サウンド・オブ・サイレンス

サウンド・オブ・サイレンス。最後までドキドキしながら見られてけっこう面白かったけど、いろいろ曖昧なままでちょっともやっとする。同僚の精神科医のあたりとか、10年前の事件とか、棺を埋葬するあたりとかいろいろ。エリザベスが可愛くて女優さんを調べてみたらもう亡くなってた…。そしてジェシーも気になって調べてみたらこちらも亡くなってた…。24のメーガン役の子だったんですね。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・澪

澪。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ご注文はうさぎですか??

ご注文はうさぎですか?? 第1期も良かったけど、みんな仲良くなってモカお姉ちゃんも登場してますます可愛さアップでした。相変わらずリゼとタカヒロさんが大好きですが、第2期でいろいろな表情を見せてくれたチノちゃんが可愛くてたまらなかったです。なんていうかこうチノちゃんの心の動きと表情にきゅんきゅんくるよね。タカヒロさんは渋くてあたたかくて素敵。出てくるといいアクセントになるというかメリハリが出るというか。リゼ父とのあたりでちょい仄めかされてた気がするけど、過去がとても気になります(笑)。しかし可愛い女の子たちだけじゃなく渋いおじさんまで堪能できるなんて、私のために作られたと勘違いしそうになるな…!(※勘違いです)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ファイヤーウォール

ファイヤーウォール。あんまりファイヤーウォール感はなかったけど、けっこう面白かったです。家族を人質にとられるという古典的な話に、サイバー犯罪を組み合わせたみたいな。タイトルからして技術的な部分が具体的に描かれているのかと思ったけど、そこらへんはふわっとしてました。若干タイトル詐欺っぽい感じではある。24のクロエ役の女優さんが出ていたので、クロエみたいに情報処理に長けた役どころかなとちょっと期待したけど、ただの秘書でした。が、ジャック(主人公)に頼られて巻き込まれてというあたり、24と通じるものを感じる…ジャックに振りまわされる運命(笑)。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )

明智警部の事件簿

明智警部の事件簿アニメ、見ました。小林刑事が美雪とはじめちゃんに昔話をするという流れで、金田一少年の事件簿のスペシャルとして自然な導入だったのがよかった。小林刑事がまだ元気に刑事を続けてるみたいなので安心した(笑)。明智さんにつきあってたら死んだりクビになったりしてもおかしくないもんな。キャラデザは本家の方にだいぶ寄せてる感じ。しかし明智警部の髪型にはちょっと違和感が…。本家を活かしつつ明智警部原作を取り入れようとしているのはわかるんだけど。小林刑事の声は…ううむ、努力しているのはわかるし普通に聞ける部分もあるんだけど、全体的にはちょっと力量不足で不自然な感じでした。もうちょっと慣れれば上手くなるかな?
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

すべてがFになる

すべてがFになる。最終回くらいは空気を読んでオープニングなしになるかなと思ったのに普通にあった…エンディングも…。あのポップなオープニングはやっぱりどう考えてもコレジャナイ感が拭えなかった。本編はまあ悪くはなかったかな。ただ萌絵だけはどうもイメージと違う…キャラデザもそうだし性格も。原作を読んだのはだいぶ前だしちゃんと覚えてはないけど、こんなぎゃんぎゃん感情的に喚き立てるだけの子だっけかなぁと。喋り方の問題だろうか。萌絵もそれなりに頭がいいはずなのに、そう見えたのは最初の方だけで、事件が起こってからはバカな子みたいになってる。原作の萌絵は嫌いじゃなかったけど、アニメの萌絵は嫌だなぁと思ってしまったのよ。四季の過去は良かった。雰囲気があって好きです。そうそう、ちゃんと電車が名鉄っぽいなとちょっと嬉しかったり(笑)。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション 特典映像

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション。特典をようやく全部見終わりました。これも途中で停止するとメニューに強制送還される仕様なんじゃね…めんどうくさかった…。音声解説がすごく面白かったです。こういう大作映画って、きっちり脚本を作ってから綿密な計画を立てて撮影していくのかと思ったら、びっくりするくらいのギリギリ綱渡りライブ感。脚本が出来ていないうちから撮影を始めるし、脚本も日々変わっていくし、展開も撮影しながら議論して決めていくし、撮影直前の思いつきもどんどん取り入れて変更していくし、その日の朝に脚本を書いて夜に撮影とかだし。物語のキーとなるUSBメモリのやりとりするシーンでも、撮影時点でUSBメモリの中身がまだ決まっていなかったとかだよ(笑)。タブレットの画面やスクリーンはあとからの合成で、撮影時点では何を表示させるか未定だったとか。役者さんも大変だ。プレミアの5日前なのにまだとあるシーンができてなくて、どうしようか議論を重ねてたとか。監督はプレミアで初めてそのシーンを見ることになって、出来映えにドキドキしていたらしい。あとどうでもいいことですが…レコード店の女性店員のところで「彼女はハーマイオニー」って言ってて、一瞬意味がわからなかったけど、役者さんの名前がハーマイオニーだったんですね。普通にある名前なんだな。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション。面白かった! スパイ映画の醍醐味がたっぷり詰まってる。でも難しくはなくて、わかりやすく楽しんで見られます。こまごまよけいな物を挟んで無駄に複雑に見せるより、こういうのが好きだな。各キャラがちゃんと立ってるのがいい。ルーサーの出番がちょっとすくなかったかなという気がするけど、ベンジーは大活躍。ベンジーがヒロインですまじで。イルサはつよい。イーサンを翻弄しておる…お色気的な意味じゃなくて、駆け引きとかアクションとか。アクションでもイーサンに引けを取っていないとかどんだけ。最後の長官のシーンが何気に好きだな。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

進撃の巨人(18)

進撃の巨人(18)。シャーディス教官。元団長だったんですね。エレンが訓練兵のときからエレンと両親のことを知ってるっぽい感じだったけど、こんなにがっつり絡んでいたとは。グリシャは壁の外から来たのか…あそこでキースが拾ってなければどうなってたんだろう。そしてキースはずっとカルラのことが好きだったんだろうな。この手の話にわたし弱いんだ…ちょっと違うけどハリポタのスネイプ先生あたりとか。ハンジがキースに憧れてたとかまじか。キースは今でこそ限界を知って傍観者なんて言ってるけど、昔は自分が特別だと思ってたし、野心もやる気もあったわけだし、そういうところに憧れていたのかも。フレーゲル、バカ息子だと思ってたのに最近かわいい。そしてアルミンの頭脳はあいかわらず優秀。すっかりエルヴィンの信頼を得ています。そして勘がドンピシャに当たる…勘とは言ってるけど、いろいろな事案を総合的に判断して最もあり得べきことを導き出したんだよね。まったく根拠がない思いつきではないんだ。地下室に何があるのか早く知りたいんだけど、その前に巨人たちとの決着をつけるのか…。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

映画 ハイ スピード!-Free! Starting Days-

映画 ハイ スピード!-Free! Starting Days-。Free! を見ていなくても一応見られるとは思うけど、見ていることを前提にしている感じです。見ていないと理解しづらい部分が多いと思う。遙と真琴の中学入学から始まるけど、二人ともすでに声変わりしてるんですね。真琴はともかく遙は見た目すごく幼い感じなのに、喋ったら声変わり後でちょっと違和感があった…けど、最初だけですぐに慣れました。他のキャラもだけど、小学生が声変わり前、中学生は声変わり後、としているみたい。そうそう、出てこないだろうなと思っていた怜がちょこっとだけど出てきて嬉しかったです。あと宗介も。相変わらずの立ち位置というか何というか。

以下ネタバレあり。遙と真琴の無自覚両片思いすれ違いっぷりがうわーってなる(笑)。水泳が好きなんじゃなくてハルと一緒にいたいだけじゃないかという指摘に、真琴が動揺しまくるあたりがもう。図星を指されて自覚させられたけど意地でも認めたくないって感じ。でも吹っ切った真琴は強いぜ。このあとはずっと憚りなくハルちゃん大好きを貫くんだ…! 二人が着衣のまま気持ちを確かめ合うようにプールで泳ぐシーン(言い方…)はちょっとこそばゆい。宗介は相変わらずせつないねぇもう。誰よりも凜のことを見ていて、誰よりも凜のことをわかっているつもりなのに、凜は遙ばっかり見てるというね。そして遙にあてた出せない手紙をリサイクルして送りつけてきやがるというね(笑)。なんという小悪魔。無邪気に宗介の1/3の純情な感情を踏みにじるよね。宗介はそれで凜を責めたりはしないけど、怒りの矛先は全部遙に向けられるんだぜ…。本筋というか中学水泳部の話も面白かったです。そこらへんとか新キャラのこととかいろいろ書きたいことはあるし、書きかけてたけど、きりがないと思って削りましたすみません。最後は遙たちがメドレーリレーで1位になってハッピーエンドではあるんだけど、このあと遙が(真琴も)水泳部を辞めることを知ってると素直に喜べない。せつなくなる。せっかくいいチームになってきてたのに…旭や郁弥はどうなったんだろう…。

