自然を尋ねる人

自然の素晴らしさ、豊かさ、人と自然の係わり合いを求めて!自然から私たちにくれる贈り物を見つけるために今日も歩く。

堂々川の生物

2017-04-28 21:01:05 | Weblog
堂々川と本格的にかかわりをもったのが2004年、
あれから13年が経過して、今は比較的落ち着いた日々が過ぎている。

堂々川と云えばホタル、この13年最大の飛翔は1300匹
昨年は600匹ほどだが数ヶ所に集中していたから福山市でも
トップクラスのホタルの里と逢う人毎に褒めてくれる。

褒めてもらえれば今年の予想もしなくてはいけない。
結論は4月雨の日が少なかったので幼虫の上陸が遅れていたが
4月26日想像以上の幼虫が光りながら上陸した。


水から上がり3mの石崖御登り始めた幼虫

約1.5mも登っている

この場でも登っている


目視で約50匹、予想すれば昨年より30%ほど多く
4番砂留川原、5番砂留川原、堂々公園の入り口から東の小さな流れ、
幼虫の上陸数から今年は期待が持てそう。

ホタルを離れて鳥を見てみよう。
堂々川の西、鳶ケ迫谷にあったミサゴの巣が
昨年台風の風で壊され、さらに北西へ移動して巣を作り
抱卵が近々始まるだろう。
ミサゴの夫婦は出たり入ったりで忙しそう!





川の流れの近くではイトトンボ






蝶が5種程飛んでいるがなかなかとまってくれない。


翅を開いてくれないと蝶の名前はわからない


蝶を追いかける暇はない。カワセミが少し前から飛んでいる。


枝だかぶりだがこれだけの色で獲れたので満足


最後は公園のトイレの手洗い、蜘蛛と蛾が並んでいた。


蜘蛛は逃げた


蛾をよく見ると猿のお化けか怪獣か
私は初めて見た気がする。

良く撮れたものはないが珍しい光景が撮れたことで満足している。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

御野村郷土史

2017-04-23 21:24:50 | Weblog
咲く年の10月頃少しの意地と歴史を踏みにじられるのが嫌で
明治時代に出来た御野村の歴史年表を書き始めた。
この小さな小学校区の過去は縄文時代から弥生、古墳、以降各年代
それぞれ素晴らしい経歴を持っていた。
縄文・弥生の住居跡をはじめ、出土物も日本初の大型船の船の絵が書いてある
土器片もみつかり、卑弥呼時代、中国三国志時代の魏に使者を送りそれないの
成果を上げた船だと思える。


4月18日刷り上がった表紙コミノページ


当初、500部の自費出版を考えていたがどこでどう間違ったか
小学校区全戸1600軒に配布が決まった。
高々A4版7ページの冊子だが調べれば調べるほど適当な内容が多い。
ある先生が云われるには大きな声で、権威のある人が1番はじめに云えば
ほぼその通りになるとか!
その言葉通りが20や30ではなかった。ラジオにも良く出る歴史家が古文書や
現物を見つけるのが1番との説はまさにその通りであった。
いずれにしても2000部印刷し、地元の小学校6年生全員分寄付することに決めた。
先日、18日1時間の講演、写真約130枚を証拠としてしゃべる喉がからから!
水は演題にあっても手を出すのが難しかった。




もう一つ、100人弱の人が誰ひとり居眠りやコクリがないのも驚いた。
例えば、かみじょうに、過ぎたるものが3つある。鳩八幡に外が島総欅に本瓦
狂歌か恋歌歌分からないが自慢話が名句調。

このまま1時間分を書くのは厳しいのでここらでやめて
御用とお急ぎでない人は1冊200円、さー買った買った。

今年の春の花景色、ソメイヨシノからヤエザクラ系に
代わると綺麗さが変わってくる。





ヤマブキも咲いている。





つつじも各色、色好てきた。


むく


我が庭にも







つつじをしみじみ眺めたことは無かった。
少し余裕が出てきたみたい。

今日のとりは日本には♂木だけしかないと聞いた月桂樹。
たしかに月桂樹の実を見たことはない。



ということで咲く年から苦労した年表の花が
つつじの花に似せて咲いたのです。


コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

花と蛍と筍と

2017-04-18 21:23:07 | Weblog
4月17日10時20分から降ったりやんだり、10分間雨量の1mmが続いた。
夕方から夜にかけて少し強めの雨になり、合計雨量45mm
いつものように雨の夜、20時過ぎには堂々川でホタルの観測。
10分間雨量が2mm、3mmと降れば川の水量は増えてホタルの上陸は見えない。
1ヶ所だけ橋の下で2匹の上陸。

