遮熱・断熱窓ガラスコーティングの元祖・アスクリン(クールセーブで涼しく暖かく・UVカット・結露防止)

業界の元祖として窓ガラスの遮熱・断熱コーティングをしています。独自の技術とノウハウでワイドガラスもきれいにコートします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今年の夏の工事

2018年10月31日 | 日記
しばらくブログを更新しないうちにもう11月になります。

有り難いことに、今年は7月から9月まで毎週工事のため外出しており、あまり事務所にも在社しておりませんでした。
10月に入って多少時間ができたのですが、工事以外にもお問い合わせやその他のやるべきことが多くあり、
ブログの方はすっかり手つかずになってしまいました。

今回は、今年の夏に行った工事の中から、大きなガラスをコーティングした例を紹介したいと思います。


(クリックで拡大)

都内の新築住宅で大きなガラスをコーティングしている写真です。
ちなみにサイズは幅約260㎝、高さ約280cmです。

こういったガラスは1人で仕上げることは決してできません。
以前にもこのブログで触れたと思いますが、ローラーやスプレーで少しづつ仕上げても、
気泡が残ったり、塗膜の厚みに違いがあったりしてきれいには仕上がりません。
ガラスは透明なので、とにかく仕上がりには気を使います。

また、写真の通り、上段と下段で人が分かれて、持っている器具を止めずに移動しなければならないので
ある程度経験のある者同士でないとなかなかうまくいきません。

ガラスと一口に言っても大小様々で、同じ1枚で全然サイズが違うことは決して珍しくないのです。
こういった大型のワイドガラスは、開口部を広くして見た目を良くしたい狙いで付けられることは多いですが、
この現場は目の前に遮蔽物もないですから、太陽の熱がダイレクトにガラスに直撃します。
何か遮熱の処置をしなければ特に夏は暑くてエアコンもあまり効きません。

コーティング前は室内にいるのも暑くてつらい状況でしたが、クールセーブのコーティングをした後から
暑さにも我慢できるようになりました。


これからは冬に近付いてきますが、今度は断熱効果で寒さや結露の抑制を発揮できます。
冬の寒さが厳しい場所こそ、ガラスの断熱処理を真剣に考えていただきたいと思います。


株式会社アスクリン・ホームページ
https://www.asucurin.co.jp/
コメント

夏本番

2018年06月25日 | 日記
6月も終わりに近付いてきて、もう今年の半分が終わろうとしています。
今日の東京も最高気温33℃と、かなり暑くなってきました。

ここのところ、国外からのお問い合わせを英文のメールでいただくことも出てきました。
とはいえ、弊社は国外向けの宣伝など一切行っていないので、拙い英語で返信するのがやっとなのですが・・・

それよりもまずは日本国内で工事をひとつでも増やすことが大事です。
もちろん、今後は国外市場も視野に入れていかなければならないのでしょうが、対応は慎重に行う必要があります。

以前もこのブログで触れましたが、ここ最近は一般のお客様から直接お問い合わせをいただくことも増えてきました。
やはり、遮熱フィルムの耐久性が気になったり、ご自宅のガラスが網入りガラスだったりすると、フィルムという選択肢は躊躇してしまう方も多いようです。

この先遮熱フィルムの性能が高くなっても、西日が強く当たる箇所で10年以上持たせることは非常に難しいでしょう。
少なくとも耐久性と見た目の仕上がりでは絶対にクールセーブの方が勝っていると断言できます。

とにかく地味な製品なのが困ったところなのですが(笑)、
地道に信用・信頼を増やしていくのが一番だというポリシーのもと行っております。

そもそもメーカーでありながら自社で責任施工を行うのは、業界では最古の弊社だけかと思います。
どんな質問であっても回答するということを基本とし、ご依頼いただいた方に喜んでいただける工事をしていきたいと思います。


株式会社アスクリン・ホームページ
www.asucurin.co.jp
コメント

粗悪品をどう見極める?

