みなよか日記

NPO法人UDくまもとが発信するユニバーサルな観光情報です。
写真の無断転用は厳禁です。必ずご連絡下さい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

牛深道中 大江天主堂 崎津天主堂

2009-09-22 13:28:45 | 牛深
さて、天草は歴史の深いキリシタンの地。今でも地域に根差した信仰が息づいています。
まずは、大江天主堂を拝見しました。
大江天主堂は丘の上に建つロマネスク様式の白亜の堂が美しい天主堂です。昭和8年ルドビコ・ガルニエ神父が私財をなげうって建てたもので、神父は一生をこの地にささげました。

P9170184


あたりの風景と丘の上の教会とが、違和感なく調和しています。これが歴史の深さなのかな、と感じました。文化財としてあるだけではなく、現役の祈りの場所として機能しているからこその雰囲気なんでしょうね。マリア像に迎えられ、心静かに見学しました。
P9170188

素晴らしい事に、車いすでも見学できるように、最近になってスロープを造って下さっています。車いすでは見学できないと伺っていたので感激しました。教会の右側に設置されています。みなさんも是非足を運んでください。
P9170186

教会の内部は撮影禁止です。写真での紹介はできませんが、きっとその方がいいと思います。この場所は信仰される方々にとっては大切な祈りの場所。
中に入ると、不思議と心が静まって穏やかでやさしい気持ちになれます。この教会ができるまでの歴史を知れば、余計にその思いが深まります。
見学を終えて、教会の外に出るとちょうどお見えになったシスターとお会いすることができました。スロープの設置のお礼を述べると、僕の体を気遣ってやさしい言葉をかけて下さいました。
すっかり優しい気持ちになったところで、駐車場へもどると、地元の方でしょうか、ジュースの販売をされていたようです。もう片付けられていて、人はいなかったのですが・・・・・「濃い味」って何・・・・?

P9170182

なぞを残したまま、崎津天主堂へ向かいました。

崎津は漁業の町。おだやかな海に面した静かな場所です。駐車場に車を置くとあちこちに猫の姿が。とにかくどの猫も人を警戒していません。誰からもいじめられていない証拠です。
なでてあげても起きようともしません。人影より猫が多いです。
P9170198

細い路地をのんびり歩くと、天主堂が見えてきます。この風景がなんともいえません。
路地の脇に座って画を描く人も。
P9170197

この教会が建てられたのは永録12年(1569年)で、天草におけるキリスト教は ここを中心に栄えました。今の教会は昭和9年に再建されたものでゴシック様式のコンクリート造り(一部は木造)です。祭壇では厳しい踏み絵が行われた歴史があり、おだやかな風景からは想像もつかない、信者の方々の強い信仰心が支えている教会です。
海に面した天主堂はとにかく絵になります。みなさんもカメラは必ず持ってきて下さいね。

正面はコンクリート製ですが、本体部分は木造です。内部は撮影禁止です。教会としては珍しい畳敷きになっています。
P9170201

路地の雰囲気も独特です。信仰が生活の隣にあるんですね。
P9170206

帰り道にも猫が・・・・

P9170203

ここにも猫・・・・


Photo

猫の楽園のような町ですが、心やさしい方が多いのでしょうね。
天主堂巡りはここでおしまいです。
普段の観光地と違い、今でも祈りの場所として大切にされている場所です。マナーを守って、心静かに見学しましょう。

付近に多目的トイレはありませんので、事前に準備をされておくことをお勧めします。手前の下田温泉観光案内所のトイレがいいでしょう。
時間をとって、歴史をしっかり感じながら見学してみてください。足を運ぶ価値のある、素晴らしい場所ですよ。
 

大江天主堂

大きな地図で見る

 
 
崎津天主堂

大きな地図で見る

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 牛深 道中記 | トップ | 牛深道中 富岡ビジターセンター »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

牛深」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事