市川昴高校吹奏楽部 IchikawaSubaru High School Band

顧問が感じた事を書きます。
An advisor writes that I thought about ISHSB

1月29日(日) 朝日新聞の記事より

2017-01-30 17:56:32 | Bay High School 'Mil

 朝日新聞に載りました。ここに書いてあることは、記者の書く力がすばらしく、

恥ずかしいのですが、あえてせっかくですので、載せさせていただきます。

 

 この曲、たくさん聞けば聞くほど、練習すればするほど、味わい深く、最近は

練る前に、2楽章を聞きます。アンサンブルコンテストのおかげで、ブルックナー好きな

私は、こういう曲も好きになってきました。部員に感謝ですね。

 

昨夏のコンクールは予選で金賞に輝き、2年ぶりに県大会本選に出場した。マーチングコンテストは東関東大会で金賞。その勢いのまま県立市川昂高校吹奏楽部(部員58人)はアンサンブルコンテストで東関東大会に2年連続で出場した。木管六重奏の編成で演奏
したのはフランス人作曲家トマジの「春」。フランスに留学経験のあるOBに話を聞いたり、気候や風土について調べたりしながら音
楽表現に磨きをかけた。近年は校内の清掃など音楽以外の活動にも力を入れている。日常生活での気づきが自分の吹く音への気づきにつながり、「急成長している」と顧問の豊田英文教諭
は話す。2年続けて出場した岩本紗英さん(2年)は「後輩にもつなげたい」と話した。(長屋護)

 

昨日から、練習気合いを入れています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ケセラセラ | トップ | 吹奏楽部後援会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。