みなよか日記

NPO法人UDくまもとが発信するユニバーサルな観光情報です。
写真の無断転用は厳禁です。必ずご連絡下さい。

キャンプ場情報 休暇村南阿蘇オートキャンプ場

2011-08-29 16:28:31 | 阿蘇 南阿蘇村
こんにちは。

少しずつ涼しくなってきましたね。いよいよキャンプシーズンです。
と、いうことでこれからしばらくは集中してキャンプ場情報を更新していきます。

 
まずはここ、休暇村南阿蘇オートキャンプ場です。
場所は高森。気持のいいところです。
Dsc_0156



受付は休暇村の本館で行います。要予約ですので、事前にきちんと連絡しておきましょう。
9月からは週末の営業になりますのでご注意ください。

さて、本館から上に車で進むとオートキャンプ場が見えてきます。駐車場には身障者用スペースもありますよ。
Dsc_0157



キャンプ場の中へ車を乗り入れることが出来ますので、車いすユーザーがいっしょでもらくらくですね。
このキャンプ場はとても雰囲気が良くて、森の中の木立の隙間にキャンプをする感じです。木陰が気持ちいいですね。
Dsc_0161



 
常設のテントサイトと持込み用テントサイトがあります。
どちらも利用しやすい場所がありますので、ご紹介しますね。

まず、常設テントサイトを利用するなら、「アカゲラの1」というテントがいいでしょう。
常設テントそのものは、どれも同じですが、地面からの高さがまちまちです。このテントは車いす対応トイレからすぐ近くで、地面からの高さも52cmと、乗り移りやすい高さです。
Dsc_0193


トイレは清潔で使いやすいですね。「アカゲラの1」からはすぐ近くです。

Dsc_0165


Dsc_0169


 
持ち込みテントサイトもたくさんあるのですが、比較的平坦で、前の道に車いすで出入りしやすい場所は「シジュウカラの9」から「シジュウカラの12」までの4つくらいがおススメです。
ここなら、車を乗り付ける場所とテントサイトが平坦で、前の道にも出やすいのでトイレの時も安心です。
ただし、車いす対応トイレからは少し遠くなります。
車を置くスペースの奥がテントサイト。それぞれにテーブルとバーベキューコンロが設置されていますよ。
 Dsc_0199
 

車いす対応トイレにこだわらなければ複数のトイレが設置されていますから、身体の状態に合わせて自由に選んで大丈夫です。夜7時までは、園内の車での移動もできますので、トイレまで車を使うのも方法ですね。

 
そのほか、管理棟内にも車いす対応トイレがありますが、夕方には閉まりますので、事実上、キャンプ中に自由に使えるトイレは1ヵ所です。
 
この場所のいいところは、すぐ下に高森温泉館があること。夜7時まではキャンプ場の車での出入りができますので、早めに温泉を利用するといいですね。温泉館はバリアフリーに配慮してありますので、車いすユーザーでも入浴可能です。不安がある方は念のためお問い合わせください。

 
場所が分かりやすく、一般道からすぐ近くですので、誰でも利用しやすいキャンプ場です。


*ちなみに身障者手帳をお持ちの方は受付で提示すると25%割引になります。キャンプ場でこの割引があるのはまれですので、是非ご利用下さいね。


料金などくわしい内容は下のホームページを参考にされて下さい。
ttp://www.qkamura.or.jp/aso/camp.html


大きな地図で見る


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホタル情報 寺坂水源 2011

2011-06-22 11:27:37 | 阿蘇 南阿蘇村
こんにちは


阿蘇のホタル情報を続けてご紹介。
前述の塩井社水源の近くにある、寺坂水源です。ここも道沿いに看板が出ますので迷うことはないでしょう。
なんといっても、南阿蘇鉄道あそ水の生まれる里白水高原駅のとなり。

看板から道を下ると、小さな橋をわたって駐車場。
夜間は街灯がつくので、安心です。
Dsc_0026


この水源は熊本ホタルの里100選にも選ばれたホタルスポットなんです。
Dsc_0037


頭上を鉄橋が渡る不思議な感じの場所ですが、舗装してあり車いすでも大丈夫です。
Dsc_0042


ホタルの観賞スポットは水源ではなく、横を流れる川沿いをもう少し下流へ進んだところ。
道沿いからホタルをのんびり楽しめます。

この日はあいにく大雨の翌日。
残念ながら数は少ないようでしたが、それでも十分楽しめます。
午後8時くらいからが見頃のようですよ。
Photo_2

全体が街灯などで明るいので、川沿いの道ですが比較的安全だと思います。
周辺は田んぼが広がり、のどかな風景が広がっています。ゆったりとした気分で楽しんで下さい。

 

