自然を尋ねる人

自然の素晴らしさ、豊かさ、人と自然の係わり合いを求めて!自然から私たちにくれる贈り物を見つけるために今日も歩く。

県トップか

2018-09-29 18:19:15 | Weblog
ブログは休みがちですが
その間、80頁A版、全カラ―の冊子「神辺の砂留」を書いていました。
ようやくあと2枚で完了予定です。
この冊子、ふるさと納税仕組みを利用して印刷、出版します。
500部しか作りません。福山市の人でもご寄付をいただければ
この冊子をお届けします。以上PRです。

彼岸花の里づくりを2008年から始め、2010年からは小学生が
遠足時に球根を植えて不法投棄の川をホタルが住める川に変え、
今では広島県有数の彼岸花の里観光地に変えてしまいました。

大水被害もありましたがホタルの幼虫がどのくらいの大きさに育っているか調べました。


友人が飼育しています


先ほどの冊子の件ですが返礼品はこの鳥が卵を産むだろう巣箱を
堂々公園内に設置します。先着15人とか。
福山市情報発信課へ問い合わせしてください。。


ヤマガラ


脱線が好きな人ですから!本題に戻るよう獅子と同様シッシと追い払いましょう。


花色18色


これだけ見れば日本一らしい! データがないのでご存じの人は教えて!








 

花数は17万本、昨年が18万本
猪被害が大きく4か所の斜面と5番砂留の東の山裾が大きく減りました。
今年小学生、園児、会員合わせて9900球植えましたが効果は来年以降です。

彼岸花が咲く所は堂々川沿いの道路、川原約1.5㎞に咲きました。 
花文字「ホタル」も読めます。


10年経てば群生もあります


今回は主として曼殊沙華の赤色を紹介します。







先ほども書きましたが子供たちとボランティアが作った不法投棄の地を
観光地に変えたこの10年の成果です。

最近地元の新聞やテレビが各地を紹介していますが
群生地としての堂々川はまだまだ時間がかかります。

広島県NO.1の三次市の地は今年も鹿に葉を食べられ開花の数は半分とか
まだ堂々川の方が多いことを新聞で知りました。

明日は台風が来るらしい、花を見れるのはもうあと数日です。
コメント (6)

リコリス満開

2018-09-21 20:06:58 | Weblog
法師が殿中で鳴く。つくつく奉仕は楽ではない。
脱線しない内に軌道修正!
高貴なお方の住む殿中ではなく電柱でつくつくほうしが鳴いている。


雨が降っていないとき蝉が鳴く
空はどんより、色もロマンにはも見えない。


昨日20日は1日中雨模様、合計34㎜の雨量。
堂々川の周辺は赤ばかりが目立ち始めた。


ショウジョウトンボ

赤い花に蝶


もう5、6年になるかな!国際センターJICAの要請で「排水処理技術」研修、
南米の公務員の皆さん、女性3人、男性5人と通訳及び職員の来訪。
スペイン語は分からないが、ありがとうございますは理解できた。

不思議なことがある。このメンバーが来られるとき毎年彼岸花が満開。
今年も満開に近い。
堂々川ホタル同好会は来訪にこたえ、カリキュラムをつくる。
近隣の中条小学校の校長先生に総合レクチャーをお願いしている。


今年は雨模様であったから
国分寺の仁王門をお借りした


ここから800m堂々公園まで川沿いを歩く。


途中10月桜が咲いていた


堂々川リコリス最高の観光スポット


赤と白の競演の場、今年は赤が2日ほど遅かった


堂々川5番砂留が作った川原、


花色17色の掲示板を見て


証拠兼記念撮影。


バックは堂々川最大の6番砂留


リコリスは70%開花、場所により多少違う。
皆さんどうして聞いてくるのでしょう。
何本咲いていますか?
私だってこの答、困るの事よ!
答えは昨年18万本咲いたから今年9900球植えたが
猪に荒らされた数が多いので1万本ぐらい少ない予想。
それで何本と聞き返されると17万本というしかない!








