ぜじろぐ

SAMBATOWN店主・ゼジの書くブラジル音楽あれこれ

吉田稽古名古屋場所、興行決定!

2014-03-26 17:42:55 | ライヴ

こんにちは、大相撲春場所にて念願の初優勝を果たしました鶴竜です。嘘です!
久々に雲竜型の土俵入りが見られそうで、早くも来場所が楽しみであります。
さて。

そんな雲竜型力士といえばかつての大横綱・千代の富士の土俵入りのカッコよさにはシビレたもんだよねえと一人つぶやく店主の大相撲懐古趣味はどうでもいいとして、久々にサンバタウンにてライヴを開催する運びとなりましたので、まずはそのご紹介をば。

吉田慶子&笹子重治デュオ、1年4ヶ月ぶりの円頓寺カムバックであります!!えー、危険ですから座布団を投げないで下さい。

ここサンバタウンではお二人のライヴを2012年1月以降、コンスタントに毎年一回ずつ開催させていただいておりますが、過去二回のライヴはいずれも満員御礼の出る中(注:大入り袋は配っておりません)思い出に残る素晴らしい歌と演奏でした。そして今年も辛うじて恒例行事よろしくライヴが実現したことを店主は心から嬉しく思っております。

既にご存知の方も多いと思いますが、吉田稽古、もとい、慶子姉さまの持ち味は「日本で最も声の小さなヴォーカリスト(笹子さん談)」と言われる微弱音ヴォイスによる独特の歌唱。しかしながら彼女の歌の存在感、その説得力たるや、聴く者はぐいぐい惹き込まれていくばかり。そこへ笹子重治大先生の鬼ギターが絶妙のダイナミックレンジでもって伴奏を務められるわけですから、これはもう、良くないわけがない。

そしてワタクシ店主が特にぞっこんなのが、吉田慶子さんの採り上げる歌のレパートリー。
彼女はボサノヴァももちろん歌いますが、十八番は古き良きブラジル音楽、渋ーいサンバ・カンソン。それらをアコースティックギターで弾き語る。何と言いますか、そのう、たまりませんね。昇天しますね、ハイ。
誰もが知ってる超有名曲、ではないんだけど、長くブラジル音楽ファンをやってる人なら思わずむうと唸るその選曲。それが自分の目の前で、生で観られる・聴けることのワクワク感といったらもう。いやホントこの店やってて良かったわ〜、と思える瞬間です。

不肖サンバタウンも、そのロケーションと30名というお手頃なキャパを買われてか、いろんなミュージシャンの方からのライヴオファーをいただきますが、ちょっとそのあたりガードの固い店主であるにもかかわらず、文字通り万障繰り合わせても喜んでこちらの方からお願いしたい、このデュオはそんな数少ないアーティストなんであります。

もう、ご都合のつく方には絶対観に来ていただきたい素敵ライヴ、今回も30席限定でご予約受付を開始します。
皆さま是非!!

2014年5月11日(日)
吉田慶子&笹子重治DUOライヴ in 円頓寺

会場:サンバタウン
時間:開場15:30 / 開演16:00
※通常より開場・開演時間が早めのスタートになっております。ご注意下さい
料金:前売/当日3,500円(ドリンク別)

吉田慶子(ヴォーカル)
笹子重治(ギター)

※終演後は同店にて19:00頃から小晩餐会という名の打ち上げを予定しております。ムケッカ出ます(要予約&別精算)。

予約・問い合わせ サンバタウン
TEL: 052-485-8199 mail: zezi@sambatown.jp

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

Salvador Foods, ついにデビュー!