暗い闇にライトが光るが水量が多く目を細くしてみたがホタルは見えない。
探すこと20分、下流の橋の下で2匹が光りながら上陸。






1月から御野小学校区の歴史を調査し、年表を作っていたが18日に
冊子の印刷が完了し公民館に納品された。
町内会連合会が地域1500軒全戸へ配布されるようだ。
歴史書を書く人は数あれど地域全戸へはまずないと会長が
新聞社向けのコメント出しておられた。
作者としてはうれし恥ずかし、穴があれば隠れたい心境。
初版2000部はちょっとしたヒット作品でもある。

18日午後から1時間の講演会。
台本がない話、同じことは話せない。誰かビデオ撮影していませんか。
いつもなら春、春眠の頃が輪をかけて眠る人が多いが
今日に限ってそんな人がいなかった。100人弱の参加もすごい。
講演する側からすればこんなに嬉しいことはない。


主催者の挨拶


詳しくは後日時間があれば掲載するとして、本日は晩春特集。

雨が降れば筍が顔をだす。


今年は不作で中国産でも高いらしい

筍には山椒の若芽がつきもの


ここからは花の紹介。


黄色の桜

一重のヤマブキ


山では花(鼻)より葉(歯)が先に出る山桜。


白いようでさくら色がかかる

白い満開のリキュウバイ


八重桜もほころび始めた。



気が付く人は少ないがモミジも花を付けている。


雨に濡れれば味が出る


味と云えばチュウリップの花
花びらには蜜は無かろうに、
キリギリス?の子供が花の上を右往左往



こんな風景を見れば咲いた・さいたチュウリップの花が
赤しろ・・1
黄色は我が家にはないので悪しからず。

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

さくら

2017-04-13 21:01:41 | Weblog
さくら記事の前に
11日19時30分より御野公民館で福山市長を囲んだ車座トーク
つまり市長殿が直接町へ出向いて意見を聴く会を実施されている。
事前に要望は控えて欲しいと言われていたので私は自慢話をした。
「小学生とボランティアが不法投棄の川を観光地に変えたヒガンバナ、
もうすぐ広島県NO.1になると」
他の人はそれなりに要望を云っていたが、我関せず・・・
そこまではたまに聞く話だが
昨日、用事のついでに御領の古代ロマンを蘇らせる会長の家へ行くと
今、市長殿が古墳の丘へこられていると聞き、山へ急いだ。
昨日の今日、参加者が話した内容を確認に御領山「古墳の丘」へ来られていた。


考えられない行動・そしてスピード


ある人からすごい市長と聞いてはいたが、まさか、驚きと尊敬で我が頭がおかしくなった。

本題の桜記事
広島県にある岡山神社、ここの桜も神辺有数の桜の名所


さくら切る馬鹿、ウメ切らぬ馬鹿


妙齢のご婦人があろうことか、さくらの枝をポキリ、そのまま車へ
みて見ぬふりも出来ず、写真を撮っしまった。撮ればブログに!
ごめんくさい、顔を出していないので!

続いて、神辺中学校の北西の山、山王さんとか日枝神社とか言う所
神辺さくらの名所の一つ



満開、風が吹くと花びらが舞う
カメラのレンズを望遠に変えて、対岸の吉野山


神辺歴史民俗資料館を見る


そして我が堂々川の上流部、四季の森



四季の森の手前に淀ケ池がある。この池に現れる風のない日の水鏡


さくらと山のコントラスト


そのまま堂々川を下ると3番砂留脇のしだれ桜



トリはホタル同好会がホタルの上陸の指標にしているソメイヨシノ


次の雨の夜は大量の幼虫の上陸がみられる?


