ともちの小さなGLOBE

人生は一期一会のLong and winding road。小さな地球儀をめぐる日々をブログにしました。

初めてのオフかい

2019-11-04 20:37:46 | S2000
ふとした出会いから、オープンカー仲間の集いに入り、改めてオープンカーの素晴らしさに目覚める還暦オヤジ
と言う事で、11月3日は中伊豆ワイナリーで、3周年オフ会に参加

で、、、生まれて初めて自動車仲間のオフ会だから胸はワクワク
とは言え、午前10時には会場に到着したいから6時半には家を出る事になるのはちょっと辛い…
  なにより伊豆は道が混むからねぇ…
と言う事で、道中1人もなんだから、カミサンを誘うも髪はボサボサになるし、日焼けするから嫌!!とのつれない返事…
なんとか、車好きの学生時代からの親友むらぶーを誘ったら、乗り気になってくれてオヤジ二人のオープンライド

駿河湾沼津SAで西から参加する方々と落ち合い暫しの歓談


中伊豆ワイナリーへ向かう道中の一コマ

田んぼの中の道でオープンカーの縦列状態

やっと到着した中伊豆ワイナリー


素敵な受付です

そろいのジャケットも似合っているねぇ


空撮してくれた駐車場状況はこんな感じ


陸から見ても素敵なシーンがいっぱいです

このモーガンは最高!!


スーパーセブン

このポルシェも素晴らしい




乗ってきたS2000も会場に溶け込んでるかな


仲間と記念撮影


いよいよパーティの始まり



パーティ会場では、創作曲「屋根をはずさないで」が披露され、オープンカーの助手席に乗る女性のシュールな気持ちが、うちのカミサンとラップしてとても楽しく聞きいった次第…
誕生月の祝いや、結婚祝い、そして素敵なプレゼント…初めて会う仲間とは思えないくらい打ち解け合って、素晴らしく濃い時間の連続…
今回は、滅多に勝たないジャンケンに勝って、特別に作ってくれた「くまもん」のヘルメットが当たり大喜びです


皆ニコニコ笑顔で会場を後にします

幹線道路が連休中日で大渋滞の帰路… NAVIの、むらぶーがGoogle Mapで経路検索してくれて最短ルートで無事帰還
いやぁ~楽しかった

最高の週末を満喫です


コメント

羽を伸ばしたウイークエンド

2019-10-06 23:43:57 | 日常
金曜日に休みを取れば10月4日から6日までの3連休
カミサンと二人久しぶりに近場で羽を伸ばそうと、昼食はJOHONNY'S JAWAIIAN BURGERへ

ホント、ここは神久呂のハワイです
スローな時間が流れる店内でマッタリしていると、、TOM!!と言う呼び声に促されてバーガーを取りに行きます
このバーガーに乗せられたピクルスが堪らないねぇ

個人的にはジョニーが1番美味しい店の1つです

そんな、マッタリ時間を満喫した後は、更にマッタリしようと、ぬくもりの杜へGO!!!!!

こんな建物に囲まれた園内は異国情緒あふれる雰囲気です


こちらはトルコの雑貨屋さん...意外と本国に近い値段でビックリ

いろんなお店が点在しています

ここで写真を撮れば、良い絵になるなあ




続いて訪れたのは都田建設が営むドルフィーズ

ここも、スローライフが満喫できる場所です

この自転車は売り物ではないけれど興味津々


カフェでマッタリして家路につきます


金曜の夜はライダースカフェ仲間と待ち合わせて、鳥ひろさんで暑気払い

この白モツは最高

暫し羽を伸ばし過ぎの金曜日



そんな体に喝入れすべく、土曜の朝からクラシックロードのMBKを持ち出して佐鳴湖へ


快晴の天気に誘われて、気が付けば浜名湖



エクシブに続くプロムナード

ガーデンパークのモネガーデン…朝1だから独り占めです




5日の日曜は、S2000を駆ってオレンジロードを巡って浜名湖ライダースカフェへ


箱根ツーリングに行く皆さんをお見送り


佐鳴湖畔のTipiでモーニングを摂ってマッタリする嵐の前の静けさ

で、、、この後は孫を連れてメインイベントの新幹線なるほど発見デーへ…



土曜にゆっくりして鋭気を養ったのに、孫パワーでシオシオのパー


トルクチェックをさせてもらう孫…中々渋い演出だねえ




展示は中々見応えがあります

ドクターイエロー

孫にプラレールをねだられて、さあ大変

満足して構内に佇む孫


休みなのにその後は3時から爆睡の爺でした…トホホ 






コメント

都内某所で

2019-10-03 22:00:23 | 日常
久しぶりの東京出張
車窓から見える富士山も、くっきり見える残暑感じる秋晴れの1日


秋葉原で打ち合わせをしてから昼飯に向かうのは、いつもの長岡市民ソウルフードの青島食堂
やっぱりここの生姜醤油で食べるチャーシュー麵は最高


その後、都内某所で行われた日経セミナーに参加
ホンダF1開発陣に学ぶ「折れないチームの作り方」と題された講演会にはマネージングディレクターの山本さんや、PU開発責任者の浅木さんも登壇し、フェルディナント・ヤマグチさん司会進行のもと興味深いセッションが続きます
ロビーに展示されたF1エンジン


