らくがき・リック

リック。男リハビリ中。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・ジーク

ジーク。男リハビリ中。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・アンジェリカ

アンジェリカ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

名探偵コナン「トリックvsマジック(前編)」

マジシャンの真田さんが出てくるといいなと思っていたのですが、対極な感じのおどろおどろしいマジシャン・冬城幻陽の看板が…。でも、実際に会ってみるとわりと普通な人でした。好き嫌いは別にして。

コナンはマジックが好きでもないのにね(笑)。

ああいう大掛かりなマジックショーをいちど生で見てみたいです。実際見るとドキドキするんだろうな。でも、人間切断のマジックは甘いのではないかなぁ。足先もずっと箱から出したままで動いてないと。

冬城さん。危険なときのサインを決めるとか、妙に手際がいいので逆にあやしい気が…。小五郎を呼んだのも何か意図があるのではないのか…と、思ったらやっぱりか。小五郎を利用して盛り上げようという魂胆だったわけですね。それだけというわけでもないだろうけど。小五郎、利用されたのにヘラヘラしてるなよ。

脱出できてなかったのも、そういう演出? なんてちょっと思ってしまいましたが、本当に脱出できなかったようです。助かるのでしょうか…。しかし、今回、犯人の目星がまるでつきません。

名探偵コナン@SKY BLUE
コメント ( 2 ) | Trackback ( 3 )

らくがき・沙耶

沙耶。金髪が続いてますな…。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・蒼姫

蒼姫。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

笑わない数学者(森 博嗣)

笑わない数学者(森 博嗣)。読み終わりました。面白かったです。今回は館系(って何だ)。今回はコンピュータ関係は少なめですが、代わりに数学的なクイズがありました。私にはさっぱりわかりません(笑)。

今回は名古屋(物語中では那古野ですが)なものがいろいろ出てきて、ちょっと嬉しかったり。ナナちゃん人形は名古屋人なら誰でも知っているといっても過言でないくらい有名ですが、もぐらのチカちゃんは結構マニアックだと思う。近鉄というのも嬉しいなぁ。しかし、喫煙席が先に満席になることは、私の知る限りないのですけどね。禁煙席が満席で、泣く泣く喫煙席をとったことは何度かあります。タイミングが悪いとそういうこともあるのだろうか。

萌絵は、またまたものすごい行動力を見せてくれました。その行動力が好きなのですが、はらはらして胃が痛くなりそうでした。ビリヤード大会とかの負けず嫌いな話もツボですよ。サンドイッチも素敵でしたなぁ。あんなものをためらいなく出すな!(笑)。あと、アレですよ。ヘリ! 諏訪野がヘリで迎えにきたのにはビックリ。

犀川がどういうふうに萌絵を思っているのか、少し見えてきたような。でも、犀川の分析も合っているかどうかわからないよなぁ。で、結局いつまで曖昧なままにしておくつもりなんだろう。

とにかく、犀川と萌絵の会話がたまらなく好きです。

----------
ここからネタバレありです。

オリオン像消失の謎はわりと早めに解けたのですが、確信は持てませんでした。左右逆になるのは避けられないし、外をちょっとよく見てまわればバレそうなものだと。でも、過去 1回、それも天候の悪いときにしかやってなかったことを考えれば不自然ではないのかなぁ。

でも、殺人事件の方は最後までさっぱりわかりませんでした。謎も残りましたしね。私は、最初に翔蔵を見たとき、宗太郎が入れ替わっているのではないかと思いました。年よりも若々しいというあたりも気になって。犀川が翔蔵に会って失望したみたいなことを言ったとき、やはりそういうことかと思ったのですけど。でも、それでは「F」と同じ…ということが引っかかってまして。結局、アレは誰だったのでしょうか…。考えれば考えるほど頭が痛くなってきます。

最後の円の外側へ出る、という話は、昔どこかで聞いたことがある話です。読んだのかもしれません。どちらかは覚えていませんけど…。有名な話なんでしょうか。というか、あの老人が誰かということが問題。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 2 )

BLOOD+「あした天気になあれ」

おお、列車だ(列車好きです、すみません)。黄昏もいい雰囲気。小夜のドレス姿も可愛いなぁ。

カイ。真央に「小夜にコクったの?」と聞かれて「それどころじゃない」ってことは、いつかはちゃんと告白するつもりってことか。

真央最強! 心細そうなハジが妙に可愛かった(笑)。しかし、素直に従うなぁ…小夜の命令だからですけど…。そうか、小夜と仲良くなれば、ハジを思う存分こき使えるのか!(オイ)。

ルルゥが明るくなっていたのが少し嬉しかった。ホント、適応力のある子です。

サンクフレシュ(というか、アメリカ?)の陰謀。ひどいですね…。ひどすぎるよ…。

ふられたソロモン。それでもあきらめきれない様子。かなり憔悴してます。わかっていたけど、本当に本気だったんだなぁ。しかし、どこから湧いてきたんだ、ネイサン。事情を知っていたようですが…。ソロモンは見張られていたのかな。

ディーヴァの子供。いつのまにかおなかから出てました。産むのかと思ったら、早々とおなかを切って取り出すなんて。うーん、どこまでも現実味がない。あの状態では、まだ生まれたとはいえないかな。