さくらに飽いたら、ミサゴを見よう


大きな巣


巣の左の少し離れた木には親鳥が見えるが
卵、雛はまだ先のようだ。

本日は神辺さくらの名所4ヶ所を載せた。
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

菜種梅雨

2017-04-08 19:03:35 | Weblog
6、7、8日と小雨
気象予報士には筍梅雨という人も現れた。
前回も桜が咲いたすぐ後の雨の夜、源氏ボタルの幼虫が陸に登ると書いた。
全国的な指標ではないが私の住む町では今年もそれが証明できた。



さくらはソメイヨシノが指標だが
今回は山桜を入れた


まず堂々川のホタル


夜の日本一の砂留

昨年はこの場が沢山飛翔したがまだ早い
上陸の気配はない


最下流の池の堤防付近の川中


4分間レンズを開放
バルブ機能 6匹もいた


前日100匹上陸したとの情報がある狭間川、昭和33年広島県の文化財になったホタル
上陸の写真を撮りたくて3kmの道のりを急いだ。


最近福山市が建てたカンバン

確かに多い
他所のフイールドはピントが合いにくい


レンズを交換してフラッシュをたいて幼中を見る


19時過ぎから上陸しているので3mを超えて登っているのが数匹


ここの幼虫は大きい





面白くもない記事で申しわけないですがこれも記録。
ホタル環境アドバイザーの仕事と思っている。

もう一つ面白くない話題。


ヒガンバナ植栽地に漁網を設置して成果が出ていた


しかし、網があることを学んだ猪
危害がないと学習成果を発表し、仲間も増えて
球根があちらこちらへ顔を出している。

筍梅雨の時期
普通なら猪の大好物、筍を掘るはずなのに!
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ホタルとさくらと国宝と

2017-04-05 18:42:03 | Weblog
全国から桜の開花が寄せられている今日この頃
福山市でもソメイヨシノが咲いている。

5日ホタルのことで国宝の伽藍形成の明王院さんを訪ねた。
5重の塔、本堂はどちらも国宝
国宝のそばで桜が咲いていた。




本堂


福山市に数少ない国宝のある場所。
ちなみに福山人は磨けば全国レベルのものが沢山あるのに
尾道と倉敷の間にある新幹線の止まる駅とPRしており、
市でも100周年イベントのキャッチフレーズが「何もないとはいわせない」
と自らその事実を認めている。情けないことだ。
前にも指摘したが福山の会社が「尾道ラーメン」を売り出してヒットしたり
広島の饅頭「もみじまんじゅう」をお土産に持参している。


ユルキャラブームといっても「くさどん」
誰が名ずけたものか知らないがこれはいかがなものか?と思う人は多そう。


福山市の本庁、さくらが綺麗だ。




堂々川に帰ってくる間に、フロントガラスが濡れた。
雨はパラパラ瞬時に止んだ。
堂々川の経験値ではさくらが咲いた最初の雨の夜
ホタルは川から陸へ光りながら上陸して土に潜り蛹になる。





多分明日の夜には初上陸と予想する。
元気があれば今晩あたり川巡視するのだが!
光りを確認するのだがぶっつけ本番で明日にする。

堂々川の最上流域には四季の森という平成10年作られたさくらの名所がある。
すでに咲き始めている。と云っても蕾。


300本は越えているはず


このさくら、観賞スポットがある。
池の対岸から水に映るさくらと山の景色。
富士山にはとても追いつかないが、福山あたりでは最高スポット。




少し早いので綺麗とかビューティフルの褒め言葉は出ない。
今しばし待つのだ。

堂々川の情報




この場所猪に堀り起こされ、ヒガンバナの球根が全滅に近い。

堂々川ホタルの副会長
誰も整備しないなら、植えた御野小の生徒に失礼と自分の田んぼから
1500球ほどを掘り、植えてくれた。

猪対策も黒い網を張って入れないようにした。

さくら作戦成功を期待する。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

カスミサンショウウオ

2017-03-27 21:10:56 | Weblog
3月27日お昼から晴れていても急に雨になるから注意とお天気予報の美人が云う。
ヒガンバナの球根を掘らなければならない事情の人に貰いに出かけた帰りの車の中。
大きな音がして空から水と2~3mmの氷の塊が落ちてきた。


