★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

推理作家ポー 最期の5日間

2012年10月13日 | ★★★+(3.5/5)

【THE RAVEN】 2012/10/12公開 アメリカ R15+ 110分
監督:ジェームズ・マクティーグ
出演:ジョン・キューザック、ルーク・エヴァンス、アリス・イヴ、ブレンダン・グリーソン、ケヴィン・マクナリー

偉大なる作家エドガー・アラン・ポーは、
なぜ死んだのか…?

1849年のボルチモア。ある殺人事件を担当することになった若手刑事エメット・フィールズは、事件が推理作家エドガー・アラン・ポーの作品によく似ていることを察知。貧乏で酒におぼれる生活を送るポーは容疑者とみなされるが、捜査が進められる中、彼の著作をまねるように連続殺人が発生。その後、自らのアリバイが証明されたポーは、事件解明のため捜査に加わるが... (シネマトゥディより)

世界初の推理小説家と言われる作家で詩人のエドガー・アラン・ポー。40歳の若さで亡くなったが、その死はいまだに謎が多く残されているという...。そのポーの謎に包まれた最後の5日間に焦点を当てたサスペンス・ミステリー。監督は『Vフォー・ヴェンデッタ』のジェームズ・マクティーグ。

予告編から映像の雰囲気が好みだったので楽しみにはしていたんですが、ジョン・キューザックじゃテンション上がらねぇなぁーと不安も、、、。出演作をいくつか観たけどいまひとつなのが多いんですもん(汗)。
と、思ったら...ルーク・エヴァンスが素敵じゃぁないですか~♪
これでテンション上がりましたよ~もうルークばかり追ってました(笑)。役柄のせいかもしれないけど、ルークの印象が強くて、完全にジョン・キューザックは影が薄くなってしまいましたわ。
刑事エメット・フィールズのスピンオフが観たいと思っちゃった(笑)。

お話は面白いようなそうでもないような....。
謎の死をとげたポーの5日間を描くというのは興味深いものがありますが、思ったほど緊張感なかったし謎解きも驚くようなものではなかったです。犯人がわかってもふーんという感じだったし、動機がいまひとつな感じ(汗)。
でも映像の雰囲気はモロ好みでした。この時代の衣装も背景も良かった。なんとなく『スリーピーホロウ』や『フロム・ヘル』を思わせる雰囲気が好きですね。

ポーの作品を真似た殺人事件というからやはり原作を知ってる方にはより面白いのかもしれませんね。最初の母娘殺人事件やデカイ振り子になってる斧みたいので胴体真っ二つ(テンション上がった)、仮面舞踏会の黒い騎士の乱入とかとか面白かった。
しかし...これをすべてあの犯人がやったとは思えないんですけど、、、。

ま、推理作家の死が謎に包まれているのは魅力的。
このまま謎のままでいいんじゃない??

そうそうジェイク・ギレンホール出てたんだ?と思ったら似てる人だった....
確かに前も間違えたような。似てる(笑)

★★★.5 おまけあり
★★★★ 映像(時代・衣装)+ルーク・エヴァンス


よろしければポチッとお願いします♪

推理作家ポー 最期の5日間 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
ジョン・キューザック,ルーク・エヴァンス,アリス・イヴ,ブレンダン・グリーソン,ケヴィン・マクナリー
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

 

推理作家ポー 最期の5日間 [DVD]
ジョン・キューザック,ルーク・エヴァンス,アリス・イヴ,ブレンダン・グリーソン,ケヴィン・マクナリー
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

 

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (22)   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジョイフル♪ノイズ | トップ | SAFE/セイフ »

