豚の部屋

豚さんの様子を、飼い主の想いと共にお伝えします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お休みさせて頂いてます

2012-06-02 | Weblog
長らく更新していないこのブログですが、出産育児のためお休みさせて頂いてます。 . . . 本文を読む
コメント (1)

春はもうすぐ

2011-02-28 | Weblog
久しぶりの投稿です。 豚がいなくなると、出荷後のバタバタと生ハム作りと豚がいない寂しさとでご無沙汰になってしまいます。 さて、今年も豚肉セットはご好評頂き完売となりました。皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです。 ありがとうございました。 生ハムの仕込みも無事におえ、2年後が大変楽しみです。 昨年仕込んだ鹿肉の生ハムはジビエらしい個性が出ていて私は面白い味になったと思っています。 4月には生ハム試食 . . . 本文を読む
コメント (1)

氷を食べる豚!!

2010-12-09 | Weblog
写真はりんごと格闘中!!の豚 12月になってから急に寒さが厳しくなってきたように感じています。特に朝晩の冷え込みは豚達にとってもこたえている様子で、寄り添い合って寝ています。 この頃夜中から朝方にかけ、豚の水飲みようのパイプ内の水が凍ってしまう事が有ります。そのため朝ヤカンにお湯を沸かして豚小屋に運ぶのが日課となってきました。 今年は今までで一番頭数が多い分豚が夜な夜な水を飲む頻度が高いせいか . . . 本文を読む
コメント

リンゴとクルミに夢中

2010-12-04 | Weblog
今日は、丸いリンゴが転がってしまいなかなかかじりつけいない豚を長い事眺めていました。リンゴと格闘する豚も愛嬌があります。 近所の方が去年のクルミだと分けてくれました。豚は大喜びです!! そのクルミの話ですが、昨年は山に木の実がたくさん実った年でしたが、今年は少ないらしく秋口から熊が民家に食べ物を荒らしに進入した事件が全国的に多発しています。 私の豚小屋の周りにもクルミの木が何本か生えていますが . . . 本文を読む
コメント

2010-11-29 | Weblog
今年は、豚に食べさせてと飼料米をいろんな方からいただいています。 玄米で頂いたり、籾殻付きで頂いたりして自宅の精米器で白米にしてから餌に1割強混ぜて与えています。また1月ほど前からは大麦も1割ほど混ぜています。 それからキズリンゴも頂いたので、おやつ(?)であげたりクルミを拾ってはあげたりしています。 意外だったのは、豚達はリンゴよりもクルミの方が好きみたいで同時にあげてもクルミの方が食いつきが . . . 本文を読む
コメント

豚のあっかんべぇ!

2010-11-24 | Weblog
豚は我が家で飼っているどの動物より表情豊かです。 好奇心旺盛なうえ敏感に反応します。知らない人がきたり、大きな音が鳴ると、おどおどしたり興奮したり普段と違うのが心配みたい。 きっと豚は繊細な動物でストレスなども受けやすく、飼育するのにある意味環境を選んであげないといけないのだと思います。 私は豚にストレスを感じさせないで”豚らしく生きてもらう”事を第一に考え飼育しています。 豚がリラックスしてい . . . 本文を読む
コメント (2)

すっころぶ豚

2010-11-14 | Weblog
豚の可愛らしいところをアピールさせてください!! 豚達は私が豚小屋に行くと喜んでか(?)小屋の中から運動場に走り出てきます。駆け寄ってくる豚の様子を見ているとあまりに可愛らしいので、毎度誰かに報告したくなります!! 小屋から運動場へは豚が通れる幅の出入り口を通るのですが、興奮していると譲り合ったり(?)せず2頭同時にその狭い出入り口につっこんで来ます。まるで出入り口でまん丸の豚が豚小屋の入り口 . . . 本文を読む
コメント

相談中・・

2010-11-02 | Weblog
友人も豚を飼うか!? . . . 本文を読む
コメント

豚にお米をいただきました

2010-11-02 | Weblog
村の郵便局にお勤めの方に、、豚にとお米をいただきました。 お米をあげると脂が白くなるなど肉質に良い影響がでます。 古米を玄米の状態でいただいたので、家にある精米器で吸収がよい白米に精米し、餌に1割ほど混ぜて与えています。 ありがとうございました!! . . . 本文を読む
コメント (1)

直した後!

2010-10-13 | Weblog
新しい塩ビのパイプを付けました。 しかし、大鹿村にはホームセンターは無く、町まで往復2時間かけて行くのかな・・・。と沈んでいたところ、父が買い込んでは使わないで、貯め込んでは家族にちくちく言われている部品があって、本当に良かった感謝感謝 . . . 本文を読む
コメント