黒い雲が近づき5分もしないうちにあられが落ちてきた
雹ではない


昨日の夕日、雨が降りそうな気味の悪い夕日





つい先日もおなじ雲と夕日を見た気がする。確か翌日は雨だった。
今は自然予報よりコンピューター予報の方が正確である。

3月も終わり近い、広島県東部、海から10kmの山の中の自然
姫こぶしが咲き、ぼけの花が正常に咲いている。
つまりぼけた花ではなく限りなくビュウティフル花色であった。
ぼけていたらこれだけの美は見せてくれないはず。





春の花に惑わされて
本日のメインテーマ「カスミサンショウウオ」忘れてはいけない。

このサンショウウオは絶滅危惧Ⅱ類の両生類である。
昨年は我が地でも数を減らせており心配した。

この絶滅危惧種の両生類を守ろうと堂々川ホタル同好会の有志が
一昨年カスミサンショウウオのビオトープ作りを計画、実行した。
他の場所から幼生を移設した。

春になり、湧水がある水たまりや流れのゆるい渓流に
オスが先に来てメスを待つシーンが見られる時期なので確認に来て見た。


水がある沼状の場所
しばらく放置していたら砂堰が切れて水が少ない


その場に網を入れて引き上げると


水がない中帰って来てくれていた


副会長に電話して応援依頼、二人で超小型の花崗岩砂防堰堤を築いた。




上流の沼からこの葉を集めて周囲にばらまいた。


葉に中に潜っていく


それから水の少ないビオトープの中の泥の中へ入り見失った。



絶滅危惧種でも条件が合えば生息することが確認できた。
これで堂々川ホタル同好会はまた貴重な実績を作った。

ある人はユウだろう。何が面白いのだ。
白くはない。カスミは黒っぽい。今回はホタルの勝ち!
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ご無沙汰です

2017-03-21 14:07:14 | Weblog
前回から11日ぶりの更新です。
その間いろいろありましたが先週3日間は東京へ
孫の卒業式2校に参加しました。お涙頂戴の卒業式はパス!
17日卒業式を滞りなく見届けて都内平河町へ

見るもの、見たものみな新鮮、やっぱり花の都の東京だった。
東京をヨイショしても小池知事は忙しいから別に返事はない。
福山市長からは返事を戴けるがやっぱりねー、そうだろねー


この川、大井川だったか
富士川だったかこれも東京へ行った証拠


折角の東京、ただでは帰れない。


全国治水砂防協会
ただいま工事中


理事長殿をお訪ねし、福山市が今募集しているオンリーワン募集についてお願した。
福山市では日本一またはそれに準じるものを認定するらしいので問い合わせがあったら
堂々川の砂留や福山市の神辺の砂留が日本最古の建築物である証明して欲しいと!
事実、日本最古は間違いないから何処かの森がつく小学校のようなことはない。

もう一つ、理事長殿に神辺の民話ゴントハチのDVDを訪問土産に差し上げた。
この物語は日本武尊が日本書紀によれば悪神(オ二)を退治し、千年古墳に封じ込め
千年後に改心して、古墳を出たら世の中は干ばつ、土砂災害、一揆が多発の時代
オ二たちが昔の恩返しとして1晩で砂留を築いた話である。
作者はホタル同好会の人であるが面白い。もし見たい方はコメントに!

理事長が云われるには砂防会館図書館に置いて閲覧できるようにしようと。




大喜びして帰途についたのです。


この時間帯は福山に止まるのぞみがないので新神戸で九州新幹線さくらに乗換て
帰ってきた。約4時間。

そして19日、朝8時にはホタル同好会の3月定例会。

今回から災害保険をかけての作業とした。


川の中に流木、これを取り除き


平家ボタルを飛ばすためと不法投棄をなくす為の環境作りで川の中の整備
おまけとし見通しを悪くする木の伐採もした。






整備しているとルリビタキがご挨拶



平家ボタルの幼虫の住処は
今、日本赤ガエルのオタマジャクシが一杯


一方ではゴミの不法投棄をなくすための作業、今回は参加者が少なく
目標は達成できないがゴミだけは拾った。





想像以上のゴミ、雑誌が多かった。
ここ2カ月のゴミ拾い量は8年前に戻った。
対策を本気で考えなくては!

