シネマコミュニケーター高橋裕之のシネマズキ!

レギュラー出演ラジオ FMGIG「マインドシアター」
FMaiai「シネマ感」 FMハイホー「シネマライナー」

やっぱり阿波おどり!阿波踊りが見たくなる!そんな映画「眉山」

2018-08-14 21:25:48 | シネマ(邦画~2011)
松嶋菜々子主演で公開される「眉山」

共演は10年ぶりの映画出演になる宮本信子と
ますます演技に磨きのかかった大沢たかお

3人を中心とした
感動のアンサンブル作品です。

原作はシンガーソングライター
”さだまさし”
「精霊流し」「解夏」に続く
映画化です。

「東京タワー」の<オカンとボク>に対称的な
<母と私>的な作品です。

今までのさだまさし作品同様に
物語は淡々と進んでいきます。
そして映像も
淡々系の”犬童一心監督”によります。

ちょっと淡々が濃いかも?

松嶋菜々子さんも頑張ってますが
宮本信子さんの演技は
日本アカデミー賞級です。

徳島の美しい風景とともに
母と子の”想い”の映画ですが
少し地味すぎかもしれません。

クライマックスで
大勢のエキストラのもと
「阿波踊り」が展開されるのですが
消化不良にも思えたり~

温かな「奇跡」が描かれていますが
やはり”徳島観光誘致映画”に
思えてしまうのは俺だけでしょうか?

作品をみて
生の“阿波踊り”を見に
徳島に行きたくなったの事実ですが・・・



徳島といえば
”うずしお”“阿波踊り”
そして”大塚国際美術館”


システィーナ礼拝堂の
天井画が完全復元されましたぞ~




コメント   トラックバック (25)

実写にしたらホラー【第二弾予告編】『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』

2018-08-13 14:07:06 | シネマコミュ二ケーター
【第二弾予告編】『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』
コメント

ベルイマン監督の遺作?「サラバンド」

2018-08-13 02:20:36 | シネマ(洋画~2011)
オペラ映画「魔笛」の
トークショーの仕事を受けて
イングマル・ベルイマン監督の
遺作とも?言われている最新作
「サラバンド」の限定公開で鑑賞しました。

ベルイマン監督、今年88歳。
1944年に「もだえ」という作品に
共同脚本で参加し
1946年の「危機」で監督デビュー。

1950年代後半に「第七の封印」や
「野いちご」を発表し
カンヌ映画祭・ベルリン映画祭・ヴェネチア映画祭という
国際的な映画祭で注目されました。

1960年代初頭「処女の泉」で
アカデミー賞外国語作品賞を受賞し
名声を確立しました。

1970年代以降も、
創作意欲は落ちることなく
傑作を生み出しましたが
1982年、再びアカデミー賞外国語作品賞に輝いた
「ファニーとアレクサンデル」を発表後
事実上監督引退宣言をしました。

しかし今年、20年ぶりの監督作としての
作品「サラバンド」が
正月作品として
ミニシアターなどで公開されました。

1974年度の「ある結婚の風景」の
続編とも言われています。

かって夫婦として生活をともにした男女が
離婚後30年ぶりに再会して
愛とは?人間性とは?をテーマに
繰り広げられていきます。

随所にベルイマン監督の
オリジナル性が強調されています。

プロローグからエピローグまで
10個の章に分けられています。
この手法は、
オペラ映画「魔笛」に
影響されているのかもしれません。

ハリウッド大作に
飽き飽きした時間に
鑑賞していただきたい作品です。




主な登場人物は
上の画像の4人です。

サラバンド

紀伊國屋書店

このアイテムの詳細を見る




コメント

不朽の名作は涙を誘う「名犬ラッシー」

2018-08-13 02:12:18 | シネマ(洋画~2011)
子供から大人まで
世界中で愛され続けて60年
再び、映画で蘇りました。
「名犬ラッシー」

もう話はご存知ですよね。
離れ離れになった
少年と”名犬ラッシー”
少年の元へ戻る為
"名犬ラッシー”が
800キロ走る感動作です。

恥ずかしながら
「名犬ラッシー」の映画を観るのは
初めてでした。

観終わったあとなんか
ジーンときましたね。

中盤の旅芸人とのエピソードで
かなり涙腺が緩んでいたのですが・・・

「ネス湖の怪獣」”ネッシー"ネタもあり
思わず「ラッシーVSネッシー」かと
勝手に喜んでいました。

これに"プラッシー”があれば~
(意味わかる人いますかね?)