2014-03-15 19:14:19 | バー&レストラン

こんにちは、ドン・ペドロ二世です。嘘です!
いきなり時空を超えた壮大な嘘を平気でつくサンバタウン店主ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

さて。

実は昨秋、TwitterやFacebookの方でチラリとティーザー広告的に前宣伝をぶちかましておきながら、それから約半年、待てど暮らせど音沙汰がなく、お客さまから結局あの話どうなったの?と尋ねられ、とても恥ずかしい思いを味わう原因となったあの情報を、遂に!再び!(←要は予定より大幅に遅れてしまっただけ)公開させていただくことになりました。

で、それは何かと申しますと。

周知の通り(と思っているのは店主だけ?)、2013年7月からブラジル料理レストランバーへと変わり身を遂げたサンバタウンですが、一度は食べに行きたいと思って下さってはいるものの、遠方につきなかなか足を運べないお客さまのために、この度シェフのエルクラーノと共に弊店自慢のメニューの数々を真空冷凍パック食品として、サンバタウン通販にて発売することになりましたので、ここにご報告申し上げます。

このプロジェクト、その名もSalvador Foods(サルバドールフーズ)そう、かの伝説のブラジル料理レストラン「サルバドール」のクオリティそのままに、シェフ・エルクラーノ自ら手がけた絶品料理の数々を全国のお客さまにお楽しみいただくべく、サンバタウン通販部門と共同で実現にこぎつけることができました。

そもそもブラジル料理を体験するに当たっては、本来でしたら専門のレストランやバーに出かけて、それらしい雰囲気を満喫しながらブラジルの食べ物やらお酒やらいろんなものを楽しむのが一番良いに決まっています。かく言うワタシも独身時代の週末はだいたい名古屋・栄あたりで夜遊びし倒しでしたからね。当時のウルバナとか。まそれはともかくとして。

しかし、そのよーな「ブラジルの店」がある街なんてのは47都道府県見渡してみてもそうそうあるもんじゃないンですよね。せいぜい首都圏とその近郊か、名古屋をはじめとした中部五県、それから大阪・福岡あたりがいいトコで、あとは地方都市にぽつんと、地元のブラジルファンが最後の頼みの綱的に利用している店がごくわずかに点在しているくらい。

サンバタウンはそういった方々に少しでもブラジルの魅力を「食」という切り口からご提案致します。
日本を代表するブラジル音楽ナヴィゲーター・中原仁さんをして北半球一ウマいと言わしめたムケッカをはじめ、一度食べたら病みつきになるメニューの数々。来客に自慢できるとっておきのおつまみとして、ディナーの献立として、はたまた友達大勢を呼んでのホームパーティをブラジル料理づくしでキメてみるとか、いろんな楽しみ方をしていただきたいと考えております。

発売は3/15(土)18:00から。
※3/16(日)出荷のため、お届けは最短で3/17(月)以降になります。
※Salvador Foods商品群は冷凍食品のため、クール宅急便での配送となります。その他の音楽関係商品もご一緒にオーダーいただいた場合、「クール宅急便」と「通常宅急便」に分かれての配送になりますことを予めご了承下さいませ(お買い上げ金額により送料サービスがございます)。
お求めはこちらからどうぞ。

商品ラインナップ第一弾は以下の通りです。
Feijoada フェイジョアーダ


Caldo de Moqueca de Peixe ムケッカの素(スープ)


Moqueca de Fato ムケッカ・ヂ・ファト


Xixim de Galinha シシン・ヂ・ガリーニャ


Pão de Queijo ポンデケージョ


Mini Coxinha ミニ・コシーニャ


Mini Kibe ミニ・キビ


Mini Bolinho de Bacalhau ミニ・ボリーニョ・ヂ・バカリャウ


Costela de Porco コステラ(スペアリブ)



忙しいお客さまの手を煩わせることなく、電子レンジ&オーブントースターさえあればサッと温めるだけのカンタン調理。コシーニャ、キビ、ボリーニョ・ヂ・バカリャウ等は既に揚げ処理を済ませてありますので、油を使う必要もありません!また保存料無添加ですので安心してお召し上がりいただけます。

ご家庭の食卓にアクセントを加えたり、ブラジル気分で贅沢にホームパーティを開くなど、楽しいひとときに是非Salvador Foods商品をご利用下さいませ。
皆さまのご注文を心よりお待ち申し上げます。
コメント (0) |  トラックバック (0) | 

ソコッホ!キャンペーン実施ちう

2014-02-12 14:46:18 | CD

こんにちは、イヴァン・リンスです。嘘です!
先日の貸した医薬、もとい、ウチのPCアタマ悪いな、ええと、歌詞対訳「Novo Tempo」ですが、多少はアクセス反響があってホッと胸を撫で下ろしているサンバタウン店主です。しかしいい曲です。いい歌です。深夜に訳してて涙止まりませんでしたよワタシ。

