ポケットに映画を入れて

今までに観た昔の映画を振り返ったり、最近の映画の感想も。欲張って本や音楽、その他も。

ルネ・クレール・8〜『幕間』

2017年11月06日 | サイレント映画(外国)
ルネ・クレール、第2作目の『幕間』(1924年)について。

飛び跳ねてきた二人“山高帽のエリック・サティ”と“フランシス・ピカビア”が大砲を撃つ。
テラスで“マルセル・デュシャン”と“マン・レイ”がチェスをしている。
スカートの下から見るダンサーの踊る足。
らくだが引いていた霊柩車の暴走。それを必死に追う人たち・・・

ざっと言うと、いろいろこのような映像が次々と出てきて、実際は、ストーリーもシナリオもないアバンギャルドな作品。
が、あれよあれよと一気に見てしまう20分間である。
そして、先に名を挙げたダダイズムの面々が映っている貴重な記録映像でもある。


マルセル・デュシャン(左)とマン・レイ

この映画は、当時、エリック・サティがスウェーデン・バレエ団のために作曲した『本日休演』の第1幕と第2幕の幕あいに上映するための作品。
だから、映画もエリック・サティの曲となっている。
面白いことに、肝心の公演されたバレエそのもののストーリーなどもダンサーの即興に依ったという。

映画史においても有名なこの作品が、YouTubeにUPされていたので載せておこうと思う。
非常に貴重な映画が、このような形で観れることにつくづく有り難く感じる。

幕間(ルネ・クレール.1924)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ルネ・クレール・7〜『眠るパリ』

2017年11月03日 | サイレント映画(外国)
『眠るパリ』(ルネ・クレール監督、1923年)を借りてきた。

エッフェル塔の高い室内で仕事をするアルバートが、朝、目を覚ますと街のあらゆるものが停止していた。

マルセイユから飛行機でパリへやってきた男性4人女性1人のグループは、街中が森閑としている状態を目の当りにする。
5人とアルバートが出会い、その夜、一行はエッフェル塔の高い部屋で泊まる。
そして翌朝、食料を求めて静止しているレストランへ行き、その後は世界を制覇した気分で、自由気ままにエッフェル塔でのんびりとする・・・

この作品は、ルネ・クレール監督のデビュー作。当然、サイレントである。

まず、着想が面白い。
アルバートがエッフェル塔から降りて、通りを行くと、人も停止状態のままだったりする。
マルセイユから来た人物の中には、くせのある者もいたりする。
そんな連中が、開放感いっぱいで楽しんだりする。
遥か下の方の風景を見せながら、エッフェル塔の鉄骨でのんびりする彼らの、その画面作りに目を瞠らされる。

肝心の、なぜパリの街が停止しているかということ。
実は、ある科学者が特殊な光線を使って街の動きを止めてしまっていたのである。
その時、この6人は光線の届かない位置にいたので。

このような話でもってパリのあちこちを見せ、内容は非常にテンポがよく、だからサイレントと言っても飽きが来ない。
反って、興味が尽きないほど楽しい。

なるほど、シュールな設定がアヴァンギャルド映画的である、と言われる意味が十分に納得できる作品。
ルネ・クレールを知るうえで、実に興味深い。

この作品と『幕間』(1924年)が一巻になったビデオが県図書館にあったので借りてきた。
だから、『幕間』については次回に。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『アッシャー家の末裔』を観て

2016年01月05日 | サイレント映画(外国)
元旦に続いて凄く古い作品、フランス映画でサイレントの『アッシャー家の末裔』(ジャン・エプスタン監督、1928年)を再度観ようと思った。
この作品は1時間以内の上映時間だから、手の空いた時に観るには丁度よい映画だった。

アッシャー家の主人ロドリックから、彼の友人に「不安だ、是非来てくれ」と言う手紙が来る。
友人は、アッシャー家に向かう途中で、嫌がる宿屋に金を積んで馬車を頼む。
妖気漂うアッシャー家。
着いた友人をもてなすロドリック。
しかし荒廃した屋敷は、広間に隙間風が吹き、枯葉が舞っている。
その寒々とした屋敷には、ロドリックと心を病んだ妻のマドリーヌ、その主治医に執事、その四人しかいない。
ロドリックはマドリーヌをモデルに、アッシャー家に代々伝わる妻の肖像を描いている途中だった。
夕食後、友人を散歩に追いやり、取り憑かれたように絵筆をふるうロドリック。
肖像画が生気を帯びれば帯びるほど、絵に生命を吸い取られていくマドリーヌ。
愛しげに、ついに完成した妻の肖像画を見つめるロドリック。
それと共に、床に崩れ落ちて変わり果てるマドリーヌ。
ひょっとして、まだ生きているかもしれないと、泣き叫ぶロドリック。
マドリーヌの棺に釘をすることさえ許さないほど打ちのめされるロドリック。
うら寂しい森の中への、四人だけの野辺送り。
その墓所で、ついに棺に釘が打たれ・・・・

流れる濃霧に覆われた林と沼。枯れ木。
激しく揺れ動く天井からのカーテンと舞う枯葉。
大きな柱時計の振り子、その時計の歯車。
本棚から大量に崩れ落ちる本。
突然、ギターの弦が切れる不安さ。
無数のロウソクが溶け崩れる様。
林の中を舞う純白のヴェール、等々。

計算され、いろいろと工夫されたショット。
鮮明さと相まって、妖しさを漂わせるその映像の美しさ。
そして、音が今にも聞こえて来そうな場面の数々。
特に後半には目を見張らされる。

サイレントからト-キーになって、安易にセリフに寄りかかってしまっている作品が少なからずある中で、
原点に返り映画とは何かを、
怪奇と幻想の頂点をきわめたサイレント末期の傑作、と言われるこの作品から学ぶべきことは多いと思う。

因みに、この作品の全編をYouTubeでも観ることができるが、映像が鮮明でなく、折角の作品の味わいが損なわれているのが残念である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加