風・感じるままに

社会の出来事や身の回りのこと、生い立ちを気ままに綴っています。

季節外れのバッタが

2018-02-19 | 日常

自転車で走っていると、路面に何かある?
引き返してよく見ると、なんとバッタです。えー!こんな季節に?
写真を撮ろうとカメラを近づけても逃げないどころか、びくともしません。
写真に収めて、このままだと車にでも引かれたらと、そーと手で捕まえたら、やっと少しだけ動きました。寒さで、弱っていたのかもしれません。
家に持って帰って暖かい室内でと思いましたが、バッタのことを考えて?道路端の草むらに放してやりました。
連日の寒さです。あのバッタは今頃どうしているか?とても気になります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京・節分祭のはしご

2018-02-03 | 日常
 

 

友達と京都の神社の節分祭のはしごをしてきました。
鴨川から北を望む山は雪化粧をしていましたが、京都の街は春近しを思わせる佇まいでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JR島本駅西地区の都市計画「説明会」等について

2018-01-15 | 日常
島本町は、JR島本駅西地区の都市計画などについて「住民説明会」と「意見募集」を行います。
日時等については下の通りです。(一部、島本町ホームページから転載)
 
【JR島本駅西地区の都市計画に係る住民説明会】 
日時  平成30年1月19日(金曜日)午後7時から
場所  ふれあいセンター1階 ケリヤホール
内容  JR島本駅西地区における都市計画について


【JR島本駅西地区における都市計画概略案に係るご意見募集】 
募集期間:平成30年1月16日(火曜日)から平成30年1月29日(月曜日)(郵送の場合は1月29日必着)
資料の閲覧場所:1階文化・情報コーナー、町ホームページ
応募方法:住所・氏名を明記のうえ、1月29日(月曜日)までに都市計画課までお持ちいただくか、郵送、ファックスまたは町ホームページの意見フォームにより提出。
(記入様式は自由です)

(持参する場合)
都市計画課まで:受け付けは、土・日曜日、祝日を除く午前9時~午後5時30分
(郵送の場合)
〒618-8570(住所記載不要)島本町役場都市計画課 1月29日(月曜日)必着
(ファックス)
ファックス番号075-961-6298

(注意)応募意見に対して、個別の回答はしない。応募意見とご意見に対する町の考えかたを後日まとめて公表。また、住所・氏名の明記がない場合、受付けはできないとのこと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年のダッシュ

2018-01-02 | 日常










家でテレビ(箱根駅伝)を観ていたが、ふと思い立って裏山から太閤道へ一人でハイキングに出かけた。
以前はよく行ったが、しばらくご無沙汰している。3年、いや4年ぶりくらい。
島本高校裏から竹藪の中を抜けたあたりから上りに。歳のせいか息切れが。ゆっくり歩く。
眼下が見下ろせる鉄塔のところで一休み。
ここから上り下り道を少し行くと、金竜寺(高槻市方面)と若山神社(島本町)の分岐点に。
右の若山神社の方に少し行くと、見晴らしのいいところに出た。腰を下ろし、島本から男山、三川合流の八幡方面を見ながらしばし休憩。
体が冷えてきたので腰を上げ、少し行くと左(西側)に新大阪ゴルフ場を観ながらの道が続く。
ゴルフ場と別れる辺りから、大阪府天然記念物に指定されているツブラジイ林の中の道が続く。
急坂道をジグザグに下ると若山神社の境内に出た。正月の2日ともなると参拝の人もそれほど多くない。
今年一年の健康をお願いし、お神酒をいただいた。
境内からの長い石段を気をつけながら下り家路についた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

島本の年末風景(大沢・尺代)

2017-12-30 | 日常

            (27日の雪がまだ残っていました)


            (蝋梅のつぼみががちらほらと)


            (6日は尺代諏訪神社の正月行事お頭祭です)