入場者プレゼントはキャラデザの西屋さんが描いたイラスト付きの紙コースター。私のは遙でした。公式サイトを見てみたらランダム&週替わりで全11種だそう。全種類ほしい人は大変だなぁ。私は遙だけで満足してるけど。パンフは買ってきたけどまだざっくりとしか見ていません。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Steins;Gate 再放送 第23話(新ルート)

シュタゲ再放送の第23話(新ルート)を見た。うう、本来の話を知っているとこれはつらい。まゆしぃが優しい悪魔に見えてくる(笑)。まあ、このまゆりは紅莉栖のことを知らないしねぇ。それでも続きがあるというのがはっきりわかるラストだったので、そこまでバッドエンド感がないのが救い。くやしいけど上手いプロモーションだなぁ。気が早いけどゼロのアニメ化を待ってます!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

るろうに剣心 京都大火編

るろうに剣心。操ちゃんの京都弁(?)がどうにも馴染めない。でもキャストはだいたいいい感じで嬉しいです。神木君いいねぇ。左之助と弥彦はセリフがちょっと浮いてる感があるんだけど。弥彦は見た目のイメージもちょい違うかな。助けを求めてきた村の男の子は何気にすごかった。慟哭とかほんまもんじゃん。あと翁の重みのある演技が好き。薫は前作よりだいぶ可愛くなっている気が。髪型のせいかな。前のぱっつん似合ってなかったもんね。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ToLOVEる ダークネス2nd 第13話 第14話

ToLOVEる ダークネス。第13話、第14話を見ました。リトの破廉恥が世界を救う!(笑)。シリアスなんだけど、いい話っぽいんだけど、やってることがひどすぎて笑ってしまう。面白かったです。ヤミちゃん元に戻ってくれてよかった。リトに素直になれないあたり可愛くていい。蜜柑とヤミの友情も好き。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コードギアス 亡国のアキト 第4章 (初回限定版)

コードギアス 亡国のアキト 第4章 (初回限定版)[Blu-ray]。さっそく本編だけ見ました(オーディオコメンタリーと特典はまだ)が、いろいろもやっとしました。作業しながら見ていた部分もあるので見逃していたりするかもしれませんが…。アキトが敵を殺そうとしていたときみんな止めるけど、戦争だよね? 敵だよね? いままでさんざん殺しまくってきたはずだけど…。シンはお兄さんだから殺しちゃダメってのはまあわかるけど、アシュレイは親しいわけでもないのに。ていうか、アシュレイがあっさり寝返っててビックリした。裏切られたのはわかるんだけど、敵を取るとかいう話はいいの? 敵を取らず仲間になっちゃっていいの? あと、レイラが担ぎ出されて祭り上げられて心配していたんですよね。悪意はないのかもしれないけど、そうするしかなかったのかもしれないけど、これからどうなるのかなと。そうしたら思いっきりはめられていたというね。うわぁ。しかしこれレイラが「私は死んでいません!」と姿を現せば終わりなんじゃ…。あっちの方が力があるので逆らうことができないのかな。シンは婚約者と義母をギアスで殺したんだと思うけど、どうして殺す必要があったのかよくわからない。幻影を見たときに彼の心の内がすこし見えましたが、別に恨みがあったわけじゃないっぽいし。でも実の母親と彼女の裏切りで生まれたアキトは憎んでいたみたいな。母親はともかくアキトはなんにも悪くないぞっ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

言の葉の庭

言の葉の庭が GYAO! で無料配信されてたので見てみた。話としては数行で書けるようなものだけど、それを超クオリティの高い絵と雰囲気で魅せている感じ。ゆるゆると進んでいくのってあまり好きじゃないんだけど、これは映像がきれいすぎて見入ってしまう。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