大阪から東アジアを視ている人 ~ めざせ「鶏肋」なブログ ~

東アジアの事で感じたことをメインに書いて行こうと思っています。まぁ、素人ですのでたいした事は書けませんが。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

純宗代理即位式のえイタリアで見つかる 東亜日報の不思議な解説

2005-08-12 11:57:27 | 東アジア
日帝による「純宗代理即位式」 1907年・イタリア誌の表紙

大韓帝国といえば、下関条約で朝鮮半島が独立した際に朝鮮半島が名乗っていた国なんですけど、
その皇帝の即位式を描いた絵がイタリアで見つかったそうです。


でも、この中で、不思議なことが書いてあるんですよね
>絵の中で皇帝席に座っている緑色の服装の宦官が、これを証明している。
えっと、どう見ても黄色にしか見えないんですけど、朝鮮半島では、黄色と緑色の区別をつけないの?
それとも意図的に間違えているのかな??

俺は、意図的にしているとしか思えんけどね。

まぁ、朝鮮半島では、黄色とか緑色はどのような意味を持つのか、そこら辺を調べると、この記事で隠したいことが見えてきそうですね。

誰か色のもつ意味を、しらへんかな~
コメント   この記事についてブログを書く
« 特定郵便局は利権が、いっぱ~い | トップ | 民主・岡田 早速、公約を破棄... »

コメントを投稿

東アジア」カテゴリの最新記事