瑞原唯子のひとりごと

revisions 第12話 revert

revisions 第12話 revert。最終話。わかったようなわからないようなそれでいてありがちなような、ちょい微妙な終わり方でした。ふわっとしてる。それなりに楽しめたんだけど物足りなさはありました。最終話でなく全体的な話として、もっとアーヴのほうも掘り下げてほしかったし、ミロも掘り下げてほしかったし、パンデミックのことも詳しくやってほしかったし、どうして慶作だったのかも描いてほしかったし…要するにいろいろと掘り下げが足りないなと。それぞれ誘拐事件のときの記憶が違っていたのは、過去が確定していなかったからということかな。よくわからないけど。最終話で確定したということでいいんでしょうか。時間跳躍ものは深く考えるとほんと頭がこんがらかるので、雰囲気で楽しむようにはしていますが。これはシュタゲ系ではなくBTTF系かな。

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最近の画像もっと見る

最近の「アニメ・マンガ」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事