「ビートたけしの超常現象スペシャル」の「をのこ草紙」の解説 山口敏太郎

「ビートたけしの超常現象スペシャル」の「をのこ草紙」の解説 山口敏太郎

 江戸時代に評判になった予言書があった。それが「をのこ草紙」と呼ばれる文献である。この「をのこ草紙」は、八代将軍・徳川吉宗の頃というから享保の改革当時、巷に流布していたという予言書であり、250年後の未来を予言していた。

 残念ながら、原本の所在が不明なままであり、著者名も不明なままである。幸い、昭和5年に友清歓真が、ある人物から雑誌の切り抜きとして「をのこ草紙」の一部を確認し、代表作『神道古義地之巻』に引用されている。『をのこ草紙』の一部を以下に紹介してみよう。

「今より五代二五〇年を経て、世の様変わり果てなむ。切支丹の法いよいよ盛んになって、空を飛ぶ人も現れなむ。地を潜る人も出て来べし。風雨を駈り、雷電を役する者もあらん。死したるを起こす術もなりなん。さるままに、人の心漸く悪くなり行きて、恐ろしき世の相を見つべし。妻は夫に従わず、男は髪長く色青白く、痩細りて、戦の場などに出て立つこと難きに至らん。女は髪短く色赤黒く、袂なき衣も着、淫りに狂ひて、父母をも夫をも其の子をも顧ぬ者多からん。万づ南蛮の風をまねびて、忠孝節義は固(もと)より仁も義も軽んぜられぬべし。斯くていよいよ衰え行きぬる其の果に、地、水、火、風の大なる災い起りて、世の人、十が五は亡び異国の軍さえ攻め来りなむ。此の時、神の如き大君、世に出で給い、人民悔い改めてこれに従い、世の中、再び正しきに帰らなん。其の間、世の人狂い苦しむこと百年に及ぶべし云々」

 現代語に翻訳すると、以下のようになる。

「今から、五代後の250年経つと、世の中も様変わりしているだろう。キリスト教(西洋文化も含む)が盛んとなって、空を飛ぶ人も現れ、地中を移動する人もいる。気象を自由に操り、死んだ人間を蘇生することも可能である。このころは人の心も悪くなっており、世の中の世相も荒れている状態である。妻は夫のいうことを聞かず、男は髪の毛を伸ばし、青白くやせ細り、戦場でも役に立たなくなる。女はショートカットになり、赤黒く日焼けし露出の大きい衣類を着て、性的に乱れ、両親や夫、自分の子供さえも顧みなくなる。何かと欧米の流儀を真似て、忠義や孝行、節度などが無くなり、仁や義という概念も失われている。こうしていよいよ世の中が衰えてくると。地、水、火、風の大きな災害が起こり、日本人の10割のうち5割は死んでしまい、異国から軍隊が攻めてくる。この時、神のようなリーダーが現れ、世の中を救い、人々も悔い改め、世の中は再び正しき方向に戻っていく。その間、人々は狂わんばかり苦しみを受けるが、安定した世になるまで期間は、百年もかかるだろう」

 いかがであろうか。『をのこ草紙』の指摘する現代の世相は、享保の頃から250年後、つまり、1980年前後を指している。空を飛ぶ人は、単純にロケットや飛行機かもしれない。地中を行く人は地下鉄や地下街だろうか。気象コントロールも人工雨も可能である、死んだ人間の蘇生とはクローン技術であろうか。気になるのは地と水、火、風の大きな災害である。地の災害は地震かもしれないし、水の災害は津波や海面の上昇だろうか。

 更に火の災害は原子力発電、或いは地震に伴った大火かもしれない。風の災害はここ数年、日本に襲来する巨大な台風の可能性がある。「をのこ草紙」はまさに予言書である。この「をのこ草紙」の予言が的中した場合、大変な受難となるのだが、この乱れや苦しみは百年も続くというのだ。とすると、神(日本を救うリーダー)が現れるのは、2080年頃となる。不気味な事だが、2012年の人類滅亡の時期も含まれており、これまたシンクロ現象のひとつである。

 但し、重要なことを述べておこう、この「をのこ草紙」は江戸期に流行った未来予想本の一冊がたまたま的中したに過ぎない。番組の中でも半田健人さんが指摘したように「江戸時代と反対の事実を述べた」本でしかない。だから、筆者はこの「をのこ草紙」をたてに、恐怖予言をあおる気もないし、この予言を絶対視する気はない。40代以上なら記憶にある昭和の少年誌にのってきた21世紀の日本という特集記事とさして変わらないであろう。予言の内容もいかようにも当てはめることが可能だし、大正時代に友清さんやその周辺がネタででっち上げた可能性だってありうる。たまたま「をのこ草紙」の内容が、80年代以降の社会と、当てはまるという偶然の一致(シンクロ二シティ)が不思議であるということである。


この本は、予言各種を解説している入門書です。ぜひどうぞ。勿論、内容はバラエティです。

大予言検証2012年人類滅亡は訪れるのか!? (OAK MOOK 243)

オークラ出版

このアイテムの詳細を見る


関連記事 ビートたけしの超常現象スペシャル
「ビートたけしの超常現象スペシャル」の「をのこ草紙」の解説 山口敏太郎

ビートたけしの超常現象スペシャル」のウンモ星人

2012年、太陽フレアが磁気シールドの穴から地球表面へ、人類破滅?

