自然を尋ねる人

自然の素晴らしさ、豊かさ、人と自然の係わり合いを求めて!自然から私たちにくれる贈り物を見つけるために今日も歩く。

ままならぬ春

2021-04-05 21:38:10 | Weblog
 4月ソメイヨシノや山桜が咲き路傍の石脇には菫が花を付けている。

ソメイヨシノ

山のサクラ


いつもは綺麗とは思わないのに綺麗と思った。


スミレ


ソメイヨシノの指標木が咲いて最初の雨が降る夜、
ホタルが水から陸へ光りながら登る。


崖を光ったり、光るのをやめる繰り返しの軌跡

ホタルの幼虫


地上では銀木犀の木にイボタガが止まっていた。


見つけるのが難しい蛾


スクープみたいなのが撮れても我が腰は立ってもシャガンでも
いすに座っても痛みはある。


シャガの花



イスノ樹の花


我が家にあるシャガの花とイスノ樹(ヒョンノ木)が
元気を出せよと美を見せても痛みは治まらない。

猪はタケノコが好きだ。
我が畑も3月中旬から2~3匹が竹藪を掘り起こしてくれた。
運よくここ1週間は出張って来ないのでタケノコが顔を出してくれた。


孟宗竹のタケノコ


堂々川では会員が刈り取った斜面にわらびが頭を覗かしている。
会員ではない人が沢山収穫している。
公共の場所だから採集しても文句は言えないが私は会員の人に採ってもらう予定だった。

会員になってごみ拾いを手伝ってと言うつもりで近づいたが
相手のご婦人の逃げ足の速い事。


声もかけていないのに悪いと感じたのだろうか?


逃げた夫人達に魅力はないが捨てられたゴミ袋が気になっていたら
そこへ越冬蝶のルリタテハがやってきて止まる。


ルリタテハ


わざわざ捨てられた白い袋にとまって瑠璃が来たよと
傷ついた翅を見せびらかさなくっても良いものを!
ままならない春が堂々川あたりをうろついているのがよく分かった。
コメント (7)

鳥と猪と環境と

2021-03-23 15:32:19 | Weblog
 ブログ書こう!ブログ書こう!のご意見なれど、春は我が身を楽にはしない。
先ずは最近の鳥の動き


椿にヒヨドリ

杏子にヒヨドリ

李にアトリ

サンゴ樹にカワラヒワ


3月になり急に猪が山・里に出没、多くの家ではメッシュ金網を張って防除
堂々川では彼岸花植栽地を集中的に耕やされる。
千年も昔、モグラに穴を掘られて田圃の維持が出来ないから植えたという彼岸花
3年前までは球根の近くを掘ったりはしなかった。ひがんばなの球根には毒があるから
ミミズはいなくなる。なのに彼岸花が集中して襲われている。


堂々川の川原

補修作業

ホームセンターで猪除けと売っていた


ピンクのリボンも効果があるというので取り付けたが2週間を過ぎたら堂々と侵入して耕す。
福山市に相談しても前には進まない。組合組織を作れば助成金を出すと。
しかし上限が決まっており、山の中へ電気柵をしても維持と見守りも大変。
ボランティアだからお金の持ち出しも限界がある。

そんな事も考えているが今年も球根を児童と植える事にした。


穴掘りもしている


話は変わって堂々川は自然の宝庫
福山大学と共同で環境維持を考えている。
まず現状把握から


セトウチサンショウウオの卵

アカハライモリもいた


ホタルの飛翔を楽しむために今年も現状を確認
桜のソメイヨシノ(指標木)が咲いて、最初の雨の夜からホタルの幼虫は
水から上陸を始める。
3月21日今年も上陸した。


満開ではなく、雨は午前中で止んでいたが

20時には上陸開始


最近の堂々川事情を写真で見ていただいた。
猪被害がこのまま続くと広島県NO.1の彼岸花の里と自慢もできなくなる。
何方か良い方法があれば教えてください。
コメント (10)

春のめざめ

2021-03-09 18:59:53 | Weblog
 3月12日奈良の2月堂のお水取りが近づいている。
温暖化と騒がれる前は雪が降ることが多い特異日であったが
今年は気温が20度近くなると週間予報は言う。
今日は前日より気温が下がり少し寒く感じたが春の足跡は早い。

備後の国では他地区より遅れて早咲きの桜が満開になってきた。


寒緋桜

河津桜


こんな時期にびんご自然栽培研究会の皆さんと話をしている中から
薬草の話しが出て講師を引き受けることにした。
さて、引き受けたがコロナ騒ぎの現今、人が集まることに対しての対応
そして訪れる人の知識レベルはいかほどか?