熱田カメラマンによる素晴らしいショットの数々



確かに、「チャレンジして失敗を恐れるより、何もしない事を恐れろ」ってメッセージは心に響くものがあるし、なおさらマクラーレンとの不協和音の中で、レッドブルで結果を出し勝てるチームを築いてきた彼らの言葉は重かった
総合力があっての勝てるチームであって、お互いをリスペクトするだけでは何も始まらないのが事実
モノ創りのチャレンジは独創性にも繋がるし、その情熱を開花させるためにも、総合力を如何に使うかはマネージャーの腕前
ホンダJETの技術がターボチャージャー技術にも応用され、懸案であった問題が解決されたと言うのも、総合力に他ならないだろう…
ただ、技術屋はプライドがあるからそこをうまくリスペクトしながら最適解に結び付けるようにするかが稀代のマネジメント力かもしれない
いずれにせよ、今後このF1の場で低迷期から復活して成功体験を得た技術者を多く輩出できることは、ホンダの未来にとってかけがえのない財産になる筈だ…
山本さんと浅木さんが終わりにいみじくも言っていたが、気配り・目配り・思いやり 人は財産…気持ちよく働いてもらおうと言う考えに立てる事が勝つためのリーダーなのだと思う
当たり前のことだけれど、どんな悪条件下に立たされても、それが継続できることが何よりも大切であることを感じた次第…
また、お二人の経歴からも、たとえ仕事上で干されても結果を出せばリスペクトされ立場を与えてくれるホンダの持つ組織のレジリエンスの力は本当に凄いものがあるとも思った
ホンダF1…ますます好きになってしまったなぁ

そんな楽しい時間もあっという間に過ぎ去る18時…
JRで移動し、神田でお世話になった方と一献傾ける事に…
訪れたのは、かねてから行きたかったジビエ専門居酒屋の「罠」


日ごとに入る食材が違うようだけれど、値段も非常にリーズナブル

先ずはビール片手に鹿肉のユッケ

熊に雉に猪肉の3種焼き



猪肉のシュウマイ

そして、つくね棒

いずれの肉も変な臭みもなく柔らかくて食べやすいことを実感
上手くさばいて死後硬直で硬くなった肉ではないとの事
短いながらも感動のセッションです


続いて訪れた2軒目は貝料理専門の立ち飲み居酒屋の貝呑さん

こちらもとてもリーズナブル

先ずは名物の貝の蒸し焼きソテー

牡蠣も美味そうだねぇ…

20時23分の電車に乗るため、今日の居酒屋ホッピングはこれにて終了

ほろ酔い加減で電車に揺られ家路につきます…
とは言え、新幹線なんだけどね







コメント

浜名湖ライダースカフェ3周年祭へ

2019-09-15 22:01:39 | 日常
9月15日は浜名湖ライダースカフェの3周年祭
あっという間の3年間だったねぇ
この店に、自転車と車で行くのは僕だけかな 

11時から始まるパーティーの前に、S2に火を入れて早朝の浜名湖ドライブ

7時には、佐鳴湖畔のTipiでモーニング

Shop9の前に佇んで…

オープンカーの集い以来、ポルシェに御執心な自分が居ます…

そんなこんなで、呑む身支度を整えて、10時に弁天島に到着するようにJRに乗って一路ライダースカフェへ
BMWの車両展示もあって、今年は中々面白いねぇ

で、、この工場出荷状態のカフェレーサーに物欲が駆られます


ヘッドの中が見えるんだねえ…

とは言え、転倒してヘッドが割れたら帰って来れないねぇ…

いよいよ3周年記念パーティがスタート



皆が持ち寄ったビンゴの景品に興味深々品定め

中々素敵な食材が揃っています…松茸食べたいねぇ

ホタテも中々

車エビも

さあ、BBQの準備だよ

焼くのも大変

ビンゴに夢中の大人たち

バイクで来た衆は呑めないけれど、素敵なバイクが勢ぞろい



サイドカーにも乗せてもらい異次元のオープンライドを楽しみます




最高の仲間と、最高の週末を満喫の1日でした








コメント

Di2リアディレーラーの2度目の破損に思う事

2019-08-31 09:33:54 | サイクリング
夏休みも最後に近い8月17日に佐鳴湖を早朝ポタリング

素敵な朝の空気に包まれて至福の時間を満喫している時…それは発生

平地で巡航速度からトルクを掛けて踏み込んだ瞬間、リアホイールがロック
以前、Di2のリアディレーラー破損の際に踏み込み過ぎてスポークを曲げたことが脳裏に過ぎり、やさしく減速して側道に停車して、恐る恐るリア出レーラーを見ると衝撃の光景が…


チェーンが切れて、リアディレーラーのハンガーがもげている状態…

当然帰れるわけもなく、朝6時30分にカミサンに電話して迎えに来てもらうことに…
幸い、家も近いから事無きを得たけれど、、、去年の10月4日にDi2のリアディレーラーを破損してから10か月後に同様の破損が発生…



で、、、同じくDi2のリアディレーラーが破損した2018年10月4日の状態を思い起こせば、以下の通り…
この時はディレーラーハンガーは破損せず、ガイドプレートが根元からリアディレーラーからもぎ取られるように破損して、スポークに絡まりながら止まった状況



スポークも傷つきと曲がりが発生

(この傷が約7か月後にスポークの疲労破壊を引き起こすことになろうとは…)
当然、この時にディレーラーハンガーも曲がって変形してしまったから交換しなければならない事に

