大阪の弁護士ささきあつしの独り言

もうアラフォーでなくなった、なにわの弁護士のつぶやき集

今日はペンケースを忘れて

2019-03-20 19:13:09 | Weblog
ウォッチに引き続き、今日はペンケースを忘れてしまいました。
愛用の筆記用具がないとなんだか落ち着かないことは、ウォッチと同じだなと思いました。
でも、1日って早いもの。
そんな落ち着かない1日もあっという間に終わりました。
コメント

腕時計を忘れても

2019-03-15 17:11:26 | Weblog
朝、腕時計をつけずに出勤してしまいました。
昔だったらダメージは大きかったはずですが、
今は便利なスマホがあるので大きな支障はありません。

・・・でも、何となく落ち着かないんですよね。
いくら強がってもやはり私は昔の人間だということですね(笑)
コメント

制服研究者?

2019-03-14 20:05:46 | Weblog
新聞記事によると、岡山県では、中学生が卒業式後に派手な刺繍入りの制服(卒ラン)を着て駅前に集合する伝統があるのだとか。
警察は、これを今年から補導対象にするらしいです。

これについて、制服研究者という方のコメントが寄せられていました。
卒ランのことも驚きでしたが、私はむしろ「制服研究」という研究分野があることの方に驚きました。
何でも言ったもの勝ちですね(笑)。
コメント

花粉が飛びすぎ

2019-03-11 21:26:02 | Weblog
今年は花粉の飛散量がハンパありません。
私も今年は辛いです
過去最高くらいに苦しんでいます。

鼻と目に症状が表れています。

私の場合、今のところ、スギ花粉アレルギーだけのはずですが、
今年からヒノキにも反応し出したらどうしようかと恐れています。
コメント

サンボアカレーは大人の味

2019-02-26 16:49:28 | Weblog
先日、幼稚園のパパ友と旧交をあたためる機会がありました。

地元のカレー店での会食。
最後にお店の名物のサンボアカレーとココナツカレーを頼みました。

私にとってサンボアカレーは、あまりにも大人の味でしたが、
十分に話の種にはなりました(笑)。

参考までに、サンボアカレーがこちら↓



ココナツカレーがこちら↓

コメント (1)

心和む風景・・・

2019-02-21 18:26:34 | Weblog
今朝の通勤電車で、向かいに座ったお二人に心が和みました。
おじいちゃんとお孫さんの二人。
お孫さんは制服姿の女子高生でした。

いまどきの娘さんが、おじいちゃんと二人で電車に乗っているということ自体が新鮮で、心が和みました。
普通は嫌がるでしょうからね、お孫さんの方が。

会話も自然に耳に入ってきました。
それでまた心が温まりました。

どうやら、今日は特別な日のようで、学校に行く道中ではなさそう。
おじいちゃんから、いつも学校に通うときの乗換駅とか、阪急とJRとではどちらが便利かなどを尋ねられて、
嫌がらずに素直に答えておられました。
当たり前のようで当たり前でない風景でした。

うちの子どももあんな風に素直に育ってほしいものだと思いました。






コメント

時代を感じる小説

2019-02-20 11:00:51 | Weblog
今読んでいる推理小説には、携帯電話が出てきません。
誘拐犯人は、公衆電話から電話をしています。
車には自動車電話が搭載されています。

また、夫が妻のことを「お前」と呼んだり。

かなり昭和の臭いが漂うなあと思って
初版の日付をみたら、平成8年でした

平成8年からでも、相当時代が変化していることに驚きました。
コメント

毎年恒例のお鍋

2019-02-14 19:37:27 | Weblog
毎年冬になると無性に食べたくなるお鍋があります。
友達が経営している茨木市の居酒屋さんの「べっぴん鍋」。

コラーゲンたっぷり。

最初はこんな状態。



煮込んでいくとこうなります。



3月になるとお鍋メニューがなくなるので、昨夜急いで食べに行きました。
変わらぬおいしさ。
しかもたくさん飲んで、1人2000円という激安さ。

大阪市内にもお店出してほしいです。

コメント

明日は雪大丈夫かな?

2019-02-10 16:03:34 | Weblog
明日、ゴルフの予定が入っています。
寒いし、雪の予報も出ているし、全然気が進みません。
でも、ここまできてドタキャンできないのがゴルフ。

風邪だけ引かないようにしなければ
コメント

懐かしい石油ストーブの臭い

2019-02-02 18:45:54 | Weblog
いつも駅から家に帰る道中、
冬になると、何とも懐かしい臭いに遭遇します。
最初は、何の臭いだか分からず、
ただ懐かしいなあ、と感じていただけだったのですが、
それは、石油ストーブの臭いでした。

子供のころ我が家の暖房手段はすべて石油ストーブでした。
寒い中、ポリタンクから灯油をくみ出すのが辛かった思い出があります。
あのころはそれが普通でしたが、
今の暖房の主役はエアコンでしょう。
いつから石油ストーブが少なくなったのでしょうか。
暖房能力としてはエアコンなど比べものにならないと思います。

帰り道、その臭いがしはじめるとき、私の歩みは自然にスローになります。
昭和時代を懐かしむかのように。

コメント