2018年03月28日 | 日記
だいぶ暖かくなってきました。春分の日は雪が降ったりしましたが、どうやらこれからは次第に安定して気温も上昇していきそうです。

さて、今回はタイトルの通り「粗悪品の見極め方」について書いてみようかと思います。

現在、弊社へお問い合わせいただく方のほとんどは、ホームページからです。
ありがたいことにここ数年は少しづつお問い合わせ・工事も増えている状況です。

そんな中、やはり多い意見として「他との違いがわからない」というものがあります。
当然といえば当然です。
別にこの狭い業界に限ったことではありませんが、どこの業者も「〇℃下がった!」「〇パーセント省エネになった!」とか「実績数No.1!」などの宣伝文句を大々的に掲載しているものです。

ただ、結論から言うと、それらは「ほとんどが嘘」です。
この窓ガラスの遮熱コーティングに関して申し上げると、以下に該当する製品はほぼ間違いなく怪しい・性能が低いです。

①第三者機関の性能データではなく、データの出自がはっきりしていない、または自社データ
②遮蔽係数が0.80を切っていない(0.85など)→遮熱性が低い
③施工事例が少ない
④製品の古い実績がないのに、耐久性15年・20年などと記載する(実験値にすぎない)

この数年で、いくつかの業者が施工トラブルなどにより淘汰もされましたが、新たに上記に該当するような
業者もインターネット上で見られます。
ホームページが立派=信用できるという安易な現代の方程式を逆手に取った手法が多くなっているのです。

弊社の場合、オリジナリティを出すために以下の点に気を付けています。

①すべて自社(私自身)が作成し、生きた言葉で伝える
②オーバーな表現は使わず、証明可能なことだけを記載する
③元祖であるという点から、とにかく性能と信頼性を売りにしていることを印象づける

弊社と付き合いのある方からも聞いたことがありますが、リフォームの業界なども、トラブルが多発しているそうです。
詐欺まがい、というか立派な詐欺やお客様を平気で裏切るような行為が横行しているようですので、
選ぶお客様自身で見極めていくのがとにかく重要になります。

そのためには、少しでも気になったり疑問に思ったりしたことは問い合わせるということが必須です。
業者の対応の仕方一つでもわかってくるものは必ずあります。


ガラスだけでなく、壁でも屋根でも建物というのは長く付き合っていくものですから、慎重に判断していただきたいと願います。


アスクリン ホームページ
www.asucurin.co.jp
コメント

今年も猛暑になる?

2018年03月05日 | 日記
3月に入りました。次第に暖かい日も増えてきており、春は近いなと感じます。
花粉症には悩まされずに済んでいるので、1月の東京のような寒さよりはいいのかな、と思っています。

そんな時期ですが、先日、ウェザーニューズの記事でこんなものを見かけました。
https://weathernews.jp/s/topics/201802/230105/

要するに、高気圧の勢力が例年より強いため、今年の夏は猛暑になる可能性が高いとのことです。

毎年、似たような話は出ているような気がしますが、厳しい暑さになる日が多くなることは十分覚悟した方がいいということでしょう。


さて、年が明けてからも工事が続いており、在社していない日も多かったため、ブログも放置ぎみになってしまいました。
ただ、お陰様でしっかりと品質を十分に考慮して選んでいただけるお客様が増えてきたことを嬉しく思います。

「宣伝よりも製品の性能と丁寧な施工にこだわる」という方針は今後も変えません。
ありがたいことに宣伝の勧誘は毎週のように来ますが、全て断っています。
そんなことに資金をかけるのであれば、高価な原材料代に回した方がよっぽど賢明です。

携帯電話の会社が良い例で、大手はCMを大量に流すためにユーザーからお金を巻き上げているようにしか見えません。
そんなにCMを流すのであれば、もっと顧客サービスの質を上げることを考えるべきだと思います。
もちろん誰もが知っている大手と同列で語ってはいけませんが。

ということで、地味ながら春からも工事を中心に進めていくつもりです。



アスクリン・ホームページ www.asucurin.co.jp
コメント

2018年の方針

2018年01月22日 | 日記
2018年になってもう3週間が経過したので、「明けましておめでとうございます」
ではなくなってしまいましたが、年明け初投稿になります。

実は明日都内で工事を予定していたのですが、本日の雪がおそらく夜遅くまで降るだろうとの予報のため、
湿気の影響も明日に出る可能性があると判断し、無理はせずに順延することになりました。
そんなわけで久々になってしまったブログを書いております。

さて、昨年は大きな工事はなかったものの、お陰様でそこそこの数の工事をいただいたり、
新規で施工業者様も増えたりしましたので、収穫のある一年だったといえます。

ただ、個人的にはもっと工事を増やしたいという気持ちは常に持っており、
そのためには営業体制と施工体制の強化が欠かせません。
とはいえ、一目で見て分かっていただけるほど単純なものではありませんから、
その難しさと日々格闘している感じです。

それでもこの数年で少しずつ前進はしているので、今年はひとつくらいは大きな工事も受注し、
次につなげていけたらと考えています。

そんなわけで今年もよろしくお願いします。


アスクリン・ホームページ www.asucurin.co.jp
コメント