4番砂留脇では猪が交通事故死?
もうカラスがやって来て食べている。
よく見ると内臓はナイゾウ。
夜のうちに狐か狸がやってきたのだろうか。
この西側の谷の名は『狸ケ原』



食事中のカラスにどいてもらいけもの道付近に埋めて成仏を祈った。
仲間に「堂々川は来てはいけない所とPRするように」
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

日本最古を

2017-03-10 16:39:16 | Weblog
時計を見ると時間がある。
堂々川の隣の川の砂留会長さんに電話して時間の有無を聞く。
OKの返事を貰い、尋ねる途中に鴨類発見。


まだミコアイサがいた


行きがけの駄賃としてパチリ
JR福塩が線路を渡る。珍しくはないがこれも1枚。




今日も目的は日本最古の砂留探し
広島県が平成9年発刊の本を頼りに
東中条という神辺町構成の北の集落。
明治時代には銀行も女学校もあったらしいが。


今信川


調査は今回で4回目である。
この地で小部砂留を聞いても誰も知らない。
18人目ぐらいの人が「オベ」ジァーニャワー「コベ」よ。
そこの校長先生宅に行き聞いてみたらええ!
先生88才、確かにその先の山に砂留があると教えてもらった。

山に入る前の白樺林の中に砂留がある。


石の割り方綺麗 大正時代か?


50mほど登ると藪の中に石崖が見える。
砂留だ。


鎌をとり出し笹を切る



砂留だ


福山藩で1番古いと言われても考えてから返事をしなくては!

この上にも砂留がある。


身体が痛むから代ってもらい

すでに崩落が激しい


なんとかしないと、気は焦るが!
今日はこのあたりでちょうど時間となりました。

用事がある人を送って行き、今度は公民館へ


地図の意味が分かる図


2枚目の地図に目指す砂留がある



地図には砂留は無いが小部の小字(コアザ)は記載がある。

引き継いで作業か、県・市へ連絡して
ハイそれまでよにするか。
しかし長い年月、この下方の矢神社と生活する人の安全を守った
砂留をそのままにはできない。
『だから止めておけと言ったのに』注意してくれた人感謝。
とんでもないかもネギになった。

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

春の息吹

2017-03-06 17:20:31 | Weblog
弥生3月春心、花芽も膨らみ、人の気持ちもおおらかに
そんな気がする今日この頃。

あるボランティア団体が堂々川周辺の山の管理を定期的に行ってくれている。
古墳の話など1時間ほどの講演を依頼された。
座る場所も電気も何もない山の頂上。
無い知恵を頭を叩いて考えた。
そうだテーマを二つにして場所を移動して話せばよい。良い考えだ。
30分を2本なら立っても聞いてもらえると古墳と観光地を作るボランティアを
パワーポイントで作りA41枚裏表を2枚作った。


古墳の上に立つのは講談師(好男子)ではない


これが昔の人のお墓だと言うと驚いて石の上から下りた人がいた。
ここでは古墳の話、奇岩の話。

帰る時道路脇のゴミを拾った。子供たちも参加していたがどんな感想を持っただろうか。





5日の日、近くのボランティア団体からホタルの幼虫調査をするから指導と
手伝いを要請されてその場へ行く。


広島県の天然文化財


よくぞここまで復活させたと感心している。


幼虫が餌のカワニナを食べている


ホタルの幼虫は今の時期、餌を食べるのが少ない仮冬眠期を過ぎ、食欲旺盛だ。


幼虫 伸びれば30mmぐらい


石の下でじっとしている時は20mm前後
5匹の幼虫を確認した。今年も数百の乱舞が見られると思う。

あっちこっちウロウロ忙しい。
他所のシマ(縄張り)を見て自分のところはと思い堂々川へ。

着くとすぐにテングチョウが挨拶にくる。




下流ではコゲラの夫婦に出合った。
ここで10分程道草。




堂々川でも水の中。水はぬるみ春が来たと教えてくれた。
トンボの幼虫が2種、コニヤンマとオニヤンマ、魚は100mmぐらいのドンコ。


コオニヤンマ

ドンコ

ホタル見つけた。でも写真には映っていない
こう云うのをとり逃がしという


楽しく遊ばしてもらった。
皆が帰る頃、つまり夕闇が迫る頃太陽は沈みはじめ、サンピラーがみられた。




雲が邪魔して太い光であった。

春がそこまで来ている。自然の気配で春を感じたここ数日であった。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加