ビートたけしの超常現象スペシャル「メキシコの怪物 メテペック・モンスター」現地のTV報道

「ビートたけしの超常現象スペシャル」の見所。

 ビートたけしの超常現象 マル秘Ⅹファイルに山口敏太郎出演!

山口敏太郎とクリスカーター監督

第18回東京スポーツ映画大

大反響「ビートたけしの超常現象SP」山口敏太郎 大槻教授

12月30日テレビ朝日ビートたけしのTVタックル超常現象SPに、山口敏太郎参戦!!

山口敏太郎 B-FILE/妖怪伝説 独演全集 妖怪王山口敏太郎 門外不出VTR [DVD]

グラッツコーポレーション

このアイテムの詳細を見る

座頭市 <北野武監督作品> [DVD]

バンダイビジュアル

このアイテムの詳細を見る


学校「裏」怪談
山口敏太郎
マガジンランド

このアイテムの詳細を見る

剣豪バトルロイヤル ~最強の侍は誰だ!? (別冊宝島―カルチャー&スポーツ (1591))
巨椋修,山口敏太郎,DENNY喜多川,犬山秋彦
宝島社

このアイテムの詳細を見る

ワーキングプア死亡宣告 (晋遊舎ブラック新書 13)
巨椋 修,犬山秋彦,山口敏太郎
晋遊舎

このアイテムの詳細を見る
コメント ( 7 ) | Trackback ( 1 )

« 2012年、... ビートたけし... »
 
コメント
 
 
 
おはようございます ()
2009-07-12 10:22:01
昨日見ました!
なかなか興味深い内容だったので録画をしたので今からまた見ようと思います。

では、頑張って下さい!
 
 
 
をのこ草紙は凄い (スペースタイガー)
2009-07-12 12:57:11
発見ですよ。原子力発電所は世界各地の原子力発電所を三菱日立東芝の三社が、これからどんどん作る計画になってますし、人工衛星はジャクサが民間の三菱に投げて人工衛星打ち上げ成功しました。低価格でコストを安く成功させたため全世界から注目されてますが江戸時代に予言されていたとは!非常にビックリしましたよ。しかし地球の危機は全てに変わりなしですからね!
 
 
 
お楽しみください (山口敏太郎)
2009-07-14 00:21:51
僕が冷静なコメントを随分出しているのですが…。なかなかオンエアには乗りませんね。
 
 
 
こんばんは ()
2009-07-14 22:00:02
それは切ない事ですね…

山口さんと語り明かしたい(笑)
 
 
 
をのこ草紙が本に (スペースタイガー)
2009-07-15 07:47:46
なって、もっと早く今の世の中に出ていたら日本を取り巻く日本人達の危機意識は変わっていましたかね?筆者も解らないのですね。誰が書いたかの予想がつかないなんて仕方ありませんが、日本人達も現代の修行層ばりの西村修選手の様に魂の洗濯をして魂を達観できれば凄いと思いましたよ。先日全日本プロレス松本大会に行きましたが三沢光晴選手が亡くなった後からの全日本プロレスの興行に置いてもレスラーにレフリーにみんな頑張って試合をしてました。中でも西村修せは太陽ケアにエルボースマッシュ放ちましたが、まるで合わせ鏡の自分にエルボースマッシュを放っている様に見えました。西村修選手は癌を患っているのに求道者のごとく黙々と寡黙にレスリングの試合を精一杯やっている姿に三沢光晴選手の供養にも見えましたが、それ以上に西村修選手の魂の達観があのような素晴らしい試合をさせているのでしょう。話しそれてしまいましたが、是非とも、をのこ草紙をアトランティアでも取り上げて頂きたいものですよ。これから暑い夏が始まりますが、敏太郎さんもスタッフのみなさんも不思議を追求する人達も日々自分に頑張って健康に気をつけて生きていきましょう。ヒロさんも宇宙趣味さんも。
 
 
 
をのこ草紙 (ホワイトジャック)
2009-07-28 17:49:16
をのこ草紙を興味深く、拝見しました。ただ、皆、1980年代とこじつけ過ぎていると思います。これはあくまで日本中心の予言です。書かれたのは1760年、宝暦10年、家治の時代だと思います。風雨を駆り、雷電を役するは、近年の環境に配慮した風力発電と個人太陽光発電により合致します。1980年代は何でも原子力の時代でした。正に今、2010年からです。死したるを起こす術は、蘭学と漢方の時代では心臓死が人の死です。2000年代までそうでした。日本は和田心臓移植の問題で遅れていました。臓器移植法案が国会を通過したのは2009年7月13日です。
 
 
 
そうですよ。こじつけです (山口敏太郎)
2009-08-01 03:48:47
ホワイトジャックさん、こんにちは。
そのとおり、こじつけでしょうね。というか僕も文中で言っているように、大正時代に偽造された可能性もあります。原本がないんですからね。






 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
をのこ草紙についての覚書 (神様ロボット!アレクセイ)
今日のサタスペは、ビートたけしの超常現象スペシャルです。 いやあ、面白かったですね。 韮澤さんは、レッドカーペットに出ている芸人さんよりずっと面白いです。 そして、番組のなかで、日本の将来を預言しているという「をのこ草紙」なる本が紹介されていました。 ...
 