大きな地図で見る


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホタル情報 塩井社水源 2011

2011-06-22 10:54:24 | 阿蘇 南阿蘇村
こんにちは


阿蘇のホタルもいい感じです。

今回ご紹介する南阿蘇湧水群にはホタルスポットも点在していて、あちこちで楽しめるようです。


塩井社水源は、なんといっても風情のある景色とホタルが楽しめる素敵なところ。
場所もわかりやすいので、夕暮れ時でも迷いませんよ。
325号線の一つ下の南阿蘇鉄道沿いに走る道を白川水源に向かって進むと看板があります。
Dsc_0001


ここからは看板に沿って進むとすぐに駐車場に到着。
あとは棚田の水田を眺めながら、のんびり歩道を歩きます。
Dsc_0015


この歩道がなんともいえないいい感じなんですよ。
田植えの終わった水田と、清流流れる水路に挟まれて虫の声を聞いていると、夏が近いなあ、と感じます。
Imgp5130


Imgp5125


歩道の幅はそんなに広くはありませんが、夜間は街灯が点きますので危険はありません。
蛙の声や虫の音を聞きながら、のんびり進んで下さい。傾斜はほとんどありません。自走車いすでもスイスイです。
Dsc_0067

水源は神社にあります。
ホタルが楽しめるのは神社手前の水路あたり。
神社境内は未舗装ですので、車いすはちょっと注意が必要です。

 
境内まで入らずに、手前の歩道あたりから眺めるのが一番いいようですよ。

Photo


車いす対応トイレは南阿蘇鉄道の阿蘇白川駅が最寄りです。
Dsc_0059


 
周りの風景や、独特の雰囲気がとても素敵なところです。
日本の原風景を楽しみながら、ホタルを満喫して下さい。


駐車場から神社までの歩道は街灯があるものの柵がありませんので、くれぐれも注意して下さいね。
あ、そうそう、ここは蚊が多いです。虫よけ必須です(笑)


大きな地図で見る


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2011桜 これでしめくくり!一心行の大桜!

2011-04-13 10:01:42 | 阿蘇 南阿蘇村
こんにちは


熊本の桜を締めくくる、一心行の大桜をご紹介します。

満開になったばかりで、この桜は満開の時期が長い事もあり、まだまだ間に合います!
とにかく行ってみて下さい!最高です。

さて、道のりはとても簡単。57号線を阿蘇方面へ向かって阿蘇大橋を右折。あとは道なりに高森方面へ走ると看板があります。
駐車場は臨時駐車場も含めてかなりの数がありますので、大丈夫でしょう。どちらにしろ早めの時間帯に行きましょうね。

駐車場から公園入り口までの道は傾斜がありますが、公園の中は平坦で、整備も行き届いてるので車いすユーザーも安心です。

Dsc_0089


入り口には貸し車いすもあり、この日も大人気。たくさんのお年寄りが利用していました。せっかくの花見ですから、身体の負担が少ない方がいいですよね。
Dsc_0093


この公園には常設の車いす対応トイレがありますが、お花見の期間中は毎年仮設の身障者用トイレも設置されます。これはほんとに嬉しいですよね。
Dsc_0044


大桜までの園路もきちんと整備され、固い路面に舗装されていますから車いすでもらくらくです。
Dsc_0043


取材当日(4月12日)はちょうど満開になった日。
素晴らしい天気にも恵まれ、樹齢400年の大桜を満喫できました。
桜の周りにはスロープとデッキが整備されていて、車いすもベビーカーも桜をぐるりと一周出来るようになっています。
この辺の配慮も素晴らしいですよね。
Dsc_0013

なんといってもこの大きさです。
デッキに入ると、見上げても全体を見渡すことができないほどです。
Dsc_0074

 
ここが有名なのはこの菜の花との組み合わせ。
あたりの風景とともに、一心行ならではの絶景です。

Dsc_0025


Dsc_0052


 
おいしい食べ物もたくさん!
どれもおいしそうです。
穏やかな天気に恵まれてみんな楽しそう!