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
犯人 (まっつぁんこ)
2012-10-13 22:31:48
「これをすべてあの犯人がやったとは思えない」同意(笑)
わたしも雰囲気は変わっていてなかなか良かったと思います。
まっつぁんこさんへ (yukarin)
2012-10-14 00:03:07
犯行までの経緯が観たいですわー(笑)
でも全体的にも雰囲気は悪くなかったですよね。
テンションが上がったとこ (にゃんこ)
2012-10-14 00:53:59
こんばんは
ジョン・キューザックでテンション上がらないお仲間めっけ(笑)
フィールズ刑事でテンション上がったというのも同じです。
三銃士のアラミス演じてたそうですが、覚えてなかった^^;
でもこの作品でこれからチェックしようって思いましたよ。
ジョン・キューザックも影薄いけど、犯人も姿現したら
印象薄目・・・
謎の時のほうが迫力って2割増しくらいになるものなんですね~
おはようございます。 (BROOK)
2012-10-14 05:46:47
犯人の犯行動機がいまひとつなんですよね。
たしかに“ふーん”という感じでした。

そうそう、ジェイク・ギレンホールに似ている俳優さん、
ほんとソックリでしたね。
ちょっと可哀相な役でしたけど…。
こんにちはw (たいむ)
2012-10-14 09:42:44
フィールズがカッコ良く決めてくれましたよね~(^^)

模倣犯の動機なんてほぼ愛憎だし、行き過ぎたストーカーみたいな感じでしたね。最後の迂闊さも(笑)

謎は謎のまま・・
でも、また別の作品ができたりしてw
Unknown (えふ)
2012-10-14 17:03:07
私も斧の振り子でテンション上がりました!(爆
雰囲気は好みなんだけどね~
なんか面白いのか、つまらないのか、
よくわからん作品でしたわw
Unknown (風子)
2012-10-15 12:03:01
ルーク・エヴァンスがかっこいい役でしたね。^^
にゃんこさんへ (yukarin)
2012-10-15 12:46:20
にゃんこさんもテンション上がらないクチでしたのね(笑)
上げる所も一緒(笑)
ルーク・エヴァンスはアラミスで意識し出しちゃいました~。
他はみんな印象薄めでしたよね^^;
BROOKさんへ (yukarin)
2012-10-15 12:49:23
こんにちは♪
もっとおお~というのを想像してたのでちょっと残念でした。
名前がわらないんですがジェイク似の俳優さんたまに出てきますよね~かわいそうでしたね。
たいむさんへ (yukarin)
2012-10-15 12:51:50
こんにちは♪
ええ~かっこよかったですね^^
確かに模倣犯の動機はみんなだいたい同じですもんね。
謎は謎のまま...つくる気になればいろいろ出来そうですね。
えふさんへ (yukarin)
2012-10-15 12:54:54
振り子はやっぱり上がりますよねぇ(笑)
そうそう雰囲気はかなり好みです!
面白かったようなそうでもないような不思議な作品ですね(笑)
風子さんへ (yukarin)
2012-10-15 12:56:01
これはルーク・エヴァンスを堪能する作品ですね(笑)
カッコ良かったです♪
こんにちは (オリーブリー)
2012-10-17 11:22:27
そうそう、特にあの振り子とか、作れそうな気がしないのよ。
ジョン・キューザックって、良い人そうなんだけど、何かパッとしませんね~。
あのこもった声(?)もイマイチ…(苦笑)
オリーブリーさんへ (yukarin)
2012-10-17 12:59:58
そこまでの工程が知りたいですわー(汗)
ジョン・キューザック....ほんとパッとしないんですよね~嫌いではないんですが....声のせいもあるかもしれませんね。
素早い動きの犯人 (ノルウェーまだ~む)
2012-10-17 23:20:23
yukarinさん☆
実に身のこなしの素早い犯人でしたね(笑)
それはともかく、原作をよく読んでトラウマになっていたものが、こうして映像になるなんて!と感動しちゃった。
でも案外頭の中で想像していたほうが、ずっと怖かったかも・・・
ノルウェーまだ~むさんへ (yukarin)
2012-10-20 00:08:01
まだ~むは原作を読まれてるんですね。
それは感動しちゃいますよね。
犯人は本当に身のこなしが早すぎますよねぇ(笑)
やはり映像としてより想像のほうが怖いかもしれませんね。
雰囲気は・・・ (ひろちゃん)
2012-10-25 15:19:46
私も好みだったんですけどね~
ジョニーファンなら、絶対にその2作品を思い出しますよね~♪

