オスモカラー塗装仕上げフローリング、滑り止めオイル塗装フローリング、DEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

好きな色や心ときめく素敵なデザインのフローリングやペットに優しいフローリングなら毎日がもっと楽しくなります。


北海道から別嬪さんフローリングがやってきました。

2018年06月28日 | フローリング系
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

今回のお施主さんは北海道の松原産業さんのフローリングを指名されました。
私も木材業界の端くれですから日本全国の有名木質建材メーカーとは繋がっています。

松原産業の松原常務さんは業界の後輩で、しかも様々なインテリアショーで
ここ数年出会うことが多かったのは、こう言う事になるサインだったのでしょうね。



お施主さんにはカラーサンプルを送っていますので、確認頂けるとオスモカラー
ウッドワックスでの塗装にかかります。
コメント

今日も暑いねフローリング娘

2018年06月28日 | 作業場
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

来週、港区六本木に届けます「なら150N挽き板フローリング/オスモカラー塗装仕上げ」の
梱包を始めました。オーダー戴いた56ケース全ては塗装出来ていませんが

午後から、これまた墨田区へ嫁ぐフローリング娘が半分だけやってきますので
倉庫内を整理整頓しないと作業がしにくくなります。

「ハイエース」盗られるから倉庫内に入れとけって言うから倉庫がギュウギュウです。

昨日は午前中に滋賀県草津市の新築現場にフローリング娘を届けました。
現場内は電気工事屋さんが電線を張り巡らし蜘蛛の巣状態になっていましたが
床面は整理整頓され、ここの大工さんも気分の良い仕事をされているなと感じました。

「2階で引き上げますから、下から突き上げて頂けませんか」と丁寧に若い大工さんに
頼まれたら「イヤだ」とは言えませんよね。「いいですよ、暑いからゆっくりやりましょう」と
笑顔で返しました。

「ありがとうございます、助かりました」と気持ちの良い言葉をもらい
現場を後にしました。

現場内はお互いさん、気分良く仕事がしたいですね。

コメント

関東は挽き板フローリングが人気です。

2018年06月23日 | 作業場
《オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク》

東京都内の現場で人気の挽き板フローリングのオスモカラーお化粧に掛かりました。

最近、港区や渋谷区に嫁ぐことの多いフローリング娘ですが、今回の現場も「六本木」になります。
六本木と言えば白金台に従兄弟が住んでおり、学生の頃によく遊びに行ったものです。
田舎者が東京人の振りして「ザ・ハンバーガー・イン」や「東風」に行っ事を今でも覚えています。

もうすっかり定番になりました、なら150N挽き板フローリングです。

着色仕上げが続いていましたので、「木」本来のクリアー艶消し仕上げも
新鮮で素晴らしい物です。

7月明けに現場納品致します。
コメント

老体むちうつ

2018年06月22日 | 納品現場
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク


事前に現場所在地等々の情報は頂いていたのですが
当日、現場に着くとエレベーターが無い!!

防音床下地 静かな床LL-45 30m2分 72枚 1枚あたり約5KG

一度に持てるのは3枚 約15KG 5階まで24往復
5階まで一気に上がっていましたが、途中で足がガタガタ
電話も掛かってくる、途中3階で休憩することに変わる
汗ダクになること2時間、昼食に出かけ戻ってきた大工さんが
見かねて最後の4枚を手伝ってくれました。

大工さんも「こんなん半日仕事やな、大変ですね」と気遣い
全て上げ終わるとなんだかスッキリ爽快感に浸りました。

今日は22日、両ふくらはぎが痛くて事務所の階段上り下りが大変です。

売り上げ上がって、筋トレできて ありがたいです。

 
コメント

フローリング娘の塗装仕上げか進み現場に届けました。

2018年06月22日 | 納品現場
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

オスモカラーウッドワックス#3163ウォルナットで着色した後は、しっかり乾燥養生に入ります。
と言っても24時間そっとしておくだけです。

これからの仕上げ塗装で耐久性、撥水性、防汚性に差が出るのです。

コストも大切ですが、私はこの作業は省いてはダメだと思います。


オスモカラフロアークリアーエキスプレスをフローリングに擦り付けて塗装されている方をよく見ますが
製品説明がされていないのですね、フロアークリアーエキスプレスには滑り止めの骨材が
混ぜられています。擦り付けて塗装すると骨材が均等に塗装されず、どちらかの端に集まります。
それと塗布量の問題があり。オスモ社の標準塗装仕様を守らないと性能が発揮できないです。

