Tomotubby’s Travel Blog

Tomotubby と Pet の奇妙な旅 Blog。
でもホントに旅 Blog なんだろうか?

東條英機跪地雕像 (海南省海口)

2005-03-30 | Asia 「圓」な旅
日本の国際連合安全保障理事会常任理事国入りに関して、中国でインターネットを利用した大規模な反対署名活動が行われていて、29日時点で1000万人を超える署名が集まったそうです。未だに日本に対する根強い不信感が残っているようで、昨年初めに報道された海南島の東條英機の銅像のことを思い出してしまいました。



その名も「東條英機跪地雕像」。海南省海口の高級ホテル「海南凱威大酒店」の前に作られたその像は、跪いて謝罪する東條英機の像なのです。首には「日本甲級戦犯東条英機 向中国人民謝罪」と書かれた札が掛けられています。



戦争犯罪人として極刑が下された東條を半世紀経た現代に甦らせ謝罪させ、小突いたりする行為は、中国で言えば「死者に鞭打つ」というのではないでしょうか。「史記」の中の「伍子胥伝」で、伍子胥が父兄の敵である楚の平王の死体を掘り出し鞭打って恨みを晴らしたという故事から「死んだ人の生前の言行を非難したり攻撃したりする」という意味ですが、このような行為は肯定的に捉えられてはおらず、否定的に捉えられていたのではないかと思います。

祝日法の改正案が参議院を通り、もともと「昭和天皇誕生日」だった4月29日が「みどりの日」から「昭和の日」に改められるそうです。激動の昭和時代を美化することで、新たに「日帝裕仁跪地雕像」のような像が作られないことを祈ります。別に右翼じゃないけど。

========================================================
【中国】常任理入り反対署名1000万突破、外交部も注視

 中国外交部の劉建超・報道官は29日の定例記者会見で、中国で、日本の国連安全保障理事会の常任理事国入りに関してインターネットを利用した大規模な反対署名活動が行われていることについて言及。「ネット上での反対署名に注視している」とした上で、「日本政府は、歴史問題に対して責任ある態度をとり、中国を含むアジア各国の信頼を獲得するべきだ」と主張した。

 安保理改革については、これまでの主張を繰り返す形で、「開発途上国の発展問題に関心を持ち、すべての加盟国が話し合いを通じて意見の一致をみるべきだ」と述べた。

 なお、中国国内の三大ポータルサイトである新浪網(SINA)、捜狐(SOHU)、網易(NETEASE)での反対署名数は、現地時間29日15時時点で1150万人を突破した。

新浪網の掲示板では、「歴史を直視しない国が、常任理事国になることはできない」「中国は拒否権を行使しなければならない」といった書き込みがある。その一方、他人の書き込みをコピーしただけの書き込みも相当数みられる。(編集担当:田村まどか)

(サーチナ・中国情報局) - 3月30日9時57分更新


========================================================
【海南】跪いて謝罪する「東条英機像」を製作

海南省のあるホテルに8日午前、日本のA級戦犯である東条英機が中国の人々に跪いて謝罪する彫刻が登場し、市民の注目を集めている。

彫刻は、ホテル側が「現代の若者が歴史を忘れず、中華民族の再興という使命を担っていくように」との願いを込めて特注したものという。(編集UM) 

「人民網日本語版」2004年1月10日


========================================================
<みどりの日>「昭和の日」に改正へ 今国会で成立見通し

4月29日の「みどりの日」を「昭和の日」に改める祝日法改正案が今国会で成立する見通しとなった。30日の自民、公明両党の幹事長らの会談で、今国会成立を目指すことで一致したためだ。

4月29日は昭和の「天皇誕生日」。同改正案は「昭和の日」の意義を「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧みる」と規定している。祝日の「みどりの日」は5月4日とする。

同改正案は02年に議員立法で提出され、03年の通常国会で衆院を通過したが、参院で継続審議となり、同年秋の衆院解散に伴い廃案となった。昨年再提出され、継続審議になっていた。【坂口佳代】

(毎日新聞) - 3月30日20時21分更新
コメント (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハマの関帝廟 (横濱中華街6) | トップ | 東條英機跪地雕像のモデルは... »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
噂を聞きまして… (ソウキチ)
2006-06-04 15:43:05
そういう像が海南島にあって、そういう目に遭っていると

いうのを話に聞きまして、ググッてみたところ、こちらの

ブログにたどり着きました。



非常に不愉快で腹立たしいですね。



こういうのを見ていると、(国交を絶ってしまったほうが

いいんじゃないか)という気持ちにさせられます。



撤去させるとか謝罪させるとか、なにかしら抗議をしない

といけないと思います。
Unknown (Unknown)
2007-05-03 22:49:32
これは分かりやすい写真なので日本でも報道して欲しいですね
一目で中国人というものが分かりますね
Unknown (かっちゃん)
2007-08-05 16:07:17
中国の人達も馬鹿じゃないから、
まさか本気でこんな事をする訳が無いと思う。

