市川昴高校吹奏楽部 IchikawaSubaru High School Band

顧問が感じた事を書きます。
An advisor writes that I thought about ISHSB

試験一週間前は。

2011-06-30 12:30:00 | 雑記

 1学期の期末試験前は、高校野球応援の練習を17:00まで開催します。

そのあと、何人かは、補習を行います。だいたい2時間弱で終了です。

化学、数学、英語何でもこいという感じで、勉強を進めていきます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日から期末テスト1週間前

2011-06-28 23:41:20 | インポート
17:00まで練習して、すぐ帰宅した部員。
きっとこの時間まで勉強している事でしょう。

練習で、培った体力と集中力で、頑張って下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

華麗なる終焉へのオマージュ(八木澤教司)

2011-06-27 20:51:49 | 雑記

市川昴高校が、市川西高校の時に八木澤先生に委嘱した『華麗なる終焉へのオマージュ(八木澤教司)』が、コンクールで演奏されるらしい。

 どんな演奏か、聞いてみたいですね。

 ところで、コンクール。毎日苦戦しています。なんか、基本的なところがなかなかうまくいきません。リズムとテンポですね。

 明日から、試験一週間前です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

親子の愛

2011-06-26 21:07:00 | インポート

 乳飲み子を抱きしめしまま溺れたる若き母をみつ昼のうつつに


                 長谷川櫂 『震災歌集』 (2011.04)

 俳人である長谷川氏が、震災の短歌を書いた。

 津波にさらわれて、自分が助かろうとするときは、無我夢中に両手を開き、何かを掴もうとする。実際にあの大きな津波にさらわれて生き残った人の話を聞くと、何かにつかまって助かったと聞く。

 しかし、この若い母親はそれが出来なかった。自分が何かにつかまると言うことは、乳飲み子と別れることを意味する。

 むしろ、この子と別れたくない、この子を守らなければという愛が、「抱きしめしまま」溺れてしまった。

 親子の愛は、すばらしい。

 忘れられない歌です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コンクール

2011-06-20 20:39:00 | コンクール

 6月19日(日)は、コンクール抽選会でした。

 会場の駐車場に着いたら、書類一式を忘れてしまい、携帯電話の連係プレーで、

教育実習生S君と途中で待ち合わせし、見事抽選に間に合う。

 良かった。良かった。

 そして、抽選結果は、8月6日(土)の15番目を引き当てました。

 また、ジュニアも7がつ24日(日)で、7番目を引いてくれました。

 さあ、いよいよコンクールモードです。

 頑張りましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加