ルークが出ていて、テンションが下がらず良かったね~

ジェイクに似てるって、あのおまわりさん?(笑)前も間違えたんだ(笑)

なんか惜しい作品でしたよね(汗)
ひろちゃんへ (yukarin)
2012-10-26 18:42:30
ねージョニーファンはそうですよね^^
ルークが出てたから良かったけれども(笑)

そうそうあの方ジェイクに似てる~
間違えたということはそんなに好きじゃないんだろうか....あわわ(汗)

映像の雰囲気はかなり好みなのになぁ、ちょっと惜しいですね
うん、 (ボー)
2012-11-10 20:48:38
刑事はかっこよかったと思います。もしや彼が…なんてことも考えてましたけど。
ボーさんへ (yukarin)
2012-11-11 20:56:53
カッコ良かったですよね!
あ、私もチラッと考えました(笑)
こんにちは (maki)
2013-06-02 09:30:51
ルーク・エヴァンスさんが美味しい役どころでしたね
負傷した上半身裸姿もすてきーと思っちゃいました(笑)
キューザック氏は存在感たしかにいまひとつだけど、ポーっぽい陰鬱としたイメージがでてたなあと。
しかし、私もあれだけの小説のイメージを具現化させちゃうのって、ひとりでやるには無理があるんじゃない、と思っちゃいましたが、そこはゴシックもの…雰囲気勝ちなところがありましたね
ポーの小説は昔(小学生時)いくつか読みましたけど、やっぱり暗いんですよね
でもそれが映像化されるとこんなにグロい。素晴らしいですよね
makiさんへ (yukarin)
2013-06-03 12:52:30
こんにちは♪
そうですね~ルーク・エヴァンスが良かったです。
ポーの作品は未読なのですが、映像の雰囲気は好みでした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

