★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

白鯨との闘い

2016年01月16日 | ★★★+

【IN THE HEART OF THE SEA】 2016/01/16公開 アメリカ 122分
監督:ロン・ハワード
出演:クリス・ヘムズワース、ベンジャミン・ウォーカー、キリアン・マーフィ、トム・ホランド、ベン・ウィショー、ブレンダン・グリーソン

伝説の白鯨との死闘。
生き延びる為に、男たちが下した
“究極の決断”とは――

STORY:1819年、エセックス号のクルーたちは鯨油を入手するためにアメリカ・マサチューセッツ州のナンタケット島を出港する。一等航海士オーウェン・チェイス(クリス・ヘムズワース)をはじめとする乗員たちは、太平洋沖4,800キロメートルの海域で白い化け物のようなマッコウクジラと遭遇。彼らは強大な敵を相手に必死で抵抗するものの船を沈没させられ... (シネマトゥデイより)


ハーマン・メルヴィルの「白鯨」のもととなった、19世紀に起きた捕鯨船エセックス号の悲劇の実話を映画化したサバイバルドラマ。原作は、ナサニエル・フィルブリックのノンフィクション「復讐する海 捕鯨船エセックス号の悲劇」。監督は『アポロ13』『ラッシュ/プライドと友情』などのロン・ハワード。

予告編を見て迫力ありそうだなぁと思って観てきました。白鯨というから、船長vs白鯨の壮絶な戦いを描いたお話だと思ってたんですがちょっと違いましたね。確かに鯨との壮絶な戦いシーンはありましたけれども。

てっきりクリス・ヘムズワースが、白鯨に銛をぶっ刺しそのまま白鯨と共に大海原をざぶんざぶんするシーンがいつ出るか出るかと楽しみにしてたんだけど....違いました、、、
“白鯨との闘い”よりも、鯨に襲撃されて命が極限状態になった乗員たちの“自分との闘い”のドラマでした。

当時、新米船員だったニカーソンがエセックス号での出来事をなぜ誰にも語らなかった理由がわかる。あんな出来事があったら軽々しく語れるわけがない。でもメルヴィルに語ったことで少しは気持ちが楽になっただろうね。その後の奥さんの言葉にうるっとしちゃいました。

前半の嵐のシーンも大迫力でしたが、捕鯨シーンも迫力ありましたね。白鯨が現れるシーンなんてスター・デストロイヤーが現れるシーンみたいででかかった!! CGだと思っても圧倒されましたし、船が襲撃されるシーンは激しかった~。漂流していく乗組員たちの痩せていく姿もリアル。俳優陣の体張ったサバイバルな演技はすごいですね。

クリス・ヘムズワースはこういうワイルドでリーダー的な主人公が似合いますね~カッコ良かった。船にハンマーでもあれば白鯨なんて一撃だったろうなぁ...銛しかなかったのが残念。←そういう問題ではない。
久々にキリアン・マーフィ見た!!うれしい~でも....。
ベン・ウィショーの作家もあってた~彼の話かたとか好きなんですよねぇ~最近はよく見かけますね。

私が観たのは残念ながら小さいスクリーンだったんですがなかなかの迫力がありました。もっと大きなスクリーンで観たらもっとすごいだろうなぁ。これ3D上映もあったんですね、地元ではなしです。きっとIMAX上映があればお薦めですね。

★★★.8
鑑賞日:2016/01/16

 

白鯨との闘い ブルーレイ&DVDセット(2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
クリス・ヘムズワース,ベンジャミン・ウォーカー,キリアン・マーフィー,ベン・ウィショー,トム・ホランド
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

 

【Amazon.co.jp限定商品】白鯨との闘い 3D&2D ブルーレイセット スチールブック仕様(2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
クリス・ヘムズワース,ベンジャミン・ウォーカー,キリアン・マーフィー,ベン・ウィショー,トム・ホランド
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

 

白鯨 上 (岩波文庫)
八木 敏雄
岩波書店

 

白鯨 [DVD]
グレゴリー・ペック,レオ・ゲン,リチャード・ベースハート,ハリー・アンドリュース
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「第88回アカデミー賞ノミネ... | トップ | ゼロの未来 »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (BROOK)
2016-01-17 06:27:39
ちょっと邦題からは想像出来ないような展開になっていましたね…。
この邦題はどうなんだろう?と、ちょっと考えてしまいました。

それでも白鯨が襲撃してくるシーンは迫力満点ですし、
その後の漂流生活もとても見応えがありました。
Unknown (えふ)
2016-01-17 11:28:44
思ったほど白鯨との闘いは少なかったけど、
でかくて迫力あったからよしとしよう(苦笑

クリスはみんなを引っ張っていく役が似合ってたよね。
カッコ良かったです~!
BROOKさんへ (yukarin)
2016-01-18 12:54:31
こんにちは。
放題に騙されました 笑
見終わってみるとこれはどうなの?と思いますよね。

思ってた以上に迫力ありました。
漂流のシーンはリアリティありましたね。
俳優さんたち頑張ったなと思いました。
えふさんへ (yukarin)
2016-01-18 12:56:55
そうそう白鯨との闘いというのに少なかったよね。
でも迫力はあったね。

クリスはこういう役がほんと似合うよね。
極限状態のシーンもお見事でしたわ
こんにちは。 (みぃみ)
2016-01-22 11:01:43
クリヘム、かっこよかったですね♪。
小説家なQちゃんも、ステキでした~。

銛…(紐で繋がってはいるものの)
ちゃんとクリヘムの所へ戻ってきていましたね。
さすが神!(^^)。

美男子さん達を愛でれて、幸せな作品でした~。
こんにちは。 (オリーブリー)
2016-01-23 19:41:48
邦題はミスリードでしたねー。
私もハンマー飛んで来いって思いました(爆)
みぃみさんへ (yukarin)
2016-01-25 18:31:38
こんにちは。
好きな俳優さんがいっぱいで見とれてましたー 笑
みなさんえらい目にあっとりましたが、、、
オリーブリーさんへ (yukarin)
2016-01-25 18:33:44
こんにちは。
この邦題はちょっと違いますよねぇ。
ハンマーがなかったのが敗因でした、、、、 ^^;
こんばんは。 ()
2016-01-26 18:43:02
白鯨との闘い、というより、逃げるシーンの方が多かったですね。逆に、船員達に対する、白鯨の敵対心とか、恨みというのは、一方的に狩る強い人間には分からないものではないかと。

