杏とベル

普段の何気ない事や私の独り言

ベルが痩せてきたぁ~

2015年10月29日 | 病気
投薬を始めてまだ1週間だけど、ベルが少しずつ痩せてきた。
食べる量も食欲も衰えはしないけど(笑)



ほぼ長方形だった体型にわずかなくびれ。

0.5錠の量でもこの変化。抱っこするとむちむちどっしりだったのが、小さく感じる最近のベル。
今まで代謝が悪くなってむくんでいたのかな。
杏とずーっと同じ位だったのが、首輪も32になり、ピムリコのILLのスーツははいらなくなり,ベストはWS着用。
と、これもみんな甲状腺が関係していたのなら、もっと早く「ただのおでぶ」ではなく、病気に気がついてあげればよかった。

でも、イタグレに甲状腺機能低下症が多いというのも最近知ったことで、その症状のどれにも当てはまらなかったのだから、ほんとに口の聞けない子達の体調管理って難しい。

もう、9歳。やっと9歳。まだまだみんなで楽しい時間が過ごせるといいな




Bell 今日から投薬開始

2015年10月23日 | 病気


検査の結果
FT4 0.4 正常値1.5~3.0
TSH 0.46 正常値0.08~0.32

典型的な甲状腺機能低下症の数値だそうです。

脳下垂体ではホルモン出してと命令を出しているのに、ホルモンが出ない状態。

今日から一週間毎に薬の量を増やしていきます。
処方された薬は、チラージン。これからベルが毎日飲む薬。

先月のドッグドックで脂肪肝で、そろそろ痩せないとといわれても、なかなか痩せないベル。
これで少しは痩せれるかな(笑)

この病気の症状で、あてはまるのは「肥っている」事だけで、これも食べないのに肥る
が正しい症状だそうです。

ベルの場合は食べるから肥るだとすると、この病気のどの症状にもあてはらない事になります。

でも、食べること以外にほんとに何の症状もないのにはビックリ。
散歩も大好きだし、無駄な動きはしないけど、ここ一番の俊敏さはピカ一だし、ムチのような尻尾をビュンビュンさせて喜ぶし、いろんな表情で笑わしてくれる。

薬さえ飲んでいれば普通に暮らせるのだから(^_^)v








甲状腺機能低下症

2015年10月20日 | 病気
今年は何かと病院続きのわが家。
夏ごろ、杏の様子が妙にきになり、もしかしてとドッグドックを受け、甲状腺の検査をしたが、異常なし。
他の子達もドッグドックを受けて肥っていること以外に異常はなかったのですが、ベルのおでぶがずーっと気になっていた。
家族全員おでぶだから(笑)…にしても、本当にベルが気になって…
病気を疑って血液検査をお願いしていました。


先生が最初に疑ったのは「クッシング症」
ベルは、2012/11/24に後ろ脚先に腫れができ抗生物質を服用しても治らず、11/30に免疫不全かもと地元の病院でステロイド「プレドニゾロン5mg×1日1回10日間」を服用とブログに残っていました。確かその後徐々に量を減らしていったような記憶があります。その際、この薬の副作用として食欲増進っていわれました。服用をやめても食欲はおさまらず、それまで杏との体重差は20g前後だったものがどんどんベルだけ太り続けていきました。
静岡を離れ運動量が減ったからかなとも思っていたのですが。。。

2013/6月、私が新しい仕事を始めた直後、喉の炎症で救急車に生まれて初めて乗る事件があった直後、ベルの喉も腫れて「悪性リンパ腫」かもと地元の病院で診断をうけ、セカンドで駒沢で検査をしてその疑いは晴れたのですが、なぜか私と一緒に病気になるベル。
私もおでぶで治療をしなくちゃになったので、もしかしてベルもって胸騒ぎ。。。

クッシングを疑ってした検査は異常なしでした。

一応念の為にと甲状腺の検査をしたのが17日。
今日、先生から℡を頂き、一番疑っていなかった「甲状腺機能低下症」でしたと、一番先生が驚いていたのかも。

確かに肥っていることをのぞけば、この病気のどの症状にもベルはあてはまりません。
脱毛もしていないし、寒がりではなく暑がり、ランにいけば休み休み遊ぶ杏と違い、ずーっと遊んでいるベル。
ただ、低下症になる原因にはいくつか当てはまっていました。
自己免疫疾患だったかもしれない脚の腫れ
リンパ腫かもと疑いがあった時期の喉の炎症、甲状腺を委縮させていたのかもなど。


土曜日には病院に行って、詳しいお話をきいて投薬開始となります。
今月誕生日で9歳になるベル。
私の体調の悪さを、もしかして半分ベルも背負ってくれているのかな、病気の症状がいつも同じだから、ついそんな事を考えてしまいました。

ブログをついついおさぼりしちゃうけど、何かの時には記録になるから、ちゃんとかかなきゃ