33 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
推理作家ポー 最期の5日間 (あーうぃ だにぇっと)
推理作家ポー 最期の5日間@よみうりホール
推理作家ポー 最期の5日間 (心のままに映画の風景)
1849年、ボルチモア。 ある殺人事件を担当することになった若手刑事エメット・フィールズ(ルーク・エヴァンス)は、事件が推理作家エドガー・アラン・ポー(ジョン・キューザック)の作品によく似ている...
推理作家ポー 最期の5日間 (佐藤秀の徒然幻視録)
犯人は鏡の中のポー? 公式サイト。原題:The Raven。ジェームズ・マクティーグ監督、ジョン・キューザック、ルーク・エヴァンス、アリス・イヴ、ブレンダン・グリーソン、ケヴィン・ ...
『推理作家ポー -最期の5日間-』 2012年10月4日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『推理作家ポー -最期の5日間-』 を試写会で鑑賞しました。 3Dじゃないけど、弾が飛んで避けたり、いきなり殴るから避けたりとビックリすること... 【ストーリー】  1849年のボルチモア。ある殺人事件を担当することになった若手刑事エメット・フィールズ(ルーク...
推理作家ポー 最期の5日間 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Raven [Blu-ray] [Import]クチコミを見る推理作家エドガー・アラン・ポーと模倣犯による壮絶な戦いを描いたミステリー「推理作家ポー 最期の5日間」。東欧ロケが独特のダークな雰囲気を醸 ...
劇場鑑賞「推理作家ポー 最期の5日間」 (日々“是”精進! ver.F)
エドガー・アラン・ポーの死に隠された謎… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201210120002/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を...
[映画『推理作家ポー 最期の5日間』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆予告を見た限りでは、何でこの映画が企画されたのか不明で、あまり期待しないで映画館に足を運んだ。  21:30からのレイトショーで、眠気が予想されていたのだが、意外にも、非常に面白く夢中になった。  ・・・創作意欲がなくなり、酒に溺れる生活のエドガー・...
映画「推理作家ポー 最期の5日間」 (放浪の狼のたわごと)
2012年アメリカで製作された ジェームズ・マクティーグ監督作品。40歳の若さで
「推理作家ポー 最期の5日間」みた。 (たいむのひとりごと)
世界初の推理作家:エドガー・アラン・ポーの、謎に包まれた最期の日々を描いたミステリー・サスペンス。江戸川乱歩はいくつか読んだが、本家本元のポーの作品は実は全く読んだことが無い。オリジナルを知らないので
推理作家ポー 最期の5日間/THE RAVEN (いい加減社長の映画日記)
最初は、あんまり観る気はなかったんだけど、なんとなくそのミステリーの香りに誘われて・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 米国ボルチモア、1849年の秋。 密室で惨殺された母娘の遺体が発見され、現場に駆けつけた刑事フィールズは、数年前に発表された推理...
推理作家ポー 最期の5日間 (風に吹かれて)
不幸な有名作家公式サイト http://www.movies.co.jp/poe5days監督: ジェームズ・マクティーク  「Vフォー・ヴェンデッタ」1849年、アメリカのボルチモアで、密室で惨殺さ
推理作家ポー 最期の5日間 (ハリウッド映画 LOVE)
原題:The Raven監督:ジェームズ・マクティーグ出演:ジョン・キューザック、ルーク・エバンス、アリスイブ、ブレンダン・グリーソン、ケビン・マクナリー俺は、“プー”じゃなくて“ポー”だ!
推理作家ポー 最期の5日間 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(F) 本編の最大の謎、ポーの死因って、、、
推理作家ポー 最期の5日間 (Said the one winning)
監督:ジェームズ・マクティーグ出演:ジョン・キューザック、ルーク・エヴァンス、アリス・イヴ、ブレンダン・グリーソン、ケヴィン・マクナリーストーリー:1849年のボルチモア。ある殺人事件を担当することになった若手刑事エメット・ フィールズ(ルーク・エヴァンス....
映画『推理作家ポー 最期の5日間』★暗い!怖い!気色悪い!のゴシックムード満点! (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
  作品について http://cinema.pia.co.jp/title/159499/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     映画 『Vフォー・ヴェンデッタ』 の監督作品ということで興味を持っていました。 『Vフォー・ヴェンデッタ...
