本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『天国はまだ遠く』 瀬尾まいこ

2006年11月01日 | 小説


天国はまだ遠く.gif



生徒や校長先生の自殺の報道は、本当に気分を滅入らせます。そして万一、そんなことを考えている生徒がいたら、ちょっと読んで欲しい一冊です。主人公が自殺を決意するところから始まります。

以下が書き出しです。

ずっと前から決めていた。今度ダメだと思ったら、もうやめようって。いつも優柔不断で結局失敗してしまうけど、今度の決意は固い。一度切ろうと思ったものを引き延ばすのには力がいる。もう終わりにしようと思ったら、長引かせちゃいけない。本当に終わりにするのだ。


瀬尾氏の『卵の緒』 と 『図書館の神様』 を、これまでご紹介させていただきました。こちらがその後に読んだ別の作品ですが、ここでも“心の再生”というのがテーマになっていますね。

自殺を決心した主人公が見知らぬ街へ出かけて行き、決行するも失敗。その街で過ごすうちに、徐々に立ち直るという、単純なストーリーですが、それでも本書はさわやかな感動を与えてくれます。

少しのギャグもあり、登場人物の関西弁の優しさも、なかなか心地よい。 『卵の緒』のようには、読んでいて泣けはしませんが、すがすがしさはこちらが上でしょうか。自分の居場所を見付けようともがいても、自分が行動しないと、そう簡単には見つからない、ということでもあるように感じます。


自殺を考えてしまう人々の現実の厳しさは、この物語のように、そううまくは解消されないでしょう。しかし、自分の気分は徹底的に他人によって変わるものだということがわかります。

小中学生のまわりには、本当に限られた他人しかいません。 まだまだ“他人”は大きく増えて、変わっていきます。それにすでに良い人がたくさんまわりにいるのに、いやなことで頭がいっぱいで、その人たちのことを忘れて、気付かないことも多い気がします。


中学生でもすらすら読めると思いますから、ぜひ手にとってみて下さい。

天国はまだ遠く

新潮社

詳  細

http://tokkun.net/jump.htm 


『天国はまだ遠く』 瀬尾まいこ
新潮社:169P:1365円
文庫はこちらで380
 ↓ 
天国はまだ遠く

新潮社

詳  細



 ■■ ランキング ■■

最後までお読みいただき、ありがとうございました。ぜひ応援のクリックをいただけるとうれしいです。

    や~っと、1位の半分が見えていて、届かない (+_+)
      ↓               ↓   
人気blogランキングへ  にほんブログ村 本ブログ  ←できればこちらも m(__)m

『本』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 遠足 【山崎公園】 都筑区... | トップ | チャート式 『基礎からの数Ⅰ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いじめに関していろいろと (bucky)
2006-11-01 14:45:50
過去を思い起こすと、やはり「キタナイ」とか言われていじめられていた子がいたのは昔も同じだったのか、と思います。ただ、同時にいじめられていた女の子に対して、決して皆に同調しなかった成績の良い男の子がいたことも思い出されます。結局はいじめなかった毅然とした一部の子達に圧倒される形でそれは少しずつ消滅していったようでした。今はどうなんでしょうか?子供の自殺を考えたとき、1人の親としては、親御さんの無念さを思わないではいられません。「学校に行かない」選択があっても良いのではないかと。命に比べれば、たかが学校と思ってしまいます。
buckyさん (VIVA)
2006-11-01 19:00:41
他人をからかいたいという心は、残念ながらほとんどの人間には備わってしまっているのだと思います。ですから、いじめ自体はなくならないのでしょうが、教育によって、減らすことが可能だと思いますし、先生方のコミュニケーションスキルの向上とか、親と学校とのつながりを深めることで、最悪の結果はかなり防げそうに思うのですが…

今回も親がわざわざ、先生に“注意して欲しい”と伝えていたんですね。無念でしょう。
こんにちは♪ (miyukichi)
2007-01-06 13:01:41
 ご訪問どうもありがとうございました。
 こちらからも、TBよろしくお願いします。

 単純なストーリーだけどさわやかな感動。
 まさにそんな感じで、読後感だけでなく
 読んでいるときも心地よい小説でした。

 私の場合、中高生のときに読んでいたら、
 もっとさらさらと読んでしまっていたように思います。
 それぞれの年代で感じ方は違うでしょうけど、
 幅広い年代の方に響く本の1つかもしれませんね。
miyukichiさん (VIVA)
2007-01-06 13:25:48
こんにちは、そうなんですね。こんなうまく行くかと思いながらも、さわやかで、心地よく読んでしまう感じがしますね。

これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
天国はまだ遠く (miyukichin’mu*me*mo*)
 瀬尾まいこ:著 『天国はまだ遠く』    いろんなことに行き詰まり、  何もかも(自分の命さえも)捨てるつもりで  たどり着いた、山陰か北陸の鄙びた村。  「木屋谷」というその集落で、  “再生”していく「私」――。  筋書きは、もう読み始めてすぐ ...