このフローリングは京都市伏見区の現場に嫁ぎました。

ここの大工さんは作業スペースに敷き詰めたブルーシートの周辺を
養生テープでコンクリート地面に固定していました。
大工さんに丁寧な下準備してるなと言うと、テープで固定しておくと
「見た目も綺麗で掃除がし易い」と笑顔で返してくれました。

本当に最近の若い大工さんは気配りができていますね。

コメント

フローリング娘の仕事具合とブログでの発信に時差が生じ出しています。

2018年06月19日 | 作業場
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

実際は梱包してハイエースに乗せ出しているのですが・・・

なら120Nフローリングのオスモカラー塗装にかかっています。
Nフローリングとは、小節や源平を含む自然な風合いを大切にしたグレードなんです
そう、簡単にナチュラルテイストだから「N」としています。
他のフローリング販売業者は仕入先が付けたグレードや呼び名をそのまま使っていますが
アルブルインクはブランドとして自社製品扱いを行なっています。

なら120Nフローリングにオスモカラーウッドワックス#3163ウォルナット着色は
人気が高く全国各地よりオーダーが入ります。

しっかり乾燥養生させています。

コメント

家造りへの思い

2018年06月16日 | 納品現場
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

昨日は雨が強くなる前に、無塗装フローリング娘を新築現場に嫁がせました。

この建築業者さんの現場はいつも整理整頓されて、家造りへの真摯な気持ちが伝わります。
もちろん室内だけでは無く、外回りにも気配りが整っています。

はじめにしっかりと養生をすれば、工事中の汚れはかなり食い止められる見本のようです。
コメント

フローリング娘御一行お越しになりました。

2018年06月15日 | 作業場
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

数量が多いので2日に分けないと届けられないと西濃運輸が言うので
14.15日に2分割したはずなのに、しっかり全て西濃運輸さんの出先業者に
届いていました。

なら150N挽き板フローリング/無塗装が56ケース

なら120Sフローリング/無塗装 29ケース

なら120Nフローリング/無塗装 32ケース

出荷地の西濃運輸さんが言うからその通りにしているのに
どう言う事やねん

まあ、14日は晴天だったので助かったのだけど
コメント

静岡の宿/HOTELオーク静岡

2018年06月15日 | 納品現場
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

関東納品の帰りは、必ず静岡に寄る事が決まり2年は過ぎました。
寄らずに京都に戻ると、必ず静岡の平井君から「なぜ、連絡せずに帰った!」と電話があります。
なんだかんだで、静岡の美味しい料理は楽しみなんです。

ずっとお世話になっているホテルです。

年末から春先にかけて経営者が変わったそうで2回ほど他のホテルに泊まりました。

HOTEL オーク静岡
小さなホテルなんですが、なぜか好きなんです。
設計が良いのでしょうね、なんとか言う有名な設計士さんの作品らしいです。

美味しい海の幸をたくさん頂いたので、当面は仕事に集中できますと言うか
戻った翌日からフローリング娘がたくさんやって来ますよ。
コメント

東京納品の旅/渋谷区恵比寿

2018年06月14日 | 納品現場
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

12日火曜日、早朝より渋谷区恵比寿へフローリング娘が嫁入りしました。

首都高速池尻を降りてからの下道で見かける、トイプードルを散歩させているご婦人
オフィスに向かう自営業の方々、美しい街並み、自転車で駆け抜ける若者達
フローリング屋親父もにわか代官山人になっているフリをしました。

一度下に降りて階段で2階まで上がるのは面倒だと言う事で
大工さんが階段の踊り場でフローリング娘を引き上げてくれました。

そのあと、飛び散った草花を大工さんが清掃してくれました。

気分良く荷下ろしを終えたあと、港区新橋 国際機関日本アセアンセンターで開催されています
タイ国ホテルサプライ・家具インテリア・スパ製品商談会に顔を出しました。


納品と諸用が終われば、お楽しみの静岡に向かいました。
コメント

時代は「挽き板フローリング」

2018年06月09日 | フローリング系
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

仕上がりと品質を気に入って頂いている東京の建築業者さんから注文が入りました。
昨年から、かれこれ5現場になりますが、いつも電話だけで実際にお会いしたことがありません。
元々は設計指定物件を施工された事で付き合いが始まりました。