かなり考えたが事務局の意向もあり10から15人を対象に
テーマは10年前に書いた冊子「おばあちゃんの民間薬」から
資料を使うことにした。
内容は「春の7草」のいわれや薬草の効能から始めて1時間
待てよ、薬草の基礎を話さないと大変なことになる!
毒草について。・・


フキノトウ

タンポポ

シイタケ


この会の事務所近くにあるもの。
春の定番として


春蘭

ツクシ

野原では欠かせない応急薬ノビル


ご婦人が多い事を予想して


シャクヤク


春、香りのあるもの


沈丁花


案外知られていない匂い椿


えーとこの花の薬効は・・・


もしかしたら上記の植物は話題に上らないものもあるかも!

自分のボケ防止の花


ボケ


これなら何とか先生、素敵とボケ花は言ってくれそうな薬草をそろえてみた。
コメント (8)

少し早い春

2021-02-24 21:01:30 | Weblog
 2月17日 堂々川ホタル同好会は定例会の日だった。
16人が参加、4つの班に分かれて作業を始めた。
猪防御はピンクのリボンで周囲を囲んだ。


彼岸花球根を日干しに
荒らされた場所へリボンを数100m張り巡らせた


昨年から松枯れが増えてきた。登録有形文化財の砂留が見劣りするので
伐採をして細かく切断した。県には口頭で許可申請済み。


高校3年生の仲良し3人は基本的には今日が最後


しかし東京へ行っても「長期休みには帰って来て参加する」と
嬉しい言葉。ありがとう


もう一つの仕事が10数年前の不法投棄
ロープをたらして10数mを降りてごみを拾い上げる


リーダーは堂々川NO.1の景勝を誇る砂留の草木を切る。
今年は暖かいので早めに切っておく。


山登りスタイル
ボランティアでこれだけの装備をそろえるのは大変


この山を2つ越えれば絶滅危惧の生き物だ棲んでいる。


セトウチサンショウウオ 全長11cm


水たまりにはニホンアカガエルが卵を産み始めた。


日本赤ガエルの卵
赤い水は花崗岩の鉄を食べる細菌が造った仕業


山奥の池でもヌートリアが生息している。外来悪生物。


今日のテーマからは外れたが近くまで来たので撮影


そこの近くにはテング様が飛んでいる。
春を先取りしたテング蝶が数匹舞う。


飛んでるときは綺麗と思うが止まると並の蝶だった


キイロ系統の花が咲きだした。


福寿草かな

クロッカス

キンポーゲ?ヒメリュウキンカ



雪割草もきれいに咲いた。
砂留女子候補の小学生のお祖母ちゃんから頂いた花


最後は昨日の事
もう年度の終わりが近いから総会を行う団体がある。
このびんご自然栽培研究会の監査を仰せつかっているから参加した。
無農薬・無肥料でお米をはじめ色いろな野菜や山野草、レンコン、まがり竹
フキノトウやシイタケ迄作っている。
このお米が15kgで7500円とか。安すぎると言ってもあまり気にしない。


フキノトウ


どこからかコンニャクイモを調達し




うまい事こんにゃくを作っている
食べたら美味しかった。お店で売っているものはもう食べられない


コメ麹を作っていたのは知っていたが甘酒も作っていた。


お代わりOKというからついつい手が出て3杯も飲んでしまった。


アルコールは含んでいないが気が大きくなり
つい薬草教室でも開いて会員を増やそうと提案してしまった。

まだまだ仕事はたくさんあり、このブログでさえ20日も遅れての更新
10数年前の専門用語はもう使えないものが多い。
2006年頃にはお隣の県の登録専門家になっていたのにやめて5年
ブレーキをかけるのが遅すぎた。
今更できないとも言えない。少し早い勇み足だった。
コメント (10)

春の風

2021-02-07 17:25:56 | Weblog
立春が過ぎるとどことなく春の風が吹いてくるのを感じる。
少し前だが西の空に右幻日が現れた。



この鳥も、もうすぐいなくなる。人気のミコアイサという鳥らしい。



こちらも北帰行の準備に忙しく、陸へ上がって食べている。



もう心配はいらないというが、道路にはみ出た枝にあるスズメバチの巣。



砂留を流れ落ちる水はチョロチョロ



ルリビタキは草を刈ると、どこからか顔を出すが遠い



いま冬本番だがここ数日は暖かい。


春の小川

これだけ居れば今年のホタルは期待できる


山の頂上付近の枯れ松へ、ミサゴの巣作りが始まった。




写真の足場には春蘭の花芽もみられる。



バッタ君「もう出てきても良いのかい」
これから何回も0度以下の朝があるはず。



人間様の多くの人が困るスギ花粉



今年は少なそうだがもうすぐ飛び始める。
春は来て欲しい! 花粉はいらない!
しかしこれを乗り越えなくては春は来ない。
コメント (8)