雨の為、堂々公園中央の東屋の下で30分。
ゴミと環境について、少し歴史を交えて、その後質問時間。

スペイン語で珍ぷんかんぷんでも流れは成功、
ホタルのホームページがスペイン語に訳されて各自が持たれていた。


吾亦紅とリコリス


通訳さんありがとう。
一諸に学んだその後で我もこうなりたいと曼殊沙華を見た。
コメント (5)

花と蛇

2018-09-17 21:01:04 | Weblog
長い奴は見たくない。毒があると言えばなおさらだ。
タイトル通り彼岸花と蛇を載せている。
蛇は最後に2枚、なぜ載せた。
きれいな堂々川にも危険が潜んでいることを知ってもらうため。

最近忙しいと言いながら毎日堂々川へ行く。明日ラジオ中継があるからだ。
毎日花の数が増え、今日はざっと数えて5万本。
もう彼岸が来るから遅くも早くもない例年通りの花時期である。

まず花色から本日掲示板に掲げた写真は14枚。
自信の無い分、来訪者にアドバイスを貰った。


助言者はこの3人


新しい花色は






砂留付近では王道(助言者の中の一番かわいい人曰く)の赤色が咲く。





真っ赤な曼殊沙華も綺麗。




もうすぐ咲く
<


でも黄色が入ると趣が変わる。



ここからは毒のある蛇


マムシのこども

ヤマカガシ


花に夢中でも茂みや砂留の石崖の割れ目
こんなのがいるから注して欲しい。

我々会員も草刈りを行い安全は確かめているが
蛇の気持ちはわからない。
今年は草刈りの人員確保がまずかったのと私の作業量が冊子に
時間を割いたので100%満足できていない、お許しを!
コメント (4)

秋 彼岸花

2018-09-14 16:00:15 | Weblog
私達は福山ブランドに2016年登録されました。
この登録のおかげもあって第37回広島県文化財協会殿から表彰されることになりました。
もう一つ、「神辺町の砂留」副題「日本最古の砂留を探すロマン」の冊子を
発刊することになりました。
その資金と我々のこの運動の後継者を求めるために市の支援をいただき
ガバメントクラウドファンディングを利用して冊子を発刊することになり、
80%完成を見ています。皆様ご協力をお願いします。
既にホームページに掲載済みです。

冊子の発刊に当たっては昨年の11月から神辺町の山の中を歩いて砂留を探しました。
そして最後の確認のため、一昨日遍照寺山城へ登り、山の深さを眺めてみました。


昔三谷村という金が産出していた山の方面を望んで現地確認は終わりとしました。


今日のテーマは堂々川に咲く彼岸花の花色を探すロマンです。
雨の中昨日もわずかな時間で5人、本日も6人散策者がおられた。


一昨日現在の花色5色


花色の一部を紹介します。


二回目がほぼ咲き終えたナツヅイセン


猪に荒らされ数本だけかと思ったサフランモドキが狭い場所ながら群生しました。



彼岸花花色紹介
赤色です。見た目では色が薄いのとピンクがかったもの。
写真にしたら見分けができませんでした。





アイボリー系2色






黄色ショウキスイセン


あちらこちらで花穂が立ち上がってきました。






写真を撮られる人は赤花などの花穂は見えないらしく平気で踏んでいきます。


花の見物者


季節を忘れず咲きだした花、その花時期をまだかまだかと待ちくたびれように
訪ねてくださる人達。
有難いことです。
コメント (6)

もう9月

2018-09-08 10:40:14 | Weblog
ブログの更新、2週間もそのままだった。
それには深いわけがあります。
7月の西日本豪雨災害、台風20、21号来襲、北海道では震度7地震。
被災者の皆様お見舞い申し上げます。
わけはわかるようでわからないものだから次回報告する。

