ポケットに映画を入れて

今までに観た昔の映画を振り返ったり、最近の映画の感想も。欲張って本や音楽、その他も。

『エレファント』を観て

2017年08月23日 | 2000年代映画(外国)
目的の作品が見当たらなかったので、『エレファント』(ガス・ヴァン・サント監督、2003年)を借りてきた。

オレゴン州ポートランド郊外にある高校での、初秋の とある一日。
男子生徒のジョンは、酒に酔った父と車に乗って学校に到着。
父のだらしなさに呆れつつ、彼を迎えに来てくれるよう兄に電話する。

写真好きのイーライは、公園を散歩中のパンク・カップルを撮影。
アメフトの練習を終えたネイサンは、ガールフレンドのキャリーと待ち合わせる。
学食では仲良し3人組の女子、ジョーダンとニコルとブリタニーが、ゴシップとダイエットの話・・・
(Movie Walkerより一部抜粋)

学園構内での、いつもそうだろうような学生の日常風景が、他の生徒の行動も絡まって映し出される。
勿論、アレックスとエリックも、そう。
そんな日常に、内向的らしいこの二人が、宅配便で銃器を受け取ってから、状況が一変する。

この作品は、1999年4月にコロラド州コロンバイン高校で起こった銃の乱射事件を題材にしている。

しかし、監督のガス・ヴァン・サントは、事件に対する自己の解釈を一切示さず、ごく一般的な高校生たちの日常を、一人ずつ描く。
そして後半の出来事は、校内における二人の乱射の様子と打ち倒される学生を映していくだけ。
だから、提示された内容の解釈は、観客がそれぞれ引き受ける形となる。

そこにあるのは、銃社会としての国の問題が横たわっているのか。
というのは、アレックス、エリックは一人でも多くを殺すことが楽しく、殺人に対する罪の重圧感はない。
こうなると、もうゲームの世界ではないのか。

「それでいいのか」と言うのが、監督のガス・ヴァン・サントが言いたかったことではないか。
そのように、私は解釈する。
それにしても作品中に、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ「月光」と「エリーゼのために」が流れる場面が印象深い。

この映画の上映時間は、わずか1時間20分の長さ。だから、再度観てみた。
すると、登場人物同士の構内でのすれ違いなど、緻密な計算がさりげなく施されていたりする。
テーマの鋭さとは別に、なるほどなと、映画的な凄さにも感服してしまう。

再度、内容に立ち返って、この作品に関連して思い出すのが、同事件をテーマとしたマイケル・ムーア監督のドキュメンタリー映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』(2002年)。
銃社会。
資金を大量に持った者たちの発言権が強力、という社会をどうにかできないものか。
何も、このことは他所の国の話だけではなく、この国だって、金儲けのための武器輸出がまかり通るようになった状況と連動するのではないか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『グッドナイト&グッドラック』を観て

2017年08月12日 | 2000年代映画(外国)
以前から気になっていても、たぶん重い内容だからとウッチャッている作品が結構ある。
そんな中のひとつ『グッドナイト&グッドラック』(ジョージ・クルーニー監督、2005年)を、レンタルでは先延ばしばかりしているから、いっそのこと購入した。

1953年、テレビ黎明期のアメリカ。
国民は、マッカーシー上院議員による共産主義者を告発する運動”赤狩り“に怯えて暮らしていた。
そんな中、CBSの人気ニュース番組『シー・イット・ナウ』のキャスター、エド・マローは、ある空軍兵士が”赤狩り“のため除隊処分されようとしている事件を番組で取り上げる。
その結果、マローやプロデューサーのフレンドリーらは、マッカーシーからの圧力を受けることになる。
しかし54年、CBSの会長ペイリーの支持を得て、マローはマッカーシーの虚偽と策謀を露わにする番組を放映・・・
(Movie Walkerより一部抜粋)

放映の結果は、大きな反響を得る。
だが、それがマッカーシーからの更なる圧力の根拠となる。
それによって、政府や広告主との関係を案じる会長のペイリーは、マローたちを危険視し始める。

権力者とジャーナリスト。
いつの世の中でも、パターンは似通っている。
正義を貫ぬこうとする人に対して、それを潰そうとする圧力。
これは何も、赤狩り時代のアメリカの話だけではなく、いま正に、日本のジャーナリズムが置かれている立場と関連する。

権力に対する自己規制。
この自己規制により、なし崩し的に権力者が有利になる。
マローは言う、「最後まで闘おう」。

この作品からの、マローのスピーチを載せておきたい。

“ラジオとテレビの現状を素直に語りたい。
今の世にはびこるのは、退廃と現実逃避と隔絶でしょう。
アメリカ人は裕福で気楽な現状に満足し、暗いニュースには拒否反応を示す。
それが報道にも表れている。
テレビは人を欺き、笑わせ、現実を隠している。
それに気づかなければ、スポンサーも視聴者も制作者も後悔することになる”

“もしテレビが娯楽と逃避のためだけの道具なら、もともと何の価値もないということです。
テレビは、人を教育し啓発し心さえ動かします。
だかそれは、あくまでも使う者の自覚次第です。
それがなければ、テレビはメカの詰まったただの箱なのです。
グッドナイト、そしてグッドラック”
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

観て損した作品〜『死角』

2017年08月07日 | 2000年代映画(外国)
この暑さに、たまにはスカッとしたいと思い、サスペンスだというパッケージを見て『死角』(アド・ボル監督、2008年)を借りてきた。

舞台は、オランダ・アムステルダム。
毎夜、悪夢にうなされる妻を心配するクリスは、妻のアニャに精神科医の診察を勧める。

アニャは、医師クインセルの診断を受けるうちに、いつしかアブノーマルな性愛に耽るようになっていく。
一方、金融マンの夫クリスは、出版社勤めのクラウディアと偶然に親しくなる。
医師のクインセルは、ふとしたことから、クラウディアとアニャとが姉妹であることを知って・・・

観ていて非常に分かりづらい。
まず内容が、時系列的な展開ではないという提示が示されないから、あれれ、前の繋ぎはどうなっているの、となってしまう。
そればかりか、筋がご都合主義。

なんで、クラウディアが妹の夫クリスに近付いたのか。
アニャの死に方も変だけど、その後、夫のクリスはクラウディアとどうなるのか。
そもそも医師のクインセルは、警察にどうして、アニャの死を自殺と報告したのか。
そのほかもいっぱい、あれれとなる。
それに、ちっともサスペンスでなかったりするし。

要は、大した内容でないのに、勿体ぶって最後でオチをつけようとするから、途中は、奥歯に物が挟まっているような感じのイライラ感。
そして、説明不足というばかりでなく、作り手の独りよがりで成り立っていて、観客を無視したまんま。
というよりか、もっと悪く言うと、映画そのものが手に負えなくって、持て余しているという感じか。
それでもって、変にまじめくさって硬いんだから。
だから、わずか1時間15分ほどの作品が、長く長く感じられて、本当にうんざり。
それでも、ケチも含めて最後まで観てしまうのは、私のいい加減さから。

ただ、救いがあったことの一つは、映像作りが光っていたこと。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

『コースト・ガード』を観て

2017年04月18日 | 2000年代映画(外国)
キム・ギドク監督の『コースト・ガード』(2002年)があったので借りてきた。

場所は、南北軍事境界線に近い海岸。
韓国の海岸には北の侵入に備え、要所に鉄条網が敷かれている。
そして、その軍事地域には「夜7時以降の侵入者はスパイとみなし射殺する」の立て看板がある。

海兵隊のカン上等兵は、人一倍訓練に熱心で、北のスパイを捕まえる情熱に燃えている。

ある夜、村人で恋人同士のヨンギルとミヨンは悪ふざけも手伝い、酔ってそこに入り込み肉体行為を行う。
その最中に、沿岸警備中のカン上等兵が夜間透視望遠鏡で人影を見つける。
すかさず、カンは機関銃乱射し手榴弾を投げる。
ヨンギルは即死し、それを見たミヨンは半狂乱に泣き叫び・・・

カン上等兵は「不審者に対して適切に対処し、忠実に任務を遂行した」として表彰され、特別休暇を与えられる。
その根拠は、スパイを射殺すれば勲章と報奨金が貰えて一階級特進で除隊でき、その代わり、取り逃がせば営倉行きのうえに生涯不名誉となる、という規則。

ただ、カンは民間人を殺してしまったことで、次第に精神を病んでいく。
そして、早期除隊させられた彼は、再び部隊周辺をうろつくようになる。

片や、恋人を殺されたミヨンは、鉄条網の周辺にいる警備隊員を死んだ恋人と錯覚し、精神が完全に破壊されてしまう。

ミヨンは、どの警備隊員なのかわからないままに妊娠してしまう。
それを、指揮官は部下に堕胎させる。
兄チョルグは妹のことに気づき、包丁を手にして警備隊員を襲撃する。

カン上等兵は自分を、いまだ現役だと信じている。
部隊に侵入するカン。
警備隊の方こそが侵入者、北朝鮮のスパイだと妄想するカン。
そしてついに、カンと部隊との銃撃戦。

朝鮮半島が分断され、それの解決が見いだされないままの現状において、キム・ギドクは独自の方法で問題提起する。
その方法として、扱う内容を重くせず何気なく見せながら、的確に思いをテーマに据える。
軍隊はどのような形であれ、そもそも狂気の萌芽ではないのか。

このあいだ上映された『The NET 網に囚われた男』(2016年)も連想しキム・ギドクの作品全体を考えた時、
初期にまさか、これ程の傑作が発表されているとは想像できなかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『悪い男』を観て

2017年04月03日 | 2000年代映画(外国)
今回もキム・ギドク。『悪い男』(2001年)を観た。

雑踏の街なかにあるベンチ。
ヤクザのハンギは、ボーイフレンドと待ち合わせをしている女子大生ソナを一目で気に入る。
ハンギを無視するソナは、やって来た彼の元に駆けよる。
それを見たハンギは、突然ソナにキスし強引にそれをし続ける。
公衆の前で、軍の部隊員から殴られたハンギは屈辱の怒りも手伝って策略を考える。

書店で、出来心から財布の中身を抜いたソナは、手下を使ったハンギの罠にマンマと引っかかってしまう。
多額の借金を背負ってしまうことになったソナは、ハンギの仕切る売春宿に売り飛ばされることになり・・・

どう見ても、清純そのもののソナ。
男性経験もないそんな彼女が、裏の社会で稼がされる。
残酷な話である。

ソナを気にいっているハンギは、自部屋にいるソナの様子をマジックミラー越しに伺う。
ただし、ソナと顔を合わせても好きだとひと言もいわない。
そもそもハンギは、物語が始まってから、その後もずぅっと喋らない。
ただ、ハンギが後半に発する言葉で、喋らないその理由がわかるが。

諦めからか、徐々に娼婦へと変わっていくソナ。
一度は脱走するが、またハンギに連れ戻され、売春宿の日常に染まっていくソナが、観ていて悲しい。
ハンギの子分ミョンスがソナと肉体関係を持って惚れてしまう。
それでもハンス自身はソナに手を出さない。
“ヤクザに愛なんて”と、自分にはソナを愛する資格はないと思っているハンス。
そんなハンスを、いつしか終いにはソナも愛してしまう。

ソナが、破れてた写真を貼り合わせる象徴的な場面。
男と女が写っているはずだが、そこには顔の部分が欠落している。
それが、最後には埋め合わせできる。
ただ、これは夢か現実か、どのようにも解釈できて定かではない。

好きな相手を社会の片隅で、売春婦として働かせる。
これが、ハンスのソナへの愛し方か。
いびつとも思える愛情表現だとしても、これは純粋なプラトニックな愛を、それこそ究極的に描いている。
その鮮明な印象が、キム・ギドクに中毒となる原因なんだなと、満足感とともに思った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『悲夢』を観て

2017年03月30日 | 2000年代映画(外国)
またキム・ギトク作品を観た。題は『悲夢』(2008年)。

ある晩、ジンは元恋人の車を尾行していて、突然脇道から飛び出して来た車に追突する夢を見る。
そのあまりのリアルさに胸騒ぎを覚えて記憶を頼りに車を走らせると、実際に彼が夢で見たのと寸分違わぬ事故が起きていた。
そして、監視カメラにはランという女性が事故車を運転する姿が写っており・・・
(Yahoo!映画より)

ジンが夢で見たままの行動が実際に起きる。
それは、現実にはランが夢遊病者となって起こす。
このジンとランは、もともと見ず知らずの間柄なのである。

ジンには、自分が愛していた恋人がいた。
ランには、自分は嫌いだが愛されていた恋人がいた。
夢の出来事は、二人のこのことに関連していく。

しかし映画は、観念が先走ってしまっているためか、内容が空回りになり、堂々巡りしながら先が見えない。
まず始めに違和感があるというのか、不思議なのは韓国語映画なのにジン役の“オダギリジョー”1人だけが日本語を話す。
なんとなく不自然な状況だが、それでも登場人物の間ではコミュニケーションの齟齬がまったく生じない。
見ていると、どうも監督のキム・ギトクがオダギリジョーに遠慮したのではないか、と勘繰りたくなる。
そうやって見るとオダギリジョーの演技も、微妙なずれがあるように思えて気になってくる。

相手のために自己を犠牲にする。その行き着くところが真の愛。
その言わんとすることはわかる気もするが、やはり内容に説得力がない。
この作品は、キム・ギトクとしての失敗作と考えてもいいと思う。
淋しいことだが、このような不消化な作品を作ることもやむを得ないことかなと思ったりする。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『受取人不明』を観て

2017年03月29日 | 2000年代映画(外国)
『受取人不明』(キム・ギトク監督、2001年)を観た。

1970年代、韓国。米軍基地がすぐ隣りにある村。

黒人との混血児チャングクは、廃バスで母親と二人で暮らしながら犬商人の仕事を手伝っている。
母親は、チャングクの父でアメリカにいる男へ手紙を出すが、毎回、“受取人不明”で返ってくる。

右眼を失明している女学生のウノクは、容貌にコンプレックスを持ち、愛犬が唯一の相手である。
ウノクの母は、朝鮮戦争で亡くなった夫の年金を頼りにして、どうやら生活を賄っている。

父の肖像画専門店を手伝っているチフムは、高校に通っていない。
内気なチフムはウノクに想いを寄せているけれど、不良少年二人から脅しやいじめを受けたりして・・・

チャングク、ウノク、チフム。
若者三人の行動を中心としながら、それぞれの家庭環境、家族問題が色濃く滲む。

例えば、
チャングクは、村人とトラブルを起こす母が鬱陶しく、殴る、蹴るを繰り返す。
そして、手伝いに行く犬の解体作業者は、母の愛人でもある。

ウノクが片目を失明した原因は、幼い時、おもちゃの銃で兄に撃たれたためである。
父は朝鮮戦争で死亡したはずなのに、実は北へ逃亡したということで年金も中止になってしまう。

チフムの父は、朝鮮戦争で右足を負傷したが、北の人民兵を殺したことを自慢にしている。

決して未来に希望があるわけでなく、貧しく、鬱屈した日々を過ごしている若者たち。
明るい太陽の光も射さないかのような風景の中で、彼らなりに生活する若者たち。

そんな中で、異国での軍生活に耐えられない米兵ジェームズが、ウノクに想いを寄せる。
彼は、目の治療を条件としてウノクに交際を申し込む。
申し出を受け入れたウノクは、手術をしそれが成功して、今までのコンプレックスを解消する。
しかし、その希望に満ちた想いは、ほんの一時のことだった。

若者たちの暗いその後の行動は、坂を転げ落ちて行くような、どうにも助けようがない形で奈落へと突き進んでいく。
彼らは、この村から逃げ出そうにも逃げ出せない。
こんな救いがないような生き方でも、その生活の中で、彼らは精いっぱい生きて行こうとしていた。
その姿をみるとその印象がとても強く残り、感動を覚える作品であった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『エリックを探して』を観て

2017年02月21日 | 2000年代映画(外国)
『エリックを探して』(ケン・ローチ監督、2009年)があったので借りてきた。

イングランド・マンチェスター。
郵便配達員のエリックは、二度目の妻の連れ子ライアン、ジェスとの3人暮らし。
ある日、エリックは交通事故を起こしてしまう。
怪我もなく、翌日に病院から帰宅できたが、家では子供が好き勝手のし放題。
落ち込むエリックに郵便局の仲間たちが、いろいろと励ますが効果がない。

その夜、エリックは部屋に貼ってあるポスター、尊敬するサッカーのスーパースター“エリック・カントナ”に向かって話しかける。
「俺の憂鬱の理由がわかるか?・・・」
すると驚くことに、エリックの背後に、カントナ本人が立っていた・・・

エリックの憂鬱の理由は、最初の妻リリーのこと。
30年前。恋に落ちて娘のサムも生まれたが、自分の気の弱さからすぐに別れてしまい、それ以後会わずにいた。

それが今になって、子育てしながら大学に通うサムのために孫娘デイジーを預かることになる。
そのことがリリーとも関係し、とうとう再会しなければならない、ということになる。
そして、冒頭の事故。

カントナのアドバイス、自信喪失のエリックに対しての勇気づけ。
とうとう、リリーとの再会。
カントナの励ましと助言で、少しずつリリーとの距離を縮めていくエリック。

しかし、その一方で新たな厄介事が持ち上がる。
ライアンが、ギャングから預かった拳銃を家の中に隠し持っていたのだ。

エリックは家族を守るために、カントナに背中を押され、仲間たちと共に大胆な行動に出て行く。

ケン・ローチは、いつものように社会の底辺に住む人たちに寄り添って、その見る目が温かい。
特に、エリックの仕事仲間たちの、友達を思いやる連帯感が頼もしい。

実際の“エリック・カントナ”が登場し、落ち込んでいるエリックをいろいろと励ますところが、この映画のミソ。
最後のあたりの、みんなでギャングに乗り込んでいくところなんかは、バカバカしいというか、微笑ましい痛快劇。
と言っても、ケン・ローチはツボをしっかりと押えていて、リリーも含め、エリックの家族に対する心持ちにほのぼのとする。
やはり、ケン・ローチ。
ケン・ローチに乾杯。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『リトル・ダンサー』について

2016年07月16日 | 2000年代映画(外国)
現在までのスティーブン・ダルドリー監督の作品を続けて書いてきたので、残る1本の『リトル・ダンサー』(2000年)についても書いておこうと思う。

1984年。場所は、イングランドの東北部、ダーラムの炭鉱町。
11歳のビリーの家族は、父と兄トニーが炭鉱の労働者であり、軽度の認知症を患い徘徊癖のある祖母の四人暮らし。
ビリーは、父親がボクシングファンのために、好きでもないボクシング・ジムに通っている。
そんなある日、ジムの隅でバレエ教室が開かれることになった。
偶然目にしたビリーは、バレエに魅せられ、密かに女の子たちに混じって練習するようになる。
どんどん上達するビリーに、ウィルキンソン先生は自分が果たせなかった夢も重ね、彼を熱心に教えていった。
しかし、それを知った父親は激怒。
バレエへの思いを理解してもらえないビリーは、悔しさをぶつけるようにして一人で踊り続け・・・・

この映画は大雑把にいえば、セクサスストーリーの部類になると思う。
でも、そのような作品の中にあって際立って特徴があるのは、その背景。

炭鉱不況によって、ストライキに参加している父親と兄トニーは失業同然で、お金に対して切実な状態にある。
だからビリーにとって、ウィルキンソン先生が熱心にロンドンのロイヤル・バレエ学校のオーデションに勧めても、そう簡単なことではない。

そんな中、ビリーの踊りを見た父親は、その踊りに目を見張る。
その後の、父の行動。
ビリーの夢を叶えてやりたいと、金のためにスト破りまでしようとする決心。
その父親の行動を見てしまうトニー。
このような社会状況を背景に、浮かび上がってくる家族愛。
これらの事と、ビリーのバレエに対する憧れ、不安がない交ぜとなり、観る側としては無意識のうちに感動を呼び起こされる。

特にラストの、ビリーが大人になって、舞台に飛び出し踊り出す「白鳥の湖」。
そのワン・シーンは感動しかない。

人が、ひとつのことに興味を持ち、それに打ち込み努力するということ。
すべての人がその結果に報われる保証はどこにもないけれど、その真摯な姿勢に心打たれない人はいないと思う。
私にとって、そんなことを思わせてくれる非常に印象に残った作品である。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

『愛を読むひと』を観て

2016年07月07日 | 2000年代映画(外国)
『愛を読むひと』(スティーブン・ダルドリー監督、2008年)を観た。

1958年、ドイツ。
15歳のマイケル・バーグは、学校からの帰宅途中に具合が悪くなり、たまたま通りがかった21歳年上のハンナ・シュミッツに助けてもらった。
3ヶ月後、猩紅熱から回復したマイケルは、お礼の花束を持って一人暮らしのハンナを訪ねる。
彼はハンナの魅力に惹き付けられて、翌日もまた彼女の部屋に向かってしまう。
そんなハンナから石炭を運ぶよう言われたマイケルは、煤だらけとなり、それを見たハンナから風呂できれいにしたらと促される。
バスタブから出る彼を、大きなタオルで抱きしめる裸のハンナ。情交。
次の日もその次の日もハンナの部屋へと走るマイケル。
ハンナもその時間に、路面電車の車掌の仕事を終えて帰ってくる。
やがてハンナは、本を読んで聞かせてほしいとマイケルに頼み、彼は「オデュッセイア」や「子犬を連れた奥さん」、その他を一心に読み続けた。
そんなある日、マイケルが彼女の部屋を訪ねると、ハンナの姿は消えていて、中は空っぽだった・・・・

なぜハンナは突然、行方をくらましてしまったのか。
そのことは、後ほどハンナの過去についての事柄がわかってくるので、一応理解ができる。

1966年、法学生としてマイケルは、ある裁判の傍聴をする。
そこには、戦前のナチ親衛隊としての被告人ハンナがいた。
裁判の中で、他の5人の被告からハンナが看守の責任者だったと言われ、裁判官はハンナに筆跡を求める。
しかしハンナは拒否し、責任者としての罪を認める。その結果は、無期懲役。

物語の中で、あれ程ハンナがマイケルに本を読んで聞かせてほしいとせがむ段階から、ハンナの文盲はおおよそ察しがつく。
ラスト近くに語る言葉で、裁判の段階ではまだ、自分が死に追いやった人達に対する罪の意識は、さほど強くないことがわかる。
となると、文盲であることを恥とし、自分の生涯を刑務所で過ごそうという、その感覚がどうしても理解できない。
一般的な感覚からすると、恥の意識と、一生涯の自由の束縛を天秤にかけた場合、大抵正直に事実を明かすのではないか。
そして、この作品の致命的なところは、それ以前にいろいろな書類にサインをさせられているべきではないだろうか。

映画は、マイケルの視点から描かれているから、他の箇所でもハンナの心理がわからないところがある。
では、マイケルの心理はよくわかるかというと、これもすべて納得できるわけではない。
特に、マイケルが留置所にいるハンナに、真実を語るよう説得するために面会に行きながら、後一歩のところで引き返してしまう。
なぜそうするのか、その意味を誰か教えてほしい。
やはり心理描写の説明不足ではないのか。

原作の『朗読者』(ベルンハルト・シュリンク著、1995年)はベストセラーになり評判も高かったが、私は未読なので、映画の上でしか感想が述べられない。
ダルドリー監督は、他の作品と同様に、物語を丁寧に描いている。
だから大概の人は、いい作品を観たと感激するのではないかと思う。
しかし、私としては物語性を先行させた主体性のなさが気にかかる。
前半の、年上の女性と少年の話は、『思い出の夏』(ロバート・マリガン監督、1971年)の青春の痛々しさを観てしまうと、
ケイト・ウィンスレットの裸体ばかりが目につき、そちらに興味がそそられてしまう。
そして、後半の内容は、立場が逆であってもナチスの収容所の話が共通する『ソフィーの選択』(アラン・J・パクラ監督、1982年)と比べると雲泥の差が出てしまう。

ここのところ、一連のダルドリー監督作品を観てきたが、やはり一番優れていると思うのはデビュー作の『リトル・ダンサー』(2000年)。
折角なので、次回はこの作品について書こうと思う。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加