そんなもらい泣きの才能溢れる店主の涙腺の弱さなどはどうでもいいとして、今日は久々にCDの紹介を。
ちょうど一年前にもぜじろぐに書いたネタなのですが、これ、このCadeira de Balanço(カデイラ・ヂ・バランソ)という6人組のショーロ/サンバインストグループ。もう本当に素晴らしいのですよ。ワタシは彼らの演奏するところをサンパウロのライヴバーで直接体験し、もう即断即決で彼らのデビュー盤を単独輸入させるに至ったわけであります。

な、わけでありますが。
なぜか売れ行きが芳しくないんですよこれがまた。オーマイ。ポルケ? ポルケっつったって、それは店主のプロモーションが下手くそすぎるから。ええ、わかってる、わかってるんですよ(ひとり体育館の裏で泣く)。

やや手前味噌&後出しジャンケンみたいな話になりますが、少し前にラティーナさんの特集「2013ブラジル・ディスク大賞」の原稿を書かせていただき、ワタシは以下のランキングを提出致しました(コメント文は割愛)。

.札襯献・サントス「ヒマンセイロ」
▲凜Д蹈縫・フェリアーニ「それ心に満つるより、口は物言ふなり」
ペドロ・アルテリオ&ブルーノ・ピアッツァ「(同名)」
ぅ筌泪鵐疋ァΕ灰好拭屮灰鵐船優鵐繊
ゥ蹈后Ε札椒愁后Ε櫂好繊璽愁后屮ぅ鵐謄襯廛譽織鵝Ε献腑襯検Ε戰鵐献隋璽襦
Ε泪螢─璽法Ε臓Εストロ「セール・ヂ・ルス」
Д▲譽轡礇鵐疋蝓Ε▲鵐疋譽后屮泪シェイラ・フィールズ」
┘▲鵐肇縫・ロウレイロ「ソー」
マリアーナ・バルタール、ルイス・フラヴィオ・アルコフラ、マウロ・アギアール「トレスヴァリオス」
オ・ハッパ「ヌンカ・テン・フィン」
※DVD大賞 オ・テアトロ・マジコ「ヘコンビナンド・アトス」


しかし、実のところサンバタウン店主は、このアルバムこそ2013年度の第1位に推したかったのです。別に弊店名義でリリースしたわけではないので推薦ルール違反には抵触しないのですが、あまりの思い入れの強さゆえか(実質独占輸入状態に近かったため)、逆に気が引けてノミネートを控えさせていただいたという次第。ああ推薦しときゃよかった!

話をCadeira de Balançoに戻します。とにかくこのバンド、イカしてます。 ショーロをよりグルーヴィに、サンバをより洗練させた、ブラジル音楽リスナーさんにとってまさに美味いトコどり。部屋の掃除や後片付け、お料理の下ごしらえ、単純作業をリラックスしてこなしたいとき、ドライヴのお供、そして気の合う仲間とイベントやパーティ等でわいわい賑やかに過ごしたいとき、などなど。このアルバムBagunça Generalizadaは、そういったシチュエーションをこの上なく盛り上げてくれる格好のアルバムと言えるでしょう。力説、力説、力説〜!

実際サンバタウン実店舗でこのCDをかけると、実に多くのお客さんがピクリと反応し、そして買っていって下さいます。 論より証拠、彼らの実際の演奏シーンを是非ご覧下さい!


(画像をクリックするとYouTube画面へ飛びます)


(画像をクリックすると(以下省略))

いかがでしょう。
そんなわけで、今や錐揉み状態で地面に向かって墜落寸前のサンバタウン物販部門ではありますが、この素晴らしい作品をブラジル音楽、ことにショーロ/サンバファンの皆さんの許へお届けするまではまだまだ死ねません。あ、いや、間違えた、死ぬだなんて縁起でもないですね。言霊ってコワいですからね。
そんなわけで、どうぞ買ってやって下さい。ていうか助けて!Socorro!(←目が血走っている)
コメント (0) |  トラックバック (0) | 

舛添が勝って田母神が票を伸ばしぼくらは二つに割れちゃったけど

2014-02-11 04:47:11 | 訳詞

Novo Tempo (新たな時代)