9月、あの暑さが少し楽になると
虫たちが鳴いている。


鈴虫 親しくしている人からいただいた
孫が気に入り、関東まで持ち帰りで残るは雌数匹
よつて音なし、音楽なし


その代わり庭・畑の周りで鳴いているのはアオマツムシ


羽はコオロギを緑にしたみたいな模様

帰化した虫らしい


バッタも沢山いる。




この蛹どんな蝶に変身するのか


堂々川では彼岸花が少し遅れて花穂を持ち上げてきた。
これらも彼岸花科


タマスダレ

サフランモドキ


今年も花色を増やす努力をした。


現在開花5色
上記の花も彼岸花として計上


リコリス アルピンク


ネット上では名前がついていた


現在の所、花が咲いていないので重複が分からないが
新しい花色4色購入した。
すこし高かったが310球 約10万円
買ってわかったがオランダ産が3種もあった。
昨年は17種18万本が咲いたが
今年の予想は20種 18万本

花数の予想が昨年実績と同じ
赤色は毎年倍増するはずであるが
一つの斜面の半分以上1万本はロス、植え直ししたが追いつかない。


こいつが掘り起した。今年の捕獲8匹


それでも負けずに堂々川ホタル同好会は砂留を整備している。




砂留を整備していたら堰堤の上部にいつもの年のように


吾亦紅が咲きだした


今日は秋雨前線の影響で雨模様時々雨

夏の暑さから気温が下がり25℃以下を記録し始めると
花穂を持ち上げる球根は増えてくる。
秋の彼岸頃が満開だろうか。
昨年は1000人近くの方が見に来られ道路が混雑したことを思い出した。
コメント (6)

堂々川パレットの旅

2018-08-24 15:56:02 | Weblog
台風20号が中国地方に接近! 避難情報が昨日23日15時ごろ
5回にわたって携帯に入る。
これは大変と屋根にかかっている庭木を切り、風の被害を対策。
よく見れば海岸近くが満潮、高潮の地と、前回の小田川源流域に出ている。
結果は四国から岡山県、兵庫県、そのまま北へ列島横断日本海へ。
なんとわが地は7mmの雨量だけであった。風は強かった。

堂々川最近の出来事
ここ1週間は多くの人から赤以外の彼岸花は人気がない情報をいただいている。
それに従ったわけではないが赤色、つまり曼殊沙華、狐花等100の名を持つ
球根を2000個近く植えた。今年の4月から9900球を植えたことになる。


私達の活動拠点を示す看板

彼岸花球根を植える

彼岸花科のナツヅイセンが堂々川3カ所で160本ほど咲いている


堂々公園で8月の定例会を開催し、草刈り・彼岸花の植栽をした。
7月7日に岡山市で水環境学会のフォーラムが行われる予定であったが
豪雨で岡山へ行けなくなった。当然中止になったがその代替として
事務局の岡大教授が表彰状を持参してくださり会員の前で手渡しとなった。


表彰だけでもうれしいのに会員はびっくり


本題のパレットの旅の記事
7月8日に気が付いたが5番砂留へ流れ出る鳶ケ迫砂留の水が通る場所は
通路だが水の流れる川でもある。
散策される場所のポイントの一つであるので樹脂パレットを敷き
足が水に濡れないように便宜を図っていると思っている。


ボランティア団体が考えた金を使わない方法


このパレットが大水で流れ出し


この流れに合流して


5、4砂留を通リ


最近の4番砂留
豪雨以後石が赤くなった
鉄バクテリアが活動したらしい


3番砂留を超えて



2番砂留も超えて


激流にのまれ


この下のコンクリート砂留付近で漂っていた。


副会長が拾い上げ元の場所へ運んだ


7月の豪雨災害
堂々川では被害は比較的軽微であったが
もし砂留がなかったならと思うとぞっとする。
しかし、その砂留もあと数時間も激流が続いていたら
耐えきれずにごめんなさいという寸前であった。


2番砂留の水たたきの部分は江戸時代の築造時の石がはがれ始めている

下流のホタル同好会が管理していない場では砂が30Cmも堆積


写真に載せていないが交通標識が堤防をえぐった水の影響で傾いていた。

今回の台風被害は影響しなかったがもしや強い雨があったら
他の場所並みに被害も出ていたと推測できる。
よくぞ頑張ってくれた砂留、感謝、感謝である。
コメント (8)

