大阪から東アジアを視ている人 ~ めざせ「鶏肋」なブログ ~

東アジアの事で感じたことをメインに書いて行こうと思っています。まぁ、素人ですのでたいした事は書けませんが。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画監督の井筒和幸 日本人拉致問題は日本側の創作だと発言

2005-05-20 10:09:21 | 東アジア
〈トーク朝・日のいま〉 「パッチギ!」で「在日」描いた井筒和幸さん(映画監督)



26日まで更新しないと書いたけど、余りに腹が立ったので、書きます。

>拉致問題をきっかけに『ある日、平和な日本から人が北に連れ去られた』
>という物語を作り上げ、日々それを塗り替え、あげくに国交交渉どころか、
>経済制裁論にまでエスカレートさせてしまった

井筒、拉致問題が日本側の創作だと。


ふ ざ け る な

あの飛行機から降りてきて空港に降りたった、拉致被害者達が幻だとでも言うのか?
妄想は頭の中だけにしろ。

日本国政府、日本人が日本人を守ろうとして何がおかしい。
日本国政府、日本人が日本人を守らなくて一体誰が守ると言うのだ。
そして、今でも北朝鮮に居る日本人を取り返そうとして、一体何が何がおかしいというのだ。

はっきり言えば、北朝鮮が日本人を拉致しなければ問題なんか発生しなかった(金正日もちゃんと認めている)し、北朝鮮側が拉致した日本人を全員(死者の遺骨、遺品も含め)返せば比較的簡単に問題は解決できたんだよ。
なのに、北朝鮮は「偽の遺骨」を出してきて、問題を複雑化した。
それだから、日本国内から「話して無駄なら、実力行使しかない」という世論になり、「経済制裁論」というものが出てきたんだよ。
はっきり言えば、北朝鮮が日本国の主権を侵害し拉致という犯罪を犯してさえいなければ、最初から「経済制裁論」なんてのは出てこなかったんだよ。


事実関係、経緯も何もかも理解していない状態で、発言するなよ。

この馬鹿野郎が。


まぁ、映画製作資金提供在日朝鮮系の人たちから受けたと言う噂はちらほら聞いていたので、ある意味では納得できる発言といえば発言なのだが、これで俺は、資金提供は本当だったんだと確信したね。
(あと、井筒和幸氏が在日朝鮮人だという噂は聞いた事が有るが、本当かどうかは知らない)

正に、「井筒和幸」は金で魂を売るクズ野郎って事だったんだな。人間こうはなりたくないね。


ほんまにコイツ、最低な野郎だよ。二度と顔も見たくないな。



オマケ・「キムジョンイル」と入れたら「金正日」と一発変換された。ちょっとびっくり。



あと、一応、元ネタをはっときます。



----------------- 引用開始 -----------------


〈トーク朝・日のいま〉 「パッチギ!」で「在日」描いた井筒和幸さん(映画監督)


--------------------------------------------------------------------------------

 井筒監督が30年前、奈良の高校を卒業した頃のエピソードをある講演会で語ったことがある。

 71年高校を卒業して、迷っていた頃、大阪・道頓堀で出会ったのが、大手広告代理店関連のCM会社制作室の人だった。目の二つの穴しか開いてない汗臭い縫いぐるみを着せられて、50回以上もやり直しを命じられ、ようやくOKが出た時に彼がこう言った。




「在日の人たちのやるせない悲しみを知ってほしい」と語る井筒監督
 「CMづくりをやる気があるのなら、朝7時に来い。人間というのは朝7時から活動するものだ。夕方にはうまい酒が飲める。できあがったCMは全国のお茶の間を飾る。人生とはそういうものだ。お母さんに言いなさい。僕はあの中(縫いぐるみ)に入っていると」

 その究極の息苦しさの中から見つめたもの-。その後の井筒監督の作品に通底する「偽善」とか「スマートさ」とは無縁の自分をさらし尽くして生きる人間の姿だった。義理人情に厚く、裏表がなく自分らしく生きようと必死に生きる人々のたくましさ。観客らはそこに惹きつけられ、自らを投影していくのだ。

 各地で満員の観客を動員した最新作「パッチギ!」もそんな映画である。最高傑作との呼び声も高い。

 68年の京都を舞台に、在日同胞と日本人の高校生がケンカと恋に情熱をぶつける。ほぼ同年代の青春群像への監督の愛情と共感がスクリーンからほとばしる。「原作は松山猛の自伝的小説。朝鮮半島分断を嘆く『イムジン河』との出会いをつづったヒューマニティーあふれた話。そこに僕自身が聞いたり、見たりしたケンカや恋の話を入れた」





「パッチギ!」の名場面から。

 「冒頭の朝高生たちがバスをひっくり返す話、ラストの夜の鴨川での大決戦の場面。差別からくるケンカがあの時代は絶えなかった。差別や貧しさに負けない強さが朝高生たちにはあった。その煮えたぎる怒りと悲しみを日本人はわかろうとしない。そこをきっちりと描きたかった」