新たな時代の中で
どれだけ咎めを受けようが
ぼくらは成長している
ぼくらはちゃんとわかってる
ぼくらはますます活気づく
ぼくら自身を救うために

新たな時代の中で
野蛮さを増す力だとか
怖くて震える夜だとか
いかなる危険があろうとも
ぼくらは闘う
生き残るために

ぼくらの希望は何のため?
復讐を越えたものであってくれ
どんなときも
受け継いだものを残してゆく一本の道であってくれ

新たな時代の中で
すべてに疲れ
すべてが不公平で
どれだけ罰を背負わされても
ぼくらは抗う
ぼくら自身を救うために

新たな時代の中で
いかなる危険があろうとも
すべての罪に
すべての間違いに
ぼくらはしっかり印をつけていく
生き残るために

新たな時代の中で
どれだけ咎めを受けようとも
ぼくらはその場に立ち会っている
ぼくらはストリートに立っている
手錠を引きちぎって
ぼくら自身を救い出すために

新たな時代の中で
いかなる危険があろうとも
ぼくらは出会おう
広場で歌いながら
笑顔ではしゃぎながら

生き抜くために



No novo tempo, apesar dos castigos
Estamos crescidos, estamos atentos, estamos mais vivos
Pra nos socorrer, pra nos socorrer, pra nos socorrer

No novo tempo, apesar dos perigos
Da força mais bruta, da noite que assusta, estamos na luta
Pra sobreviver, pra sobreviver, pra sobreviver

Pra que nossa esperança seja mais que a vingança
Seja sempre um caminho que se deixa de herança

No novo tempo, apesar dos castigos
De toda fadiga, de toda injustiça, estamos na briga
Pra nos socorrer, pra nos socorrer, pra nos socorrer

No novo tempo, apesar dos perigos
De todos os pecados, de todos enganos, estamos marcados
Pra sobreviver, pra sobreviver, pra sobreviver

No novo tempo, apesar dos castigos
Estamos em cena, estamos nas ruas, quebrando as algemas
Pra nos socorrer, pra nos socorrer, pra nos socorrer

No novo tempo, apesar dos perigos
A gente se encontra cantando na praça, fazendo pirraça
Pra sobreviver, pra sobreviver, pra sobreviver


【作詞 Vitor Martins/作曲 Ivan Lins】
コメント (0) |  トラックバック (0) | 

そろそろブラジルいってみますぞえ

2014-02-08 14:50:34 | イベント

こんにちは、舛添要一を都知事にしたくない女たちの会です。嘘です!
でもそういう会が実際に発足しているのは本当です!
あと「舛添に投票する男とセックスしない女達の会」というすごいのもあります。本当です!

それに対して、宇都宮けんじ候補、今夜なんかすげーカッコいいことやるらしいです。
これな。
いやしかし、DOMMUNEを選挙戦最後の訴えの場にするとは、宇都宮陣営、恐るべし。

さて。

折りしも今年はワールドカップイヤー。我らがブラジルがホスト国を務めるわけでございます。加えてその二年後には畳み掛けるようにリオデジャネイロ五輪が控えています。二年ですよ二年。ワタシなど正直大丈夫なのかと思ってしまいますが、ここでブラジルブームとまでは言わないまでも、ブラジルというかの素晴らしき国に注目してもらうにはまさに千載一遇のチャーンス。この機を逸してはもう未来永劫、レーダーにも引っ掛からない超低空飛行のままブラジルファン・ブラジル音楽ファンは肩身の狭い思いで暮らしていかねばならぬでありましょう。

そんな店主の視野狭窄なブラジル贔屓のひき倒しっぷりはどうでもいいとして、2014年も二ヶ月目にさしかかってきたわけですしー、そろそろブラジル音楽屋の店主としてそれっぽい活動をやんないとなー、と思っていたところへこの企画。やっちゃいましょう、語っちゃいましょう、ブラジルの魅力というやつを!(鼻息ムフー)