小田川

2018-08-14 16:35:18 | Weblog
広島県トップを目指して彼岸花の球根を植えている。
花色が昨年は17色、今年すでに新色3色を植え、猪に掘られて
無くなっている可能性の色を補填するため新しく1色植えた。


既にナツヅイセンが15本ほど咲きだした
今のところ予想より少ない



新花色20球を植える


7月豪雨の傷跡はまだ記憶に新しく
被災された方にはお見舞い申し上げます。


思い出したくない人もおられると思うと
記事にはしたくないが


新聞記事は呉と岡山県倉敷市真備が多く、その近くはほとんど知らない人が多い。
たとえな呉の近くの竹原市や真備町より上流の井原市
ここちらも被害は大きい。


道路の2/3えぐり取られている

近くの小田川の橋
危機一発で崩落を免れた


お盆休みで孫にねだられ山の渓流へ行く。


その行く先がくしも真備町を流れ大災害をもたらした小田川


源流域 山野の竜頭の滝付近


この川の左右2~3mの高さの木が根からはがされて倒れている

今は水は少なく沢蟹がたくさんいる


滝の上流部




ここまで来ても砂留が気になる



いたるところで土砂が道をふさぎ
迷いながら人のいる地へ


孫にはまごまごしたが帰られる道が分かってよかったねと
褒められたか皮肉られたか、ナビはついていても山道は表示しない。
小田川の源流域でいかに大量の雨が降ったか理解できた。
コメント (6)

クロアナバチⅡ

2018-08-07 17:48:07 | Weblog
今日も猛暑は続く。我が家の温度計は1ケ月近く36度を超えている。
その間3日の夕方1回10分弱夕立が来ただけで雨はない。

先日ナツズイセンを紹介した。その後2カ所で5本程が咲いている。


堂々川では毎年3カ所で咲き
今年は盆前と8月末ごろの2回で約300本を予想


36度を超えた我が庭では今年もクロアナバチが20匹以上飛んでいる。
餌になるのはクサキリ
暑いのに夢中になり30分前後撮影した。捕まえてきたバッタは
約15匹、立っている私にぶつかってきたものも数匹。
穴の近くにいたからであろう。自分が明けた穴が近くにある。
位置を知るのは何なんだろう。






餌を一度おいて数回穴を掃除してから穴へ引き込む。




穴が小さくて中へ引き込めないのもいる


沢山いるから自分の穴ではない穴へ入るのもいる



捕まえてきたバッタを見失うのもおり、3カ所に持ち主不在のバッタが転がっていた。
それを穴の前に置いてみた。
1匹は他の蜂が連れ去った。もう1匹は無視された。

穴を巡ってバトルが始まった。







捕まえてきた餌を穴に引き込もうとしたら中にいた蜂が出てきて
取っ組み合い。



30分弱で2回のバトル。
穴を開けて餌を探しに行く、帰った時には別の蜂が穴にいる。

今回の観察結果。
近くまでは帰ってくるが、どれが自分のものかまでは記憶していないようだ。
我が身と同じ認知なのか?
コメント (7)

美しき堂々川

2018-08-04 10:27:38 | Weblog
8月2日堂々川では堂々川ホタル同好会が12年連続で水質調査を行っている。
前々日参加の保護者から熱中症対策はなされているのかとの問い合わせがあった。
会としては対策済みであったがもしやもしやを考えて予算の追加を行った。
ボランティア団体、参加児童の夏休み自由研究のお手伝い、堂々公園で
家族連れが水浴び遊びに来られた時の川の水質の安心安全確認も兼ねている。


日よけテントはり


同時刻小学生や先生が堂々公園来訪、総勢43人
目的の一つ 
公園内の川の土手に彼岸花新色4種を植える。


福山市公園緑地課の許可済み


以前黄色の花の球根を持ち帰っていた人を会員が注意したら「公共の土地に
或るものを持ち帰って何が悪いと」逆に怒られた経験がある。
しかし、今度は泥棒として扱いができるので警察へ通報する。