その後、イチヤさんに持ち込んで、よっちゃんと破損部分の詳細をじっくり観察すると…



ガイドプレートがもぎ取られているねぇ
この時の発生状況は、上り坂に掛かったところで変速を掛けて減速した時…
つまり、上り坂でトルクを掛けている状態で、さらに変速してトルク変動を掛けている…
実際、機械式の変速機では中々シフトが入らない状態だけれど、電動シフトの場合、強制的に動いてくれる
機械式になぞってこの操作はダメだと言えばたやすいけれど、こんな操作もできれば自転車の自由度は広がる訳で技術進化で許容できるようになってほしいのが本音
本来は、それが技術の進化だと思うんだけれどね… とは言え、余談はそれくらいで…
おそらく原因は、ディレーラーハンガーの曲がり(変形)が引き金を引いている…
写真撮影しようと自転車を立てかけた時に風で倒してしまった事も何度かあったから、その際、リアディレーラーに傷が付いていたから、結局そこからの衝撃がもとで、ディレーラーハンガーは少しづつ曲がっていたんだと思う
そこで、最後の引き金はトルクを掛けた状態で一気に変速したゆえに、とどめの曲げ荷重がディレーラーハンガーに発生し、ガイドプレートがリアホイールのスポークに接触して、一気にもげたのが発生メカニズムか…
この時、傷ついたスポークが、約7か月後の6月16日にその後のサイクリングの蓄積でグランフォンド新野の帰路にこのように折れたのが副次的なトラブル





改めて、今回の破損状況を見ると、前回とは違う事実が浮かんで来ている…

それは、ディレーラーハンガーとの交点となる部品の破壊とチェーン切れ…
前回10月4日にリアディレーラーが破損した際に、ディレーラーハンガーとリアディレーラーは新品に交換済み
尚且つ、リアディレーラーは新型Di2のシャドー機構が入ったものに交換している…シャドー機構は側面への張り出しも極力抑えられており横倒しになった時もリアディレーラーには殆ど傷が付かない優れもの
よっちゃんとも頭をひねったけれど、おそらく今回の場合はプーリーの変形からもチェーンが切れて巻き込んだことで、フレーム付きのディレーラーハンガーと変速機を結ぶフューズになっている部品が折れたのが発生メカニズムか…
Di2になって変速が楽になった分、変速回数は数倍に伸びたことは実感しているから、チェーンへの負荷もそれに比例して伸びているのが事実
今までは1年に1回チェーンを変えていたけれど、今回は距離も出ていないゆえ1年半は伸ばしていたことから引き起こされた問題か…
走り方によってチェーン寿命は違うけれど、一概に距離だけで交換と言うのも違うことを大いに反省…

今回も大きな出費には至らず、イチヤさんで無事に愛機SIX-13は修理完了



いずれにせよ、大事に至らず不幸中の幸いでした



コメント

動き回った還暦の夏休み

2019-08-18 21:11:36 | 日常
還暦になっても8月10日から始まる夏休みは自由気ままなひと時


初日の10日土曜日はオープンカー仲間の集いで名古屋へGO!!!!!

途中ケーキを調達すべく洋菓子屋さんに寄れば、インロックの悲劇…JAFさんを呼んで事なきを得たけれど、原因は後で調べるとドアロックセンサーの異常
なんとか昼の櫃まぶしには間に合ったけれど、冷や汗もの

その後は、車仲間のお洒落な喫茶店に寄って、車談義に花が咲くひと時を満喫です




ここは、車好きには堪らない空間です
先程キーロックしながら買ったケーキを持込させていただいてカキ氷と一緒に食べれば至福の時間

やっぱり、オープンカー仲間は最高です


翌11日は東京パラリンピックのブラジルトライアスロン選手団の合宿サポートのため休日返上で三ケ日青年の家へGO!!!!!

ブラジル国旗も掲揚されて歓迎ムード一色の空間
今回、僕はスイムのレスキューサポートだったけれど、健常者以上に泳ぐ選手の姿に大きな感動を覚えます


実際、並んで泳ごうとトライアスリートの健常者が片足が無いコーチや片手が動かない選手にドンドン引き離される現実を目の当たりにすると驚きを禁じえません

片手が使えない彼は、自転車で平均40㎞/hで走るから僕より遥かに速くて、スイムでは到底僕は追いつくこともできません
やっぱり人間の可能性は、あきらめない限り無限大だと感じます

11日の午前中にサポートミッションは無事終了し、先に車で埼玉に帰省したカミサンと息子を追いかけて新幹線でこちらは埼玉へGO!!!!!