スコットランドからの
シーンは膨大で
美しかったのですが
あの道のりを「犬」がと思うと
「それは無理」と
突っ込みたくもなったりして。

でも、これはやはり名作だと
再度感心しました。

「ラッシー」映画を観たことない人には
是非、一度、観てほしかった作品です。

上映終ってしまった~けど・・・

名犬ラッシー

パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る


名犬ラッシー 家路

ファーストトレーディング

このアイテムの詳細を見る





コメント   トラックバック (2)

ベイブ外伝?「シャーロットのおくりもの」

2018-08-13 02:11:12 | シネマ(洋画~2011)
クリスマスシーズンの作品なので
時期はずれですが~
「シャーロットのおくりもの」を紹介。

全世界で4500万部の
ベストセラーの完全映画化です。

ダコタファニングが
「夢を駆ける馬ドリーマー」につづいて
動物と共演した話題作です。


牧場の納屋に生まれた
子豚とクモとの愛友情を中心に
人間とのつながりも描く作品。

子豚登場で
動物たちも登場となれば
思い出すのはやはり「ベイブ」
続編とは言わないものの
流れは同じかも知れない。

「ベイブ」の1作目は
ちゃんと感動あったしね。

子豚が「シャーロット」だと
思っていた"bobbyshiro"でした。

この手の作品は
CGが発達しおかげで
安心して観れますね。

ベイブ+ベイブ~都会へ行く~

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

このアイテムの詳細を見る



コメント   トラックバック (3)

ハートフルな「いちばんきれいな水」(ゲスト投稿3)

2018-08-13 02:07:11 | シネマ(邦画~2011)
今後bobbyshiroが観ていない作品を
bobbyshiro2が紹介することになりました。

彼の記事にトラバがついたので
本人も感激しております。

<以下bobbyshiro 2記事>

『ゼクシィ』のあの伝説的CMで
私ははじめて彼女と出逢いました。
ウェディングドレス姿で
はにかんだような笑顔に釘付けになって
「この子、誰?誰?」と
周りの人に尋ねていたのを思い出します。

それから数々のCMで
その素敵な笑顔は活躍して、いつしかCMクイーン。
そして最近では
ドラマに映画に女優として大活躍中!
そんな加藤ローサ主演の「いちばんきれいな水」

私がこれまでに書かせてもらった記事は
『僕は妹に恋をする』『夜のピクニック』は
兄妹のストーリーでしたが、今回は姉妹のおはなし。
しかも、美しい絵本のようなおとぎ話。
監督のウスイヒロシさんは映画初監督らしいですけど
お得意のPVのように、とても綺麗な映画でした。

むずかしい病気で11年間眠ったままの姉・愛(加藤ローサ)と
12歳の妹・夏美(菅野莉央)に訪れる
奇跡の3日間が描かれている。
学校⇔家⇔塾 
その繰り返しの日々だった夏美。
それだけが自分の居場所だった。

いつしかそれ以外の場所に行くのも気が引けて、
ひとりで電車に乗るのも怖いと感じる夏美。
そんな彼女に3日間の奇跡で
無邪気で天真爛漫な精神年齢8歳以下の愛から
大切なプレゼントが・・・。

夏美が愛から教えられことは
とても大きいような気がする。
そういえば私にも子供の頃、
好きな場所がいくつかありました。
仲間たちと作った《基地》と称された隠れ場所。
ひとりになりたい時に行く
風と水の音が聞こえる堤防の上。
現代の子供たちには夏美のように
そんな場所が無いのかもしれない・・・。
そう考えれば、親子で観て欲しい映画です。
私的には日本映画では今年の№1かも?

追伸・・・
私はスクリーンで観る菅野莉央は
セカチュー以来ですが、
天才子役ぶりを存分に発揮していました。
     
福田麻由子・大後寿々花・志田未来
そして菅野莉央、12~3歳の女優は豊作ですね。
あと、加藤ローサの8歳時を演じる
馬場有加ちゃんのそっくりぶりは必見です。


にほんブログ村 映画ブログへ




コメント   トラックバック (1)

こちらは、カメラを止めて静かに❗️『クワイエット・プレイス』本予告

2018-08-13 02:05:06 | シネマコミュ二ケーター
『クワイエット・プレイス』本予告


アメリカ低予算映画も
面白かったですよ~
コメント

見たよ❗️10月上映。TIGER AND CAT 予告1

2018-08-13 02:02:41 | シネマコミュ二ケーター
TIGER AND CAT 予告1
コメント

プルメウス流星が見れる?「夜のピクニック」に出かけられなかったので・・・・・(ゲスト投稿2)