敢えて、モンスターを生み出す事によって、鯨を擁護する愛情となる、というのは、メルヴィルの創作が生み出した、白鯨への敬意でもあると思いました。
隆さんへ (yukarin)
2016-01-31 20:22:43
こんばんは。
白鯨と闘うシーンはあまりありませんでしたね。
邦題は違うような気がします。
なるほど~白鯨への敬意ですか....そうかもしれませんね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画:白鯨との闘い In the Heart of the Sea 富を求め危険な旅に出る男たち (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
時代は19世紀。 くじらから取れる「鯨油」がダイアモンド級に貴重な時代。 その富を得るべく、無謀な船旅に出る荒くれ者達が多くいた。 主人公(=クリス・ヘムズワーズ)の乗る、“エセックス号"も、そんな一隻。 米 ナンタケット港を新米船長と共に出港し、鯨を捜...
「白鯨との闘い」:海はこわいな大きいな (大江戸時夫の東京温度)
映画『白鯨との闘い』は、予告や広告を見る限りではハーマン・メルヴィル原作『白鯨(
劇場鑑賞「白鯨との闘い」 (日々“是”精進! ver.F)
人間の極限… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201601160000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】白鯨との闘い [ ナサニエル・フィルブリック ]価格:842円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも送料無料...
白鯨との闘い (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(11) 過去映画『白鯨』(1956)の単なる焼き直しだろうと舐めていたら
白鯨との闘い (ハリウッド映画 LOVE)
白鯨との闘い (試写会) (風に吹かれて)
海の男の真実 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/hakugeimovie1月16日公開 原作: 白鯨との闘い (ナサニエル・フィルブリック著/集英社文庫)監督: ロ
『白鯨との闘い』('16初鑑賞07・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 1月16日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 15:55の回を鑑賞。2D:字幕。
白鯨との闘い3D ★★★★.5 (パピとママ映画のblog)
ハーマン・メルヴィルの「白鯨」の裏側に迫るナサニエル・フィルブリックのノンフィクション「復讐する海 捕鯨船エセックス号の悲劇」を基に描く驚異のサバイバルドラマ。19世紀を舞台に、白い大型のマッコウクジラと捕鯨船の乗組員たちとの壮絶なバトルを描く。主人公を...
白鯨との闘い3D ★★★★.5 (パピとママ映画のblog)
ハーマン・メルヴィルの「白鯨」の裏側に迫るナサニエル・フィルブリックのノンフィクション「復讐する海 捕鯨船エセックス号の悲劇」を基に描く驚異のサバイバルドラマ。19世紀を舞台に、白い大型のマッコウクジラと捕鯨船の乗組員たちとの壮絶なバトルを描く。主人公を...
白鯨との闘い (とりあえず、コメントです)
ナンタケット島に詳しい歴史研究家ナサニエル・フィルブリックのノンフィクションを原作に 捕鯨船の乗組員の運命描いた迫真のドラマです。 予告編を観て、この時代の捕鯨船は本当に大変だったろうなあと気になっていました。 予想以上に厳しい展開に、生きることや船の乗...
白鯨との闘い  監督/ロン・ハワード (西京極 紫の館)
【出演】  クリス・ヘムズワース  ベンジャミン・ウォーカー  キリアン・マーフィー  トム・ホランド  【ストーリー】 1819年、エセックス号のクルーたちは鯨油を入手するためにアメリカ・マサチューセッツ州のナンタケット島を出港する。一等航海士オーウェン・チ....
映画:「白鯨との闘い」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成28年1月22日(金)。 映画:「白鯨との闘い」。 監 督:ロン・ハワード 脚 本:チャールズ・リーヴィット 衣裳デザイン:ジュリアン・デイ キャスト: オーウェン・チェイス:クリス・ヘムズワース ジョージ・ポラード:ベンジャミン・ウォーカー ...
白鯨との闘い (心のままに映画の風景)
1819年、鯨油を入手するためアメリカ・マサチューセッツ州のナンタケット島を出港したエセックス号のクルーたちは、トラブル続きの航海で思うように鯨を捕らえることができず、焦りばかりが募っていく。 寄港地で鯨の群れの情報を聞きつけた一行は、南米大陸の西3700キ...
『白鯨との闘い』 2D字幕 (pure breath★マリーの映画館)
『白鯨との闘い』 解説等はこちら 白鯨との闘いは鯨との闘いではなく、もっと大きなものとの闘いでした。予告やチラシに踊る文字を見て、だいたいの展開は予想出来てたけど、予想通りでした・・・ 遭難もの、漂流ものには常にこの問題が・・・ 究極の選択を....
白鯨との闘い (映画好きパパの鑑賞日記)
 アメリカ文学の傑作「白鯨」の元ネタの一つとなった「エセックス号事件」の映画化。原作本は未読ですが、映画はさまざまな要素を忠実に反映しようとするあまり、全体的に薄味で何に力点を置きたかったのかが不明瞭になった印象です。  作品情報 2015年アメリカ映画 ...
白鯨との闘い (E'S STREAM)
海上の極限状態、それは白鯨との闘いとその後の生存競争を示す…。米国の新鋭作家メルヴィルは、トマスという、白鯨を追った船の生き残りであり、当時の真実を知る男を訪ね、そのストーリーに耳を傾ける。トマスは、伝説となった白鯨と戦い、その途上において、船を沈めら...
海へ~『白鯨との闘い』 (真紅のthinkingdays)
 IN THE HEART OF THE SEA  1850年。小説家ハーマン・メルヴィル(ベン・ウィショー)は、かつて商業 捕鯨の中心地だったニューイングランド州ナンタケット島を訪れる。30年前 に伝説の白鯨との闘いに破れ、海に沈んだエセックス号の最後の生き残り...
「白鯨との闘い」 (ここなつ映画レビュー)
小説「白鯨」は、生き残りの船乗りに小説家ハーマン・メルビルがその壮絶な体験を取材し、それを基に書かれた。という設定で、1800年代初頭に起こった捕鯨船での出来事を描いたスペクタクル。だが、鑑賞する前は、巨大クジラと船乗りの闘いがメインなのだとばかり思ってい...
『白鯨との戦い』を丸の内ピカデリー3(旧丸松)で観て、いやあロン・ハワードだふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★相変わらすロン・ハワードどんな物でも娯楽映画にしてしまう豪腕っぷり・・・ではあるけれど】 物語として特に飽きないし、面白いし、隠された真実はあるし ...
極限の中の闘い、決断 (笑う社会人の生活)
19日のことですが、映画「白鯨との闘い」を鑑賞しました。 1819年、エセックス号のクルーたちは鯨油を入手するためにナンタケット島を出港 一等航海士オーウェンら乗員たちは 太平洋沖4,800キロメートルの海域で白い化け物のようなマッコウクジラと遭遇 彼らは強大な敵...
「白鯨との闘い」 (或る日の出来事)
くじら、こうやって捕っていたのか~。たいへんだ。