Dsc_0102

僕らも知り合いのお店からソーセージの炭焼きを買ったり、おいしいソフトクリームを買ったり。

Dsc_0083

今回は、ガイドブック用の撮影もするので、機材もたくさん持ち込みました。
おかげで、話しかけられる事も多く、勉強にもなりましたよ。

Dsc_0115

少ない予算で出来るだけ品質のいい写真をね。


Dsc_0116


 
待ちに待った夕暮れ時。
夕日が鮮やかに山肌を照らし、山の表情に深く陰影を落とします。
薄桃色の桜は穏やかに赤みを増し、静かに夜を待ちます。

Yuuhi

昼間の喧騒が嘘のように、静かな時間が流れて、いよいよライトアップ。
7時からのライトアップに合わせて、再びたくさんのお客さんが訪れます。
カウントダウンが始まって、ライトアップのスタートです。


Dsc_0152

夜桜も美しいですね~。
仕事帰りの人たちでしょうか、たくさんの見物客も歓声を上げて楽しんでいました。


車いすユーザーへの配慮も行き届いていて、どこよりもUDなお花見ポイントです。
全国的に有名なこの場所が、こんなに誰にでも優しい場所だというのは、熊本の誇りです。

あと数日は楽しめそうです。
みなさんもお早めに!


<お問い合わせ>
桜情報テレホンサービス
(4月中旬まで開設)
0967-67-3321

もしくは南阿蘇村各支所へ。

 
開花情報ホームページ http://www.vill.minamiaso.lg.jp/web/calendar/calendar_1_02.htm

 
 
 
大きな地図で見る



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

幸せ・・・・ 山の洋食屋フレール

2011-02-23 09:12:51 | 阿蘇 南阿蘇村
こんにちは

タイトルがずいぶんですが、実際に行くと思わずそう呟いてしまうのです。


さて、今回紹介するのは、阿蘇久木野村の山の洋食屋フレールさんです。
Dsc_0034


場所はあそ望の里くぎののすぐ隣ですから、とてもわかりやすいです。西原村から俵山トンネルを抜けてまっすぐですね。
とてもかわいい外観と、すばらしい眺めの洋食屋さん。

入り口からさりげなくスロープが設けられていて、車いすユーザーも安心して食事が楽しめるように配慮されています。
13690019

お店の中も広々。
車いすユーザーもいすをよけるとしっかりテーブルに車いすをつけられます。
これだけスペースがあれば移動の時も気を使わなくて済みますね。

Dsc_0038


大きな窓からは阿蘇を一望できるダイナミックな眺望が広がります。
お天気のいいときはテラスでも食事が楽しめます。もちろん、テラスもバリアフリーですよ。
Dsc_0040

肝心のお料理ですが、これがまたおいしいんです。
あか牛を使った料理がたくさんありますが、今回はあか牛のハンバーグにたまごをトッピング。
特製ドレッシングを使ったサラダとスープ、ご飯かパン、ドリンクが付いてきます。
僕はご飯を選んで、さらに玄米をチョイス。
Dsc_0071

 
このハンバーグはいいですよ~。スパイスを控えめに使ってあるので、あか牛本来の甘みのある味わいがしっかり楽しめます。
半熟たまごがとろ~り!

Dsc_0070

ソースがまたおいしいので、パンを選んでソースをパンにつけてたべるのもまたよし!


 
大川さんは日替わりランチ。
今日のランチは・・・・・・チキンソテーのトマトソース!

Dsc_0074

こちらももちろん、サラダ、スープ、パンかご飯、ドリンクが付いてきて、なんと1050円。

パンも「カリッ!モチッ!」です。
Dsc_0067

 

早速パクリ!
あっさりしているけど、コクのあるトマトソース。酸味が抑えられているのでパクパクいけます。
Dsc_0089


 
さて、ゆっくり過ごすなら気になるのがトイレです。
比較的広めのスライドドアになっています。

Dsc_0049

便器への移乗はできそうですので、車いすをドアの外に出してもらえばよさそうです。
その辺は身体の状態に合わせて利用して下さい。

広めのトイレスペースが必要なユーザーは、すぐ隣があそ望の里くぎのですから、そちらでお借りするのも方法ですね。

 
やさしいご夫婦が笑顔で出迎えてくださいます。
安心して出かけて下さい。
Dsc_0113
 

ドライブデートのランチにぴったり!
カップルで仲良く食べるもよし、友人とおしゃべりしながらのんびり楽しむもよし!

四季を通じてすばらしい眺望とおいしい食事を満喫して下さい。

基本的にランチのお店です。2時を過ぎると食材がなくなり次第クローズになりますので、平日なら予約可能ですから、遅くなりそうなときは連絡しておくと安心です。
 
これから阿蘇は野焼き。
牧草の新芽が芽吹くころには美しく緑に染まる阿蘇を楽しめそうです。
みなさんも是非出かけて下さい。

UDくまもとが自信を持っておススメします!

 
<お問い合わせ>
山の洋食屋 フレール
〒869-1412
阿蘇郡南阿蘇村久石2839-3
0967-67-0888
午前11時から食材がなくなるまでの営業

定休日 毎週木曜日(祝祭日の場合、翌日が休み)
 
 
大きな地図で見る
 
 




コメント
この記事をはてなブックマークに追加