ソロモン。ディーヴァを倒そうと…! おお! と思ったら、ずたずたです…。簡単ではないとは思ってましたけど、ディーヴァはそこまで強かったのか…。頭を踏まれちゃいましたよ。バカって言われちゃいましたよ。ディーヴァだけでなくネイサンにも。

カイ。動物園で小夜にひどいことを言ったということに気づいていたのですね。まるで気がついていないのかと思っていました。カイと一緒にいる小夜は、昔の小夜っぽい感じで、少し嬉しくなりました。生きてほしいなぁ。沖縄に一緒に帰ってほしいなぁ。「ずっとこの時間が続けばいいのに」という小夜の言葉は本心なんだろうな。

なんとなく、カイの言葉がプロポーズに聞こえて仕方なかった(爆)。

ハジとの約束。やっぱりそれか…。予想は当たってしまいました。でも、それよりカイと生きる道を選んでほしい。難しいとは思うけど。ハジにはできないけど、カイにならできるかもしれない。小夜に生きる道を選ばせること…無理? うーん…。

次回、ソロモン大活躍?(わくわく)。

BLOOD+@SKY BLUE
BLOOD+アンケート実施中!
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・ユールベル

ユールベル。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

CG「ひまわり畑」(オリジナル)

アンジェリカ。ひまわり畑に青空に白ワンピに水まき。お約束すぎてすみません。でも描きたかったんです。ひまわりは一部、昔のものの使いまわし…。

「ひまわり畑」閲覧はこちらから
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・レイチェル

レイチェル。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・万由里

万由里。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

冷たい密室と博士たち(森 博嗣)

冷たい密室と博士たち(森 博嗣)。読み終わりました。今回は N大学で起こる事件。前回ほど非常識でも異常でもなく、わりと普通な感じでした。舞台もトリックも動機も。正統派な感じかな。そういうわけで、前回ほどの衝撃はありませんでした。でも面白かったです。

犀川はやっぱりつかめそうでつかめない。でも、なんていうか、すごい可愛いです(爆)。ビール 2杯でへろへろになったり、笑えない冗談ばかり淡々と言ったり、自分に対しても冷静に分析してたり、理屈っぽかったり…挙げればきりがないけれど、そんなところが妙に可愛く思えてしまいました。国枝さんに対しての評価はひどいと思った(笑)。そこまでいうか!

萌絵もやっぱり可愛いです。犀川を怒らせて、その後のメールの文面が真面目になってるあたりとか、いいね! 行動力はさらにパワーアップしてないか? おかげで危ない状況に…。でも、そんな状況でも冷静なところはさすがです。そして、今回は萌絵の住まい公開。やっぱりすごかった…。

---------
以下、ネタバレありです。

犯人は木熊教授か喜多助教授、もしくは共犯かと思ってました。木熊教授が途中で死んでしまったので、思いっきり喜多を疑ってしまいました(汗)。海外出張なんていって、本当はずっと日本にいたに違いない! とか…。でも、全身を覆う防寒スーツというのはあやしいので、誰かと入れ替わっていたんだろうなとは思ってましたが。そう考えていたのなら、女性を疑うべきでしたね…。

ひとつ解せないのは、フロッピィの「shika」フォルダが消されていなかったこと。中のファイルを全部消すんだったら、普通、フォルダごと消してしまうと思いますが。ファイルだけ消してフォルダは残すというのは、そのフォルダをまた使用する予定があるときだけではないかと。そんな予定あったのだろうか。

最後の犀川と萌絵が良い!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )

BLOOD+ 09

BLOOD+ 09。届きました。しかし、見るのがつらいなコレ…。見ますけど。

壊れゆく盾。明るい小夜に可愛いリク。何もかもが懐かしい…。切なくなってきます。ジュリアとヴァン・アルジャーノが大学時代の知り合いというのが個人的にヒットだったのですが、その設定がその後たいして活かされてないのが残念。まあ、こんなところを詳しくやっている場合でもないというのもわかりますけど。今、私が同人をやっていたとしたら、ここらへんの漫画を描いていたかも(笑)。いろいろ考えちゃうんですよね。ギャグにしてもシリアスにしても面白い。

ボーイ・ミーツ・ガール。BLOOD+のタイトルって、ときどきなんかおかしいですよね…。しかし、つらいですよもう。リクが固まってるシーンはホント衝撃。素っ裸というところがまた何とも…(涙)。この回のディーヴァは絵的にはきれいで好きなんですけどねぇ。美人なだけに凄みがある。リクの姿より元の姿の方が好きですよ。

信じるチカラ。アル中ダメ親父的なデヴィッドです。多少、腐ってるのは仕方ないにしても、アル中はないよねぇ。今までとのギャップがありすぎて、どうにも繋がらないんですよ。過去の彼のセリフの重みが一気に吹き飛んだように感じました。一方、カイはホント成長しました。酒を捨てるところとか、説教するところとか、まるでダメ親父の息子(笑)。

俺たちのいる世界。小夜は、絵的にはこっちの方が好きです。でも、弱ってきているのは見ていてつらい。また昔のように食べまくって笑ってというところが見られたらいいなぁ(無理か)。

映像特典のキャストインタビューは大川透さん(ジェイムズ役)と藤原啓治さん(ネイサン役)。このふたりを並べられると、別なものが頭に浮かぶ…。意識してなかったのですが、そうだったんですねぇ(今更)。

BLOOD+@SKY BLUE
BLOOD+アンケート実施中!
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・梨子

梨子。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