あくまでも購入したものと同じバージョンでの保証交換となるそうです。

会員保証制度が何かと言うと、
DWEを正規購入しワールドファミリークラブの会員になった場合に教材を保証してくれる制度です。
教材を破いてしまったり、落書きしてしまっても取り替えてもらえます。
子ども向け教材としては大きな安心ですよね。
ただし、一部保証対象外の品物もあるので注意してくださいね。
なお、購入後最低でも10年間は保証交換の在庫を確保しているそう。
すごいですね!
慣れ親しんでいる教材を使い続けられるのはありがたいです。


他にもワールドファミリークラブの会員になるといろいろなメリットがあります!
・教材と連動した全国各地で年間2000回以上開催される「イベント」への参加
ネイティブの先生と毎週話せる「テレフォンイングリッシュ」
・「会員特別保証制度」による教材の無料交換
・卒業プログラムの「CAP」
・さまざまな学習サポート・サービス

詳しくは、下記にまとめられています。

ワールド・ファミリー・クラブ(英語学習サポート)
https://world-family.co.jp/community/

 

まとめ

見れば見るほど、調べれば調べるほど親にとっては魅力盛りだくさんな今回のリニューアル
でも、娘たちは今使っている教材に慣れ親しんでいるし、とても楽しんでいます。
リニューアル版も学習効果的には変わらないということなので、
今使っている教材への子どもたちの愛着を考えると恐らく交換しないかなぁ…。
あくまでも交換だから、交換手続き中は家に教材がなくなって
その期間DWEが使えない環境なのは時間がもったいない気もするなぁ…。
とも思うので、今は置いといて…秋に交換の詳細が発表されたらその時にまた考えようと思います。

まだ金額等の詳しい発表はされていないので、しばらく悩ましい日々が続きそうです。

 


この記事についてブログを書く
« 我が家のディズニー英語シス... | トップ | DWEの口コミや評判は?実際に... »

DWE」カテゴリの最新記事