智慧子のブログ

詩のある暮らし

寒椿

2016-01-31 10:43:31 | 日記
今日は一月の最終日です。まもなく寒が明けて立春の日に
なります。その前に「節分」ですね。準備をしなくては・・。

雪の中で「卜判椿」が赤赤と咲いています。白い世界で
過ごしていると、葉の緑や花の色が心をほっこりとさせて
くれます。

またこの時期の「寒椿」は、勢いがあって意志の強さを
感じます。

気温が少し上がったので、積もった雪は「粗目雪」になっ
ています。この写真を撮るために庭に長靴を履いて歩いた
雪の感触がザラザラでした。この雪の中に手をいれると、
鋸の歯に触れるように痛い。

雪合戦には適した雪ではないようですね。

コメント

雪もびっくり

2016-01-30 10:37:28 | 日記
朝まで降っていた雪は51㎝積もって、もう飽きた!!
とでも言うように止みました。

昨春に引っ越しをして来られたお宅の男性が、写真の
除雪車を動かしてご自宅前の雪を除雪されています。
それを見ていた子供さんたちは、「お父さん頼もしい」
と思ったことでしょう。

大きなシャベルで持ち上げられた雪はびっくりしたこ
とでしょう。

早朝には市から委託された業者が除雪をしていってく
れるのですが、道路の雪を両脇に分けて行くだけなの
で、家の前に雪が積まれて、それは雪の山のように
なります。まずその雪の山をどうにかしないと、車は
道路へ出ることが出来ません。
普通は手作業で家の敷地(庭)に雪を運びます。
我が家は地下水をポンプで汲み上げて、その水で雪を
消しますので、助かっています。
でも重機と違って時間がかかるのは当然です。

これが雪国で暮らす朝の仕事です。大雪にでもなれば
一日中なので、高齢者には難儀なことだとわかって
いただけることでしょう。
コメント

春よ来い 早く来い

2016-01-28 22:34:08 | 日記
手品ではないけれど雪の中から緑!!!

庭の雪もだいぶ解け、水仙が現れました。
土も見えています。しかし今後、まだまだ雪が
降るようなので、水仙の葉は、このままの姿勢
で春を待っていてほしいものです。
コメント

タイヤ痕

2016-01-27 16:15:12 | 日記
病院の駐車場。多くの車の間を器用に動き回り
除雪をしている小型の除雪車のタイヤ痕のデザ
インを見つけ、気に入りました。

明日も晴れるかな。
コメント

月と木星のひそひそ話

2016-01-27 16:05:20 | 日記
今朝の6時になるところです。月と木星が西の空で
ひそひそ話をしています。日の出前のひと時。

お昼頃の気温は9.7℃だったと知りました。積雪も
今朝は50cmでしたが、夕方には44cmに痩せたよう
です。

私のウエストもこのようにダイエットが出来ないも
のかしら!?
コメント

焼山の噴気

2016-01-26 21:55:01 | 日記
今朝、寒晴の山を撮りに出かけた時に、火打山の
隣の「新潟焼山」の山頂から噴気が多少見えまし
たが、いつもの量と変わりがなかったので、気に
も留めていなかったのですが、どうやら長い時間
続いたようです。

写真の右端の「新潟焼山(2400m)」は、新潟県
の糸魚川市と妙高市にまたがる活火山です。
まさか!! 噴火?と思った人も少なくなかったよ
うです。

気象台では、地震の回数の目立った増加などはな
いため「今のところ、火山活動が活発になってい
るわけではなく、噴火する兆候などはみられない」
としています。
ただ、今回の噴気は水蒸気爆発のあった1974年以
降では、比較的規模が大きい方だったとのことです。

http://doboku-bousai.pref.niigata.jp/yk_camera/
「新潟焼山火山監視システム」で最新観察情報を見
ることができます。
コメント

寒晴

2016-01-26 09:51:03 | 日記
日差しが眩しい「寒晴」の山山です。(午前8時30分撮影)

コメント

吹雪の忘れ物

2016-01-25 17:24:10 | 日記
病院の回廊にあるバス停の長椅子に、吹雪の忘れ
物を見つけました。

ごめんなさい。私は吹雪の忘れ物を届けずに、
そのまま通り過ぎてしまいました。
コメント

寒の晴れ間

2016-01-24 11:38:51 | 日記
暴風雪警報が出て、9時頃より猛吹雪だったのですが、
午前10時50分、雪雲の間から青空と妙高山~火打山が
現れたので、さっそく山の見えるところまで(徒歩4分)
急いで出かけました。
この地に暮らす者の至福の時間です。

コメント

寒の夕暮れ

2016-01-22 17:27:56 | 日記
例年と比べ、かなり積雪が少ないです。今の所です
が・・・。

今年のように1月に月を楽しめるなんて、ありがたい
ことだと思います。
満月は1月24日ですが、空のご機嫌はわかりません。

眺められるときに、堪能したいものです。
コメント