2018-08-13 02:00:29 | シネマ(邦画~2011)
「夜のピクニック」
出かけられなかったbobbyshiro。

代わりにbobbyshiro 2が
参加してきたので
「僕は妹に恋をする」に続いて
ゲスト投稿参加です。
(彼の記事もかなり読まれている~)

<以下、bobbyshiro2作成>

【誰でも映画を観ている間は18歳にもどれます】
CMで流れていたこのコピーを聞いて
『そのとーり!』って思いました。

この作品は回想シーンなどを除けば、
全編学校の伝統行事である
『歩行祭』のスタートからゴールへの
24時間が描かれている。

主人公のふたりにとっては
生涯忘れることのないであろう、永い永い一日。
彼女たちのように複雑な環境では無いにしろ、
誰しもこのように
いつまでも忘れられない特別な永い一日って
あるのではないだろうか?
そう18歳のころに。
(私もちょうど18歳のころに
今でも忘れられない、
大人へのステップの特別な永い永い一日がありました。)

『夜のピクニック』を観ながら感じたのは、
どことなく
あのジョージ・ルーカスの
『アメリカングラフティ』を
想い起こさせる映画だなあってことでした。

もちろん物語の内容自体は
全く似てもいないのですが、
大人へのステップの特別な永い永い一日間。
それだけがほろ苦く描かれている点で・・・。
それと、
もうひとつ類似しているのが
サウンドトラックの素晴らしさでしょう。

青春真っ只中の人たちよりも、10年20年・・・
いやっ30年前に18歳だった人たちが
惚れる映画かもしれませんね。

追伸・・・
柄本佑さんの存在感が光っていました。
将来楽しみな役者さんですね。
お父さんを超えられるかも・・・。

「夜のピクニック」INSPIRED BEST ALBUM
オムニバス, MONKEY MAJIK, mihimaru GT, SEAMO, 2BACKKA, Takami&Teacher Fujimaki, plane
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ

このアイテムの詳細を見る


アメリカン・グラフィティ ― コレクターズ・エディション

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


にほんブログ村 映画ブログへ




コメント   トラックバック (12)

お盆向き?映画「花田少年史~幽霊と秘密のトンネル~」~過去記事~

2018-08-12 13:14:59 | シネマ(邦画~2011)

また感動の邦画に出会いました。
「花田少年史~幽霊と秘密のトンネル~」です。

作家・一色まこと氏の傑作ファンタジーコミックの
実写映画化作品が完成。

小さな港町で評判のわんぱく少年
花田一路はある日トラックと衝突する
大事故にあってしまう。

九死に一生を得た一路は
幽霊が見える不思議な力を
身につけることになり
その日から、彼の前に幽霊が
出現する。

ストーリーの始まりは
こんなもんです。

アニメにもなった作品で
「幽霊と秘密のトンネル」という
サブタイトルのため
お子様向き?と
取られがちですが・・・

これはあの「ALWAYS」に
およばないものの
ちゃんとした感動作品です。

「笑い」中心やろうと
思っていたら
中盤のエピソードで
涙腺がゆるみます。

終盤もゆるやかに
感動を与えてくれて
観終わったあとに
この作品が感動作で秀作であることを
実感させてくれます。

出演者の演技も見事!!!
「笑わせ」おおげさにならず
しっかりした演技が
更なる感動を与えます。

老若男女関係なく
感動を味わえます!!!

冒頭の10分間で
「こんなノリ?」と
馬鹿にしていたら
後で泣くで~!!!!!

※決して「妖怪大戦争」の
2番煎じ作と勘違いしないでね。

#須賀健太

花田少年史 1 (1)

講談社

このアイテムの詳細を見る


花田少年史 DVD-BOX

バップ

このアイテムの詳細を見る


にほんブログ村 映画ブログへ




コメント (8)   トラックバック (41)

勝地涼も出演❗️『幸福な食卓』はミスチルの名曲も…(過去記事)

2018-08-01 00:56:30 | シネマ(邦画~2011)
ブログ沈没中の
"bobbyshiro"の応援に
”bobbyshiro2”が
駆けつけてくれました~

作品は、「幸福な食卓」です。

では、どうぞ彼の記事をお楽しみください。
(編集はしていますが、捏造はしていませんよ!)




『幸福な食卓』はさくらとクワガタがキーワード!?

