風・感じるままに

社会の出来事や身の回りのこと、生い立ちを気ままに綴っています。

久しぶりに京の街を

2017-02-04 | 日常








吉田神社の節分祭に行った帰りに四条河原町までぶらぶらと歩きました。
久しぶりの京都の街でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初詣

2017-01-01 | 日常






カメラ好きの友人の誘いで京都西山の善峯寺に行った。
目的は、山の中腹?にある吉峯寺から「初日の出を写す」こと。
ところが、寺の駐車場手前1kmくらいから車の渋滞でノロノロ。
駐車場の500m手前で車は動かなくなった。
すでに、7時過ぎの日の出時間に間に合わないのでUターン。
〝日の出〟の写真はあきらめ、近くの大原野神社に行く。
日頃は神頼みをあまりしないが、この歳になって「一年を健康に」と手を合わせた。
帰った来て、お神酒でもという気分ですが、午後からは2~3時間、車の運転のボランティアです。
よって、お神酒はそれまでお預け。

今年の心がけ
〝無理に進むのではなく、途中で引き返す。その決断を早く!〟かな?(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天満の天神さん

2016-12-11 | 日常








用事のついでに大阪天満宮に寄ってみた。
昼過ぎだったので、人もまばらだった。
25日の終い天神が済むと一気に正月準備で忙しくなる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水の都(天神橋)

2016-12-06 | 日常








用事で大阪市中央区の北浜に出かけた。
予定時刻まで時間があったので、地下鉄を一駅前で下車して歩くことにした。
南森町駅を出て南に歩くとすぐ天神橋がある。
土曜日の昼過ぎということもあり、車も人の流れも少なかった。
天神橋は、中の島公園の東端。橋の中ほどから下に降りて西の淀屋橋の方に向かって歩きたかったが、そこまでの時間はなかった。
用事を済ませた帰り道、また、橋を通った。
5時少し前だったが辺りは少し薄暗く、東側の公園や両岸のビル灯りが川面に揺れていた。
今度、時間があるときにライトアップされた中之島公園界隈をゆっくり歩いてみよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小雨にけむる美山芦生

2016-11-20 | 日常







写真は、上から友人宅(ちしゃの木庵)の上流、下流、対岸の、それぞれの景色。下は、店の横の小川。

友人が南丹市美山町芦生でそば処をやっているので、紅葉を兼ねて行ってきた。
現地は小雨に煙るあいにくの天気だったが、それがかえって晩秋の景色を醸し出していた。
この日は車の助手席だったので、到着して挨拶もそこそこに景色をあてにビールをいただいた。
美味しいそばと山菜のてんぷらを食味しながらビールがすすむ。
ここ芦生は庵主の奥さんの里。今は彼も地に溶け込んで村の人たちと村おこしに頑張っている。
23日で今年の営業が終了する。まもなくに雪が降り、芦生坂尻の山村にも本格的な冬がやって来る。
この日は、お客さんが多かったので、あまり話ができなかった。
たまった話は、またの再会の時にと芦生を後にした。
※庵主のブログはここから
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大山崎町 観音寺の紅葉

2016-11-15 | 日常








大山崎町(京都府)の観音寺(通称:山崎聖天)に行ってきました。
ここには、樹高20m~30mくらいの4本の銀杏の樹があり、毎年、その紅葉(黄葉)を楽しみにしています。
もうそろそろかなと思っていましたが、まだ薄黄緑でもう少しという感じでした。
あと4、5日も朝晩の冷え込みがつづけば、真っ黄色な落葉によって、樹の下は黄色のじゅうたんを敷いたようになる。
それはそれは見事なものです。
その頃に、もう一度訪れてみようと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨の繁昌亭

2016-11-08 | 日常


大阪市内での用事を済ませ、帰り道に天満天神繁昌亭に寄ってみた。
いつもは観光客が多いところですが、この日はほとんどそれらしき人はいなかった。
4時過ぎだったが、すでに赤い提灯に灯が入り、小雨に煙る繁昌亭辺りは何とも言えない情景を醸し出していた。
しばらくの間、その雰囲気の中に浸っていた。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

1人で悩まず「地域労組」に、まず相談を

2016-11-06 | 日常




〝1人でも入れる〟〝困ったときに頼りになる〟労働組合、北摂地域労働組合の定期大会に参加。
労働法制改悪のアベ政治とたたかい、仲間を増やそうと参加者全員の心が一つになった大会でした。
終了後、和やかな懇親会が持たれました。

【紹介】
2016年労働組合入門わくわく講座 第1章(第1章から5章まで、補講もあります)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

苦悩し、たたかうジャーナリスト

2016-11-01 | 社会

30日に、現毎日放送報道局番組センター ディレクターの斉加尚代氏の講演を聞く機会があった。
話は、自身が製作に携わった「MBS 報道 ドキュメンタリー映像´15(2015年09月27日深夜放送)『なぜペンをとるのか~沖縄の新聞記者たち~』を製作して」という題だった。
「沖縄の新聞2紙を潰せ」と攻撃を受ける中、一貫して沖縄県民の立場からペンをとりつずける「琉球新報」の編集局記者を取り上げたものだった。
昨今、商業大手新聞の読者減がつづき、読者の購読料より企業(それも大企業の)広告収入の方が多くなる中、大企業に厳しい記事が書けなくなってきている状況に置かれている。
新聞の紙面を見ても、半分以上が企業広告で占められていて、直接紙面を作ることに携わ人員よりる広告取りに必死になって動き回る社員が多くなり、社内には、広告取りに携わる社員の方が紙面つくりの人たちより「幅を利かす」という状態があると言われている。

斉加さんは「テレビ報道の職場環境」「評価のモノサシが変化」してきていて、権力の攻撃に対して「配慮や忖度」、「報道職場が委縮」していることが非常に心配と、実感を込めて語られた。
そのうえ、番組作りについて「経済に左右=経費削減」「過酷な労働環境」「コンプライアンスの要請」「視聴率」という環境の中で、ますます番組つくりが厳しくなってきていると述べられた。
そして最後に、「いま、私たちジャーナリズムに求められるものは「どこを向いて仕事をするのか、誰のための公平性か」が問われていると語られた。

ジャーナリズムの置かれている厳しい状況の中で良心と正義感を持って頑張っておられる方たちに敬意を表したい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ママチャリでサイクリング

2016-10-29 | 趣味








いつもは一人でマウンテンバイクでサイクリングしているのですが、「ママチャリでも行ける所へ連れてって」と言われて、通称?「ママチャリサイクリング」してきました。
そこそこ高齢者も居られるし、「自転車は買い物くらいしか乗らない」という方ばかりなので無理はできないと、島本町の三川対岸の八幡市に行きました。
雨上がりで、少し風はあるが青空の下、桂川河川敷道を北上し、桂川に架かる天王山大橋を渡り、背割り堤へ。
小休止した後、旧遊郭街家屋が残る橋本へ行き、50年前の歴史を見てきました。
山沿いの道を京阪八幡市駅前へ戻って来て、ケーブル組と徒歩組に分かれて男山山頂の石清水八幡宮へ登る。
北に広がる京都の街を眺めながら昼食の後は、飛行神社などに寄り、帰りに背割り堤の突堤まで行き〝爽やか景色〟を満喫。
陽が少し傾きススキの穂が逆光にきらきらと揺れる河川敷道を全員無事に島本まで帰還。
「少し疲れたが、最高に気持ちよかった。また行きたい」の感想に、少しほっとした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加