ポケットに映画を入れて

今までに観た昔の映画を振り返ったり、最近の映画の感想も。欲張って本や音楽、その他も。

ジャック・フェデー・1〜『外人部隊』

2017年10月13日 | 戦前・戦中映画(外国)
『外人部隊』(ジャック・フェデー監督、1933年)をまた観た。

パリ。
ピエール・マルテル(ミュレール)は、恋人フローランスのために、マルテル一族の会社の大金を使い込んでいた。
そのことが発覚し、伯父は、会社がその負債を肩代わりする条件として、ピエールを国外に出すことに決める。

ピエールはフローランスに、遠いどこかへ一緒に行こうと説得するが、彼女は同行を渋る。

北アフリカの外人部隊。
部隊が久し振りに行軍から帰って来る。
宿屋で休息することが唯一の楽しみの、疲れ切ったピエール。
しかしその後で、面倒を起こして監禁の罰を受けるはめになる。

刑が明けたピエールは、同部屋で親友ニコラと酒場へ繰り出す。
たまたまその酒場で歌っていたのが、イルマ。
ピエールには、イルマがまさしく、別れたフローランスにしか見えなくて・・・

ニコラは言う。「部隊に来て、過去を帳消しにする権利を買っている」
人それぞれに、他人にはしゃべりたくない過去を持っている。
ピエールは、フローランスを断ち切ったつもりでいても、その面影に悶々としている。
偶然出会ったイルマ。
ピエールは、瞬く間にイルマを愛し、イルマも恋に落ちる。

しかし、ピエールの運命は定められている。
それは、宿屋の女将ブランシュの占い。
悲しいかな、ピエールのその後は、占いに導かれるように。

後に、幸運を掴み、何事にもイルマと幸せに過ごせるはずとなっても、それを運命のごとく無にすることは、普通一般では到底考えられない。
人はそれ程までに、過去の相手に引きずられるのだろうか。

特異だと思うからこそ、ピエールのとる行動が、強烈な印象となり鮮明に残る。
そしてラスト・シーンの、宿屋の女将を演じる“フランソワーズ・ロゼー”が床に崩れ落ちるところと併せて。

この作品は、『モロッコ』(ジョセフ・フォン・スタンバーグ監督、1930年)と共にと言うか、それ以上の名作中の名作だと私は思っている。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ルネ・クレール・4〜『幽霊... | トップ | ジャック・フェデー・2〜『... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

戦前・戦中映画(外国)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL