杏とベル

普段の何気ない事や私の独り言

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ベル 忘備録

2018年11月14日 | ベル
10/31 歯の検診。一本抜歯。家に戻り、ベルが水を飲むと水入れが血で滲んでいる。慌てて抜歯した箇所を見ると出血がしていた。病院へ連絡し止血をしてみて下さいとの事。タオルやカット綿、ガーゼなどで、休み休み2時間ほど止血を試みる。



11/1 朝になっても、まだ少し出血が続いていた。
近所に出来た朝8時から受診できる病院へ。
一応レントゲンをとり、大丈夫でしょうと言われ安心して会社に行く。

11/4病院で血が止まらなかった理由を探るため、血液検査をする。
血などに血が止まらない理由は特に見つからず。次回肝臓などの検査をする事になった

11/11 夜、ベルの後ろ右脚に違和感を感じる。少しびつこを引いた気がした。体重をかけすぎて痺れた❓
朝の散歩では機嫌よく、途中に軽く走ったりもしていた。夕方娘との散歩の時にも、普段と変わらなかったようだ。
もともと後脚の作りが悪いと、東京に戻りかかりだした病院の初診で指摘を受けた事がある。そう言われてみればと思い当たる節はあった。
砂浜で杏と走っている時、後脚をつったようになった時があった。少しさすってあげると、普通に歩き出していた。だからベルが本気で走る事はあまりなかった。それでも楽しそうに走っていたので、本人も自分の身体と上手に付き合ってきていた

11/12 血液検査の為に受診。先生に後脚の件を伝えみてもらうと、こんなにこの子、脚が悪かったっけと言われる。半月板損傷、音からすると普通に4本でたっているのが不思議なくらいと言われ、レントゲンを撮る。
先生に脚をグリグリされても痛い表情すらしないベル。レントゲンの結果、音ほど酷くはないがやはり安静。注射と薬を処方される。1週間様子をみてみようという事になった。散歩は歩いても2〜3分、家の中はフリーでもいいが段差やジャンプ禁止。そしてダイエット(ー ー;)
脚先が赤く変色しているが、その件は後回し、まずは後脚の治療から進める事になった。

11/13
夕方散歩に出る。
ベルは普通歩きたがるが、カートに乗せて公園だけ歩かせ匂い嗅ぎ。
それから御酉様を観に行ったが、すでに混雑、とりあえず記念写真

暫くはカート散歩だね

杏の事

2018年11月13日 | 病気 杏


昨日、杏の死亡届を保健所に提出しました。

今まで杏と一緒に遊んで頂いた皆様、本当にありがとうございました。

退院してきてからも、なかなか体調が落ち着かず、お薬も体調が悪い時は飲ませる事が出来ません。やっと毎日飲ませる事が出来るかなと思っていた矢先、3月の終わりの検診で癌が肺に転移している事がわかりました。
帰り道、運転しながら涙が止まりませんでした。
3週間毎に病院に通い、お薬を2種類に増やし、もしかしたら一度は肺の癌が消える事を願いましたが、ずーっと小康状態が続きました。
毎日杏に、明日も元気でいようねと、お薬を飲ませました。
抗ガン剤は5日に2回、それ以外の日はサリドマイド。抗ガン剤を飲ませると次の日は身体がだるいようで、散歩に連れて行っても元気がなく食欲も落ちます。
下痢をすると治るまで薬は飲ませる事が出来ません。散歩中、乳癌治療された事のある方にに出会いました。人間なら気持ちが悪いとか体調を訴える事が出来るけど、犬はそれが言えないから可哀想ねって、そうだよね。杏も薬がきれている時は本当に元気に走って散歩して楽しそうだものね。ご飯もちゃんと食べれるよね。わかっているけどもう少し、もう少しママのワガママに付き合ってねって・

春に一度ランに遊びに行きました。




お休みの日は、時間をかけてゆっくり皆んなでお散歩でした




癌の転移がわかった時、父の最後を思い出しました。私の父も肺の病気だったからです。

杏には父のような思いをさせたくないって、言葉に出来ない子だから、あんな苦しい思いだけはさせないって、そうなる前に私が決心しなきゃって思いました。

その日は突然やってきました。
肺に白い影が広がり胸水がたまりだしました。
溜まるスピードも速く、胸水を抜いても、またすぐに溜まってしまう可能性の方が高いと言われました。入院させて治療を試みるか迷いました。完治するなら、病気が治るならもう一度杏に痛い思いをさせてもって、でも、もう杏の病気は治る事はありません。胸水を抜く事で何日か楽になってもまたすぐ同じ事の繰り返しになります。入院中に急変するかもしれません。
通院中、がんセンターの先生から、術後暫くは、ゲージに処置のため人が近づくと、杏は触らないでと鳴いていたそうです。手術後の痛みの方が杏にとっては激痛だったようです。
そんな痛みにも耐え、私達が会いに行った時には、しれっと何事もなかったように大丈夫だからと、元気な姿を見せてくれていた杏。

杏はいつもそうでした。
腕を切った時も、お尻に流木が刺さった時も、私には痛いとも言わずにしれっと何事もなかったように振舞います。いつもこれぐらい大丈夫だからって・

初めはおとなしく酸素室にいてくれていたのですが、容態が悪くなるにつれ酸素室を嫌がり出しました。
具合が悪くなってすぐに、娘が3日間休みを取ってくれました。私も無理言って娘と交替で1週間の休みを取りました。毎日何もせずただただ杏のそばにいました。杏も少しでも姿が見えないと探しに来ました。ちゃんとお座りをしてじっーと私を見ていました。杏を見守るつもりが、杏に見守られていたのかもしれません。
扉が閉められた所にいるのが苦手な杏

それじゃ意味がないんだけど

それでも寝てくれるならいいか笑

このまま逝ってしまうのではと思う時が何度もありました。
いっぱいありがとうを言って、思い出話しも沢山して、子守歌を歌って、杏を寝付かせました。
どんどん寝ていられる時間がみじかくなって、明日は逝かせてあげなきゃって決めた日は、杏はほとんど寝てくれませんでした。ふらふらしながらも目を細め首を伸ばして、鼻をクンクンしていました。酸素室に入れても嫌がりすぐに出せと・
うとうとしても寝ようとはしてくれませんでした。

皆んなで散歩に行きました。杏も目を細め外の空気を楽しんでいました。お気に入りのマーキング場所でそっとおろすと、5メートルほど自分で歩いて2箇所にマーキング。でもその後は動こうとせず、またカートから見慣れた風景を楽しみました。
食べたいと思っても、もう食べる事も出来なくなっていました。
新しく開けたオヤツの匂いだけはわかるようでしたが、食べれたのは大好きだったささみドックを一口、消化器サポートのリキッドを5cc.最後の食事になりました。

家族が見守る中、私の腕の中で静かに旅立ちました。

数日間、杏を見ながら泣きました。泣いても泣いても、涙が止まりませんでした。
今でも、家にいても、外に出ても、あちこち杏との思い出がいっぱいです。
泣きたいだけ泣こうって思っています。
杏の事だから、きっと今頃は自由を満喫しているんだと思います。
思いっきり走って、行きたい所に行き、食べたい時に食べたい物を食べに帰って来ているんだと思います。





ありがとね
これからもよろしくね
いつも、一緒にいようね。
杏、大好きだよ


汐入へ

2018年03月02日 | 病気 杏
今日もみんなでお散歩。
今日は、一駅分くらい休憩しながら歩いた杏。
カートの載せ換えが大変だった。
杏の小走りに、三頭引きは難しく、杏が歩きたいというとレディをカートへ。一休みする時にはレディを降ろしてと、その度にわらわらする皆さん。













下痢が治って、痛み止めの服用を再開したからかな。こんなに自分で歩いてくれるなんて

明日はガンセンターの通院日。

お休み最終日

2018年02月25日 | 病気 杏
朝6時50分、杏がサークルから出ようとする。
サークルは私が目を離さなければいけない時だけ入り口を閉めるようにしている。
痛み止を飲ませていない為、脚が痛いのか3本足でトイレまで行く、段差のところは補助をして降ろす。痛み止を飲んでいた時には普通に降りれた段差も降りたくないようだ。

やはり下痢便、2日固形物を食べていないから、もうでるものもないよね。

退院からよい感じで出ていたうんちなのになあ
考えられる理由が、ふやかしたdwくらいしか思いつかないので、消化サポート以外は食べさせたくないと我慢くらべをしているが、どうしたものやら

下痢が続く

2018年02月24日 | 病気 杏
朝、起きると娘がサークルを設置してくれていた。ベットとトイレを置いて杏を入れる。以外にすんなり中で落ち着いてくれた。

回数は減ってきたが下痢が続く。
食事をしていない為、胃液のような黄色状のものと赤い血がでる。絞りだすと血だけがでる。

散歩に出ても、やはりでるのは下痢便。
なんとか食事をしてくれればと思うが、療養食を食べてくれない。リキッドのみ40cc程、無理に飲ませる。

病院に行こうか迷ったが、もう1日様子を見る事にした。一緒にいられるのもあと1日、なんとか下痢が治ってくれないかな

抜糸の為に病院へ

2018年02月23日 | 病気 杏
6時半にやっと動きだす。7時過ぎに出発、途中混雑の為ギリギリ時間に到着、次回は2時間半くらい前に出なきゃダメかな。

下痢をしている事、左脚が段差ダンプの後からあまりつけたがらない事など伝えて杏を預ける。血液検査の結果が出るまで1時間車で待機。

抜糸、血液検査中も2回、下痢をしたので補液と注射をし、下痢の間は痛み止など他の薬はやめて
下痢止、ディアバスターとはびおふぇるみんRを処方される。治療は下痢が治ってからと、次回は3月3日の予約をする。
下痢などのガン以外の症状は一時診療の病院にかかっても構わないのでとの事。
今日は補液もしているので、無理に食事はさせず、水なども飲ませなくても水分は足りていると伺う。帰り道、カートの中で2回下痢、家に戻って1時間程度で7回、下痢を繰り返した。夕食も食べず。リキッドのみ30cc飲ませる。

サークルが届き受け取るも、家族が戻ったところで体力の限界、爆睡してしまう。
これからは、体力勝負、私も身体を鍛えなきゃ

退院後6日目

2018年02月22日 | 病気 杏
缶詰たべないが続く。今朝は無理矢理口の中に押し込みも大さじ一杯程度で完全拒否。リキッドも40ccでいらないと言われる。あんまり動いていないからかな。
明日の抜糸が終わったら、歩かせる距離を増やして行かないと、つい痛そうにしていると抱っこしてしまうのがいけないとわかっていても厳しく出来ずにいる。

自分の御飯は食べられないが、みんなと同じ御飯なら食べると14時頃に健康1番とヤギミルクでふやかしたwdを食べる。

ところが、21時頃に普通のうんちの後に血便が出た。踏ん張り過ぎてキレたのかなと思っていたら、0時頃から下痢が始まる。
時間を開けて数回繰り返した為病院へ行こうか迷ったが、3時20分を最後にやっと落ち着いてくれた。明日は9時半予約なので6時起きの予定。片付けしてたら4時過ぎに、気合い入れて起きなきゃ

退院後5日目

2018年02月21日 | 病気 杏
昨夜は寝る前にもおしっこ、今朝は自分からおしっことうんちをしたいと、退院後初めてお家でうんち。動き出した杏に嬉しいやら怖いやら。
急いでサークルを注文した。
来週から始まるお留守番。早番シフトの娘と遅番シフトの私。それでも8時間のお留守番。普段は9時間以上のお留守番が待っている。
自分でトイレに行きたいと動いても脚がまだまだ安定しない。
トイレの回数も水を飲む回数も増えてきたが、缶詰御飯は拒否して顔をそむける。
今日はリキッド一本を2回にわけて飲む。



元気なベル


肌寒かった為娘に抱かれてご機嫌なレディ


傷口が治りかけて痒みがでているそうで、ちょっと目を離すとガリガリ、ものすごい勢いで後脚でかきまくる。もう少しで抜糸なんだから、良い子にしててね

退院後4日目

2018年02月20日 | 病気 杏
トイレの回数が増えてきた。
昨日は寝る前に、起きてすぐに連れて行く。いよいよ食べたくないが始まった。
うずらのキミをふりかけがわりにしても、少ししかたべない
リキッドの残りは完食。これもシリンジで飲ませないと飲まないし、器に入れると顔をそむけて飲まない。

お散歩は機嫌よくでかける。


この後、疲れたからと抱っこをせがまれるも伏せの体勢をとらせて散歩を続けた。



今日は朝から楽天でカートを注文。
今、車用に使っているピッコロカーネのタントだと、ふたをしてしまうと1/4程度しかメッシュ部分がない為、移動の時に様子が見えず不便だから、23日の抜糸は新しいカートでいこうね。
杏に似合うライラック色にしたからね。
新しいカートで、気持ちよく治療をスタートさせようね。

退院後2日目

2018年02月18日 | 病気 杏
今日は、朝におしっこ大量、お昼からのお散歩でウンチとおしっこ。
朝の冷たい風がちょうど止んで、暖かな日差しの中でお散歩できた。1時間近くお座りは疲れるらしく、途中から抱っこでスリング。きょは娘がいたからいいけど、一人だとそうはいかない。散歩を分けて連れて行くにも、まだ杏一人にするのは怖い。
お休みの間にお留守番をどうさせるか考えなくっちゃ。


御飯は缶詰2/3とリキッド2/3、缶詰のフードを食べさせるのが一苦労。