本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『卵の緒』瀬尾まいこ

2006年04月29日 | 小説
 
書き出しはこうなっています。

【僕は捨て子だ。子供はみんなそういうことを言いたがるものらしいけど、僕の場合は本当にそうだから深刻なのだ。】

著者は1974年生まれの中学講師。本書は坊ちゃん文学賞の大賞を受賞した“卵の緒”と、もう一作“7's blood”という2作品が収められています。どちらも主人公は子供で、すがすがしい感動を与えてくれる作品です。

私は文学の知識がまったくありませんので、その坊ちゃん文学賞の重みがわかりません。受賞作品も良いのですが、むしろ後者の方が感動的でした。

世間から見れば“不完全な形の家庭”の中にいる主人公ですが、彼らや周囲の人々が実に魅力的です。読めばきっとファンになる、と宣伝文句に書かれていましたが、ちょっと宣伝文句とおりでくやしいのですが、その通り、本書を読んだあと、すぐに数冊注文しました(笑)。人に優しくなれるような作品でした。

http://tokkun.net/jump.htm

卵の緒

マガジンハウス

詳 細

『卵の緒』瀬尾まいこ
マガジンハウス:193P:1470円
ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小田原城 | トップ | 『嫌韓流2』山野車輪 »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コメント有難う御座いました (詠仙人)
2006-04-30 11:08:14
本を読むこと少なくなって参りました



若いころはよく読んでたのに



PCの進化と共に電子文字を見ることが増えたから?



でもないかもです、面倒だから・・・
Unknown (ちー)
2006-05-01 09:15:25
こんにちは、VIVAさん。この本、私も読みました、ずいぶん前に。さらさらと読みやすいですね。家族の問題って重くなりがちだけれど、軽く柔らかく描かれているので、気が楽になったのを覚えています。すっかり気に入って「図書館の神様」というのも読みました。川上弘美の「ゆっくりさよならをとなえる」が、この「卵の緒」と「図書館の神様」を混ぜ合わせたようなイメージで、私の中でこの3冊、まぜこぜになっていますけど(^^;
軽くですかね (VIVA)
2006-05-01 12:08:42
詠仙人さん:コメントありがとうございます。本書は“軽く”読みやすいです。



ちーさん:いらっしゃいませ。私も『図書館の神様』おもしろそうだと思って買いました。まぜこぜですか?心してかからないと(笑)。ありがとうございました。
こんにちは (ちきちき)
2006-05-01 21:08:37
TBありがとうございますです。

瀬尾まいこさんは好きな作家さんの一人ですがなぜか、この『卵の緒』だけ読んでません。デビュー作ですよね。

機会があれば、と思ってるんですが。

こーやって人が面白いというのを聞くと、やっぱそーかあ、と思って読みたくなりますね。
Unknown (上州あられ)
2006-05-02 11:38:54
TBありがとうございました。

私はまだ、「卵の緒」は読んでないので、

早く読みたいです。
コメント恐縮です (VIVA)
2006-05-02 15:08:20
ちきちきさん・上州あられさん:コメント本当にありがとうございます。良くお越しくださいました。きっと瀬尾まいこファンに悪い人はいない!と信じておりますので、これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。
瀬尾まいこ、はまってきましたw (斎藤れい)
2006-05-03 08:26:40
TBありがとうございます^^

瀬尾まいこ、いいですよね。

まだ5冊しか出ていないので、読み終わってしまうのが惜しくて大事に読んでいます。

VIVAさんの読んだ本、今後参考にさせていただきますね。
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-02-28 21:35:34
 TBどうもありがとうございました。

 瀬尾さん、いいですよねー。
 私も読むたびにファンになっています^^
miyukichiさん (VIVA)
2007-03-01 13:15:14
こちらこそありがとうございました。これからも時々起こし下さいね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
卵の緒 瀬尾まいこ ("やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!)
卵の緒 この本は、「眠り猫の憂鬱」のせつらさんにオススメいただきました。ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 瀬尾まいこさんのデビュー作ですよね?たしか。 すんごく良かったです。瀬尾まいこさんはこれが3冊目。家族愛を書かせたら右に出るも ...
卵の緒/瀬尾まいこ [Book] (miyukichin’mu*me*mo*)
 瀬尾まいこ:著 『卵の緒』    第7回坊ちゃん文学賞大賞を受賞したデビュー作「卵の緒」と、  書き下ろしの「7's blood」の2作収載。  「卵の緒」  へその緒ではなく、卵の緒。  つまり、血のつながりのない母さんと僕。  でも、血のつながりがなくても、 ...