車窓から雲間に見える富士山

12日は銀ブラからスタート…
銀座三越百貨店も夏の彩

GINZA SIXでワインカキ氷で昼間から大人の時間

呉服屋さんが営む喫茶店でラムレーズンアイス

歩行者天国も、いつになく人は少ないかな

丸井の展示場に立ち寄れば、思わずこの手が込んだ魚を買いそうになりました


そんなこんなで、夜はカミサンを連れて友人夫妻と麻布十番の夕べ
立ち飲みの天ぷら屋さん

お味は最高


天ぷら屋さんの前にあるアイスクリーム屋さんに立ち寄れば女衆はアイスクリーム探検に夢中
その足を延ばし六本木ヒルズでレモンサワーで乾杯

ドラえもんのオブジェもいっぱいの空間…素敵な夜を満喫です



前日呑み過ぎの体に喝入れすべく13日は朝から婆ちゃんのママチャリで荒川散策ポタリング

浮間舟渡の公園までマッタリとペダルを進めて異邦人

太極拳で朝の体操も乙なもの

戸田漕艇場の一コマ



17号線を蕨氏へ …ここは中仙道

蕨に来ればいつも立ち寄る三学院



ここはいつ来ても素敵な空間です

婆ちゃんの家に戻り、朝食を済ませて昼前にいつもの秋葉原へGO!!!!!
先ずは神田明神へ御参り


神田明神へ御参りすれば、やはりいつもの三河屋さんの甘酒が恋しく成るひと時


電気街をぶらついて至福の時間を堪能すれば小腹も空いてラホールさんへ

ここのブラックカレーの大辛を頼んで御満悦

やはり、秋葉散策は還暦になっても好奇心を刺激する最高のひとときを提供してくれました


蕨を後にする14日…カミサンの婆ちゃんちへの帰省も今日で最終日
そんな朝も、6時から赤羽へママチャリポタリング

夜はギラギラの呑み屋街も、朝の空気に浸れば静かな静かな不思議な空間を演出します




荒川土手のヘリポート

そして、浮間舟渡公園

日常生活の朝には素敵な空間が溶け込んでいます

そんな埼玉の帰省タイムを満喫して昼から車に乗り換え浜松へGO!!!!!
駿河湾沼津SAから見る雲がかかる伊豆半島

帰省渋滞とは逆方向のドライブゆえ、あっという間に浜松に到着

で、、待っていたのはAMAZONで5月末に注文しておいたVRヘッドセットのオキュラスリフトS

童心に帰って蓋を開ければドキドキのひととき

PCへのセットアップも拍子抜けするくらい簡単…
スピーカースタンドを利用してケーブルを配策すれば、これで完璧

大蔵省のカミサンに、ヘッドセットを付けてもらって御機嫌伺

The Blue の圧巻のVRに彼女も御満悦
此れにて家庭円満

あぁ… 思い出深い夏休みだったねぇ











コメント

還暦の糸魚川サバイバルツアー

2019-08-05 10:38:00 | サイクリング
還暦になった今年も、糸魚川サバイバルツアーへGO!!!!
浜松から糸魚川まで、太平洋から日本海を24時間かけて横断する真夏の恒例イベント
思えば、2008年に息子と一緒に参加してから10年以上参加している夏の冒険
とは言え、2008年に高校生だった息子は、オヤジの背中を押しながら完走したけれど、その後、「自転車は24時間走るもんじゃない」と悟ったようで、以後はオヤジだけで参加…
毎年何とか完走してきたけれど、還暦になった今年は記念すべき年か…と思ったのもつかの間…いつも通り自然体で参加です

結果は、今年も完走できたけれど、やっぱり一緒に走る仲間と手厚いサポートがあっての完走だとつくづく感じる次第…
励まし合う話し相手が居なければ、完走は出来ないなぁ…あんな山の中、一人じゃ嫌だねぇ…
それとラッキーなことに、前々回のイチヤさんイベントのグランフォンド新野で切欠きが入っていたスポークが折れたことで、傷付いたスポークも全て張り替えてホイールメンテも完了していた事に加えて、長年の酷使で歪んだフロントフォークも事前に交換しており、機材トラブルの未然防止が出来ていたことが良い状態で走れる環境づくりに繋がったとも思う次第…
とは言え、実際走れば、12時に飯田を過ぎたあたりから小野までの緩やかなアップダウンが続く区間は睡魔との闘い…これが一番の難関…
コンビニに寄って眠気防止ドリンクを飲んだり、眠くなったらコンビニの横で3度ほど仮眠して走ったけど、無理は禁物だから来年は完走は忘れて、サポートカーの中で眠る区間を決めようかなぁ...

で、、今回の走行データ:


走行距離:419.8㎞
平均速度:21.3km/h
獲得標高:3515m

3つのピークは左から、新野峠、善知鳥峠、妙高
やっぱり体に堪えるねぇ… 
ちなみに本日5日月曜日は休暇を取って休養中です

今回は、還暦ライドの備忘録も兼ねて、写真を紹介…
8月2日金曜日16時出発に備えて、昼食は鰻重…こんな理由を付けないと中々食べに行かないからねぇ

短い昼寝をして16時前にイチヤさんへ集合

いよいよ420㎞先の糸魚川に向けてスタート

(写真はイチヤさんからの頂き物)

満光寺のファミマで初めの小休止


ここから東栄町、グリーンポート宮嶋を抜けて新野峠のTOPへ

一気に下って千石平

茶目っ気に笑えば、まだ元気が良いねえ


飯田を抜けて眠気と闘いながら夜明け前の小野に到着

諏訪神社に道中安全を御参り

小野のコンビニで休んでいると空が白々と明けてきます…
分水嶺で記念撮影



ここから松本を抜けて灼熱の長野市内へ

沿線に咲く花にも思いっきり夏日を感じます


(写真はイチヤさんからの頂き物)

妙高越が最後の難関

(写真はイチヤさんからの頂き物)
妙高からのダウンヒルではナウマンゾウがお出迎え

上越までの長距離ダウンヒルの一コマ


上越高田を抜ければ、日本海が目の前に開けてきます


遂に終着点へ

24時間一緒に走った仲間と手を取り合ってのゴールです
(写真はイチヤさんからの頂き物)

