杉並からの情報発信です

政治、経済、金融、教育、社会問題、国際情勢など、日々変化する様々な問題を取り上げて発信したいと思います。

大不況の元凶は小泉首相と竹中金融担当相が実施した「ドル買い」が原因

2010年03月16日 18時21分56秒 | 政治・社会
大手マスコミは意図的に報道していませんが、さる2月9日の衆議院予算委員会で民主党の小泉俊明議員が【日本経済をこれほどまでに落ち込ませたのは「小泉・竹中構造改革」である】と「小泉・竹中構造改革」を痛烈に批判する論陣を16分にわたって繰り広げました。これは画期的なことです。

小泉首相と竹中金融担当相と財務省が2003年の一年余りの短期間にドル買した35兆2565億円はすべて米国債購入に充てられました。このお金こそ今我々が苦しんでいる「需給ギャップ」のお金そのものなのです。

以下の記事をお読みいただき宜しければ情報拡散をお願いします。

■ 大不況の元凶=30-40兆円の「需給ギャップ」は小泉首相と竹中金融担当相と財務省が実施した35兆円の「異常なドル買い」=「米国債購入」が原因だ

昨日(3月15日)内閣府は、需要と供給の差を示す「需給ギャップ」が2009年10~12月期には年換算で30兆円程度、09年1~3月期に過去最悪の40兆円程度の需要不足であった、と発表しました。

下記に朝日新聞の該当記事を転載しますが、私が気になったのは2009年の年間「需給ギャップ」が30兆円ー40兆円という金額です。

添付画像の「外国為替平衡操作の推移(月別)」(平成14年1月ー平成22年1月)の資料を御覧下さい。

この表は平成14年1月から平成22年1月までの間に日本の財務省が実施した「ドル買い」の実績表ですが、平成15年(2003年)1月から平成16年(2004年)3月までの1年3ヶ月の間に買ったドルの総額が日本円で35兆2565億円になったことを表しています。

この金額と「需給ギャップ」の金額が奇妙に一致するのです。

▲ 短期間に巨額な「ドル買い」を実施

小泉首相と竹中金融担当相と財務省が一年余りの短期間に為替介入で買ったドル35兆2565億円分が全額米国債購入に充てられました。

なぜならば、当時のブッシュ政権は財政赤字と貿易赤に苦しみかつ2001年に開始したアフガニスタン戦争と2003年に開始したイラク戦争で巨額の軍事費を必要としていたからです。

日本国民の労働の対価である「35兆円」は国民生活の向上と国民経済の活性化のために使われることなく、小泉首相と竹中金融担当相と財務省によってブッシュ大統領の要求に従い返済不能の「米国債」の形で米国に献上されたのです。

米国に貢いだ「35兆円」は米国が始めたアフガニスタンとイラクへの侵略戦争に使われました。

米国に貢いだ「35兆円」は米国の「サブプライム住宅ローン」バブルを引き起こしました。

米国に貢いだ「35兆円」はハゲタカ外資の「日本買い」資金となり日本の不動産や株が買い占められました。

米国に貢いだ「35兆円」は投資ファンドの投機資金となり原油や小麦やとうもろこしなどの穀物が買い占められ価格高騰を引き起こし途上国で暴動が発生しました。

米国に貢いだ「35兆円」は投資銀行によって正体不明の金融派生商品が開発され世界中に拡販され膨大な金額の「隠された不良債権」を生み出しました。

今の日本を苦しめているデフレの元凶は30-40兆円の「需給ギャップ」でありこのギャップは小泉首相と竹中金融担当相と財務省が2003年に実施した35兆円の「異常なドル買い」=「米国債購入」が原因なのです。

▲ 民主党は「小泉・竹中構造改革・独立検証委員会」を国会に設置して彼らの責任を徹底的に追求せよ!