映画「推理作家ポー 最期の5日間」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「推理作家ポー 最期の5日間」観に行ってきました。 19世紀前半のアメリカで推理小説を執筆し有名になったエドガー・アラン・ポーの、その死に至るまでの最後の5日間に何が起こったのかについて描いたサスペンス・スリラー作品。 今作は猟奇的な殺人および死体...
推理作家ポー 最期の5日間/ジョン・キューザック (カノンな日々)
日本のミステリー大作家・江戸川乱歩さんのペンネームの由来としても有名な世界初の推理作家エドガー・アラン・ポーの最期のの日々を描くサスペンス・スリラー作品です。エドガー ...
推理作家ポー 最期の5日間 (悠雅的生活)
告げ口心臓。赤死病の仮面。大鴉。
推理作家ポー 最期の5日間 (悠雅的生活)
告げ口心臓。赤死病の仮面。大鴉。
『推理作家ポー 最期の5日間』 試写会で鑑賞 (pure breath★マリーの映画館)
     1849年10月7日、偉大なる作家エドガー・アラン・ポー死す。            その最期の5日間は、いまも謎のままである・・・ 『推理作家ポー 最期の5日間』 監督・・・ジェームズ・マクティーグ 出演・・・ジョン・キューザック、ルーク・....
推理作家ポー 最期の5日間 (★ Shaberiba )
上質なゴシックミステリーに痺れた~!!
『推理作家ポー 最後の5日間」翻訳を推理 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
懐かしいあのかんじ。 まだ小学生や中学生の頃よく読んでいた、直訳的な文章の古典文学や推理小説。 歴史的な名作であっても、翻訳が直訳的だと話しに入り込めないよね? 推理を解く前に、翻訳した文章が言わんとするところを理解するのが難解で・・・・
推理作家ポー 最期の5日間       ★★★★ (パピとママ映画のblog)
「モルグ街の殺人」「黒猫」など数々の推理小説で著名な作家エドガー・アラン・ポーの最期の日々を大胆な発想で描いたサスペンス・スリラー。ポーの著作を模倣した連続殺人事件が起きたことで、事件解明のために彼自身が捜査に加わり殺人鬼を追い詰めていく。主人公ポーに...
推理作家ポー最期の5日間 <ネタバレあり> (HAPPY MANIA)
  10月15日(月)に観に行ってきました     タイトルからも分かるよーに 初めっから もうどんなに頑張っても   ポーが死ぬって事が分かっての映画開始ですが 何か 最後のベンチに座ってるとこで   ここで直ぐに搬送...
★推理作家ポー 最期の5日間(2012)★ (Cinema Collection 2)
THE RAVEN 偉大なる作家エドガー・アラン・ポーは、 なぜ死んだのか…? 上映時間 110分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ディズニー) 初公開年月 2012/10/12 ジャンル ミステリー/サスペンス 映倫 R15+ 【解説】 世界初の推理小説家とも言われる偉大なる...
推理作家ポー 最期の5日間 (テレビ徒然記)
フィールズ刑事役のルーク・エヴァンス目当てに見ました! ポーの小説は実は読んだことないのですが、彼の影響を受けた江戸川乱歩の小説のドラマとかは見たことあるので、誘拐されたエミリーのあの状態が一番恐いなあと思ったり。 凄惨な殺人は映画と分かってても好きじ...
推理作家ポー 最期の5日間 (だらだら無気力ブログ!)
ルーク・エヴァンスの存在が良かった。
「推理作家ポー 最期の5日間」 (或る日の出来事)
ポー、好きです。私がボーだから…ってことではないですよ。
映画「推理作家ポー 最期の5日間」 (FREE TIME)
映画「推理作家ポー 最期の5日間」を鑑賞しました。
映画『推理作家ポー 最期の5日間』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-86.推理作家ポー最期の5日間■原題:The Raven■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:110分■字幕:石田泰子■観賞日:11月10日、新宿ミラノ1(歌舞伎町)■料金:1,800円 □監督:ジェームズ・マクティーグ◆ジョン・キューザック(エドガー...
推理作家ポー 最期の5日間 観ている方にも推理をさせて下さい・・・ (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=41 -5-】 ちょっと怖そうやけどでもぎりぎり耐えられそうかな~o( ̄ー ̄;)ゞううむ そういえば子供の頃、江戸川乱歩の名前をぱくった憎い奴だと、エドガー・アラン・ポーのことを思っていた。  米国ボルチモア、1849年の秋。密室で惨殺された母娘の遺体が発見され...
「推理作家ポー 最期の5日間」 ミステリー好きのための (はらやんの映画徒然草)
劇場で見逃したので、レンタルで観賞。 主人公は「モルグ街の殺人」などの作品がよく
推理作家ポー 最期の5日間 (いやいやえん)
アパートの一室から響き渡る女性の悲鳴に警官隊がかけつけるも時すでに遅く、母親と思われる女性は首がほとんど切り離された状態で横たわり、娘は首を絞められ煙突に逆さまに突っ込まれていた。ドアは内側から鍵がかけられ、窓は釘で打ち付けられている密室殺人であっ...