平成25年度豊山町多文化共生交流会
「Viva Brasil!」

ついに始まるワールドカップ! 全国で活躍中のミュージシャン、マルセロ木村と、ブラジル音楽の伝道師・上沖央明がブラジルの魅力をトークと音楽でお伝えします。

講師:マルセロ木村
1979年ブラジルサンパウロで音楽一家に生まれ、ラテンアメリカ最大の演劇・音楽学校にて、クラシックギターを学ぶ。名駅にMúsica & Bar Marcelo(現在はLatin Bar São Luis サンルイスに店名変更しています)をオープンさせ国内外の有名アーティストとのセッションを繰り広げるとともに、若手の育成にも力を入れる。

サポーター:上沖央明(ゼジ)
1968年愛媛県松山市出身。大阪外国語大学(現大阪大学)ポルトガル・ブラジル語学科卒。ブラジル音楽レストランバー「サンバタウン」店主。現在は西区・円頓寺の店舗をベースに活動。ブラジル音楽そしてブラジルという国の持つ限りない魅力の布教をライフワークとしている。

基調講演内容(そんなカタいもんじゃないですけどね):マルセロによる「ブラジル」そして「ブラジル音楽」の素晴らしき世界についてのレクチャー。サポーター・ゼジがスライドプレゼンテーションを交え補足解説するとともに適宜マルセロにツッコミを入れる等、ざっくばらんでフリースタイルなプログラムを目指します。実演コーナーではマルセロとゼジのブラジル音楽セッションあり。の予定。マルセロのソロCD、サンバタウンの雑貨販売コーナー等もあります。たぶん。

◆と き:3月1日(土) 午前10時〜午前11時30分 
◆ところ:豊山町社会教育センター・視聴覚室
 (愛知県西春日井郡豊山町大字豊場字和合72)
◆参加費:無料

申込み:豊山町役場総務課企画財政・情報係窓口で受付けます。葉書やメール、FAX、電話でも予約可。「多文化共生講座参加希望」と書き、氏名、住所、申込み人数、電話番号をお知らせください。応募者多数の場合は抽選。問合せ先は申し込み先と同じです。
郵送先:〒480-0292 豊山町役場総務部総務課 企画財政・情報係
電話:(0568)28-0913 FAX:(0568)29-1177
メール:kikaku@town.toyoyama.lg.jp



(豊山町役場でチラシを用意して下さいました。ありがとうございます!)

豊山町というと、小牧空港(旧名古屋空港)のあるあたりなんですけども、皆さま遠いとかおっしゃらずに、まま、土曜の午前ですし、休日の有効活用ということで、是非!
沢山のご参加、お待ち申し上げます。
コメント (2) |  トラックバック (0) | 

ここからだ

2014-02-05 18:00:48 | 訳詞

Tudo Novo de Novo (すべてまた新たに)


さあ 始めよう
最終地点をプロットして
少なくともそれは
人生のすべてに
終わりがあることのしるし

さあ 目を覚まそう
今日の空には
前とは違う顔の太陽が
回転木馬に乗って
豪快に笑いながらこう叫んでる
何がそんなに悲しいんだと

すべては再び新しい
落ちてしまったところで跳び上がろう
すべて また 新たに
上りつめた高みから飛び込むんだ

さあ 祝おう
ぼくらのあるべきやり方で
後ろの光が消えるとともに
新たに生まれたこの輝きを

おしまいにしよう
新曲一つを無理して作るのは
ましてや二番煎じなんて
もう終わったのだということを
どうにかして理解しないと

それでも
すべては再び新しい
落ちてしまったところで跳び上がろう
すべて また 新たに
上りつめた高みから飛び込むんだ

飛び込もう
飛び込むんだ



【作詞/作曲 Moska】
コメント (0) |  トラックバック (0) | 

おお、これは・・・

2014-01-31 15:38:28 | ライヴ

なにげに凄まじいメンツですね、このライヴ。
最近は東京・プラッサ・オンゼでもしばしば登場するようになった、名古屋が誇るピアニカの雄・松田昌さん。そのマサさんをメインになんとボサノヴァ・マエストロ中村善郎、そして中島徹&岡部洋一というブラジル音楽ファンならむうと唸る顔ぶれで東京、名古屋、大阪と回ります。

サンバタウン店主も店が営業日でなかったら絶対観に行ってますね、これ。皆さま是非。
しかしこんなモンスター級のミュージシャンがウチのホーダ・ヂ・ショーロにときどき顔を出して下さっているというのもまた光栄というか恐縮というか、いやあ、大変ですわ。

詳細はこちらをチェック!
2/15(土)東京公演(Praça11)
2/16(日)名古屋公演(Mr.Kenny's)
2/17(月)大阪公演(Mr.Kelly's)
コメント (0) |  トラックバック (0) | 

そも、人生とは

2014-01-28 03:25:49 | 訳詞

O que é, o que é? (人生って何だ?)