牛年の初めは

2021-01-22 18:05:16 | Weblog
「ホタルと花と砂留と」の2021年の活動開始は1月17日、少しだけ冷たい日に開催。
 ロウバイが咲き、エナガが早い動きをしていた。


ロウバイが初春の香りを散らして咲いている

エナガの動きも早い


今日はやることがたくさんある。
まず、2019年2月末に取り付けた巣箱の巣の確認


前回取り付けてくれた人にお願いし取り外し、取り付けを行う

巣の確認 
16個掛けた巣には全て巣作りした跡があった


中にはスズメに乗っ取られた巣、スズメバチが巣を作った巣、
途中で営巣を放棄した巣もあった。
小鳥は1回巣を作ると2回目は同じ巣箱には巣を作らないと聞く。
水は冷たいが川で巣箱を洗った。

支援していただている福山市JAさんが安全のためにとヘルメットを
寄贈してくださった。見る人は見ているのだと感心して寄贈を披露した。



早速ヘルメットを被り草刈り作業
彼岸花の里作りも前に進む。





草刈りが済むと登録有形文化財の砂留が蘇った。



彼岸花に肥料を施して、桜の消毒も行われた。



彼岸花の里作りも本気で考えている。


一番砂留の東の広場に小学生と球根を植える。


その場には、昔あったという水車の復活を考えている。


3年も放置されていたので修復ができるか?

癒しの場にもしたいと欲張る


この付近は枯れ木が数本あり、作業中に枝が落ちてくる。
その木を伐り根元の株を椅子に変えてみた。

毎年ボランティアは年をとる。
でも我が会には砂留女子や高校生も会員になってくれ
リーダーも年はとってもホタルを見るためなら元気いっぱい
草刈り機を回す。童謡の船頭さんの様な人も居る。
まだまだ、中国地方一番の彼岸花の里作りは続いている。
コメント (7)

トリよバイバイ

2021-01-12 16:05:26 | Weblog
 本年もよろしくお願いします。
12日今冬最初の雪化粧です。


我が庭

国分寺の雪


2日前に遡ってブログを始めます。
寒い日でした。


小鳥の巣箱を木から降ろしました。


堂々公園に2018年に福山市と協働でガバメントクラウドファンディング(GCF)で
資金集めを実施。「神辺の砂留」72頁の冊子と小鳥の巣箱が返礼品でした。
冊子は販売がNGでしたので500冊作りましたがすでにありません。
欲しい欲しいと手を上げられてもないものはないのです。
今頃資料が素晴らしいと言われても身銭を切っては増版できません。悪しからず。

さて木から降ろした巣の中身はヤマガラかシジュウガラの巣があった。





他にヤマガラの巣をスズメが乗っ取ったもの



スズメバチの巣



7個のうちシジュウガラ2個、ヤマガラ3個、多分がつくがコゲラの巣も1個含まれるか。
1月17日の定例会で残りを外し、今回の7個を整備して再度取り付けの予定。

12日の雪の堂々川
砂留にはほとんど雪はなく、川原が白いぐらいであった。


2番砂留川原

5番砂留川原


1番砂留


今年この付近を憩いの場として整備の予定


雪があるから鳥の姿も多い。
ホオジロ、ヒヨドリ、シロハラ、ビンズイ、マヒワも近くに来たが証拠は撮れず。
メジロ、アトリ、ジョウビタキは証拠を次に


代表してジョビ吉のお出まし



メジロとアトリとマヒワの群れ



アトリ


昨年末はとりで閉めて、新年は鳥で始めたブログです。
トリに負けずにねー、牛さん
ゆっく今年も頑張りましょうん。
コメント (8)

2020のトリ

2020-12-30 21:04:20 | Weblog
少し早く咲いた堂々川の水仙



少なかった鳥たちが増えてきている。
メジロは1か月前から柿が熟すの待ち、順次食べて100以上の実が今は30個






最近ではヒワもやって来て、入れ替わりが多い




どちらがヒワか見分けがつかない


地上に降りるのはヒワだけかと思っていたらメジロも地上にいる。


こちらはヒワ


名前が分からない鳥も。


ムクドリの可能性も!


こいつはヒヨドリか


山の方ではイノシシの檻の隣に仕掛けた小型の罠


シロハラが入っていた
ターゲットは猪、今年は2頭だけなのに!


