シネマコミュニケーター高橋裕之のシネマ感!(cinema like)

FMaiai毎週木曜日20時~「MAIDO☆あまがさき」21時~「Musicどらごん」に好評レギュラー出演中!

見たよ❗️映画『カメラを止めるな !』予告編

2018-09-18 05:55:17 | シネマコミュ二ケーター
映画『カメラを止めるな !』予告編


満員のなかで見ました。

まあ見ていた方が良い作品。

実は・・・
コメント

樹木希林さんナレーター『人生フルーツ』劇場予告編

2018-09-16 22:09:49 | シネマコミュ二ケーター
『人生フルーツ』劇場予告編
コメント

VSあゝ荒野 菅田将暉「もうひとつのセトウツミ?」

2018-09-16 22:05:09 | シネマコミュ二ケーター

#菅田将暉

もうひとつの?映画「セトウツミ」

コメント

各地の停電が収まりますように・・・『大停電の夜に』

2018-09-14 13:30:15 | シネマ(邦画~2011)
「大停電の夜に」観られましたか?

サイト検索でなぜが人気ですよ。
俺のどのブログでも人気抜群!

検索は意外と「豊川悦司」が多いよ。

あの「東京タワー」の源 孝志監督の作品だけあって
見ごたえありです。

大勢の俳優陣の競演で
誰と誰がどう絡むかもひとつの楽しみでした。
見事に予想を裏切る組み合わせで
良かったです。

それにしても今年の映画界に出演した俳優ばかりの
競演でした。

「妖怪大戦争」の豊川悦司さん
「姑獲鳥の夏」の原田知世さん
「東京タワー」の寺島しのぶさん
「レディジョーカー」の吉川晃司さん
「HINOKIO」の本郷奏多さん
「ローレライ」の香椎由宇さん
「鳶がクルリと」の宇津井健さんなど
このメンバーを聞いたらみたくありませんか?

(またまた寺島しのぶが良い!!!)

今年の邦画の集大成かも?

クリスマスまでの鑑賞をお勧めします。

出演者の中でも
「田口トモロヲさん」「田畑智子さん」
この二人が良かった!

映画は11月19日(土)公開
これからもキャンペーンなどで
盛り上がっていきそうです。
「チキン・リトル」の公開が伸びたので
クリスマス・イブ・イブ・イブには
ぎりぎり間に合うね!

☆bobbyshiro価格☆
割引券でもOK。
クリスマス間近になれば
クリスマスデートで
当日料金でも納得!
1500円~1800円

コメント   トラックバック (18)

一緒にジヤンプしましたか?・・・「ジャンパー」(過去記事)

2018-09-14 13:19:13 | シネマ(洋画~2011)
3月7日(金)ロードショーで
全米で初登場1位に輝いた
「ジャンパー」

公開を前に、一足先に
「ジャンプ」に付き合ってきました。

<公式サイトより>
ミシガン州で育ったデヴィッドは、
同級生のミリーに思いを寄せる、
ごく普通の高校生だった。
しかし、川で溺れそうになったとき、
彼は自分に備わった途方もない
“才能”に気づくことになる。
冷たい川底から一瞬にして、
図書館へと“ジャンプ”していたのだ! 

 
母が家を出て以来、
人が変わってしまった父との生活に
うんざりしていたデヴィッドは、
1人ニューヨークへと向かった。
15歳の彼が生きていくため次に瞬間移動したのは、
銀行の金庫室だった。
まんまと大金をせしめたデヴィッドだが、
その存在に気づいた男がいた。
“ジャンパー”を悪とみなし、
彼らの抹殺を使命とする組織、
“パラディン”のローランドである。

 
10年後、デヴィッドは
ニューヨークからロンドンへ、
オーストラリアの海へ、
東京の繁華街へ、
エジプトのスフィンクスへ
と飛び回り、
“ジャンパー”の特権を謳歌していた。
しかし、孤独だった。
そんなとき、ミリーと再会を果たし、
ローマでのデートに誘うデヴィッド。
楽しいひとときを過ごした二人の前に、
グリフィンという青年が現れる。
彼もまた、“ジャンパー”の一人だったのだ。
戸惑うデヴィッドは“パラディン”たちの襲撃に遭い、
“ジャンパー”の宿命、そして母が秘めていた重大な秘密を知る……。 

