無題

詩とか

待ってる

2024-07-20 13:05:41 | 
待ってるだけ
自分が死ぬのを
彼らが死ぬのを
どっちが先なのかを
考えて
期待して諦めてを繰り返す

私のせいじゃないこと全てが私のせい
意識が突然戻らない方が良かったように
苦しみだけが世界になってた

むだい

2024-07-14 22:29:02 | 
この世の終わりを告げる鐘を
鳴らしに行きたかったのに
足が無かった
手も胸も
だからじっとして
首を少し動かすだけで
ありがたいって思うしかなくて
自然な気持ちを失くしていった

誰かの話を聞くんじゃなくて
私の話を聞いて欲しいけど
それをバカにして否定する自分しかいない

愛とは何か
息をしても
わからないまま
取り残されていくだけで

無題

2024-04-25 12:41:28 | 
この世界を
液体にすればいいのか
粉末にすればいいのか
わからない

不安
不安
不安

目を閉じて聴く音楽のように
解放されていく時間を
ただ閉じ込めて耐えるだけ

否定されない経験を
最期に知るまで

むだい

2024-03-08 19:21:33 | 
多幸感に持っていけるまで
高まらない動きで
断崖の意味が左脳
映像は無い

どこまでも
孤独で
いいからという嘘

宇宙にいる
存在
なぜいるのかという存在でも
許されているなんてことは
なんてこと

時間がつまめるところで
あなたを掬い上げて
抱きしめる

それを待ってみてる
不幸な結末ごとの愛で

むだい

2024-03-07 22:24:30 | 
弱さを
無視して
突き進んで
行かないと
銀河が
できない
そんな
世界で
一人で
いるだけ
意味もなく
意味の中
切ない体の
神経繊維より
感じたい
愛を
遠くから
見るよりも
心の
近くで