堂々公園には数年前に掛けた巣箱の紐が切れたり、昨年の巣が残っているので
1月には清掃・整備をすることにしている。




山から下りて溜池を尋ねるとカモの仲間がたくさんいる。


寒いからおしくらまんじゅうをしているグループもいる



警戒心が強く近づくと池の中央へ逃げていく


白いのもいる。このパンダ鴨潜って餌を獲る。
潜るとかなり遠くで息継ぎをしている




30日は風が強く、時々雪が舞う。
うかつにドアーを開けたら風にあおれれ隣の車のミラーにあたる。
今年の最後の最後事故起こしてしまった。
コロナの感染よりはよいか?
不要不急の用事で外へ出るなとはよく言ったものだ。
推薦されないのに出かけた罰
これが今年の最後のトリだった。
コメント (7)

こんなこと初めて

2020-12-12 10:33:00 | Weblog
彼岸花の花文字「ホタル」のタの字に花が咲いた11月!


ピンクの花


正月・盆・祭りの3大イベントが一度にやって来た。
11月19日
 福山市が独自に認定する「福山ブランド」があるが
第6回ブランド活動分野に登録された。登録されると特典がある。
福山市がPRのお手伝いをしてくれ、
希望すればガバメントクラウドファンデングで資金集めも出来た。(前回)
例えば前回第2回登録認定時には福山駅新幹線エスカレータ沿いに大きなポスター
を掲示してもらえた。この返礼品に「神辺の砂留」冊子が出来た。


登録各団体の紹介



市長と面談


続いて24日
今度は都市緑化機構の会長賞受賞。
本来なら東京で授与式があるはずがコロナのせいで福山市役所で開催。


参列者は限られているが

福山市の局長や部長、課長も出ていただいた


裏話として都市緑化が目的の賞が福山市47万人の市の都市部ならわかるが
堂々川は市の北の端の山の中に人家はない。
しかし堂々川の担当や市の人は総理大臣賞を目標とした。
見事それは叶わない。総理大臣賞は活動歴40年以上の実績他あり・・・

26日
福山市学校元気大賞を御野小、中条小と共にいただいた。
しかしここでも不思議があった。
この2校を推薦したのは過去10年ともに彼岸花を植栽した学校が
今年はコロナで学校が休み。当然遠足も中止。
今年堂々川へこれなかった学年を花一杯運動で元気づけたが




御野小



中条小


何か他にないかと調べたら、福山市では学校元気大賞があると聞き
堂々川が思い出作りに推薦した。ちなみに堂々川は御領と中条は川の
中央が境でありどちらも地元である。


副会長演台へ

表彰

校長が生徒の皆の活動を褒める


その後各報道機関が記事にしてくれた。
タウン誌wink、広報ふくやま、朝日新聞、中国新聞、山陽新聞
最後に12月1日読売新聞
有難いことだが音信不通の20年前の人やよいしょをする人、ひっきりなしの
電話をいただいた。これだけの反響があるとは夢にも思わなかった。
1年間の出来事がこの2週間ほどに凝縮されて表面にでた。

さすがに今回は「た」抜きのレポートには出来なかった。
コメント (7)

同好会の活動

2020-11-20 17:45:08 | Weblog
11月の定例会を開催した。
その後福山ブランド認定、都市緑化会長賞受賞準備、同好会と一緒に活動して
観光地造りをした小学校2校が「福山学校元気大賞」を受賞の事などで右往左往
しています。(これらの嬉しい話は次回に)

紅葉が始まった堂々川


活動の中流域より400mほど上流の淀ケ池
水鏡が綺麗


今回の「ホタルと花と砂留と」の活動から
まずホタル、
川の水面に太陽の光が当たるように草を刈る。
砂留が造る各川原の草刈り


2番川原

1番砂留周辺

3番砂留


ホタルの幼虫の餌であるカワニナの増殖計画


ボカシの散布(水草や藻増やす)


花=彼岸花は今約60本が咲いているが訪ねる度に
猪と小さな子供たちが摘み取って川へ花を投げ込む?


現在24%少なって、嘘の38本に


昨年も公務員の奥様風のご婦人に「看板があれば折らない」と言われ
2基も看板を掛けたが効果はない。(5万円もかけて作った看板=嘘つき)
それでも会員は球根を植えた。
白と今年は別にピンクを植えたが花は3本のみ咲くようだ。

最後のテーマ「砂留(スナドメ)」


雑木やススキが繁茂



石組みが見え始めた


最近の異常気象が関係するのか砂留2基が修理中



それでも砂留女子は頑張って、忙しいのに休みの日は参加してくれる。


砂留女子が彼岸花の里作りのため雑草を除去している
オオキンケイギクとかタンポポモドキの外来害草退治



今時期ユリが咲いている


「立てばシャクヤク座ればボタン歩く姿はユリの花」
堂々川で咲いては見ても、防災活動と一緒
誰も気にはかけてはくれない。
少し悲しいが元気をだして我々は頑張っています。
堂々川の観光キャッチ言葉
「歩いて健康、見て観光、食べて薬効、素敵な微香
 五光揃って最高です」
コメント (8)