何かの間違いでしょ。

歴史に対する認識は、両国間でかなりの温度差が
あるとは思うけど。
Unknown (やまだ)
2007-08-19 16:57:28
東條英機は、戦陣訓の中で「生きて虜囚の辱めを受けず」と訓示し、多くの人が自決や玉砕で命を失いました。中国人だけでなく、日本人も犠牲になっています。私も東條英機の罪は重いと思います。
しかし、この銅像には反対です。
復讐の心で、未来に平和が訪れることはありません。
許せないことだ (憂国の士)
2008-03-06 23:17:07
古い記事に今更だが・・・

東條氏の英断で日本国が今も日本国であるのに
シナ人が言うならまだしも、日本人が東條氏を
侮辱するのは許せないことだ。
シナの中華思想を知らない日本人が多すぎて
彼等の思い通りに歩んでいる左翼が哀れ。
くだらん、その内自滅するよ。 (現実主義者)
2008-10-14 21:02:05
プロパガンダの捏造と偽りでしか、歴史を語れず、
「歴史を忘れない」以前に、「歴史に縛られ」
情報も歴史も捏造され続けるだけの中国。

そして、それに反攻できず、腐敗するしか脳が無い日本政府にも、東条英機を侮辱する資格は無い。

彼は、無能なりの努力はしてた。
無能で、努力せず、自分の身の保障と保全しか行わない外道は、東条英機を見習うべし。
ヴオッンゴォ (小龍(シャオロン))
2009-11-27 13:49:04
海南島を訪れた後に銅像があることを知り、愕然としたのを思い出します。次回は垢をきれいにふき取りにいきたいと思ってます、中国人に伝えることは死んだ人はすべて同じように葬られるべきということです、そして日本人は他国で活躍して儚くも殉死された方々を思念すべし
かわいそうな気がします。 (広長大将)
2012-08-26 11:19:14
かわいそうな気がします。確かに東條は腹が立つぐらいひどいですが、こんな 像を作らないでほしいです。
こんにちは! (白髪磨人)
2014-02-08 15:17:15
写真を見て、ビックリしました。東條先生に対する侮蔑は絶対に許せません!私のブログでシェアさせて頂きます。よろしくお願いします。
抗議は出来ない (中島)
2014-08-16 17:44:48
これは公共の場ではなく、私物であるホテルの敷地内にあるので抗議は出来ない。日本の戦争犠牲者350万人に対してアジア諸国の犠牲者は2,000万人を超える。戦争中はアジア中に500万人の日本人が君臨していたが、戦争に負けて日本政府に見捨てられた。自分の親は九州からの移民だったが、日本政府に見捨てられ、殺されても文句は言えない中国人に助けられた。そんな日本人が今も何万人も中国や北朝鮮などに住んでいる。
写真転載のお願い (交通新聞社松崎)
2016-09-26 12:19:25
管理者様

お世話になります。コメント欄からで申し訳ございません。
私は東京の鉄道系出版社 交通新聞社の松崎聖子と申します。http://www.kotsu.co.jp/
突然のご連絡で申し訳ございません。

実は11月に弊社より銅像に関する書籍を出版する予定です。
現在各地の銅像の写真等を探しており、本来なら現地に撮りに行くべきですが、遠方の場合は資料館や個人様から画像を拝借させていただいております。
つきましては、貴殿のブログの「東条英機像http://blog.goo.ne.jp/tomotubby/e/0c7627d10e636fbc5a41bd018ed24ff5#comment-list
」の写真を弊誌にて掲載させていただきたく、使用許可をいただければ幸いです。
なにとぞよろしくお願い申し上げます。

株式会社交通新聞社 第1出版事業部 松崎聖子
ε=ε=ε=⋤⋥⋤⋥⋤⋥⋤⋥⋤⋥⋤⋥⋤⋥⋤⋥⋤⋥⋤⋥⋤⋥⋤⋥⋤⋥⋤⋥⋤⋥⋤⋧
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-3-11 NBF御茶ノ水ビル7階
TEL 03-6831-6560 FAX 03-6831-6562
携帯 090-9980-4701
http://www.kotsu.co.jp/
matsuzaki@kotsu.co.jp
ε=ε=ε=⋤⋥⋤⋥⋤⋥⋤⋥⋤⋥⋤⋥⋤⋥⋤⋥⋤⋥⋤⋥⋤⋥⋤⋥⋤⋥⋤⋥⋤⋥⋤⋧

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL