ぜじろぐ

SAMBATOWN店主・ゼジの書くブラジル音楽あれこれ

SAMBATOWN 年末年始の営業について

2014-12-17 15:09:45 | 連絡事項

こんにちは、小渕優子です。嘘です!
・・・なんでこの人、今回も当選しちゃうわけ?


(なんというトホホなラベルデザイン・・・)

さて。

すでにちらほらと各方面からお問い合わせをいただいているサンバタウンの年末年始営業ですが、12月は月曜の定休(22日・29日)以外は31日まで営業いたします。無謀にも。カウントダウンの演出も「ゆく年くる年」パブリックビューイングもやりませんが、家で静かに一人呑みの年越しなどされるご予定の方は考え直していっそのこと是非サンバタウンへ!くだらないテレビの年越し番組なんぞ見ずに、年季だけは入っている弊店の空間で落ち着いた極上のブラジル音楽など聴きつつ大晦日を過ごすのもまたZなものですよ。知らんけど。

年始は3日(土)からの営業となります。
4日(日)は恒例のホーダ・ヂ・ショーロがあります(13:30〜17:00)。年始早々、果たして人数集まるんかしらん、と内心ハラハラのサンバタウン店主です。
この二日間はのんびり昼呑みなどいかがでしょうか。

翌5日(月)はお休みをいただきまして、6日(火)からまた通常営業に戻ります。

以上、どうぞよろしくお願い致します。

【よくある質問(←ウソ)】「文法的にはfim de anoなの? それともfim do anoが正しい?」
→ニホンゴに例えると、fim de anoが慣用句的に使われる「年末」で、fim do anoは特定の年を指します。「その年の末」という感じでしょうか。より正確を期したい場合はfim do ano 2014(2014年末)と表現するのが良いでしょう。要は使い方さえ間違えなければどっちでもエエ、という結論でございます。

以上、寒風吹きすさぶ円頓寺の現場からお伝えしました。
コメント

イベント延期のお知らせ

2014-12-12 15:10:05 | イベント

大変申し訳ございませんが、12/14(日)に予定しておりましたイベント「シミュレーション講座 『行った気になる!ブラジル旅行ごっこ』は、

・延期したものの依然として予約者ゼロのままである(カッコ悪っ!)
・12/14は大事な大事な衆院選投票日であり、サンバタウンのお客さまには一人でも多く投票所に足を運んでいただきたい
以上二点の理由により、無期限延期とさせていただきます。なお当企画につきましては、お客さまからの強い要望があがった時点で個別レッスン的にレクチャーさせていただく所存ですので、予約こそしなかったものの「都合がつけば参加してみてーなー」という方はどうか諦めず個別にお問い合わせ下さいませ。
以上、よろしくお願い申し上げます。
コメント

12/9・10 臨時休業のお知らせ

2014-12-09 13:33:40 | 連絡事項

誠に勝手ながら、モロモロの事情で12/9(火)と12/10(水)の二日間につき臨時休業とさせていただきます。
夜逃げの準備とかではございませんのでご心配は無用です。
最近知り合った美人の女性客と泊りがけ温泉旅行とか、そういうのでもありません。
お客さまには大変ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご容赦下さいませ。

※画像は当記事とは何ら関係ございません
コメント

貸切営業のお知らせ

2014-12-05 18:12:58 | 連絡事項

前フリなしでいきなりの告知で申し訳ございません、明日12/6(土)および12/12(金)につき、ともに夜の部の営業(18:00〜24:00)を貸切営業とさせていただきます。お客さまにはご迷惑をおかけ致しますが悪しからずご容赦下さいませ。
コメント

サンバタウンMENU2014

2014-12-03 13:51:34 | 喫茶&バー

こんにちは、サンバタウン店主・ゼジです。本日はひねりもオチもありません。かなり睡眠不足ゆえ、いま目をしぱしぱさせながら必死でぜじろぐ原稿を書いております。はうう。

そういえば再オープンしてからどんなメニューになってるのか、まだこちらでご紹介しておりませんでしたのでご紹介します。ああなんてひどい文章なんでしょう。今週のおれ完全にダメだ・・・。

と、いうわけで!
サンバタウンオフィシャル(オフィシャルっつうほどのもんでもないんだけどね)サイトにMENUのコーナーを設けました。ドリンク/フードの内訳はぜーんぶ載せてますのでどうぞご覧になって下さい。ていうかサイトそのものも現在の営業形態に即してリニューアルしてますので、よ、よろしければまんべんなく、見て、いまの私のすべてを見て!ポッファヴォー!(注:por favorの意)

どうもすみません。

サンバタウンは、本日も皆さまのご来店をお待ち申し上げます。
どうぞよろしくお願い致します。
コメント

パンデイロ改造サービスを再開致します

2014-12-02 23:25:00 | パンデイロ

こんにちは、広能昌三です。嘘じゃけえ!
ああ、文ちゃん・・・。
本当に惜しい人を亡くしました。合掌。

さて。

話はまるっきり飛びますが、サンバタウンでは久々にパンデイロの改造サービスを再開致します。
見渡してみれば日本国内、Parkaさん/T_acoさん/Percusangaさん等、世界に誇るパンデイロビルダーがどんどん出てきましたが、こと「ショーロパンデイロ」においては今もなお少々の自信があります。それはすなわち、伴奏者にとって聴こ(放送事故)
・・・えー、先ほどは画像・音声に乱れがございまして、視聴者の皆様には大変失礼致しました。

というわけで、そのー、パンデイロ改造なんですが、大まかに言うと下記の通りとなっております。

・プラチネラ(シンバル部)交換・・・真鍮焼入れタイプ 5組で5,400円
・ボディ塗装・・・オイルフィニッシュ仕上げ 全3色から 8,640円
・アルミフープ・・・ラウンドフープのみ 2,160円
(価格はいずれも税込)
※送料別


お手持ちの純正品パンデイロに満足できなくなった方は info@sambatown.jp まで是非ご相談下さいませ。
コメント

中古スルド放出します

2014-11-25 19:52:37 | 打楽器

いきなりですが、人気のContemporâneaスルド・SUAL2245(アルミボディ)の中古品を販売しております。

口径はパワー十分の22インチ、高さはブラジルでも最近流行の浅胴45cm(そもそも22インチで60cm胴なんてよほどの長身の人じゃないと地面を引き摺っちゃう)。両面プラヘッド(Contemporâneaロゴあり/ロゴなし)。パレード2回、イベントで3回ほどの使用履歴あり。若干のこすれキズがありますが、凹みや足の長い引っかきキズもなく、美麗品と呼んで差し支えないかと思います。

バッグは付属していませんが、新品だと国内小売価格51,840円のところを、バケッタ(Liverpoolウッドシャフト)2本(中古品)、ワンフックストラップ1本(新品)、チューニングキーをお付けして合計35.000円(税込)で放出致します。ご決済方法は銀行振込/郵便振替/代金引換/クレジットカードと自由自在ッス。通販も承りますので我こそはというバツルカなサンビスタの方は是非お問い合わせ下さいませ(送料1,620円)。弊店メールアドレス info@sambatown.jp にて承ります。但し先着順につき、売約の際は何卒ご容赦のほど。

以上、よろしくお願い申し上げます。
コメント

燃えよ喫茶魂

2014-11-18 17:21:30 | 喫茶&バー

こんにちは、商品券です。嘘です!
何を考えとんねんシンゾー・エイブ。こんなアホがわが国の総理大臣かと思うとホントもう恥ずかしくて今ちょうどタクシー通りがかったので手を上げて「ボクもう帰っちゃうぞ!」とスネてやろうかと思いました。
はっきり申し上げて、この男がいなくなることそのものが何よりの景気浮揚策ではないでしょうか。

さて。

それはそうと、TwitterやFacebookでのみ情報発信してはいるものの、ぜじろぐの方がさっぱりご無沙汰になっていることに今頃気付く始末。どーもすみません。

そんなわけで遅ればせながら事後報告になりますが、おかげさまで新生サンバタウン、去る11月14日(金)より無事再スタートをこっそり切らせていただいております。
営業形態ですが、昼は喫茶・夜はバー、ときどき教室(ポルトガル語/ポルトガル語うた講座/パンデイロほか楽器レッスン)という感じで営業することに致しました。

以前のようなショップ機能はほとんど残っておらず(前回ごっそり在庫処分しちゃいましたもんで)、CDや雑貨がほんのちょっと賑やかし程度に置いてあるくらいです。楽器も既に売り物として残っているものはなく、当面取り扱う予定もありません(但しサンバタウン復調の暁には再度チャレンジしたいと考えています)。

それじゃあ一体何を商売の柱にして勝負するつもりなのかねチミィ?とお思いの方もいらっしゃるかと存じますが、今回の再スタートにあたっての店舗コンセプトとして、
「店主厳選の心地良いブラジル音楽が常時流れ、昼は喫茶、夜はバー、週末はイベント/レッスンスペースの機能を持ち、昭和レトロ調ソファに座りブラジル関連図書など読みながら、ゆったり・まったり・ほっこり時間を過ごせる和み空間が売りの円頓寺文化サロン」
という感じの店を目指します。

カフェジーニョと呼ばれる独特のトロリとした濃さが人気のブラジルコーヒーやマテ茶(ロースト/グリーン完備)をはじめとした喫茶系ドリンク類、そして名古屋ではなかなかお目にかかれないブラジルワイン(グラス単位で各銘柄をお楽しみいただけるようになりました!)やおなじみカイピリーニャに各種輸入ビール等アルコール類もそれなりに用意しておりますので、飲むぶんには不自由ないかと自負しております。

フードはそんなに大したものはお出しできませんが、コシーニャ/キビ/ボリーニョ・ヂ・バカリャウのブラジルコロッケ三兄弟は健在ですし、ちょこっとつまむのに最適な「ぷちポンデケージョ」や、「空気天ぷら」の異名を持つパステル等、人気ブラジリアンファーストフードを中心にしたメニューで、気軽にお楽しみいただけるようにしました。最近デビューしたシンプルな「円頓寺ブラジルサンド」もオススメです(お得なセットもございます!)。


(これな)

小腹が空いているんだけど昼ご飯どきを微妙に逃しランチ難民となってしまった時の駆け込み寺として、がっつり夕食の前後のタイミングで、軽くお茶しつつ待ち合わせ or 呑み足りないのでどこかもう一軒、みたいな使い方をしていただくのがベストかと思います。このへんは改めてサンバタウンwebサイトをいつか整備し直して再度ご案内予定です。

なお週末のイベントほか「ポルトガル語講座」「楽器レッスン」等、各種レッスンがまれに営業時間内に入ることがあります。この場合その時間帯は「貸切営業」状態となり、知らずにご来店されたお客様にはご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご容赦下さいませ。


(ぷちポンデケージョはコーヒーにもビールにもワインにもめちゃめちゃ合うンです)

それでは改めまして、サンバタウンをこれからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

ブラジル音楽工房サンバタウン
Brasilian Music Labo SAMBATOWN
営業時間:火〜日曜
昼の部 12:00〜16:00 / 夜の部 18:00〜24:00
定休日:月曜

コメント

【恥ずかしいお知らせ】 ブラジル音楽工房サンバタウン、営業再開です。

2014-10-23 21:04:04 | 連絡事項

こんにちは、サンバタウン店主・ゼジです。
大変ご無沙汰しておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

標題の件ですが、まず結論から手早く申し上げます。
実はこの度サンバタウンは、本年11月をメドにまたまた営業を再開する運びとなりました。
過日「2014年6月末をもって全ての営業を終了」ときっぱりアナウンスしておきながら、その舌の根も乾かぬうちにこのような展開になったことをお伝えするのは羞恥の極みですが、何卒よろしくお願い申し上げる次第です。


以下は蛇足も蛇足、単なる店主の見苦しい言い訳コーナーでしかありませんが、経緯について少しご報告しておこうと思います。


昨年、つまり2013年7月よりレストランバーとして再出発したサンバタウンですが、残念ながら2014年5月に同形式での営業を断念、その期間わずか10ヶ月余という短命に終わりました。

一方、時期をほぼ同じくして、店主のプライベートな事情も事態を複雑にしていました。何かと申しますと、親族の大病です。

今年初めに義弟(妻の弟)が末期の肺ガンであることが判明、発見の時点で彼のガン進行度は5段階中のフェーズ4という状態でした(残念ながら本年8/18逝去)。
このことに関し、独り身であった彼の介護看病サポートや、その間サンバタウンの営業をどうするか(ていうかそもそもどうやって生計を立てていくのか)等、いろいろ思案の末、かねてからお誘いのあった名古屋駅西の「ラテンバル サンルイス」にお世話になることを決心しました。ゼジーニョ45歳の春。

ところが移籍したはいいものの、ワタシの能力不足(飲食業において甚だ適性がない)に加え、持病の腰痛が悪化。それに伴う両足の痺れも深刻化し、厨房で思うように動けなくなりました。やむを得ず店側とも協議の上、残念ながら今月10/20をもちまして同店退職という、大変にみっともない結末を迎えることになったわけであります。在職期間わずか4ヶ月。穴があったら入れたい、もとい、入りたい気分とは正にこのことを言うのだと思います。
いずれにしましても、こんなワタシを拾って下さったサンルイスには本当に感謝の言葉しかありません。短い間でしたが本当にお世話になりました。ありがとうございます。

さあ、せっかく手にした再就職先をたちどころに失ってしまい、そこからどういう身の振り方をするか、これまたいろいろ選択肢があろうかと思いますが、ワタシが選んだ道は「もういちど円頓寺でサンバタウンをやり直す」というものでした。
幸いなことにサンバタウン店舗を営業終了後もそのままの状態で残してもらっていたこと。
円頓寺への想い(未練と言ってもいい)を断ち切れないこと。
そして何より、どうしてもこのままでは終われないという気持ちが強かったこと。
こうした要素の数々が、この愚かとも思える茨の道を選んだ理由です。


さて。

現在ワタシは「サンバタウン円頓寺本店」に戻り、まだ乱雑にしてドンガラ状態の店内でパソコンをセッティングし直し、この「ぜじろぐ」の記事をしたためるべくキーボードをぱたぱたと打っております。

正直なところ今のサンバタウンには、経営資源でいうところの「モノ・カネ」は、もうほとんど何も残っておりません。はっきり申し上げると「すってんてん」という言葉が今は一番しっくりきます。
ですが、「何もない」ということは、同時に「何でもできる」ということでもあると思います。
そして店主が開業以来それなりに積み上げてきた知識やノウハウ、これを何とか活かすことにより、面白いサービス内容を創りだしていければと考えています。

これからやらなければならないことは文字通り山ほど控えているわけですが、まずは取り急ぎ、これまでお世話になった皆さまに一言ご挨拶を申し上げる次第です。

営業再開の時期につきましては、一応のところ11月上旬からのスタートを予定しております。
営業内容・営業時間、イベントスケジュール等、詳細情報につきましては改めてご案内させていただきます。



改めまして、どうぞこれからもブラジル音楽工房サンバタウンをよろしくお願い致します。
コメント (4)

越えてゆかねばならぬもの

2014-09-17 02:01:43 | 訳詞
Travessia (向かい風の道程)


君が行ってしまうと
僕の人生は夜になってしまった
僕はそんなにヤワではないが
どうしようもない
今日は泣かずにいられない
我が家はもう 我が家でなくなり
僕の居場所でもなくなった
独りで 抗うこともできず
話したいことがありすぎて

通りで声を上げる もう止まりたくはない
僕の進む道は石ばかり
どうして夢など見られよう
そよ風のような夢を
つむじ風が終わらせにやって来る
もう嘆くことすらやめて
死んでしまいたい

君のことを忘れようとしながら
日々をただ辿っている
人の死はもう見たくない
生きたい とても
きっとまた誰かを愛したいと思うのだろう
もし叶わずとも それはそれで良い
もう夢など見ずに
今日から 自分の力で
やっていくんだ

通りで声を放つ もう止まるものか
石がごろごろと行く手をふさぐ僕の道
こんなので どうやって
夢を描けばいいのだろう
そよ風のような夢を
つむじ風がやって来て台無しにする
もう嘆くことすらやめて
いっそ死んでしまいたい



Quando você foi embora fez-se noite em meu viver
Forte eu sou, mas não tem jeito, hoje eu tenho que chorar
Minha casa não é minha, e nem é meu este lugar
Estou só e não resisto, muito tenho pra falar

Solto a voz nas estradas, já não quero parar
Meu caminho é de pedras, como posso sonhar
Sonho feito de brisa, vento vem terminar
Vou fechar o meu pranto, vou querer me matar

Vou seguindo pela vida me esquecendo de você
Eu não quero mais a morte, tenho muito que viver
Vou querer amar de novo e se não der não vou sofrer
Já não sonho, hoje faço com meu braço o meu viver

Solto a voz nas estradas, já não quero parar
Meu caminho é de pedras, como posso sonhar
Sonho feito de brisa, vento vem terminar
Vou fechar o meu pranto, vou querer me matar


【作詞 Fernando Brant/作曲 Milton Nascimento】
コメント (2)