一口に言えば
「ジャンパー」VS「パラディン」の
追っかけ合いという単純な話ですが・・・

「ジャンプ」ごとに
世界各国でロケしたよと
自負を感じさせられる作品。

今までこれほどの規模
これほどの個所でのロケは
見たことなかったけど・・・

ただ「ジャンパー」と「パラディン」
悪いのはどっちという疑問が残った!

”デヴィッド”の行動に
感情移入しにくいのが本音ですが。


まあ1時間28分
みんなで「ジャンプ」に
お付き合い下さい。

みなさんなら、どこへ「ジャンプ」したいですかね?


映画の「ジャンプ」も凄いけど
この作品のブログパーツも凄い!

さあ「ジャンプ」しよう!

「ジャンプ」

「ジャンプ」

「ジャンプ」

「ジャンプ」

スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る


スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る

コメント   トラックバック (32)

さよなら安室奈美恵ハートに火をつけて原曲!BURNING LOVE (EXTENDED)

2018-09-14 12:40:16 | bobbys☆h ミュージック

BURNING LOVE (EXTENDED)

#安室奈美恵
コメント

DVDで楽しんで観ますか?「モンスターハウス」

2018-09-14 12:39:39 | シネマ(アニメ)
ロバート・ゼメキスと
スティーヴン・スピルバーグが
手を組んで製作したアニメ
「モンスターハウス」

オープニングは
「フォレスト・ガンプ」さながらの
「葉移動」で始まり、
スピルバーグ印と思ったが・・・それまで
なら、ゼメキス印かと言えば・・・不十分

パンフレットに書いてある
「大人になると忘れてしまう、
子供の心でしか感じられない
ワクワク・ドキドキの冒険」

忘れてしまったのは
お二人でないでしょうか?
まだまだ子供印の
”bobbyshiro"にとっては
ワクワク感が感じられなかった。

もっとハウスの中での
ドタバタでさすがを見せてほしかったけどなあ~

「フォレストガンプ」→「ポルターガイスト」の
要素で進んだのに
最後はまるで「ハウルの動く城」?

もっともっと
オリジナル性の高い
次回アニメを期待します。

でもスピルバーグは
どうしてハロウィンが好きなんでしょう?

モンスター・ハウス デラックス・コレクターズ・エディション

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る




コメント   トラックバック (7)

韓国映画!映像と音楽だけを追っかけろ!超能力者カン・ドンウォン主演「デュエリスト」

2018-09-14 12:38:00 | シネマ(韓流・アジア)
韓国の若手人気NO1俳優
カン・ドンウォン主演の「デュエリスト」
観てきました。

日本で公開された韓国映画の中では
少し興業成績が悪い作品なんですが・・・

あまり期待せずに見たのですが
「あらららら」
B級・マイナー好きには面白いです。

話の筋を追っていくと
わかりずらいのですが、
まあ。映像、そして全編を通して
流れる音楽の迫力
制作費を充分にうまく使った撮影。

意外と超大作になってました。

幻想映画と言っていいのではないのでしょうか?

原作はあの「チェオクの剣」が基盤になっています。

でも、「カン・ドンウォン」主演の
韓国式アイドル映画と言っても過言ではありません。

カメラ目線多いし・・・

今後の彼の活躍に期待します。

制作費をたくさん使った
「タイフーン」と見比べるのも
いいかもしれませんよ。




デュエリスト デラックス版 [DVD]
クリエーター情報なし
ジェネオン エンタテインメント

コメント (12)   トラックバック (36)

ヨーロッパ映画「ミラーマスク」

2018-09-14 12:37:10 | シネマ(洋画・SFチック)
ヨーロッパ映画祭の
クロージング作品は
デイブ・マッキーン
初監督作品の「ミラーマスク」です。

