★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

屋根裏部屋のマリアたち

2013年02月19日 | ★★★+(3.5/5)

【LES FEMMES DU 6EME ETAGE】 2012/07/21公開 フランス 106分
監督:フィリップ・ル・ゲ
出演:ファブリス・ルキーニ、サンドリーヌ・キベルラン、ナタリア・ベルベケ、カルメン・マウラ

本当の幸せ? それはメイドたちにお聞きになって

[Story]
1962年のフランス、パリ。半熟卵のゆで加減にこだわるジャン=ルイ・シュベールは、祖父の代から続く証券会社を経営者する資産家の中年男性。ある日、先代から仕えていたフランス人メイドが妻のシュザンヌに反発して辞めてしまう。そこでシュザンヌは、勤勉と評判のスペイン人メイドを雇うことに。こうしてシュベール家に新たなメイドとして若いスペイン人マリアがやってくる。彼女はメイドの仕事をしながら、同じアパルトマンで働く同郷の個性豊かなメイドたちと狭い屋根裏部屋での共同生活を始める...


1960年代のフランスを舞台に、フランス人資産家とスペイン人メイドたちとの心のふれあいを描いたヒューマン・コメディ。監督は日本初劇場公開となるフィリップ・ル・ゲ。主演は「親密すぎるうちあけ話」「しあわせの雨傘」のファブリス・ルキーニ。

こちらは「フランス映画祭2011」で『6階のマリアたち』というタイトルで上映された作品です。DVD発売にあたって邦題が変更されたのでしょーか。そのままでも良かったのにな。

資産家とそこで働くスペイン人のメイドたちとの交流を描いたお話ですが、資産家というとあまりメイドと親しくなるイメージではないんですが、こちらのジャン=ルイ・シュベールは気さくで感じいいオジサマでしたね。お金はあるけど人生を楽しめてないジャン=ルイが、ひょんなことからメイド達と同じ6階に住むことになり、明るく生き生きと暮らしているメイドたちに影響されて人生の楽しさを見つけていくというお話でした。

雇うならフランス人メイドよりもスペイン人メイドのほうがいいんだそう。スペイン人メイドさんは、暮らしは良いとは言えないけれど陽気で明るくみんな楽しそう。長年働いていたフランス人の老メイドが奥様とうまくいかなくて辞めてしまい、ダンナ様はどうするのかと思ったら、新しく入った若いスペイン人メイドのマリアがこだわりの半熟卵のゆで加減がバッチリだったこともあってお気に入りに〜。仕事ぶりも気に入ったようだけど、ゆで加減も重要だけどやっぱり若さだよね(笑)。

よくよく観ていくと実はロマンス系のお話でした。マリアをお気に入りになったことから、6階に住むメイドたちにも感心を持つようになって交流が始まるのですが後半に恋愛モードになってしまったのはいまひとつ。でも、ジャン=ルイのマリアへ好意を持つことで生き生きとしてたし、終わってみればなかなか雰囲気の良い、温かい気持ちになれる作品でした。

★★★.5

屋根裏部屋のマリアたち [DVD]
フィリップ・ル・ゲイ,ジェローム・トネール
アルバトロス
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゼロ・ダーク・サーティ | トップ | 人狼村 史上最悪の田舎 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
タイトル (ふじき78)
2013-02-21 00:03:12
タイトルはおそらく映画祭の時が仮決めの物だったのでしょう。映画館ではDVDと同じタイトルです。一応、分かりやすくなった感があります。

後半の恋愛モード化は無理して進まんでもいい道だったと私も思います。
ふじき78さんへ (yukarin)
2013-02-22 12:44:54
そーなんですか!
恋愛モードはいきなりな感じもありましたね。
こんにちは (maki)
2013-10-16 09:23:45
そうそう、後半に突然恋愛モードになるのはおフランスでしたよね
簡単に連れ添った妻や暮らしを捨てて愛をとってしまうのもさすが愛の国おフランス。
makiさんへ (yukarin)
2013-10-16 18:33:02
こんにちは♪
まさか恋愛モードになるとは!
フランス人は愛に生きるもんなんですねー。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『屋根裏部屋のマリアたち』 2012年7月4日 東商ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『屋根裏部屋のマリアたち』 を試写会で鑑賞しました。 屋根裏に何人が住める大豪邸に住みたいな・・・なんてアホな思ったw 【ストーリー】  1962年、マリア(ナタリア・ベルベケ)は軍事政権下にある祖国スペインを離れ、パリに逃れて来る。彼女は叔母(カルメン・...
屋根裏部屋のマリアたち (あーうぃ だにぇっと)
屋根裏部屋のマリアたち@東商ホール
屋根裏部屋のマリアたち (映画的・絵画的・音楽的)
 『屋根裏部屋のマリアたち』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)物語の舞台は、1962年のパリとされます(注1)。  主人公のジュベール(ファブリス・ルキーニ)は、証券会社を営む中年男性で、先祖から伝えられているアパルトマンで暮らしています。  先代の奥方...
「屋根裏部屋のマリアたち」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Les femmes du 6ème stage」…「The Women on the 6th Floor」2010 フランス/スペイン ムッシュ・ジュベール(ジャン・ルイ)に「親密すぎるうちあけ話/2004」「モリエール 恋こそ喜劇/2007」「PARIS (パリ)/2008」「しあわせの雨傘/2010」のファブリス・...
『ミッドナイト・イン・パリ』『屋根裏部屋のマリアたち』をギンレイホールで観て、おフランスざんすねふじき★★★,★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
1982年11月になって、やっと夏季休暇を取る事が出来た記念 書きそこなってたレビュー掘り起こし大会第二弾 ◆『ミッドナイト・イン・パリ』 五つ星評価で【★★★アレ ...
屋根裏部屋のマリアたち (いやいやえん)
1960年代のパリブルジョワなフランス人夫婦と、屋根裏部屋に暮らすスペイン人のメイドたち。彼女達の作る“完璧なゆで卵”が、主人に至福の歓びをもたらし、退屈で味気なかった男のモノクロームな日々を変えていく。 パリで証券会社を経営するジャン=ルイはスペイン...