 井筒監督は日本社会が常に少数者を無視し、排除し、関わろうとしないことに怒りをあらわにする。

 「英国人はアイルランド問題について関心が高く、いつも熱く語り合っている。ところが、日本人は政府も含めて、朝鮮問題について長い間全然意識もせずにいた。当然、朝鮮を植民地にして、分断の根本原因を作ったことにも目を背けてきた。なのに拉致問題をきっかけに『ある日、平和な日本から人が北に連れ去られた』という物語を作り上げ、日々それを塗り替え、あげくに国交交渉どころか、経済制裁論にまでエスカレートさせてしまった」

 「パッチギ!」の中で在日の老人が強制連行や植民地支配の悲惨な体験を強く訴えるシーンがある。監督の意図は明白だ。「みんな分かっていない。日本の文学も映画もメデイアも全くインパクトがない。かつての歴史を直視せず、ゆがんだ歴史認識のままこれまできた。こんなのが、アジアで受け入れられるはずもない。妙な韓流ブームやデートのお供としか思えないような映画が幅をきかせている。僕は時流に乗らない映画を作りたかったし、若者たちが、知らなかったことに泣いて笑ってショックを受ける映画を作りたかった。心にさざ波が立たないものは本物ではない」

 地方の上映会に出席した井筒監督の下へある若い女性が泣きながら駆け寄ってきたと言う。「その女性は被差別部落出身のある男性との結婚に周囲から猛反対されて、ついに乗り越えらず、恋が覚めてしまった。なぜ、あの時彼の胸に飛び込む勇気がなかったのかと映画を観て号泣してしまったと」

 また、子息の不祥事で苦悩し、外出時には帽子を深くかぶるようになっていた役者の中村勘三郎さんは「パッチギ!」から「逃げない覚悟」を貰ったと感想を語っている。

 「もう、揺さぶられるんですよ、心が。負けない、逃げない。きれいな情熱が溢れてて、私は自分の帽子姿が嫌になってしまった(笑)。帰りには脱ぎすてていました」(朝日新聞4月24日付)

 人の苦しみに寄り添う芸術とは? 教条主義やウソではない、ピカソのゲルニカのように厳しい現実の中から生まれるものでなくてはならないと井筒監督は考えている。 

 「反日、反日と日本のメディアは洪水のように伝えているが、中国にも朝鮮半島にも過去の歴史のカタを金でつけてきただけ。北とは何もやっていない。首相が何度も平壌に行ってから話し合えばいい。いまこそ平和のための焼き肉外交をしてほしい」と。(朴日粉記者)

※渋谷アミューズほか全国順次公開中。お問い合わせ=(株)アジア映像センター TEL 03・5804・3456 (DVDの発売は7月29日より)

[朝鮮新報 2005.5.18]

----------------- 引用終了 -----------------

引用元:http://210.145.168.243/sinboj/%82%8A-2005/06/0506j0518-00001.htm

コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 26日までは、更新は停止します。 | トップ | ルーシーブラックマンさん殺... »

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBさせていただきました (NAGARE)
2005-05-21 15:05:13
 こんにちは。本当にこの人の頭の中は一体どうなっているのでしょうか?思想は自由ですが事実認識はきちんとさせてから発言はしていただきたいです。
はじめまして (やくも)
2005-05-22 00:52:00
拉致問題が日本側の創作と聞いてNAGAREさんのところから飛んできました。



この反逆者井筒監督の記事、別所で読んだのですがあまりの怒りで手が震えましたよ。日本人の悲しみが理解できない人なのでしょう。元々嫌いでしたけど。



思わず書き込まずにはいられませんでした。

ども失礼致しました。
すいません。コメントが遅れまして。 (cherubim2635)
2005-05-27 23:31:22
>NAGARE

ほんとそうですよね。

思想の自由は当然保障されるべきなので、何を思おうと勝手ですが、

発言したからには、その責任をきちんと取ってもらいたいですね。



>やくも

どうも、始めまして。



こんな事言う奴は、さっさと日本人を辞めて、どっか他の国の人になっていただきたいですね。

ホントに日本人としては失格だと思います。

日本人が、日本人を助けなくてどうするんでしょうかね。



井筒は韓国の工作員で確定 (まつお)
2016-07-18 22:54:05
こいつは本当に歴史の勉強が不足したアホですね。こいつの目的は朝鮮に媚びることだけで、歴史も何もデタラメ極まりない。トラックに乗せて日本に連れてくる?総督府の幹部の証言でも当時の半島は警察は半分が朝鮮人だったし治安が守られていた…そんなことあり得ない。日本による拉致があるなら大問題だと口を揃えている。あのね在日たちは戦前から密入国してきたし戦後も朝鮮戦争からの難民が40万人が密入国してきたんだよ。そらが歴史の事実だ井筒は何も知らず朝鮮総連のデマを映画にして国民を騙しておる国賊だ。
井筒は韓国の工作員まちがいなし (まゆみ)
2016-07-28 14:34:39
完全なるクズ男は井筒和幸。世論工作してくれる井筒を在日は大切にしたいのだろうがウソはいけませんよ。

コメントを投稿

東アジア」カテゴリの最新記事