ストーリーは
「ネバーエンディングストーリー」
「不思議の国のアリス」の感覚です。

1700枚のカットを
17人のクリエーター達で製作しました。

デザインや色使いが
独創的で印象に残りました。

ファンタジーを愛する人に
お勧めの作品です。

監督の最近のお勧めは
「ローズ・イン・タイトランド」らしいです。

ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


ネバーエンディング・ストーリー

ワーナー・ホーム・ビデオ

このアイテムの詳細を見る

ネバーエンディング・ストーリー 第2章

ワーナー・ホーム・ビデオ

このアイテムの詳細を見る

ネバーエンディングストーリー3

ハピネット・ピクチャーズ

このアイテムの詳細を見る

ローズ・イン・タイドランド

東北新社

このアイテムの詳細を見る



ミラーマスク デラックス・コレクターズ・エディション

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る




にほんブログ村 映画ブログへ




コメント   トラックバック (1)

ヨーロッパ映画の秀作「リタの息子」

2018-09-14 12:36:35 | シネマ(洋画~2011)
「リタの息子」です。

少女を暴行した疑いで
刑に服していた26歳のリタの息子
”デニス”が刑期を終えて帰って来る。
近所とかは、”デニス”の帰宅を
歓迎するところが
「反対運動」までする始末。
リタは、周りに立ち向かおうとするが
”デニス”はまたしても事件を起こす。

”疑い”から始まり
”疑い”を追求される。

”デニス”が知的障害だから
ただ、単に槍玉にされているようだ。

”デニス”の疑いは果たして?


83分と短い作品ながら
テーマはしっかりと描かれている。

ちょっと心の転換が
早すぎるのが物足りないかも?

でも、上海国際映画祭で
主演女優賞。最優秀脚本賞を
受賞したにふさわしい作品だった。

舞台挨拶は
主演のエルス・ドッターマンスでした。



にほんブログ村 映画ブログへ



コメント   トラックバック (1)

(過去記事)変に異々かも?「地獄の変異」負けて変異!

2018-09-14 12:33:51 | シネマ(スプホラッシャ)
昨日の
FMaiai「MUSICどらごん」の
宇津呂鹿太郎氏との対決は
負けてしまいました!

来週は「マフィア」がテーマ。
作品は決めています。

再来週のテーマも前に決まっており
「ダークファンタジー」
候補が2本でどちらにするかは
再度、鑑賞の上、決定しますう~!

お楽しみに・・・

↓公開時の過去記事↓




「ディセント」と間違いそうな
「地獄の変異」

「ディセント」は洞窟が舞台だったけど
こちら「地獄の変異」は洞穴が舞台。

よーく似てる展開
よく似てる怪物
恐怖はこちらもGOODです。

「ディセント」は
観ていて飛び跳ね恐怖体験したけど
「地獄の変異」は
窒息、潜水状態ですう~

スピード感があるのですが
あり過ぎて筋の説明不足。

結局は「あれ」が変異したのですよねと
問いかけても、明確には描写されていない。

ホラーというより
地底アクション、そう「エイリアン」地底版です。

最後の「地上の変異」のオチも
ニクイです。


コメント   トラックバック (10)

9・11「ディア・ハンター」in「ジャーヘッド」Cavatina - John Williams

2018-09-11 08:55:23 | bobbys☆h メッセージ
Cavatina - John Williams


昨日の
「はーてぃえるバザー」内にて
映画のプチトークをさせていただきました。

「9・11」と言うことで
作品は「ジャーヘッド」「ユナイテッド93」
「ワールドトレードセンター」を選びました。

テロの引き金になったと言われる
湾岸戦争を扱った作品
「ジャーヘッド」
その中で紹介される
「ディアハンター」「地獄の黙示録」
この対照は、なんだろうね。
ずっしり来ます。

サプライズで
「ディアハンター」のテーマ曲
♪Cavatina♪のギター生演奏を
FMaiai「MUSICどらごん」の
元山栄一氏に演奏していただくという
贅沢なBGMもつけました。
コメント

9・11に捧げる 映画「ユナイテッド93」(過去記事)