 

書籍紹介

New!!

超常現象のつくり方
クリエーター情報なし
宝島社

New!!

タブー討論 このUMAは実在する! ?
クリエーター情報なし
文芸社
秘・テレビでは言えなかった! 山口敏太郎の怖すぎる都市伝説
クリエーター情報なし
TOブックス
恐怖・呪い舟~実話怪異譚~ (TO文庫)
クリエーター情報なし
TOブックス
タブーに挑む! テレビで話せなかった激ヤバ情報暴露します3 台風人間・八咫烏のヤバすぎる正体から最新宇宙人情報まで
クリエーター情報なし
文芸社
日本史の都市伝説
山口 敏太郎
宝島社
是非に及ばず
クリエーター情報なし
青林堂
未確認生物UMA 衝撃の新事実
山口 敏太郎
宝島社
世界の怪人・UMA図鑑
山口敏太郎
大和書房
タブーに挑む! テレビで話せなかった激ヤバ情報暴露します2 超常番組の裏側から国際情勢の闇情報まで
飛鳥 昭雄 山口 敏太郎
文芸社
怪談・呪い神 恐怖・呪いシリーズ (TO文庫)
山口敏太郎
TOブックス
世界の不思議 超怪奇ファイルXX(ダブルエックス)
山口 敏太郎
永岡書店
徳島あるある
山口敏太郎
TOブックス
人生で大切なことはオカルトとプロレスが教えてくれた
大槻 ケンヂ,山口 敏太郎
KADOKAWA/角川学芸出版
超陰謀論
ベンジャミン・フルフォード,山口敏太郎
青林堂
未確認生物 超謎図鑑
山口 敏太郎
永岡書店
霊怪スポット 戦慄の最新ファイル (KAWADE夢文庫)
山口 敏太郎
河出書房新社
放送禁止のヤバイ話 (DIA COLLECTION)
山口敏太郎
ダイアプレス
現代日本のテレビでは放送できない話
山口 敏太郎
彩図社
山口敏太郎の都市伝説 あなたの知らない世界
山口 敏太郎
河出書房新社
オカルト博士の妖怪ファイル (HONKOWAコミックス)
山口敏太郎,鯛夢
朝日新聞出版
小さいおじさん
山口 敏太郎,Sel
東邦出版
本当にいる「宇宙人」完全ファイル
クリエーター情報なし
笠倉出版社
恐怖・呪い面~実話都市伝説 (TO文庫)
クリエーター情報なし
ティー・オーエンタテインメント
タブーに挑む! テレビで話せなかった激ヤバ情報暴露します 八咫烏・裏天皇情報から危険すぎるUMAの正体まで (2014/05/24)
クリエーター情報なし
文芸社
超嫌韓論 (青林堂ビジュアル)
クリエーター情報なし
青林堂
超最新版!本当にいる世界の「未知生物」案内
クリエーター情報なし
笠倉出版社
図説 世界の地獄案内
クリエーター情報なし
笠倉出版社
江戸武蔵野妖怪図鑑
クリエーター情報なし
けやき出版
怪奇!あまりに怖すぎる都市伝説
クリエーター情報なし
河出書房新社
世界超怪奇アンビリーバブル生物画像300 (DIA COLLECTION)
クリエーター情報なし
ダイアプレス
本当にいる日本の「現代妖怪」図鑑
クリエーター情報なし
笠倉出版社
怨霊と呪いの日本史 (KAWADE夢文庫)
クリエーター情報なし
河出書房新社
終結!!世界未確認生物UMA大全画像600 (DIA COLLECTION)
クリエーター情報なし
ダイアプレス
とうほく妖怪図鑑 (んだんだブックス)
クリエーター情報なし
無明舎出版
本当にいる日本の「未知生物(UMA)」案内
クリエーター情報なし
笠倉出版社

▶amazonで山口敏太郎の書籍をもっと見る

お仕事のご依頼

TV・ラジオ出演、イベント・講演、単行本・雑誌などの原稿執筆、インタビュー・対談のご依頼受付中
▶ご連絡はこちらから

YouTube

㈱山口敏太郎タートルカンパニーの公式YouTubeチャンネル
▶ご視聴はこちらから

ネットラジオ

メールマガジン

有料メルマガ配信サービスフーミーにて「山口敏太郎のサイバーアトランティア ~世界の陰謀・オカルトの真実」配信中
▶お申し込みはこちらから

過去の記事