今回もウッドワックス#3166チーク色です。

渋谷区恵比寿のマンションリノベーションに採用いただきました。
来週の火曜日に現場納品致します。

そのあと引き続き六本木のマンションリノベーションにもお世話になります。

本当にありがたいです。

【商品情報】
ナラ150N挽き板フローリング/オスモカラー塗装仕上げ
サイズ/1820mm×15mm×150mm
形状/表層3mm小節付き挽き板1枚貼り、床暖房仕上げ対応
塗装/オスモカラーウッドワックス#3166チーク
入り数/1ケース、6枚、1.638m2
コメント

価格も大切ですが、私は仕上がりを大切にします。

2018年06月08日 | フローリング系
《オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク》

ブログやSNSで仕事内容を常に発信していると、
いろんなフローリング輸入業者さんから営業メールや営業電話があります。
必ずと言って、フローリング自体の性能は置いといて、「平米いくらです、安いですよ」なんです。

最近は「挽き板フローリング」の売り込みが多いのですが、全てと言って良いほど
長さ909mm×厚み12mm/15mm×幅120mmで表層挽き板は1mmとか0.6mmとかで
そりゃ安いはずだよ、言葉が悪いが「詐欺」みたいなものですよ。
貼ってしまえば判らなくなりますが、私はそのような商売ようしません。
このようなフローリングで、このようなサイズなので、
このような雰囲気になります。これでこの価格になります。

低価格商品を探している方は、フローリングの事より、「安い」が大事なんですね。


アルブルインクの挽き板フローリングは
長さ1820mm 厚み15mm 幅150mmと189mm
表層3mm挽き板1枚貼り
貼りあげた空間の雰囲気を大切にしています。

コメント

実際に見て頂くのが一番です/DEESAWAT

2018年06月08日 | DEESAWAT
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

5日にお客さんを2名をDEESAWAT本社工場とソイ24ショールームに案内しました。
今年もバンコク出張3回目。今まで何回訪問したか判らないですが 今回もやっぱり暑かったです。
暑いのは大昔からですが、6月から10月は雨期で昼頃から街中はムシムシになり
何もしないのに汗だくになりますが、仕事となればそんなことは気になりません。


お客さんは、DEESAWAT社の製品はともかく、会社の考え方と実行している事柄に感心され
とても喜んでおられました。

秋からのプロジェクトに参加できます事を期待しています。




コメント

挽き板フローリングが主流になるのも近いです。

2018年06月01日 | フローリング系
オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

無垢フローリングは「反る」「割れる」等の欠点は高級材でも生じることがあります。
どれだけ製造過程での精度が高くても、施工する現場環境や施工手法により
様々な自然現象が起こります。ある程度の事を理解できないのなら、印刷技術の優れたの
新建材フロアーを使う事を薦めます。

こんな事を言ってしまったらアルブルインクは困りますので、私は「挽き板フローリング」を
さらに広げていこうと思っています。

アルブルインクがお薦めする「挽き板フローリング」は表層が3mmの1枚挽き板を
形状安定が高い積層芯材や無垢材に近い2層芯材に接着した狂いの少ない複合フローリングの事です。
(※ミャンマーチークは2mm挽き板1枚貼り)

今迄は「着色を施さない無節材」を主にしていましたが、小節が入ったナチュラルな
無塗装複合フローリングが安定入荷出来るようになりました。

これによって、様々なインテリアにマッチ出来るようになり、生活が更に楽しくなるはずです。

サイズは1820mm×15mm×150mmと1820mm×15mm×189mmの2種類
どちらも低音式床暖房の仕上げ材として採用いただけます。
低価格優先の挽き板フローリングが市場に出回っていますが一緒にしないでください。

節は少なく抑えていますので、床暖房時の熱溜りや、節がうるさくなる事はあまりないと思います。

カラーバリエーションは今まで通りのオスモカラーウッドワックス13色、フロアーカラー6色
ワンコートオンリー2色の計21色から選べます。
仕上げはオスモカーフロアークリアーエキスプレス#3362艶消し、#3332三分艶を選べます。

アルブルインクは無塗装フローリングを厳選して丁寧に1枚づつ私が塗装を施しています。











コメント