子供たちの屈託のない返事のように
純粋な気持ちでありたい
人生というのは
美しい
美しいものなんだ

生きるんだ
幸せになることを躊躇ってちゃいけない
歌うんだ 歌うんだ 歌うんだ
永遠に学びの徒でいることの素晴らしさよ

ああ
ぼくにはわかる
人生とは
もっと良いものであったはず
そしてこれからもっと良くなっていくんだ
邪魔されたって
何度でも繰り返そう
美しい 美しい 美しい!


人生って?
人生とは何なんだろう
なあブラザー 教えてくれ
そいつは心臓の鼓動か
それとも甘いまぼろしか

それにしても
人生って?
それはサプライズか それとも苦しみか
はたまた喜びか 悲しみか
何だろな 何なんだろうな ブラザーよ

ある人は言う
我らの人生など
この広い世界の中では無に等しいと
一秒にも満たない時間のしずくだと
こう言う人もいる
人生とは神々しいもの
深奥なる神秘そのもの
創造主の愛に満ちた息吹だと

君は
人生とは闘争と名誉であると言う
彼は言う
人生とはすなわち 生きることだと
彼女は
死んだほうがましだと言う
愛されないってことは
苦しいっていう意味だから

ぼくにできるのは
その娘をただ信じることだけ
自分自身を信じられるよう励ますことだけ
どうなるのか 何ができるのか どんな風にしたいのか
人生をつくりあげていくのは他ならぬぼくらだ

たとえ間違っていようとも
いつだって心はその答えを求めている
誰も死など望んじゃいない
健康と幸運 ただそれだけ

その問いは堂々巡り
頭の中がどうにかなりそうだ

子供たちの屈託のない返事のように
純粋な気持ちでいよう
それが人生
美しい
美しいものなんだ

生きるんだ
幸せになることを躊躇ってちゃいけない
歌うんだ 歌うんだ 歌うんだ
永遠に人生の初心者だなんて
素敵じゃないか

ああ
ぼくにはわかる
人生とは
もっと良いものであったはず
そしてこれからもっとずっと良くなっていくんだ
邪魔されたって
何度でも繰り返そう
美しい 美しい 美しい!


【作詞/作曲 Gonzaguinha】
コメント (2) |  トラックバック (0) | 

Lumiar Songbookシリーズ、バラ売り可能になりました

2014-01-21 21:16:48 | 楽譜・教則本・書籍

長らくセット売りで不評をかこっていたLumiar Songbook楽譜シリーズですが、このたびようやくバラ売り可能としましたのでお知らせ致します。とはいえ残り7タイトルしか残ってなくてすみません。いわゆる売り尽くし策というやつです、ハイ。また商品説明欄に収録曲もすべて掲載致しました。ご参考にしていただければ幸いです。

しかしながらバラ売りになったにもかかわらず、一冊あたりの単価はお得なセット価格と同じレベルに据え置きしております。これまでお目当てのミュージシャンのSongbookシリーズを一部しかお持ちでなかった方、この機会に是非コンプリートしてみてはいかがでしょうか。

通販ページはこちら。(カテゴリ『楽譜・教材・書籍』)

あと、いきなりの話なンですけどサンバタウンのショップ部門は、実質的にぶっちゃけ経営破綻状態に陥ってしまいましたので、輸入楽譜の次回入荷予定は率直に申し上げて当面ございません。悪しからずご容赦下さいませ。おお、説明がいきなりすぎましたか。いやあ実は大変お恥ずかしいことに、そんな体たらくなんでございます。いや冗談抜きで。誠に面目ない。ははは。このショップ部門(ちなみに飲食部門の方はおかげさまでどうにか赤字は免れております)における問題のあれやこれやにつきましてはまた日を改めて。対策と傾向。
コメント (0) |  トラックバック (0) | 