2018-09-11 08:53:56 | シネマ(洋画~2011)
9・11に再度アクセス数が増えたこの記事
みなさんのテロへの関心
この作品に対しての想いが伝わってきました。

多くに人に見ていただきたい
「ユナイテッド93」

2001年9月11日
テロの被害にあった
「ユナイテッド93」の話です。

管制塔は完全実話
機内は、機内からの電話の内容を元に
憶測的な事も含め描かれています。

ドラマ性をほとんどなくし
「これが事実」だといってもいいぐらいかもしれませんが
本当の機内って・・・

この手の作品はコメントするのが
非常に難しいです。

歴史上、語りつがれるであろう
この出来事を9・11に向けて
鑑賞し、「平和」について
考えてみてはどうでしょうか?

「正義」「愛情」について
考えさせられる作品でした。

※あえて今回は映画という表現を使わず
作品という表現にさせていただきました。

10月7日に公開される
「ワールドトレードセンター」は
感動作に仕上がっているらしく
それはそれでいいと思うが
その前にこの作品を
見ておくべきかもしれませんね。



ユナイテッド93 テロリストと闘った乗客たちの記録

光文社

このアイテムの詳細を見る




ユナイテッド93 (ユニバーサル・ザ・ベスト第8弾) [DVD]

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

このアイテムの詳細を見る
コメント (35)   トラックバック (117)

9・11 映画「ワールドトレードセンター」を観て考える(過去記事)

2018-09-11 08:52:26 | シネマ(洋画~2011)
「ジャーヘッド」「ユナイテッド93」に続く
”THINK WAR 2006シリーズ第3弾”
ニコラスケイジ主演の
「ワールドトレードセンター」

この作品も
「ユナイテッド93」同様に
コメントの表現が難しいです。

あの9・11の実話なので。

「勇気しして生還」
「ユナイテッド93」と
対照的なので~

決して感動ドラマに
仕上げるために
フィクションにしていないところが
「真実を伝える」に
徹していて共感します。

「ユナイテッド93」でも
最終場面を表現せず
この「ワールドトレードセンター」も
事故の瞬間などを
省略したことにより
「儲け主義」の意図がなく
製作されたのが伺えます。

「感動した」とか
「良かった」とかの
コメントがふさわしいかどうかわかりませんが
この作品も「考える」作品だと
感じました。

いろんな側面があるので
このシリーズは
3本とも鑑賞すべきだと
提言します!

ジャーヘッド プレミアム・エディション

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

このアイテムの詳細を見る





ワールド・トレード・センター スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る



[ワールドトレードセンター] ブログ村キーワード
コメント (8)   トラックバック (38)

9・11 平和とは 映画「ジャーヘッド」も観てほしい(過去記事)

2018-09-11 08:52:05 | シネマ(洋画~2011)
すべてがアカデミー絡みの
「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」
「ブロークバック・マウンテン」にも
主演のジェイク・ギレンホールの
「ジャーヘッド」

「戦争」を取り扱ってはいますが
「戦争映画」ではないですね。

俺自身は「青春映画」とみなしましたが・・・

一時「ベトナム戦争映画」がはやりました。
ドンパチではなく戦争の後遺症編が。

そうこれは「帰郷」の
湾岸戦争編の青春版ではないでしょうか?

劇中にも「地獄の黙示録」「ディアハンター」も
描かれています。

「戦争賛美」でもなく「反戦映画」でもなく
「湾岸戦争」を体験した青年の物語でしょう。

そういった感覚で観ると
出来の良い作品なんですが・・・

みんな「戦争映画」という先入観をもちすぎでは?

あとに続く「ユナイテッド93」
「ワールド・トレード・センター」とともに
「Think War 2006」シリーズの第1弾です。

「ミュウヘン」よりもハイで
「シリアナ」よりも軽めの
この作品を是非、見ていただきたいです。
案内されました。

ジャーヘッド

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

このアイテムの詳細を見る



帰郷

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る

ディア・ハンター

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


地獄の黙示録 特別完全版

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る






コメント (6)   トラックバック (19)