添付の「外国為替平衡操作の推移(月別)」は民主党の小泉俊明議員が今年の2月9日の衆議院予算委員会で【日本経済をこれほどまでに落ち込ませたのは「小泉・竹中構造改革」である】と「小泉・竹中構造改革」を痛烈に批判した論陣を16分にわたって繰り広げた際に資料として予算委員会で配布したものです。

「小泉・竹中構造改革」を正面から批判する議員が予算委員会で発言したことは画期的なことです。

自民党は「小泉・竹中構造改革」批判がこれ以上広がらないように大声のヤジで聞き取れなくするという卑劣な妨害に出ましたが、答弁に立った鳩山首相、菅財務大臣、亀井金融担当大臣の3閣僚からは「小泉議員と基本的な考えは同じである」と「小泉・竹中構造改革」批判の見解を引き出しました。

民主党は「小泉・竹中構造改革・独立検証委員会」を国会に設置して彼らの責任を徹底的に追求すべきなのです。

小泉俊明議員の質問の映像は下記のURL「衆議院TV」の「2月9日」→「予算委員会」→「発言者小泉俊明議員」で見れますのでぜひ御覧下さい。

http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php

▲「需給ギャップ」を報じる朝日新聞記事を以下に転載します。

 需要不足、30兆円程度と試算 内閣府

 2010年3月15日 朝日新聞

 http://www.asahi.com/business/update/0315/TKY201003150426.html

内閣府は15日、日本の需要と供給の差を示す「需給ギャップ」が、2009年10~12月期がマイナス6.4%で、年換算で30兆円程度の需要不足だったとする試算を公表した。同期の国内総生産(GDP)が2次速報で下方修正され,需給ギャップ(GDPギャップ)も1次速報後のマイナス6.1%から下方修正された。

また、09年1~3月期のGDPギャップはマイナス8.0%で、過去最悪の40兆円程度の需要不足となった。

(終わり)
ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「米軍ホワイトビーチ沖合埋め立... | トップ | 大人は手遅れかも知れないが子供... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
大不況の元凶は小泉首相と竹中金融担当相が実施した「ドル買い」が原因(杉並からの情報発信です) (今の世の中に物申す)
http://www.asyura2.com/10/senkyo82/msg/553.html 投稿者 山狸 日時 2010 年 3 月 16 日 20:53:14: tX9mutQ2kzrA2
「法人税は海外より高い」に、2つのごまかし。民主党政権は、「国民生活が第一」の政策を! (ふじふじのフィルター)
 大塚耕平金融副大臣は、21日、テレビ朝日の番組で、法人税減税について「参院選の
6298 ◎ 予算委で 小泉(竹中)改革 総括し 〔小泉俊明議員〕/広めよう 小泉(竹中)改革(売国政治) 総括を/(政権)交代で... (アルデバランの 夢の星)
色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。
6299 経済と 景気重要 小泉(俊明)議員/小泉(純一郎)の(改革は) 何だったのか 検証を/小泉や 日経平均('01年4月 14,000... (アルデバランの 夢の星)
色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。
6300 暴落は (超)緊縮財政(企業退出、減損会計) 強行や(強硬実施)/最大の 闇はドル買い('02年10月~'04年3月) 介入や ... (アルデバランの 夢の星)
色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。
6301 為替市場 ドル買い正当 理由なし 巨大資金の 提供の闇/(小泉や)35兆 米国債を 購入し 売ったアメリカ(原資半分)... (アルデバランの 夢の星)
色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。
6302 日本では 金融恐慌 警戒し日経平均('01年4月 14,000円⇒'03年4月 7,600円) 暴落過程(保有株式 泣いて投げ売り)/株価格... (アルデバランの 夢の星)
色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。
6303 ギッチョンチョン(竹中は) りそな銀行 2兆円 公的資金 投入救済/竹中は 絶対儲かる(ETF) 発言し('03年2月)/... (アルデバランの 夢の星)
色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。
6304 巨大なる インサイダーで(風説の流布、相場操縦) 20兆 外国資本 日本株買い/2003年 日本経済(株価暴落) 崩壊... (アルデバランの 夢の星)
色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。
6305 この崩壊 罪なき企業(市民) 倒産(失業)し 経済苦自死 灼熱地獄/2003年 日本経済(株価暴落) 避けられた(必要... (アルデバランの 夢の星)
色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。
6307 小泉(俊明議員)は 経済崩壊(株価暴落、外為介入、資金提供、日本株買い) まで説明 今後はさらに 深い闇にメス/飯島(... (アルデバランの 夢の星)
色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。
6308 全貌を 白日の下 晒さねば かんぽの宿(りそな疑惑)や えん罪事件(植草・村木)/鳩政権 参院選に 勝利させ ’13年... (アルデバランの 夢の星)
色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。
6364 ◎ 元凶は(ドル買いで) 小泉竹中(構造改革) 大不況  需給ギャップが 35(30-40)兆 (アルデバランの 夢の星)
色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。