風・感じるままに

社会の出来事や身の回りのこと、生い立ちを気ままに綴っています。

淀川沿いをぶらり

2017-05-01 | 日常










ばたばたしている間に桜の季節から若葉の季節に。
久しぶりに、自転車で淀川に会いに行った。
四季、それぞれの景色で迎えてくれる淀川。
初夏の風を受けながらゆっくりと漕いだ。
疲れた心を癒してくれる淀川は俺の故郷。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春到来

2017-03-20 | 日常

島本町(総合会館)ふれあいセンターの南側歩道下の土手に咲いている水仙です。
一本だけ、ひときわ目立ちがりや?がありました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生い立ちの景色(54) 中途退学

2017-03-03 | 生い立ちの景色
1964年8月。
俺はこの年の春に青年組織の民青同盟(民主青年同盟)に加入していた。
いろんな集会や学習会へ参加するようになり学校を休むことが多くなっっていた。
だんだんと「学校の勉強しているより、おれには今、もっとすることがあるのでは・・・」と思うようになっていた。
だいぶ悩んだ末に学校をやめることにした。
親に相談してからとも思ったが、入学する時も親に相談することなく自分で決めたので相談しないことにした。
夏休みの終わる1週間前に退学を伝えるために学校に行った。
あいにく担任の先生は休みだった。もう一度来るのが面倒だったので同じ学年担当の女先生に「辞めたいんです」といった。
先生は「少しくらい休んでもいいから続けたら。理由は何?」と言った。
俺は、自分の気持ちを言おうかと一瞬迷ったが言わなかった。先生の言うことは、ある程度予想していたので俺の気持ちは変わらなかった。
事務局に行って授業料や給食費などの滞納がないことなどを確認して手続きを終えた。
教員室から校門までの大きなヒマラヤ杉が並んでいる校庭をゆっくり歩きながら、この2年5カ月の夜間高校生活を振り返っていた。
先生とクラスのやつの顔が浮かんできた。
涙が出そうになったが、「何を泣いているんや。新しい出発を自分で決めたんやろ」と言い聞かせて、ぐーと涙をこらえた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遊びとボランティアと

2017-03-03 | 日常










2月26日(日)はちょっと忙しかった。
午前8時半からは、〝春を呼ぶ風物詩〟といわれる「鵜殿のヨシ焼き」(高槻市道鵜町淀川河川敷)を年金者組合員らと見に行く。
阪急水無瀬駅から淀川堤防を歩いて40分。天気が良くて、風もそこそこで絶好のヨシ焼き日和。多くの見物人も、〝もうすぐ春が…〟という感じだった。
1時間余りでそこを切り上げ、友人の写真展に高槻まで。すばらしい写真を堪能しながら、しばし談笑。
展示会館の階上から北側を見るとお祭りが見える。そうだ、今日は高槻天満宮の〝天神さん〟の二日目。
会場を後にして、天神祭りに。今年は土・日曜日となり、いつもの年より人が多い。
ガキの頃、学校から30分くらい走って家に帰り、母親に少しばかりの小遣いをもらって、また40分ほど走って祭りに来たことを思い出す。
一回り屋台を見て回り、イチゴ大福をゲット。甘酸っぱいイチゴとあんこ、ふわーとした餅が何とも言えないコラボレーション。
その後、メイン舞台での芥川高校和太鼓部の演奏を堪能。若さあふれる舞台に感動。
1時半からは、ボランティア活動。「8時間働けば普通の暮らしができる最低賃金を。税金はカジノより福祉に使え!」とビラ配布と署名活動。多くの方がビラを受け取ってくれた。
3つの遊びと一つのボランティア活動でちょっと疲れた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりに京の街を

2017-02-04 | 日常








吉田神社の節分祭に行った帰りに四条河原町までぶらぶらと歩きました。
久しぶりの京都の街でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初詣

2017-01-01 | 日常






カメラ好きの友人の誘いで京都西山の善峯寺に行った。
目的は、山の中腹?にある吉峯寺から「初日の出を写す」こと。
ところが、寺の駐車場手前1kmくらいから車の渋滞でノロノロ。
駐車場の500m手前で車は動かなくなった。
すでに、7時過ぎの日の出時間に間に合わないのでUターン。
〝日の出〟の写真はあきらめ、近くの大原野神社に行く。
日頃は神頼みをあまりしないが、この歳になって「一年を健康に」と手を合わせた。
帰った来て、お神酒でもという気分ですが、午後からは2~3時間、車の運転のボランティアです。
よって、お神酒はそれまでお預け。

今年の心がけ
〝無理に進むのではなく、途中で引き返す。その決断を早く!〟かな?(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天満の天神さん

2016-12-11 | 日常








用事のついでに大阪天満宮に寄ってみた。
昼過ぎだったので、人もまばらだった。
25日の終い天神が済むと一気に正月準備で忙しくなる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水の都(天神橋)

2016-12-06 | 日常








用事で大阪市中央区の北浜に出かけた。
予定時刻まで時間があったので、地下鉄を一駅前で下車して歩くことにした。
南森町駅を出て南に歩くとすぐ天神橋がある。
土曜日の昼過ぎということもあり、車も人の流れも少なかった。
天神橋は、中の島公園の東端。橋の中ほどから下に降りて西の淀屋橋の方に向かって歩きたかったが、そこまでの時間はなかった。
用事を済ませた帰り道、また、橋を通った。
5時少し前だったが辺りは少し薄暗く、東側の公園や両岸のビル灯りが川面に揺れていた。
今度、時間があるときにライトアップされた中之島公園界隈をゆっくり歩いてみよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小雨にけむる美山芦生

2016-11-20 | 日常







写真は、上から友人宅(ちしゃの木庵)の上流、下流、対岸の、それぞれの景色。下は、店の横の小川。

友人が南丹市美山町芦生でそば処をやっているので、紅葉を兼ねて行ってきた。
現地は小雨に煙るあいにくの天気だったが、それがかえって晩秋の景色を醸し出していた。
この日は車の助手席だったので、到着して挨拶もそこそこに景色をあてにビールをいただいた。
美味しいそばと山菜のてんぷらを食味しながらビールがすすむ。
ここ芦生は庵主の奥さんの里。今は彼も地に溶け込んで村の人たちと村おこしに頑張っている。
23日で今年の営業が終了する。まもなくに雪が降り、芦生坂尻の山村にも本格的な冬がやって来る。
この日は、お客さんが多かったので、あまり話ができなかった。
たまった話は、またの再会の時にと芦生を後にした。
※庵主のブログはここから
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大山崎町 観音寺の紅葉

2016-11-15 | 日常








大山崎町(京都府)の観音寺(通称:山崎聖天)に行ってきました。
ここには、樹高20m~30mくらいの4本の銀杏の樹があり、毎年、その紅葉(黄葉)を楽しみにしています。
もうそろそろかなと思っていましたが、まだ薄黄緑でもう少しという感じでした。
あと4、5日も朝晩の冷え込みがつづけば、真っ黄色な落葉によって、樹の下は黄色のじゅうたんを敷いたようになる。
それはそれは見事なものです。
その頃に、もう一度訪れてみようと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加