            (尺代漁協事務所の売店?メニューです)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

正月前の柳谷観音

2017-12-30 | 日常








長岡京市(京都府乙訓郡)の西山の柳谷観音(楊谷寺)では、すっかり正月を迎える準備も済んで人もまばらでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鵜殿のヨシ原ぶらり

2017-10-31 | 趣味








ここ1カ月間ほど、選挙で忙しくしていた。
久しぶりに〝日常を取り戻して〟溜まっていた用事を済ませた。
午前中は、マウンテンバイクの修理。
半月前にクランクシフター(変速機)の切れたワイヤーの取り換え。
次は、台風時に気が付いた樋のゴミ掃除。
午後からは、1時間ほどの会議があったが、その後、自転車で久しぶりに淀川河川敷をぶらりと走ってきた。
先の台風時の増水と泥水で、ヨシには多くのゴミが絡みつき、だいぶ汚れていた。
北風が少しあったが、まだそれほど冷たくはなかった。
ヨシの穂が白く輝いて、青い空に映えていた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

偽物ですが・・・

2017-09-17 | その他
15日に、年金者組合島本のみなさんと、高槻市の今城塚古代歴史館・古墳に行ってきました。

周りが田んぼで、荒れ放題?になっていたころからよく行っていた「古墳」です。
当時は、子どもらの格好のあそび場となって、墳丘周りの崩れた堀では釣りをしている人もいました。
会館が建ち、「古墳」もきれいに公園として整備されてからは初めてでした。

会館では、案内ボランティアの方に出土品などの展示物について解説をしていただきました。
話を聞きながら、われわれの先祖の古代人がどのよう暮らしをしていたのか、もし、その時代に自分が生きていたら・・・と、遥か大昔に想いを募らせていました。

今回は、古墳の発掘調査で出土した「勾玉」(まがたま)作りを体験しました。
一時間近くかかって、写真のような「勾玉」を作りました。(費用は300円。指導してくれます)
勿論、偽物ですが、我ながらうまくできました。
早速、昨日から首にぶら下げて出かけました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今月の推薦曲 「いのりうた」( 日野美歌)

2017-09-07 | 趣味
いのりうた / 日野美歌



このような曲を「社会派歌謡曲」とでもいうのでしょうか。
日野美歌さんがずーと思いつづけてきた歌のジャンルだそうです。
日野美歌と言えば、ヒットした「氷雨」で有名ですが、最近では、多くの曲を作詞(作曲も)して、自分の新しい境地を切り開いています。
「桜」のついた曲名が多いのですが、この曲以外に私の好きな曲として「桜が咲いた」があります。
作詞・作曲者名の「歌凛」は本人のペンネームです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

故郷について、ついに分かった!

2017-08-29 | 日常
江戸末期に、大坂・八軒家と京都・伏見間の淀川を往来していた、あの坂本龍馬も利用したといわれる淀川三十石船がありました。
この船を操った船頭らがよく歌ったとされる、淀川沿いの地名や風景を謳った「淀川三十石船唄」があります。この唄には、中間地点にあたる枚方や高槻の地名がよく出てきます。
唄は、全部で19節(句)ありますが、この中に、私の生まれ育った「前島」(高槻市)にかかわる次のような句があります。
「ここは前島お捨ての墓じゃ いともさびしい浪の音」というものです。
他の18句に比べて、何と暗く寂しい句なのかと、長い間、気にかかっていました。
インターネットでいろいろと調べていたら、平成25年(2013年)9月25日発行の高槻市広報NO.1296号に、この句の意味について次のような記述がありました。
「(前島は)三十石船の船着場で、川久保から本山寺に向かう道の出発点でした。船唄の7番にある『お捨』は幕末の有名な女盗賊といわれ、前島にお墓があったようですが、所在地は不明です」と。
この句の意味がやっと分かり、ちょっと溜飲が下がる思いですが、「お捨」という女盗賊はどんな人物だったんだろう、どんな運命を辿ったのだろうと、新たな興味が沸いてきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加