心静かに・・・

2014-01-20 02:31:21 | CD

サンバ・カンサォン歌手の吉田稽古、もとい、吉田慶子さん待望のアルバム「soneto(ソネット)」、サンバタウン通販にて絶賛販売中であります。

soneto

吉田慶子 keico yoshida ( vocal )
黒木千波留 chiharu kuroki ( piano arrangement )

1. Violão vadio ヴァガブンドのギター
(Baden Powell e Paulo César Pinheiro)

2. O que será ウ・キ・セラ
(Chico Buarque)

3. Demais あまりにも
(Tom Jobim)

4. Valsa de Eurídice ユリディスのワルツ
(Vinicus de Moraes)

5. Diga ヂーガ
(Vicente Paiva e Fernando Martins)

6. Canta, canta mais 歌って もっと
(Tom Jobim)

7. Vou por ai ヴォウ・ポル・アイ
(Baden Powell)

8. Moça flor モサ・フロール
(Durval Ferreira e Lula Freire)

9. Soneto da separação 別れのソネット
(Vinicius de Moraes)


ピアノの黒木千波留さんとの完全デュオ、歌とピアノだけによる、とても静謐な作品です。
この季節、ストーブの上に乗せたやかんの蒸気がしゅんしゅん鳴るのを一旦止めて、お茶などいただきつつ心静かにゆったりした気分でお聴き下さい。外が雪景色で、窓ガラスがほんのり曇ってたりなんかしたら、もう、最高です。

本作に関し、ショーロクラブの笹子重治大先生もご自身のサイトでこのようにご紹介されています(『DIARY』2013/12/26の日記より引用)。

"アルバムの内容は、音楽もジャケも、これでもか、と言うほど「地味」。売る気があるのか、と、どっかから突っ込みが入りそうなものなのだが、いや、これがいいのです。だって、見よ、売らんかなの資本主義はここに来て完全に行き詰まっているではないか。これからは「売る気があるのかしら」なものが売れるのかも。もちろん内容があってこそ、ですが、そこは、僕がスミつけときます。怪しいスミだけどね。"

素晴らしいではありませんか。

そしてこのアルバム、おそろしいことに大手CDショップを始めとした店舗で一般流通していません。
すべて吉田さんご自身のライヴでの手売りか、彼女を心から応援する小規模ショップ数店だけで売られているというこの事実。

これはあくまでサンバタウン店主の、ご本人に確認承諾すら取っていない勝手な推測にすぎませんが、吉田慶子さんは「モノとカネの流れ方」や「人と人との関わり方」における、今の世の中に蔓延しつつある「間違ったかたち」というものに別れを告げる覚悟を、もしかしたら心に秘められているのかもしれません。「弱音(じゃくおん)サンバ・カンサォン」と称され愛され続ける、ささやくような歌声が魅力の吉田さんですが、今回の新作の選曲(渋いという言葉しか思い当たりません)といい、アルバムに収められた優しく静かな歌の奥底に込められた「情念」、もっと過激に表現すればある種の「怨念」にも似た、一切ブレのない、肚の据わった裂帛の意志がそこには漂っているかのようにワタシには感じられました。とここまで読み返してさすがにちょっとこれは書き過ぎだよな、とビビるサンバタウン店主です。吉田さんごめんなさい。同意しかねるところがありましたらこっそりご指摘下さい。お詫びに味噌煮込みうどんをお送りします。

それはさておき、そのへんのショップでは取り扱っておりませんので、お探しだった方は是非!
サンバタウン以外にも以下のお店でお買い求めいただけます。よろしくどうぞ。

東京 雨と休日
鎌倉 cafe vivement dimanche※
盛岡 carta
高知 terzo tempo(テルツォ・テンポ)

今回はいつもの拡大文字をあえて使いませんでした。みっどないと矜持。

※お断りとお詫び:gooブログのしょーもないシステム規制によりディモンシュさんのサイトURLがリンクできず申し訳ございません・・・。皆様「dimanche web shop」で別途ご検索下さいませ。
コメント (0) |  トラックバック (0) |