『家族は作るのは大変だけど、
その分めったになくならないからさ。・・・・・』

さくらが演じる小林ヨシコが
佐和子(北乃きい)に向けた言葉で
テレビCMでも使われてますね。
これから観られる方のためにも
ストーリーは伏せておきますが、
私はこのシーンでウルッときてしまいました。

このヨシコ(佐和子の兄・直の新恋人)っていうのが
結構スパイス的で重要な役どころ。

それを見事に演じきったさくらに
私は魅せられました。
どちらかというと
バラエティタレント的な存在の彼女だが、
この映画を観て
女優としての才能の高さを再確認しました。

ドラマ『結婚できない男』の吉川沙織
ドラマ『家族~妻の不在・夫の存在~』の木下美帆
そして今回の小林ヨシコ
実に多彩なキャラクターを
さらっと自然にイヤミなく
自分のものにしているのに感心します。

今後の活躍が見逃せない女優のひとりですね。

それはさておきこの『幸福な食卓』って
厳しい話の展開なのに、
不思議ととっても後味の良い
実にハートウォーミングで、優しくなれる映画でした。

爽やかな感動と初恋の初々しいときめきと・・・

笑いも調所に散りばめられていて
(後半の1シーンで私は大笑いをしてしまいました。)

それでいて
あのMr.Childrenの名曲『くるみ』がジーンと胸に沁みる
そんなお気に入りの作品です。




コメント   トラックバック (5)

祝!勝地涼出演。!宮沢りえ出演映画「花よりもなほ」(過去記事)

2018-08-01 00:54:23 | シネマ(邦画~2011)


※画像は、映画で使用された衣装です。
偶然、大阪・難波の某場所でみつけました!

前作「誰も知らない」が
カンヌで評判だった
是定監督・岡田准一主演「花よりもなほ」を観ました。

先に見た仲間(女性)の評が悪かったので
心配していたのですが・・・

意外とほのぼのしてよかった作品です。

出演者を見るだけでも
エンターティメンとしてます。

時代劇専門になった?宮沢りえ
そして古田新太
映画に良く出る 浅野忠信と香川照之、国村 準
べテランどころで原田芳雄、中村嘉葎雄・・・

あっ全員書くときりがない~

ピックアップして
「大停電の夜に」に続き
いい演技をしていた田畑智子
話題のキム兄こと木村祐一
それに 天満在中の絵沢萌子

画面狭しと
活き活きの演技を見るだけでも
楽しめました!

「くすっ」的な笑いで
2時間楽しませてくれます。

時代劇のようで時代劇でない
人間叙情物語でした。

エンドタイトルに
登録している事務所の名が出たのに
びっくりです。
昨年登録してたら
村人で出演できたかもしれない
bobbyshiroでした。

#V6#森田剛#宮沢りえ#岡田准一#結婚

にほんブログ村 映画ブログへ



コメント (2)   トラックバック (12)

祝‼️勝地涼も出演❗️映画「この胸いっぱいの愛を」(過去記事)

2018-08-01 00:52:29 | シネマ(邦画~2011)
「黄泉がえり」を手がけた原作者、監督の
映画「この胸いっぱいの愛を」です。

この手の”死””生”をテーマにした映画で
感動を与えるのはもう無理かもしれませんね。

「黄泉がえり」の時の驚きがないのが・・・
ネタバレになってから、感情移入がますますできなくなり
あーあ状態です。

映画的にはしっかりできているのですが
もう少し意外性と驚きがほしかったな。

この胸いっぱいの愛を

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る



コメント (2)   トラックバック (1)

祝‼️前田敦子出演❗️映画「苦役列車」(過去記事)

2018-08-01 00:46:58 | シネマ(邦画2012→)
前田敦子のキス写真は
㈲ませぬ(*⌒3⌒*)


苦役列車 - goo 映画

これも懐かしノスタルジックな作品。
現代でない
昭和の終わりの方の時代

40代50代にはリアルなタイム

主人公たちは19才だけど
境遇は俺49才と一緒みたいなことも↓

休職中で転活中。
以前劇中のような
工場に作業しにいったことも
だから休憩シーンなどは
懐かしくもあり、切なくもありでした。

主演
森山未來が素晴らしい
普通っぽく、ダサ的だけど役者さんやね…

高良健吾も素晴らしい
月曜日のルカの侠客的な役でなく
またまた「ボックス」に
近戻のちょい昭和風爽やかに�・

あっちゃんこと前田敦子
脇役路線なら
女優として育っていくね

前作「マイバックページ」の
撮影にエキストラに参加し
山下敦弘監督に
演技指導?してもらった
俺にとっては
外せない作品。

さあ、
40才以上の男児諸君…
劇場へ急げC=C=\(;・_・)/

コメント