サポートカーにここまで運んでくれた愛機を入れて、みんなとビールで乾杯すれば最高のひととき


この時間があってこそ、糸魚川に来た甲斐があると言うものだなぁ

やっぱり、サイクリングは最高だ

糸魚川での宿は、ホワイトクリフに宿泊し、20時半には爆睡
とは言え、4時に起きて冷蔵庫に入れてあった日本酒「大信州」の残りで朝から乾杯
ほろ酔い気分で、夜明けの田園地帯を漫ろ歩きます


ここ、ホワイトクリフは糸魚川シーサイドバレースキー場の中("^ω^)・・・

またしても、自転車でスキー場に来てしまった…
道に張られた良縁祈願の飾りも眩しい光に映えています


帰路は、金曜の夜に通過した千石平で休憩タイム

車中お馬鹿な会話をして浜松に戻れば、楽し時間もこれにて終了

今朝、愛機の手入れをすれば、420㎞の道中を走り切っただけある汚れが付いています


朝5時から洗車と注油でメンテナンス完了



いつもの6時10分から、足慣らしに浜松城公園のラジオ体操にMBKで向かいます

五社神社さんに道中無事の御礼参り


さあ、非日常から日常に戻って頭を切り替え、体調も整えて、還暦以降の活動開始だね




コメント (2)

2019昼神温泉サイクリング

2019-07-07 19:05:54 | サイクリング
今日は糸魚川サバイバルツアー前に行われる最後のイチヤさん主催の山岳サイクリングで昼神温泉へGO!!!!

5時に37名の参加者がイチヤさんに集合して安全を考え小グループに分かれて曇り空の中ペダルを漕ぎ出します
本日のコース;
イチヤサイクル⇒山吉田ファミリーマート⇒乗本交差点⇒ファミリーマート東栄店⇒津川・下町⇒津具⇒折元峠⇒根羽・上町⇒赤坂峠⇒治部坂峠⇒キッチンストーブ⇒寒原峠⇒昼神温泉・ゆったり昼神
走行結果は以下の通り;

走行距離:130.4km
平均速度:18.8km/h
獲得標高:1990m
グラフの右端から、寒原峠、治部坂峠(ここがピーク)、赤坂峠、折元峠…
中々強烈な山岳サイクリングです

昨晩、18時から20時まで居酒屋で楽しく呑んで3時30分に起床
バタバタと身支度をしてイチヤサイクルさんへ…

いよいよスタート

(写真はイチヤさんからの頂き物)
道中の景色… イチヤさんが撮影してくれたけれど、これは見る機会はないねえ





皆で走る一コマ

(写真はイチヤさんからの頂き物)

写真も撮れないまま、鈍った体に喝入れしてペダルを進めても、中々先行組に追いつかない…

と言う事で、折元峠の旧道に向かう激坂にショートカット…
距離は短いけれど、急勾配…と言う事でヨレヨレになりながらの上り…17%の幅の狭い道路が続き、一度足が着いたら自転車に乗ることが出来ないシチュエーション
で、、何とか足を着かず折元峠のピークに到着

上ってくる仲間を見れば激坂の強烈さもひとしお


仲間と一緒に峠を登れば、ひたすら楽しいペダリングが続きます


(写真はイチヤさんからの頂き物)

折元峠を下れば、続いて赤坂峠…そしてピークの治部坂峠

治部坂峠のピークの一コマ
標高1187m…体に堪える上りです

治部坂峠のキッチンストーブさんに到着…

とは言え、もう誰もいない状態("^ω^)・・・そんなに遅れた訳では無いんだけれど…

治部坂スキー場にて…

なんで俺…自転車でスキー場まで来てしまったんだろう…

ここから一気に下って、少し上れば寒原峠

気温は21℃…丁度良い気候だねぇ

寒原峠を一気に下れば昼神温泉...
ゆったり昼神で風呂に入りビールを飲めば最高のひととき…

サポートカーに乗り込んで、みんなと一緒にお馬鹿な話に花が咲けば、これまた最高

最高のサイクリングを満喫した1日です
コメント

MAZDA3を試乗

2019-06-23 22:08:57 | FITとデミオ
デミオの関係でMAZDAのディーラーから、MAZDA3の試乗会イベントのダイレクトメールが…
自転車で浜名湖に行った帰り道にMAZDAのディーラーに寄って、早速試乗させてもらうことに
この時の強烈な印象を備忘録として書き留めます…



オートサロンでも実写は見ているけれど、このハッチバックのスタイリングは非常に美しい事を実感
もしも、2ドアがあったらAlfaのBreraより美しい車になるのではないかと思うのは僕だけか…

今回試乗したのは、1.8Lのディーゼルエンジンを搭載した赤レザーで室内を纏めた最高グレードのBurgundy Selection
乗り出してすぐわかることは、同じエンジンを搭載したCX3に比べてディーゼル特有の煩さが感じられなくなったこと…
CX3のディーゼルの時は、選択肢から直ぐに外れたけれど、明らかにネガティブなポイントが払拭されている印象

内装に目をやれば、フロントウインドウに投影される速度並びに標識表示もシンプルかつ見やすくて邪魔になるモノではない
そして、なにより内装の質感は欧州車のイメージに近く、このクラスの国産車のベンチマークを大幅に引き上げるもの

走り出すとサスペンションの動きも絶妙で、極低速域の荒れた舗装路で、ロール方向の揺れが続くようなことはなく、非常に良い動き
また、この時の動き方もナチュラルで何か機械的なものが介在しているような印象を受けるものではなかった…