2日、今年第1号の花穂をトンボと一緒に見た
ナツズイセンだろう


今回植えた花色4色で今年の開花花色20色
一般の河川土手1kmほどで20色は日本一(比較データーがない)

彼岸花植栽を終えて、5番砂留川原で水生昆虫を探し、基本の指標生物から
水質を判断する。水質4階級の内、上から2番目「ややきれいな水」


日本トップレベルの美を持つ砂留の下

網とバケツで生き物を探す


今回は7月7日の大雨で生き物の生息はあきらめていたが
思わぬ収穫があった。


ヘビトンボやヤゴ(コオニヤンマが多い)エビ類

アカハライモリ3匹


それらの生き物を児童が、会が支給した分類表から名前を呼び
ボードに市の環境課の人が記入していく。
福山市からは過去11回のデーターが一覧にされ全員に配布された。



職員が水を取りパックテスト(薬品検査)を行う


ここで一休み、参加者全員に大玉スイカ2個を切り、食べてた。
残った皮はホタルの幼虫の餌になるカワニナの餌になる。






終わりの挨拶が済、今日の安全を見て後片付けに入った。

皆が帰ったその後で
今回の大雨、川に流れ出た砂、そして昔捨ててあったごみが湧き出ていた。
見るに見かねて某小4年生の先生一人でごみを拾っている。
こんな行動を子供たちは見ていた。(許可を得ていないので未掲載)
環境という言葉を実践している先生は心も見た目も美しい。

また川原には砂が多いところでは30cm堆積していた。
それでもカワニナは帰ってきていた。


EM菌を放流
来年の少ない予想のホタルを支援するために


今日の一言
堂々川周辺の緑は一段と輝き、川は余分なものを流し綺麗になっている。
彼岸花も咲き始め、6番砂留も最高の美を見せていた。

コメント (6)

空蝉

2018-07-26 17:00:41 | Weblog
蝉の寿命は1週間とか短いが縁起が良いという人が結構いる。
なんでだろう!
また漢方の生薬にもなるらしい。

今年は蝉の鳴き声が少ないともいわれている。
我が家のセミは朝方はクマゼミ、暑い盛りはアブラゼミが鳴く。
ニイニイゼミは梅雨明けから鳴いていたが今は見かけない。


アブラゼミ

クマゼミ


鳴くセミの周囲には抜け殻が沢山ある。
この殻に縁起の神が宿っている。


アブラゼミの抜け殻
今、キンカンの花が真っ盛り


猛暑が続きだしてから、ホタル同好会は彼岸花の植栽をはじめている。
植える場所では草を刈る。


ついに堂々公園の中にも植える事で福山市から許可を貰った

8月2日の水質調査の日
植栽するので穴を掘った


堂々公園の下手にも植えた。水質調査の前段取りも含めて草を刈る。


7月7日滝のような砂留の水の出た砂留

恐ろしいような水量
同じところとは思えない


彼岸花の里のメインの場の一つ


草を刈り

白花の球根を植えた


記事のトップに戻り、蝉談議

堂々川ではもうすぐ、秋が来るぞと鳴くセミがいる。
カネカネ、カネと鳴くヒグラシ
この暑さ故、お金はいらない涼しくしてほしい
一方ではツクツクホウシ、ツクヅクボウシと、
もうボランテァはいやだと鳴く蝉もいる。
でも会としては広島県NO.1彼岸花の里の目標と
花色20色を超える目標がある。
今年の猛暑は問題を提起してくれた。


豪雨で上流から流れた砂が堆積した場で
給水している蝶


空蝉は縁起が良い。
この話を信じて我々は今日も熱中症を恐れながら対策して一つづつ前に進めている。
8月2日には小学生と水質調査を8時30分堂々公園集合で行う。
水質調査の前に彼岸花球根350球を植えるので
御用がなくて暇してる人は来て見てくださいね。

コメント (6)