オープンロードでフル加速を試みても、意識と一体の胸のすく加速を味わえる…
ただ、ブレーキに関しては踏み込んでいく過程が初動操作を多めに踏まなければいけないようなセッティングで、慣れは必要…
初期の効きを高めるようなセッティングが好きな自分には違和感を感じたのは事実

いずれにせよ、この頃試乗した車の中ではBEST
秋口に噂される、新型ガソリンエンジン搭載車への期待が高まります

大きさも適切で、非常に使い易い車でした
コメント

不摂生の体に鞭打って、ペダルは浜名湖へ

2019-06-23 21:36:54 | 日常
昨日は浜名湖ライダースカフェの納涼祭…
ZAZAのワールドビュッフェで、しこたま食べて呑んで、2次会ではハイボールを2杯飲んだところで即身成仏…
爆睡した体を起こしてもらい、直進安定性が悪い状態で帰宅して、またまた爆睡…
で、、朝の光を感じながら二日酔いの感覚と共に、前夜の不摂生に対する反省で体が自然と起き上がり、自転車の身支度を開始…

よれよれクラブのポロシャツを着てSIX-13に跨り浜名湖へ向けペダルを進めます
とは言え、ゆっくりペダルのつもりがホイールをRACEING ZEROに替えている関係から、ホイールに回されて体力を消費し、気が着けが自宅から30分足らずで浜名湖に到着

この時点で大汗掻いてます

先ずは、浜名湖ライダースカフェに立ち寄れば、マスターもヨレヨレな感じ…
聞けば、3次会まで行ったそうな…
で、、先ずは腹ごしらえのノンアルのモーニングセット


今日は1眼レフを持ってきたからマスターのW1を激写


やっぱり綺麗な旧車は良い味出してるなぁ

早朝からライダースカフェには多くのライダーが集まり楽しいひと時



ライダースカフェで小1時間マッタリとして弁天島へ



浜名湖大橋と大鳥居が良いコントラストを醸し出しています


ペダルを進めて舞阪漁港

思わず漁網とホタテ貝にシャッターを切ります



舞阪宿は脇本陣

参勤交代の殿様の宿泊場所だけあって、良い雰囲気を醸し出します




汐小僧から東側には旧東海道の松並木



十分に汗を掻いて不摂生の体を浄化したところで、帰路のペダルに着きます
さあ、活動開始だね
コメント

紫陽花の中で風鈴の音を聴くひと時

2019-06-21 23:28:31 | 日常
今日は休暇を取ってリフレッシュの1日

とは言え、朝から庭の草刈りに車の掃除…
大汗搔いて、やっとカミサンと家を出れたのは、午前も終わる11時半
ここから思いっきりリフレッシュ

先ずは、腹ごしらえと言う事で鰻の田中さんでランチの鰻丼

新聞掲載のクーポン券割引で1500円とは素晴らしいバリュー
とっても美味しい鰻丼です

紫陽花が綺麗と評判の浜松フラワーパークに行こうと思っていたけれど、方向が逆だから急遽目的地を袋井の法多山に変更
ウイークデーだから人も少なく境内を満喫できる空間が待っています


お寺の標語も味があるねぇ


参道には紫陽花が花盛り

暫しの紫陽花尽くし



昔は本堂に上る階段が大変だったけれど、今となってはこの道中も楽しいひと時



境内では風鈴祭りが開催中
遠州三山(法多山、可睡斎、油山寺)で5月18日から8月31日まで開催されている夏の風物詩…
風にそよぐ風鈴の音が素敵な時間を提供してくれます









女性の守り神の二葉神社

鳥居に囲まれた素敵な空間です

疲れを癒すべく、参道の名物団子に舌鼓

1.5人前を食べて御満悦

帰路も紫陽花の小道を抜けて行きます



青紅葉が周りの景色と素晴らしいコントラストを見せてくれます



境内を出て御利益カフェで一休み


7月9日、10日で開催される万灯祭のポスター この日は夜遅くまで灯篭でライトアップされ幻想的な空間に浸れそうです

ほおずき市も同時開催されます

この夏、法多山では色んな催し物が目白押し

肝試しのイベントも興味があるなぁ…

きっちり寛いだウイークデーの金曜日
休暇を満喫の1日でした 







コメント

傷ついたXV純正ホイールを補修

2019-06-10 22:01:44 | SUBARU XV
XV(GT7)は非常に良い車だ…
SGPのシャーシも良いし、付加したSTI製フレキシブルタワーバーやフレキシブルドロースティフナーも非常に良い動きをしてくれる…
先日装備したリジカラも良い感じのハンドリングに大きく寄与してくれた…
そして何よりアイサイトが非常に良いサポートをしてくれるから車での移動に躊躇する場面は非常に少なくなった…

で、そんなXVに余裕をかまし過ぎて気が抜けた一瞬に、右前のフロントホイールを縁石にヒット…
奇跡的にボディにはダメージは無かったけれど、ホイールにモンスターに引っ掛れたような深い傷が発生




後悔先に立たずと言う事で、ディーラーさんに純正ホールの値段を聞くと46000円ほど…
リペアの見積もりもホイールリペアを行う店舗に直接確認すると…
20000円から40000円程度…
20000円は傷は消えないが40000円は傷は消えるとの事…
とは言え、、40000円なら新品にした方が良いなあ

と言う事で、ヤフオクを見ると新車外しのホイールセットが格安で出展中...
1本新品で買うより4本買った方が安いという現実に遭遇
結局ヤフオクで新車外しの4本を購入し、余った4本の純正ホイールはスタッドレスタイヤでもつけようかと言う事に… 結局出費だよねぇ…
それとも…新車外しの残り3本を同じ境遇の人達にバラ売りしようか…

で、、前置きは長くなったけれど今回のプロジェクトは外した傷だらけのホイールを自分で再生しようと言う試み

YouTubeで情報を探って、今回用意したのは以下の8点のアイテム

・消毒用アルコール(オイルクリーナーが無いから表面脱脂用に代用)
・400#耐水ペーパー
・800#耐水ペーパー
・平やすり 中目
・マスキングテープ
・CRC556
・アルミパテ
・Holtsクリア塗装スプレー

1. 先ずは平やすりで飛び出したアルミの傷部を丹念に擦って落として、アルコールを使って表面の脱脂作業

2.続いてアルミパテの塗布
3.1日置いて♯400の耐水ペーパーにCRC556を付けながら表面の円滑化


4.続いて♯800耐水ペーパーにCRC556を付けながら最終処理

とは言え、傷が深いところは完全に埋め切れていないし、明らかに色も違うから、再度3に戻って2度目のパテ塗と研磨

で、、結局アルミ削り出し肌のホイールに塗る補修塗料は無いから、やはり傷跡は違う色で残ることに…アルミ色なんだけどねぇ
とは言え、完全に平面は確保できたから良しとしよう
5.続いてエンブレムにマスキングしてからクリア塗装へ

都合、薄塗を5回繰り返して完成

傷の部分はこんな状況

下の写真の始めの状態と比べれば、費用対効果で何とか納得かなぁ


とは言え、Webで調べるとアルミ地肌のポリッシュ加工面に傷が付いたホイールの修理は、機械加工で切削しているみたいだから専用機材の無い素人は難しいゆえ、ここが潮時…

まあ、なんだねぇ 

コメント

4040仲間と吉良温泉へ

2019-06-09 22:45:23 | サイクリング
5月25、26日の4040クラブ全国オフの思い出

浜松を出て吉良温泉のお宿に9時半に到着
久しぶりの4040仲間との再会は嬉しい限り
4040クラブは40歳以上で40年間は自転車を楽しもうね!の自由な全国仲間です

5月25日は三河湾サイクリング
コースはこんな感じ;
宿~港町食堂(昼食)~竹島見学~たび石~北浜~形原漁港大橋~西浦シーサイドロード~西浦パームビーチ~西浦園地~松島~かぼちゃ寺~宿

宿の前の浜の吉良海水浴場に愛機を並べて…

まずは記念撮影

(写真は頂き物)

港町食堂

キンキの煮付け定食は1000円以内で食べれるんだから最高

他のランチも素晴らしいコスパ


ランチで満腹 次は竹島へGO!!!!

竹島に入る公園に自転車を停めて散策開始

三河湾を望む絶景


竹島の岩場ではアクロバットな自転車乗りに遭遇

転ぶと痛そうだねぇ…

続いて訪れた足袋石

道中の無事を祈って合掌

北浜で記念撮影



ペダルを進めて西浦パームビーチ




中々日本ではないような雰囲気の素敵なビーチです
もっとビキニの姉さんたちが居ると良いんだけどねぇ

激坂を登って西浦園地へ

ひと汗掻いて素敵な景色を満喫です

松島ではトロンボ現象で陸と島が接続する光景が見られます

遠くに見えるのが松島…
繋がってるねぇ

自転車を停めて近くから見ると何が何だか分からなくなります



珍しいものが見られた余韻に浸りながら、かぼちゃ寺へ向けてペダルを進めます

皆で到着したかぼちゃ寺

さあ御参りをしよう

ボケ封じの観音様へ、ボケませんように…

最後はみんな揃って記念撮影

(写真は頂き物)

宿に帰れば恒例の宴会

(写真は頂き物)
呑んで食べてバザーもやって最高の時間を満喫

(写真は頂き物)
記念撮影も童心に帰るねぇ

(写真は頂き物)

翌朝26日は朝の徘徊で宿の周りを一人早朝ポタ

朝日に映える吉良海水浴場


気分はすっきりと、チェックアウト

お世話になった旬彩海鮮の館 大勢の前で記念撮影

(写真は頂き物)

宿を後に日曜は佐久島サイクリング
連絡船乗り場の一色魚広場では朝から新鮮な魚を求める観光客も…そして朝から呑んでる観光客も

恵比寿さんも笑顔でお出迎えです

さあ、佐久島に向けて荷物を纏めよう


佐久島に到着 素敵なアートと自然が織りなす風景は素晴らしいものがあります
先ずは、お昼寝ハウスで皆で記念撮影

もう、この大人数だと降りるのに大変です

お昼寝ハウスからペダルを進めて…山羊のノンとビリーに御面会


記念撮影も忘れないよね


がきやんも良い笑顔です

カモメのオブジェが良い味出してます




海に続く小道






イーストハウスにて


みんなが登れば大変だぁ

なんとか記念撮影

FOXさん、リカでこの細い一本道は辛いですよ

イーストハウスはプロンプトンの販売店??

ダホンをいれて記念撮影も乙なもの

ごはん屋「海」さんで海鮮ランチに舌鼓


海鮮丼も最高

佐久島の地図を眺める4040衆


楽しい集いもこれにて終了
佐久島の船着き場で船が来るのを待ちます

素敵な漁港です


旅の思い出は白い航跡と共に

最高の仲間と最高の週末を満喫です
コメント

富士山をぐるっと1周

2019-05-21 20:55:16 | サイクリング
5月19日は先日試走した「富士山ぐるっと1周サイクルライド2019」の開催日
静岡県サイクリング協会が主管する大会で、北は北海道から400名近くが参加するイベント
今回は、サポートスタッフとして走行参加です

7時からの受付前に設営準備がある関係から、浜松の家を出たのは午前3時
試走と同様、車に分乗してスタート地点の時の栖を目指します

今回のコース図:

★印の時の栖をスタートしてぐるっと富士山を1周の旅へ
試走の時はコースミスもしたから、経験を生かして参加者が道に迷わないように誘導しながら、写真も撮影しながらのサポート紀行です

朝早くからの作業で大会本部も無事完成


続々と参加者がエントリーを開始します

思わず見つけた強烈な補給食

チューブに入った🍙はチョット引くよねぇ…

静岡県の副知事夫妻も参加して笑顔で大会を盛り上げてくれます


いよいよスタート


林に囲まれた素敵な空間を自転車が走り抜けていきます


籠坂峠のピークにて


山中湖を抜けて71号線から朝霧高原へ
実は前回の試走の時139号線をそのまま走り、本栖湖を見てしまい大いに反省する71号線…
道中富士山は雲に隠れていたけれど、牧場の牛たちがお出迎え

牧場の横を走る姿も絵になります

愛機SIX-13と牛の構図

カッコ良いマスタングも入った一コマ


朝霧高原に到着

ここでまさかの雨…弁当が雨に濡れてさあ大変

急ごしらえのテントの中でのランチタイム
雨の中、続々とエイドステーションの「あさぎりフードパーク」に参加者が集まってきます


とは言え、雨雲レーダーで見るとこの辺りだけに雨雲が集中している驚愕の事実…
だれか雨男か雨女が居るねえ

案の定、次のエイドポイントの、富士山さくらの園に着けば雨も上がって快適ライド

季節の花々が迎えてくれます



さくらの園から、富士山こどもの国を目指す上り坂で

眼下に富士市を一望します


こどもの国を抜けて、裾野市へは一気に下り坂
荒れた路面に暴れる車体を抑えながらのダウンヒル


出発地点に皆が事故も無く戻って来れて一安心

富士山は顔を出さなかったけれど、最高のサイクリングを満喫の1日です
アンカーも到着して大会は無事終了

心地良い疲労感と共に大会本部を畳みます


本日の走行データ:

走行距離;125km
平均速度:21km/h
獲得標高:?? 2340mはSW切らずに車に乗せたことでのエラーだねぇ 多分1500m位ではないかと…

帰路、東名高速で右手を見れば夕日に映えた富士山が顔を出しています


いやぁ~  楽しかったねぇ




コメント

9連休の思い出

2019-05-06 06:35:34 | 日常
世間では今年のゴールデンウイークは10連休
こちらは5月6日は出勤日…
と言う事で、4月27日から5月5日までの9連休
今年は埼玉の婆ちゃんの所には行けず、浜松でずっと孫守の9日間
とは言え、まずはリフレッシュ

と言う事で、5月3日はカミサンと孫を連れて新城の花ノ木公園の釣り堀へ

毎日一緒に風呂に入って玩具の魚で釣りの練習をしていた孫はリアルな釣りに大喜び
釣らせるこちらも大変だぁ
大物釣りの余韻に浸る孫と一緒に今日の釣果でランチタイム


レストランの窓から眺める釣り堀に、魚釣りの話題で盛り上がります

花ノ木はナイアガラの滝もあるんだ

昼間は新城…夜は浜松祭り…
御殿屋台の曳き回し


漫ろ歩けば屋台が止まって初子さんの御祝

眠った孫をおんぶして、楽しい宵が更けていきます

明て5月4日…
浜松の早朝をポタリング

スターバックスに差し込む朝日が眩しいねえ

佐鳴湖公園に足を延ばせば…




湖畔のTipiで食べるモーニング… マッタリするひと時です


帰路に大通りを抜ければ御殿屋台が駐車中… この3日間しか見られない光景かな

凧あげ場に足を延ばせば黒山の人だかり




凧あげ場に一歩足を踏み入れ孫も御満悦






青空に舞う凧…




で…ここから何を思ったか電動アシストのスーパーケッタマシーンに孫を乗せて浜名湖へGO!!!!
ジジイは電池が切れると大変だから行きはアシストオフの苦行のペダリング

ライダースカフェで一休み

脇本陣にも立ち寄って孫の好奇心を楽しみます

で、、、結局55㎞も走ってしまった…うち25㎞はアシストオフ…
いやぁ~ 連休中日も動き回ったねえ

浜松祭り最終日の5月5日…そして今日が連休最終日…
久しぶりに朝早くS2に火を入れて浜名湖へ

瀬戸の橋のドライブインには車好きが大集合

そしていつものライダースカフェでモーニング




朝のひとときを満喫

大通りに止まった御殿屋台を通過して浜松祭りを実感


浜松祭りも終わり、出勤日の6日の朝をポタリング

浜松城公園でのラジオ体操もいつもと変わらぬ光景

ソラモに置かれた浜松祭りのオブジェも物憂げな朝


9連休も無事終了、いよいよ活動開始だね 









コメント